脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

大阪杯に合う馬キャラならあの馬! 魔のジンクスを覆せるか?~4/4日曜大阪杯の予想~

kakikenです。

 

土曜の競馬は時間が無かったのもありますが、正直これという狙える馬が皆無だったため、ブログ更新はしませんでした。

土曜の結果を見てハマりが見えない難しい馬場状態だなと感じました。

日曜は先週同様また雨の影響がありそうなので、土曜の競馬も参考にできませんので、大阪杯だけの予想になります。

 

日曜阪神11R 大阪杯芝2000М

前回の記事で「大阪杯はグランアレグリアで決まり!」のようなことを書きました。

今は女の時代、女には勝てないと。

大阪杯阪神内回り芝2000М。

元々内回りは切れる脚がなかったり、勝ち味に遅い馬が好走しやすい傾向があります。実際過去の大阪杯勝ちもラッキーライラックアルアイン、スワーブリチャードなどイメージとして2,3着が多い馬たち。

それでいけば今回のメンバーでは

大阪杯に合う馬キャラは②サリオスです。

毎日杯がレコードだったことから今の阪神は高速決着になる可能性が高い。ならばハーツクライ産駒のサリオスはコントレイル、グランアレグリアも逆転可能だろうと思いました。⑫グランアレグリア、②サリオス、⑦コントレイル。高速馬場になれば⑤ペルシアンナイトが穴馬だろう。この4頭というのが金曜時点の予想でした。

しかし!

間抜けな話ですけど、最近忙しさから天気予報すらまともにチェックしてなく、土曜の昼過ぎにようやく日曜は先週同様天気が悪いことに気づきました。

そこからもう一度大阪杯の傾向をじっくり調べてみることにしました。

何と!

私の予想が全否定される鉄壁のデータが大阪杯には存在していたのです。

それを今から書いていきます。

まず大阪杯という舞台が一番合うサリオス。重馬場も苦にしません。

サリオスの問題は人気順

サリオスはほぼ3番人気確定。

大阪杯は3番人気がほぼ来ないレースなのです。

過去にも今回のような3強が抜けた人気になるパターンはありましたがいずれの年も馬券になったのは1,2番人気のみ。

見事なまでに3番人気だけ凡走しています。3番人気が馬券に絡んだのは10年前のエイシンフラッシュの3着。勝ち馬で言えば12年前のドリームジャーニーまで溯らなければなりません。

たかが人気、されど人気。不思議な魔力があるんですよね。

例えば土曜阪神10レースで行われた仲春ステークスは近年4番人気、5番人気がずっと絡んでいました。そして今回も4番人気が2着。人気というのは侮れません。

話し戻します。

サリオス不要ならコントレイル、グランアレグリアで決まるのか?

これが決まらないんです。

この10年、1番人気と2番人気は馬券に絡む確率が高いのですけど、不思議なことにワンツーフィニッシュが無いのです。

1番人気⑦コントレイルと2番人気⑫グランアレグリアのワイド7ー12はありえても馬連7ー12ってデータ的にはほぼあり得ないということになります。

では何がいいのか?

実はこのレース4番~6番人気が2着内に来る確率が高いのです。

今年は4番人気は⑧レイパパレ、5番人気は⑥ワグネリアン、6番人気は⑬アドマイヤビルゴになります。土曜の夜の時点でほぼ確定レベルの人気順です。

実は私は高速馬場ならこの3頭絶対来ないと考えていました。

逆に道中緩い流れの上り勝負ならいかにも来そうなディープ産駒3頭です。

そしてこの3頭ともノーザンF生産馬。

大阪杯はノーザンF生産馬を買えば当たるレースでもあります(今年13頭中6頭ノーザンF生産馬ですけど)。

もう来るとしか思えませんね。私も洗脳されてきました。

これなら馬連コントレイル⑦から⑧⑥⑬流しとグランアレグリア⑫から⑧⑥⑬を買えば当たりそうです。

さらに言えば4~6番人気が2つ来る可能性もあります。

だったら三連複フォーメーション⑦ー⑧⑥⑬ー⑧⑥⑬あるいは⑫ー⑧⑥⑬ー⑧⑥⑬を買うのもデータ的には面白いということですね。

ワイド⑧⑥⑬BOXもいいですね。

以上がデータ的な結論です。

ちなみに参考までに血統的に重馬場で面白い馬を挙げておきます。

フレンチデピュティの血が母父にある⑩カデナが良さそうです。昨年4着ですし馬場適性は高いと思います。

そして重馬場で最大の穴馬なら⑨クレッシェンドラヴですね。

先週の高松宮記念でも書きましたがエアレーション無し馬場で馬場が渋るとステイゴールドの血がハマります。さらにこの馬の母父サドラーズウェルズ。こういう欧州色強めの血統構成はエアレーション無し馬場の重不良で合うんですよね。

だだ今年は上位人気馬が重馬場を苦にするタイプではないので現実的には厳しいと思いますけど。

 

さて最終的な私の結論ですが、

先週の高松宮記念は鉄壁のデータを信じて撃沈しました。

今週もし鉄壁データが崩れるとしたら、サリオスが来ることになります。

ではサリオスが来るときはどんな決着になるか?

恐らく人気通りでしょう。これも先週の高松宮記念と同じ。

1~3番人気の3頭で決まるパターンだと思います。

なのでサリオスを買うなら②⑦⑫の3頭で決まる確率が高い。

しかし恐ろしいくらい配当が安いです。こういう馬券って来ないことの方が多い気がします。高松宮記念は人気通りでしたが配当は高めでしたからね。

ならサリオス来ないパターンも押さえたいです。

では4~6番人気の馬ならどれを取る?

私の考えでは4番人気⑧レイパパレみたいな無敗でGⅠ挑むケースは多くが惨敗か4,5着に負けるパターンだと考えます。6番人気⑬アドマイヤビルゴは能力的に足りない感じがします。消去法で来るのは⑥ワグネリアンですね。

結論は②⑦⑫の3連単BOX6点

ワグネリアンから馬連⑥ー⑦⑫ ワイド⑥ー⑦⑫計4点

 

以上です。

今回は迷走しまくりでした。

当初のグランアレグリア中心の予定が、完全に「サリオスが来るか来ないか」という論点に変わってしまいましたが、こういう楽しみ方もありかなと思います。

もちろん的中したいですけど、それ以上に鉄壁のデータがどうなるかに注目してます。

3番人気馬の結果はいかに!

 

では日曜の競馬を楽しみましょう!