脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

金杯明けの競馬は今年も難解でした~1/9~1/11三日間開催の結果~

kakikenです。

毎年ですけど金杯の日は割と素直に予想すれば当たるイメージですけど、その次の日(週)からの競馬はなぜか当たりにくくなるんですよね。

実際この三日間開催も堅く収まるレースは少なく、ある意味例年通りでした。

では、三日間開催で取り上げたレースを振り返ります。

 

 

 土曜中山5R 3歳新馬芝1600М

(予想)

今の中山の芝は、前回の予想でも触れましたが血統傾向ではキングマンボ馬場、あるいはロベルト馬場です。

3歳戦でもその傾向は有馬記念の日あたりから出ております。

その中で今私が注目しているのがキングカメハメハ系のリオンディーズ産駒。

昨年12月の阪神開催後半の芝レースでリオンディーズ産駒は地味にハマっていました。有馬記念の日の中山でも好走していましたから『もしかして冬血統の馬かも』と注目しています。

ドゥラメンテ産駒もそこそこ冬の馬場で来ていますが、ドゥラメンテ産駒は芝1800~2000くらいが適距離、リオンディーズ産駒はマイル以下、芝1200~1600Мが適距離のような感じがしています。

そしてこのレース2頭のリオンディーズ産駒が出走。

①ベルピエース

②ドクタースキル

1枠同居。こういうパターンって、どちらか1頭は来る感じですよね。①は母父マンハッタンカフェ、②が母父アグネスタキオン。どちらも今の馬場に合ってます。

人気など現時点でわかりませんけど、複勝2点均等買いでも的中ならプラスかなと。

 (結果)

①ベルピエースは1番人気2着。

②ドクタースキルは6番人気11着。

①の複勝130円。

予想以上に人気でしたので複勝2点均等買いではマイナスでしたね。

 

土曜中山11R ニューイヤーS 芝1600М

(予想)

このレースはメンバー次第で予想しようと思っていたのですが一長一短すぎるメンバーで断念。ただ狙うとしたらこの2頭が5レース同様に1枠同居。

①インターミッション

②ショウナンライズ

①は前走ターコイズSでも注目馬として紹介。元々差し脚質ですけど、スタートで後手を踏んで予想以上の後方から。最後良い脚で追い込んだもの届かず。今の中山は先行馬場なので苦しいのですけど、このレース案外差しが決まるので、同じ差しでも今の馬場なら外枠より内枠だと思いますので差し届けば面白い一頭です。

逆に②は逃げ先行なので今の馬場向き。この馬昨年も狙ったのですけど14番人気5着でした(多いな、こういうの)。

近走は度外視でいいです。この馬、このレースとの相性絶対いいので。

8歳馬が心配?

いやいや、このレースは中山金杯とは逆で高齢馬7、8歳が狙えるんです!

全く人気無いと思うのでダメ元で複勝買いがおすすめです。

 (結果)

①インターミッション4番人気6着

②ショウナンライズ15番人気14着

日曜の予想の記事でも指摘しましたが、このレースで上位に来た馬の上り3Fが33秒~34秒の間。異常な速さです。上り3Fが34秒00で6着だった①インターミッションは切れ負け。日曜、月曜の結果を見る限り、どうもこのレースが馬場のいい状態のピークだったような気がします。もしこのレースが月曜に行われていたらインターミッションの結果も違っていたように思えます。

②ショウナンライズは先行想定でチョイスしたのでスタートの時点で終了でした。

先行しなかったのかできなかったのか? 馬場が合わなくて行けなかったなら許せますが、あえて行かないのが作戦だとしたら、その作戦は愚行ですけど。

 

土曜中山12R 4歳上2勝C 芝2200М

(予想)

