脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

先週末は4着ばかり! 気を取り直して有馬記念weekは頑張ります!~先週末の予想の結果~

kakikenです。

 

引き続き先週末の結果回顧 です。

 土曜中山11R ターコイズ

(予想) 

週中の記事でロベルト系の血が良いレースだと書きました。

該当馬

アンドラステ   社台白老F

⑬シーズンズギフト ノーザンF

⑭ランブリングアレー 社台F

 

血統ではカーリアン系の血もいいです。

該当馬

⑥インターミッション 母母父カーリアン

このレースで私が一番買いたいのはこの馬!

中山芝マイル4戦3勝3着1回ですからね。あとは相手関係ですけど実績より適性の方が大事と考えてここでも通用するかと思ってます。

 

このレースは3歳牝馬3冠レース全て出走していた馬が馬券になりやすい。

該当馬

⑪サンクテュエール

ルメール騎手が乗っていれば心強かったのですけどね。

このレース、ルメール騎手は……いた⑦ドナウデルタに騎乗。抑えるべき。

ここに⑧スマイルカナを入れれば絶対当たるはず?

⑤⑥⑦⑧⑪⑬⑭

チョイス多すぎだろ!

 

ここからどう絞るチョイスするか?

みなさんは私を信じず選んだ方がいいかも。

私ならスマイルカナ、社台系を消して私の推し馬⑥とノーザンF系だけにする。

⑥⑦⑪⑬

もしくはインターミッション流しなら

⑥-⑤⑦⑧⑪⑬⑭

 (結果)

⑧-⑤-③

先行決着でした。

私が消した馬たちのワンツー。本当下手くそすぎですね。

差し馬狙いだっただけ完全裏目

期待した⑥インターミッションはスタートして行き脚付かず後方から。

外から良い脚で追い込んだのですが6着。

ロベルト系の血が母父にある⑤アンドラステが2着。

私が選んだロベルト系エピファネイア産駒⑬シーズンズギフトは出遅れが響いて7番人気4着。

⑦ドナウデルタ10着。これ土曜日アーモンドアイの引退式だったんですね。最近の多忙ですっかり忘れていました。それが分かっていれば絶対買ってません。ルメール騎手がわざわざ乗るために来たのかと思いこんでいました。多忙で疲れてましたね。

⑪サンクテュエールは14着。3歳牝馬三冠全出走馬というまるで根拠のないチョイス。過去は結構それでうまくハマっていたんですけどね。今の中山はそういう変化球な予想より直球の血統重視がいいようです。

3着フェアリーポルカは日曜12Rの予想で少し述べましたが、母父アグネスタキオンが今の中山芝で地味にハマっているようです。

母父アグネスタキオンは例年中山9月野芝開催でハマる血統。

今の中山は野芝色が強いのかもしれません。

って思っていたら日曜12Rでそれを強調する結果になってしまいました。

 

日曜中山12R 3歳上2勝クラス芝1600М

(予想) 

先週と同じでロベルト系の血は相変わらずいいようです。土曜もバシバシ好走しまくってました。

このレースで該当する馬は

②ソスピタ  父スクリーンヒーロー

⑨レッドイリーゼ  母母父シルヴァーホーク

この2頭ではやはりスクリーンヒーロー産駒②ソスピタですね。

 

土曜ターコイズS3着だったフェアリーポルカ。母父アグネスタキオンは野芝中山でいい血統ですが、今開催地味に来てます。なのでフェアリーポルカもマークはしていたんですけど……。

このレースで該当馬は⑫テンワールドレイナ。父ローエングリンも中山芝マイルでは要注意血統です。

この2頭が血統では抜けた評価です。

正直この2頭の馬券&単複勝負!

 

他の馬たちはドングリの背比べで結局絞れませんでした。

それなりにハマっている馬が多く、チョイスが難しすぎるからです。

その中ですごく気になっているのが、

⑤グルアーブ

⑩スペキュラーズ

おお、ビッグレッドF系、岡田兄弟の馬ばかりですね。

定番東京芝1400タイプ、王道ではないマイナー血統こそ中山芝マイルは合います。

⑪ゴルドベルクのような超王道血統は買う気にはならない(そうやって毛嫌いして、今まで痛い目にあっているのですけど)。

ちなみに④ウインメルシー、⑭コスモヨハネも買いたい馬です。要するにこの時期の中山芝マイルはマイネル軍団が良いってことです。

他はローエングリン産駒⑥フォースオブウィル、⑬レッドクレオスは東京芝1400М実績もあるし、中山芝マイルも走ります。

どれを選ぶかはみなさんに丸投げしようかな。

私があえて5頭選ぶなら②⑫⑤⑩④

 (結果)

⑬-⑯-④

恐らく11レースが行った行ったの結果だったので、騎手が前が止まらないと思って先行が激化したような気がします。それが原因で外差しになりました。

土曜のターコイズSで期待したのはこういう展開だったんですけど。

勝った⑬レッドクレオスも3着④ウインメルシーも候補として名前は挙げてます。

問題は2着⑯シュバルツボンバー。

この馬の母父アカテナンゴ!!!

