脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

注目馬は4着、4着。読みもチョイスもイマイチな週末でした~3/20・3/21の競馬予想の結果~

kakikenです。

 

ネットが使えなくなってバタバタして、さらには尊敬している岡田繁幸氏が亡くなり、そのうえ春の天皇賞の穴馬として注目していたブラックホールの競走能力喪失が判明と、気持ちが萎える出来事の連続だった先週末。

競馬の結果も気分同様に萎えるものばかりでした。

さっさと忘れたいのですけど、結果を振り返ります。

 

土曜中山11R フラワーカップ芝1800М

(予想)

早速ですが私が大注目している馬を発表します。

⑯イズンシーラブリー

週明けに出走登録馬チェックした瞬間『これ!』と確信。先週アネモネSのジネストラと同じ「これ!」を感じました。

このレースのドはまり血統ファルブラヴが母父にありますからね。

ちなみにこの馬の全姉トーセンブレスが3年前の2着馬。その時もトーセンブレスから買って的中させてます。先週書き忘れたのですがアネモネ2着のジネストラも全姉チェッキーノアネモネS勝ち馬だったので好走を確信したのです。安直ですけど血の力ってやはり影響力が大きいのです。

ただ先週のジネストラには血統、脚質、枠、鞍上と不安要素は皆無でしたが、この馬にはたくさんの不安要素があります。

大外16番枠、脚質、鞍上という先週と真逆の不安3点セットが付いてしまいました。必要以上に位置取りが後方になりそうな予感。ただでさえ前残りが続く中山の芝なので「4着、5着だけはやめてくれよ」と鞍上に言えるものなら言いたいです。普通に走れば絶対馬券になる馬だとおもうのですけど。

さてこの馬以外を考えましょう。

このレースにはツボがあります。

『前走芝2000М戦の馬』です。

安直ですがこれが結構使えるんですよね。この2年はそれで的中させてます。

今年も期待していたんですけど、今年の該当馬は何かしっくりいかないです。

一応名前上げておきますと

②エトワールマタン 社台F

⑥グローリアスサルム 

テリオスマナ

ノーザンF生産馬がいてくれれば簡単なのですけど今年は不在。

となると社台F生産馬でルーラーシップ産駒でもある②エトワールマタンといきたいですけど、この馬のデビューからずっと人気薄。期待値の低さを感じてしまいます。

テリオスマナは母母父リアルシャダイ、祖母マックスジョリーなんていかにも古臭い血統。今年のようなエアレーション無し馬場には合ってますけど……。

この3頭では⑥グローリアスサルムですかね。この馬もデビューから常に人気薄。しかし人気以上に好走してます。キズナ産駒というのがイマイチですけど前走フリージア賞4着経由というのもいかにもこのレースで穴を開けそうですし、この馬は未勝利戦で私が皐月賞の穴馬として注目した弥生賞4着ソーヴァリアントに勝っていますから決して弱い馬では無いです。オカルト的にはこの馬の祖母はメジロトンキニーズ。そして同枠⑤クールキャットの母父もメジロトンキニーズ。おばさんと姪っ子が同じ枠。こういうの気になるんですよね~。問題はイズンシーラブリー同様差し馬だという点です。

差し馬ばかりチョイスしそうなので先行しそうな馬からもチョイスします。

④オレンジフィズ

⑩フミチャン

④オレンジフィズは北村騎手ということと、この馬が勝った新馬戦のレベルは高いです。この新馬戦2,3着馬はともに次走で勝ち上がり、しかも昇級初戦でともに2着と好走してますからこの馬のレベルはそれなりのはずです。

⑩フミチャンは鞍上が先行大好きの横山武史騎手ですし、この馬の半姉が中山芝1800М大好きのフェアリーポルカですからね。ルーラーシップからクロフネに父親は変わりますがクロフネも中山芝16,1800Мあたりで好走する血統です。

もう一頭差し馬として①レーヴドゥラプレリも気になる馬です。

※追記 マイネル軍団総帥・岡田繁幸氏が逝去されたとのニュースが入りました。

なので⑬ユーバーレーベンは買うべきだと思います。

結論としては私はあくまでも買いたい馬は⑯イズンシーラブリーなのでこの馬から流します。

ー④⑥⑩⑬プラス①②⑭

(結果)

 ③ー⑦ー⑬

岡田氏逝去のニュースで、急遽買い目変更などバタバタしてしまいましたが、骨折り損の結果、全くダメでした。

まず私の注目馬⑯イズンシーラブリーは3番人気4着。

ある意味予想通りの4着。不安要素が当たりました。大外枠と鞍上の読みの悪さ。

鞍上は今回早めの競馬をしました。先週までの馬場やその直前の2つの芝のレースが先行決着だったこと、大外枠が不利というでそうしたのでしょうけど。この馬に関しては差しに徹するべきだと私は思っていたので「ああ、やっちゃったかも」と思いました。そして直線、頑張っていましたが、最後の最後で急遽追加した⑬ユーバーレーベンに差されるという呆れて笑うしかない結末。