 私の注目馬は

①クロスセル

この馬はこのブログでは紫苑ステークス精進湖特別ともに注目馬で取り上げました。

紫苑ステークス14番人気7着、精進湖特別3番人気3着。切れる脚がある馬ではないので、今の中山の上りの掛かる馬場は向いているはずです。

オープンでも通用する馬だと思っていますし、クラスが上がる方が競馬がしやすいとすら思っているので早くこのクラス卒業してほしいです。

3走前の水仙賞ではスプリングS勝ち馬で皐月賞3着、セントライト記念3着のガロアクリークを完封して勝利した馬。ここでは当然人気で妙味は無いかもしれません。

基本この条件の芝2200М戦は人気決着が多いのでクロスセルから上位人気に流すのがおすすめです。相手として面白いのは②⑥⑩⑫。特に⑩はクロスセルを良く知る内田博騎手。クロスセルの勝利を期待するのですけど、案外こういう因縁のある騎手の馬にやられるのが競馬あるあるですけど。

①⇒②⑥⑩⑫

 (結果)

⑥-②-①

クロスセルは2番人気2着。相手に選んだ4番人気⑥エフェクトオンが1着、7番人気②ルヴェルソーが3着。三日間開催で唯一の会心の的中でした!

クロスセルからチョイスした4頭の理由ですけど、

まずこの芝22,25はこの時期社台系がいいので、社台系の馬3頭②⑥⑩。

時期によりますが『芝22のディープ』と自作の格言があるくらい芝2200Мはディープインパクトが強い。勝った⑥エフェクトオンはディープ産駒。

もう一頭⑩デュアライズもディープ産駒なのでチョイス。どうも左巧者みたいなので次走東京芝24や中京芝22で出走すれば面白い馬だと思います。

②は社台系でこの時期の中山芝2200が得意なルーラーシップ産駒、しかもこのレースが前残り傾向があるのでチョイス。結果逃げ粘って3着。予想通りでした。

クロスセルは何かに負けると思いましたがやはり負けました。この馬もルーラーシップ産駒ですが、基本ルーラーシップ産駒は切れ負けする血統。今後も上りの掛かる馬場でこそ買うべき馬なのかもしれませんね。

 

 

日曜中山10R 若潮ステークス 芝1600М

(予想)

まず出走確定時点で注目していた馬が2頭。

④アガラス

⑬ハーモニーマゼラン

④アガラスはもう何度とこのブログでも注目馬として挙げてます。火曜金杯の日のような先行馬有利の馬場なら絶対来ると思いました。

⑬ハーモニーマゼランは前走後の記事でも書きましたが、この馬は中山マイルと東京芝1400Мでは絶対買いの馬です。

この2頭に共通しているのは3歳時中山マイル重賞のニュージーランドT出走。

アガラスは4着、ハーモニーマゼランは6着。このレースでそこそこ好走した馬は将来中山マイルと東京芝1400М適性があることを予兆してくれます。

今回も『この2頭どちらかは来る。もしかしたら2頭で決まるかも』なんて自信持っていました。

が、前述のニューイヤーSの結果で『やばい、切れる馬に差される可能性が出てきた』と不安になってます。この2頭、切れ負けする馬ですから。

だから『切れ負けするならどの馬だ?』と考えました。

③レッドクレオ

⑪ラテュロス

③レッドクレオスは5番手評価だった馬、⑪ラテュロスはノーマークだった馬です。

レッドクレオスは東京芝1400М戦での走り、ラテュロス阪神芝マイル戦での内容を評価しての昇格です。

本来3、4番手で入れる予定だったのが

②ウインカーネリアン

⑥カルリーノ

⑥カルリーノはマツリダゴッホ産駒。今の中山芝が野芝色が強く、マツリダゴッホ産駒は中山野芝マイル得意ですからね。カルリーノは冬の中山マイル実績もあり、東京芝1400Мも得意で切れる脚もあります。展開ハマれば面白い穴馬です。

②ウインカーネリアンは今日の馬場を見る前までは高い評価でしたが今日の結果から評価がかなり下がってます。

このブログをよく見てくれているみなさんなら私のチョイス下手はお判りでしょうが、

今回私は②ウインカーネリアンを最後の最後で切ります!

