脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

三日間開催の今週末、勝負は日曜中山10Rと12R! ~1/9土曜、中山出走の注目馬紹介~

kakikenです。

 

緊急事態宣言のせいでまた中山では無観客競馬。

近いうちに全ての競馬場でそうなるかもしれませんね。

JRAとしてはせっかく今まで一度も開催止めることなく来てますからね。

変なリスクは背負いたくないのは理解できます。

とりあえず毎週末の中央競馬が施行されてくれれば最低限良しとします。

 

今週末は三日開催なんですよね。火曜日が中山、中京ともに馬場読みが出来ていただけに色々なレースに手を出してしまいたくなるんですけど、今週は冷静に絞って予想したいと思います。

本音言えば三日間も開催いらないです。勝負するなら日曜中山10Rと中山12Rだけでいいです。何なら10R若潮ステークスだけでいいです。このレース、私が注目している馬が2頭出走しますし、プラス土曜の傾向を合わせれば多分的中できると考えています(取らぬたぬきの皮算用ですけど)。

月曜に関しては3日開催3日目で傾向変化する可能性があるので、あまり手を出すべきじゃないと現時点では土日の傾向からやるかやらないか判断しようと考えています。

土曜日は様子見、中山で私が注目している狙えそうな馬が出走するレースを紹介、プチ予想します。

 

土曜中山5R 3歳新馬芝1600М

今の中山の芝は、前回の予想でも触れましたが血統傾向ではキングマンボ馬場、あるいはロベルト馬場です。

3歳戦でもその傾向は有馬記念の日あたりから出ております。

その中で今私が注目しているのがキングカメハメハ系のリオンディーズ産駒。

昨年12月の阪神開催後半の芝レースでリオンディーズ産駒は地味にハマっていました。有馬記念の日の中山でも好走していましたから『もしかして冬血統の馬かも』と注目しています。

ドゥラメンテ産駒もそこそこ冬の馬場で来ていますが、ドゥラメンテ産駒は芝1800~2000くらいが適距離、リオンディーズ産駒はマイル以下、芝1200~1600Мが適距離のような感じがしています。

そしてこのレース2頭のリオンディーズ産駒が出走。

①ベルピエース

②ドクタースキル

1枠同居。こういうパターンって、どちらか1頭は来る感じですよね。①は母父マンハッタンカフェ、②が母父アグネスタキオン。どちらも今の馬場に合ってます。

人気など現時点でわかりませんけど、複勝2点均等買いでも的中ならプラスかなと。

 

土曜中山11R ニューイヤーS 芝1600М

このレースはメンバー次第で予想しようと思っていたのですが一長一短すぎるメンバーで断念。ただ狙うとしたらこの2頭が5レース同様に1枠同居。

①インターミッション

②ショウナンライズ

①は前走ターコイズSでも注目馬として紹介。元々差し脚質ですけど、スタートで後手を踏んで予想以上の後方から。最後良い脚で追い込んだもの届かず。今の中山は先行馬場なので苦しいのですけど、このレース案外差しが決まるので、同じ差しでも今の馬場なら外枠より内枠だと思いますので差し届けば面白い一頭です。

逆に②は逃げ先行なので今の馬場向き。この馬昨年も狙ったのですけど14番人気5着でした(多いな、こういうの)。

近走は度外視でいいです。この馬、このレースとの相性絶対いいので。

8歳馬が心配?

いやいや、このレースは中山金杯とは逆で高齢馬7、8歳が狙えるんです!

全く人気無いと思うのでダメ元で複勝買いがおすすめです。

 

土曜中山12R 4歳上2勝C 芝2200М

 私の注目馬は

①クロスセル

この馬はこのブログでは紫苑ステークス精進湖特別ともに注目馬で取り上げました。

紫苑ステークス14番人気7着、精進湖特別3番人気3着。切れる脚がある馬ではないので、今の中山の上りの掛かる馬場は向いているはずです。

オープンでも通用する馬だと思っていますし、クラスが上がる方が競馬がしやすいとすら思っているので早くこのクラス卒業してほしいです。

3走前の水仙賞ではスプリングS勝ち馬で皐月賞3着、セントライト記念3着のガロアクリークを完封して勝利した馬。ここでは当然人気で妙味は無いかもしれません。

基本この条件の芝2200М戦は人気決着が多いのでクロスセルから上位人気に流すのがおすすめです。相手として面白いのは②⑥⑩⑫。特に⑩はクロスセルを良く知る内田博騎手。クロスセルの勝利を期待するのですけど、案外こういう因縁のある騎手の馬にやられるのが競馬あるあるですけど。

①⇒②⑥⑩⑫

 

 

以上です。

今回紹介した馬は偶然とは言え全て1枠でしたね。

土曜はこの注目馬たちの結果を含めて日曜の予想の参考にしたいと思っています。

 

では、土曜の競馬を楽しみましょう!