良かれと思いしたことが結果裏目になる。私も急遽買い目に加えた馬に足元すくわれたわけですから鞍上を悪く言える立場ではないですけど。

勝った③ホウオウイクセルはルーラーシップ産駒ですし、祖母メジロドーベルという一昔前トレンドの、エアレーション無し馬場があう血統。なぜノーマークか。理由は前走フェアリーS経由ってこのレースで好走するイメージゼロだったからです。そこにこだわったことで失敗しました。2着⑦エンスージアズムは阪神外回り1800と東京1800というコーナー2つのコースでの好走で少しタイプが違うと決めつけたので軽視してしまいました。

今回は『前走○○経由』にこだわって失敗しました。『前走芝2000М』の馬も今年は全くダメでした。②エトワールマタン12番人気6着、⑥グローリアスサルム8番人気8着。⑭テリオスマナ16番人気12着。先行馬で選んだ④オレンジフィズ9番人気7着、⑩フミチャン13番人気16着。

最近で一番酷い重賞予想結果だったと思います。

 

土曜中京6R 3歳未勝利芝2000М

(予想)

中京未勝利芝2200М戦がルーラーシップ産駒天国ならば、中京未勝利芝2000М戦はハーツクライ産駒天国です。

⑪シャンブル

ほぼ⑭ミスフィガロとの1点だと思っていますが、

⑪ー⑭①⑥⑫⑰

 (結果)

⑪ー③ー⑰

⑪シャンブル5番人気1着!

私は単勝1210円複勝390円ワイド⑪ー⑰930円的中しました!

ノーザンファーム生産馬で川田騎手ですからね、フラワーカップと違い自信の購入でした。中京芝2000Мのハーツクライ産駒、いいです!

馬連も買っていたので⑰が2着粘ってくれれば……と思ったのですけど、⑰の鞍上は新人角田騎手。ここまでかなりの数のいい馬に騎乗し続けて未だ勝てませんね。ちょっと雑という感じがしますし、この騎手4着がやたら多いので「よく3着に粘ってくれた」と思う方がいいかもしれません。

 

土曜中京11R ファルコンS 芝1400М

(予想)

このレースは良も重も関係なくいい血統がストームキャット、デピュティミニスターです。実は血統だけなら②ホーキーポーキーがドハマりです。ま、さすがにこれは連闘とは言えやりすぎですかね。一応ネタとして取り上げておきます。

④グレナディアガーズは母母父がデピュティミニスター系。クラシックに行かず年明け初戦をこのレースにしたあたり身の丈をわきまえていて、実を取りに来た感じです。

この時期の芝1200М~1600Мはダイワメジャー産駒がいいので⑬モントライゼも有力。しかしダイワメジャー産駒なら新馬戦でグレナディアガーズに勝っているサルビアが面白いです。

もう一頭はこのレースと相性のいい前走東京1400М戦クロッカスSで3着だった⑥ニシノアジャスト。いかにも芝1400М専用機って感じの馬です。

④⑤⑥⑬

 (結果)

①ー④ー⑬

 日曜の予想の冒頭でも触れましたが、土曜の中京芝はロベルト馬場の気配がしました。

このレースにはモーリス産駒の2頭①ルークズネスト⑦インフィナイトが出走。①ルークズネストが3番人気1着、⑦インフィナイトが9番人気5着。

私は①ルークズネストから馬連、ワイドを急遽買い足して何とかプラス収支。元々①ルークズネストは消す要素は少なかったのですけど、上位人気3頭の中で切るならこの馬と思って予想では切ってしまいました。読みが悪いです。

結局上位人気3頭の決着。④グレナディアガーズ1番人気2着、⑬モントライゼ2番人気3着。私が一番期待したと言える⑤サルビアが6番人気4着。また4着か~。

土曜はメイン重賞2つで4着地獄だったので、かなり気が滅入りました。狙いは悪くないのですけど、結果が伴ってくれませんでした。

⑥ニシノアジャストは11番人気8着。明らかな前残り馬場なのに後方からの競馬。この鞍上に多くを求めるだけ無駄ですけど、もう少し前で競馬できないものかな~と道中の最悪な位置取り見て呆れました。

 

日曜中山8R 4歳上2勝クラス 芝1600М

(予想)

稍重想定で予想します。万が一良馬場の時はお許しください。

今の中山芝1600М予想の基本スタイルは芝1400М戦で好走歴のある馬。特に東京芝1400М実績馬を狙うべきなのですが、馬場が渋った場合そこにダート色を加味して予想します。

明日が先行馬場なら⑤エンジェルカナがハマりそうだったのですけど、南風ということで少し評価を下げました。

とりあえず狙えそうな馬を挙げていきます。

⑥グルアーブ

2走前の4着の時にこのブログでも注目馬で取り上げましたが日曜が南風で差し馬場になればこの馬は有力です。母系が渋っていいフォーティーナイナー系×ダンチヒ系。東京芝1400М実績もありますから、ここでハマることを期待します。