③④⑬⑥⑪

私の馬券としては③④⑬を中心に⑥⑪を絡める感じです。

 (結果)

⑧-②-⑬

キングカメハメハトゥザグローリー産駒⑧カラテが昇級初戦関係なし3馬身差の快勝。キングマンボ馬場を象徴する結果。

私としてはその前日のニューイヤーSが脳裏にあったので荒れ馬場向きのカラテはキングマンボ系で怖かったのですけど切ってしまいました。

で、最後の最後で切った②ウインカーネリアンが2着。

私らしいチョイスミス。切った理由はもっと激流、差し競馬になると予想したこと。

結果は逆の展開になってしまいました。

恐らくこの直前9Rの芝1200Мが外差し決着だったことで、騎手が差せる馬場だと錯覚をしたことで、仕掛けるのが遅くなった感じでした。

3着になった⑬ハーモニーマゼランは先行馬なのに今回後方待機。外枠だったので先行できなかったのか、作戦か知りませんが、結果普段通りに乗っていた方が良かった気がしますけど。

でもハーモニーマゼランは強いです。今後も中山芝16か東京中京芝14なら安定した力を発揮する気がします。

で、もう一頭の注目馬④アガラスは5番人気13着。返し馬から入れ込んでましたね。スタートしても折り合い欠いて正直騎手は制御不能な感じのレース。能力より気性に問題ありですね。あとこの馬マイルの馬ではないような気がしました。ニュージーランドT4着や秋風Sの内容で注目しましたが、いっそ芝1200あたり使ってみるのもいいかもしれませんね。

差し決着見込んでチョイスした⑪ラテュロスは6番人気5着。③レッドクレオスは3番人気7着。⑥カルリーノは13番人気10着。ダメでした。

 

日曜中山12R 4歳上2勝C 芝1600М

(予想)

 正直若潮Sの結果を参考にすればこのレース的中しやすいとは思ってますが、現時点でも的中させなきゃいけませんね。

このレース、私が過去注目馬として挙げたことのある馬が数頭います。

②④⑥⑦⑨

この中で今回もチョイスする馬は

②テンワールドレイナ 

⑦イルヴェントデーア

②テンワールドレイナは前走直線進路塞がれる不利が無ければ最低でも2着、恐らく勝てていたはず。血統的は中山マイル得意なローエングリンに今の中山の芝で合っている母父アグネスタキオン。スムーズなら勝つ能力充分。

⑦イルヴェントデーアは前走御宿特別で万馬券的中の立役者になってくれた馬です。あの時は野芝中山、今回も野芝色の強い馬場。好走条件にあるので買いです。

今の馬場適性でチョイスすると、

③レッドライデン

差し馬なので脚質的に届くか不安ですが最終12Rは差し決着になりやすい傾向があるのと血統的にエイシンフラッシュ産駒に母父ディープインパクトは切れ味も必要な馬場ならハマりそうです。

⑤ジョーヒデキラ

この馬も今の馬場で切れ味を発揮できそうな馬です。さらにこの馬、若潮Sの予想でも取り上げたニュージーランドTで5着がある馬。人気薄で面白い存在です。

③⑤⑦

4頭BOXですけど、一番期待しているのは②です。

ちなみに取り上げた4頭全て差し向きの馬。5頭目に入れるなら先行馬⑫インテンスライトです。5頭中エイシンフラッシュ産駒が③⑦⑫と3頭。どれかは馬券に絡むと思っているのですけどね。

 (結果)

 ⑫-①-⑨

かなり屈辱的な結果。

前走待望の東京芝14出走で勝負したものの惨敗で今回見限って切った⑨クインズサンが先行して粘りこみ11番人気3着。差し馬としてチョイスした⑤ショーヒデキラが6番人気4着、③レッドライデンが5番人気5着。4着地獄でした!

