脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

Bコース初週のシルクロードSとBコース初週の高松宮記念

kakikenです。

 

中京芝コースは今週からBコース。以前このブログでも取り上げましたが、中京Bコースの初週の芝1200М戦は内枠天国です。ただしBコース2週目以降は外枠も紛れるので初週限定のツボといえます。

なので今週末のシルクロードSも本来なら内枠天国になるはず。

しかし今年は例年と異なる恐れもあります。

昨年、例年にはない秋開催を挟んだため、今年は例年より馬場の酷使から内の傷みが目立ってます。

恐らくBコースになっても内の傷みが残るはず。

例年ほどの内枠天国になるかどうか。

もし今週末のシルクロードSでも内枠有利の決着となったら、三月の高松宮記念もBコース初週の施行なので内枠有利になると確信できます(ちなみに昨年はBコース2週目の施行で、しかも重馬場で外枠有利もあって外枠が絡みましたが)。

 

今年のシルクロードS出走予定馬の中で注目すべきは逃げ馬と追い込み馬の2頭。

逃げ馬では1番人気確定のモズスーパーフレア。できれば外枠になって欲しいです。外が絡むかどうかを見るにはモズスーパーフレアが外枠に入ってくれるのが1番です。

そして追い込み馬で注目しているのがシヴァージ。この馬はスワンS、京阪杯で注目馬にあげて、ともに5着。

中途半端に安定して走るこの馬は一番都合いい物差しになるからです。

この馬に関しては内枠でも外枠でもいいサンプルになります。有利とされる内枠で馬券内になれば、よほど内枠は有利だとわかりますし、逆に外枠で馬券になれば今年の内枠は相当悪いといえます。

いずれの枠でも5着という結果だけは判断に困るのでやめてほしいですけど。

シルクロードSの前に芝1200М戦があれば参考になるのですが、今週末芝1200МはシルクロードSのみ。ツボを信じて内枠の馬を重視することになりそうですが、まずは枠順の確定が楽しみです。

例年高松宮記念シルクロードS組が馬券に絡むんですけど、今年のシルクロードSは例年以上に注目すべき重要なステップレースになりそうです。