出た~このブログでお馴染みの格言、野芝のアカテナンゴ

完全に中山の芝が野芝色が強いのがわかりますね。

母父アカテナンゴ有馬記念で出走予定してる、あの馬もそうですね。

注目馬で挙げた⑤グルアーブが11番人気4着。

この馬すごく期待していたんですよ。前走不良馬場でしたが相当強い勝ち方だったのでここも勝負になると確信。単複を買っていただけに悔しすぎる4着でした。

ロベルト系で期待した②ソスピタは5番人気15着。

種牡馬スクリーンヒーローは今の中山ハマっていたのですが、この馬は4コーナーで手応え怪しくなってました。このソスピタや⑩スペキュラーズなど先行した馬は軒並み撃沈してますから仕方ありませんね。

同じく母父アグネスタキオンで期待した⑫テンワールドレイナは8番人気6着。

直線で突き抜ける雰囲気も、先行馬に進路をカットされたのが痛かったです。

とことん運がなかったな~というレースでした。

 

 日曜中京9R 3歳上1勝クラス芝1200М

中京芝は今週からBコース。週中にも書きましたがこれは例年にはないパターン。

本来中京開催は無視するところでしたがBコースでするなら黙っていられません。

なぜなら私はBコース初週のツボを知っていますからね。

それは、

Bコース初週、芝1200М戦は圧倒的内枠有利!

高松宮記念の週がこれに該当していました。

2016年からです。それまでずっと外枠有利だった高松宮記念が2016年から露骨な内枠有利に変わりました。だから近年、高松宮記念は枠が決まった瞬間外枠の馬は死亡確定していました。だから高松宮記念は的中しやすいレースでした。

でも不思議なことにBコース初週だけなんですよね、このツボ。

Bコース2週目になると外枠が紛れます。

今年の高松宮記念はBコース2週目。ほぼ不良に近い馬場もあって内枠は苦戦、外枠有利の馬場になってしまいました。

それでも基本Bコース芝1200Мは内枠有利です。

さて12月開催に目を向けると例年ならAコース3週目。

 もしAコース3週目だったら芝2000М戦以外外差し馬場になります。

ピンポイントでハマりを見つけて予想する私としては、もしこのコース替わりに気づかず予想をすれば痛い目にあっていたかもしれません。

何しろ傾向が全く逆なわけですから。

土曜日も芝1200М戦はありました。しかし2歳戦しかもオープン戦なので実力差があれば外でも来れる可能性があるので見送りましたが、やっぱり内枠先行でした。

土曜行われた芝1400、芝2000や芝2200はそれなりに外枠が来ていたので、やはり芝1200Мだけのツボなのかもしれません。

なのでこのレースは18頭立てですが私の中では10頭立てです。

①~⑩の中で馬券組み立てます。

でも、人気馬ばかりなんですよね。本当なら外枠に人気馬が入ってどんな結果になるかを研究材料として見てみたかったのですけど。

木曜の出走馬確定段階で軸候補はオパールシャルムマイネルチューダ。

二頭とも内枠に入りました!

あとは内枠の先行馬③サトノジヴェルニー⑨ゼツエイ⑩デトロイトテソーロ……

それでいいのでしょうか?

このレース先行激化しそうですね。もしかしたら狙うべきは先行馬ではなく内枠の差し馬なのかもしれません。

⑤アースコレクション⑧ショウブは買い目に入れるべきですね。

⑥②③⑤⑧

内枠でもさら内の馬だけチョイスしました。

⑥流しで大丈夫だと思っているのですけどね。

冬血統母父タイキシャトルだし!

万が一⑥がダメなら②が来るはず!

 (結果)

 ⑨-③-⑬

あーあ、外⑬が絡んじゃった。しかも外差し。

確かに⑬ホーリーラインの父エイシンフラッシュが合いそうな馬場ではありましたけどね。もしかしたらホーリーライン、このクラスでは上の存在なのかもしれません。

メモしておきましょう、ホーリーライン

で、私のチョイスで馬券になったのは③だけ。酷いですね。

私が中心視した⑥は6着、②は9着。差し系で追加した⑧ショウブは4着だし。

ま、結果は案外でしたがこのツボは使えると思います。

中京は来年1月Bコース開催が続きますし、覚えておいてください。

 

 

というわけで先週末はイマイチな結果でした。

毎週、毎週はうまくいきませんね。

狙った穴馬が4着だったりと紙一重なんですけど。

うまく行っていればこんな多忙に働かず、今頃悠々自適の馬券生活していますから。

現実は甘くないです。

 

さあ、気を取り直していきますよ!

今週末はいよいよ有馬記念です!

週中は有馬記念を色々な角度から予想、展望しますのでお楽しみに!