レースは道中どうみても前残りの雰囲気。後方の馬の仕掛けも遅い。

「10Rの結果で前が止まらないのわかってないのか!」と騎手の読みの甘さに怒りを覚えました。

特に呆れたのが期待が高かった②テンワールドレイナ。絶好のスタートを切ったのに下げて、下げての後方。下げ過ぎ! 結果差しても届くわけなく8番人気7着。

⑦イルヴェントデーアは4番人気11着。②と⑦は牝馬。もしかしたら切れ味系の牝馬には向かない馬場になっていたのかもしれませんけど残念な結果でした。

後付けで先行馬として追加したエイシンフラッシュ産駒⑫インテンスライトが逃げ切り勝ち。追い込んで2着が②テンワールドレイナと同じロゴタイプ産駒の①フォースオブウィル。1番人気2番人気の決着でしたが、私には嫌味すぎる結果でした。

 

月曜中山5R 3歳未勝利 芝1600М

父、母父にキングマンボ系がある馬は①⑤⑧⑨⑬⑮。

狙いたいのはラブリーデイ産駒

⑧スバラシイヒビ

リオンディーズ産駒

⑬ラインプリンス

特に⑧の母父キングヘイローはそろそろハマりつつある血統なので注目。

母父キングヘイローでいえば

⑥コスモセレナ

も狙えそうです。

 (結果)

⑧スバラシイヒビ 9番人気10着

⑬ラインプリンス 2番人気4着 また4着!

⑥コスモセレナ  15番人気13着

キングマンボ系で来たのは7番人気3着①アオイカツマでした。

 

月曜中山10R 迎春ステークス 芝2200М

キングマンボ系ルーラーシップが狙えます。

⑩タイセイモナーク

ハービンジャー産駒もそろそろハマりそうです。

⑧エアジー

ラクローチェ

 (結果)

⑩タイセイモナーク 11番人気16着

⑧エアジーン    2番人気4着 また4着!

ラクローチェ   10番人気6着

ハービンジャー産駒はそこそこ走りましたね。次週以降期待できると思います。

 

月曜中山11R フェアリーステークス芝1600М

キングマンボ系ドゥラメンテ産駒は気になりますね。

③アトミックフレア

本来なら勝負したい馬ですが社台系、ノーザンF系ではないのが推せない理由。

ただ土曜、日曜とドゥラメンテ産駒は中山で高いパフォーマンスを見せているので注目してます。

あとこれは余談の域ですが、個人的に気になるのが⑬カラパタール

この馬若潮ステークスで注目したアガラスの半妹。鞍上も同じ横山武史。

「兄ではなく妹がくるのかよ!」という嫌味な結果があるかどうか注目してます。

 (結果)

③アトミックフレア 9番人気8着

(⑬カラパタール   10番人気15着)

やはりマイナー牧場では厳しかったですね。結局ノーザンF生産馬の勝利。

勝ったファインルージュは中山不向きのキズナ産駒でした。この馬が相当強いとは思えませんのでレースのレベルはかなり低かったと思います。

 

月曜中山12R 4歳上1勝クラス 芝2000М

少し硬い馬場があうゼンノロブロイ産駒で母父キングカメハメハ

⑯アイスブラスト

を狙いたくなりますが休み明け含めて罠っぽい。

ひねって人気薄ハービンジャー産駒

⑤ネオストーリー

 (結果)

⑯アイスブラスト 9番人気2着

⑤ネオストーリー 11番人気8着

⑯アイスブライトを罠っぽいと思った理由の一つが夜間発売で2番人気していたからですけど、結果9番人気2着。夜間発売中に買っていた人たちは的中して笑っているんでしょうね。前日夜間発売で人気して実際レース直前では人気薄ってパターンは結構来るので、直前では「来そうだな」って私も思い直しましたけど。

 

長々と書きました。

血統などは読めているんですけど、今年もダメな時は少しのズレと、やはりチョイスミスをしていることが多いようです。悪い癖は治りにくいですね~。

中山は12月から数えて5週目、6週目で一番馬場読みが難しい週でもありました。

今週末から中山はさらに馬場が荒れてきます。

冬の時期の荒れた馬場は芝が完全に死んでいるので私は土を走っている『土馬場』だと呼んでます。

この『土馬場』が合うタイプの馬が好走するのでしょうけど、そういう馬は芝でもダートでもイマイチな感じなので『何でこの馬が?』って馬が激走するのが冬競馬。

チョイスするにも勇気がいるような馬が走ります。

今週末からはそういう『土馬場』タイプをいかにチョイス出来るかがポイントになると思ってます。私にその勇気があるかどうか……ですね。