③ランドルーラー

⑫テンワールドレイナ

この2頭も以前このブログでそれぞれ東京芝1400,中山芝1600で注目馬として取り上げましたが、前残りで消化不良に終わった差し馬でした。血統やレース実績からも重馬場は苦にしませんので期待できるはずです。

⑦プリマジア

この馬の父キンシャサノキセキは例年4歳上2勝クラスの芝1600Мで好走している血統です。明日は馬場が渋ってダート色も強まりそうなのでこの馬もチャンスありそうです。

フェルミスフィア

母系がエアレーション無し馬場で重馬場になった時狙える血統です。父がロベルト系エピファネイアで、馬場が渋ってロベルト系はいいと思います。

③⑥⑦⑧⑫

一頭軸にするなら⑥グルアーブからですが、人気薄狙いなのでBOXでも的中すればプラスになるはずです。

万が一前残り馬場なら⑤エンジェルカナから買う予定です。

(結果) 

⑩ー⑥ー⑭

予想通り差し決着。軸馬⑥グルアーブが2着に来てくれたんですけど、チョイスに失敗して不的中でした。

勝った⑩ラパンセソバージュは前走ダート勝ち、馬場が渋ってダート色がUPする予想ですから当然候補の一頭。実際⑧フェルミスフィアとどちらを選ぶか散々迷った結果切りました。痛恨のチョイスミス。先週末の私の読みは本当酷かったです。3着に来た⑭シャチも血統構成では重馬場が合いそうでしたがさすがにここまでは手が回りませんでした。

③ランドルーラーが11番人気5着。この鞍上らしい結果。弥生賞ソーヴァリアント4着の件でこの鞍上には失望してます。⑧フェルミスフィア3番人気7着、⑦プリマジア6番人気10着。テンワードレイナ7番人気12着。このレースも酷い結果でした。

 

おまけ

日曜中山11R スプリングS 芝1800М

(予想)

土曜フラワーカップでイズンシーラブリーを見事4着にした三浦騎手の①ランドオブリバティが中心になりそうです。しかし軸にして外すのが土曜で懲りてますし、あえて消しにして勝たれると不愉快。なので、このレースは積極的には馬券は買うつもりはないのですが一応簡単に予想してみました。

馬場が渋って良さそうなのは

⑩ボーデン

⑨ロードトゥフェイム

この2頭中心に

①ランドオブリバティ

⑪イルーシヴパンサー

③ヴィゴーレ

 ⑩⑨①③⑪

 (結果)

⑭ー⑥ー⑩ 

勝った⑭ヴィクティファルスは前走共同通信杯で注目馬としてチョイス、高配当ゲットの立役者でしたがこのレースでは切りました。馬場が渋ってハーツクライ産駒のパフォーマンスが落ちると予想したからです。ハーツクライよりステイゴールドが合うというイメージの馬場を予想していました。実際この日重馬場でハーツクライ産駒は人気で凡走してました。しかしこの馬は走りました。重で結果的に緩いペースの直線ズドン競馬になり、それが合う母父サドラーズウェルズ系のこの馬に向いたのでしょうね。2着⑥アサマノイタズラは母母父オペラハウスでエアレーション無し馬場の重馬場でいい血統でしたから、この重馬場が合ったのでしょう。

⑩ボーデンが1番人気3着。⑪イルーシヴパンサーが8番人気4着。また4着。

①ランドオブリバティ2番人気7着。この馬は鞍上が変わればまだ伸びる気がします。

⑨ロードトゥフェイムは4番人気8着。重馬場でもっと走ると思ったのですけど現状この程度なのかなと。③ヴィゴーレはキズナ産駒は重馬場ならあり得ると思って選びました。実際阪神大賞典キズナ産駒ディープボンドが重馬場で快勝。重馬場での適性が芝ダート問わず高いのですけど、こと中山だけは鬼門なのかほとんど走りませんね。

 

以上です。

主戦場の中山の結果が酷かったですね。当たったのは軽く予想した中京だけ。

中京と言えば今週末はいよいよ高松宮記念です。

このブログでも散々ネタにしてますから絶対的中させなければいけませんね。血統に関してはある程度目途はついてます。軸もほぼ決まってます。あとはBコース初週、何より枠が重要です。

さらに中京は今週末芝2000、芝2200に三歳未勝利戦がありますからね。

20はハーツクライ産駒、22はルーラーシップ産駒でハマり血統が出走していれば勝負できると思ってます。楽しみに週末を待ちたいです。

 

ただ中京は中山は馬場読みが難しくなってきてますね。

とメンバー見たら信頼できそうな馬がいなかったので土曜はパスします。

一応日曜の中山8Rにも芝1600М戦があるのでそちらは枠次第ですけど日曜の予想で公開する予定です。

では土曜の競馬を楽しみましょう!