脱4着競馬研究室

独自の馬場読み、血統分析で競馬を投資に変える!

中山のタフな芝に私の予想は完敗~4/17・18皐月賞、アーリントンC予想の結果~

kakikenです。

 

正しかった妄想。

わかっているんですよ。素直に買っておけばって当たっていたんです。

でも性格がひねくれて、素直じゃないんです。

そのひねくれが時々高配当ゲットになることもありますけど、

ダメな時は精神的ダメージが大きくなります……。

 

では振り返りたくない先週末の予想を振り返ります。

 日曜中山11R 皐月賞 芝2000М

(予想)

記事のタイトルにある騎手とは誰か。

多分みなさんお気づきと思いますが、そう、横山典騎手です。

お手馬の2枠2頭③ステラヴェローチェと④イルーシヴパンサーが出走。どちらもずっと乗り続けてきた馬。なぜこの大事な本番GⅠに乗らないのか。

日曜は阪神遠征です。昆厩舎の馬3頭に乗ります(これはこれで意味深ですけど)。メイン重賞アンタレスSにも騎乗しますが遠征するほどの馬とも思えません。強いて言えば3R⑪マテンロウアレスに乗りに行く感じですが、やはり違和感があります。

私が横山典騎手にこだわる理由は1つだけ。

これはオカルト予想(有馬記念以来の登場です)になりますけど、横山典騎手の騎乗馬の隣枠が皐月賞で馬券に絡むというのがあるんですよ。

もう10年くらい前からチェックしています。

この該当馬が昨年が2着、一昨年が2,3着していますからオカルト予想健在です。

ここ最近自分の予想が冴えないので今年の皐月賞はこのオカルト予想にすがろうかと思っていました。出走馬が確定して当然③ステラヴェローチェに乗っていると思っていたら騎乗していない。その隣の新馬戦から乗り続けている④イルーシヴパンサーにも騎乗していない。あ~あ。私のセコい期待は儚く消え去りました。

なぜ騎乗しない? そこで妄想しました。

親心。息子・横山武史騎手への配慮ではないか。

先週桜花賞でメイケイエールでプチ暴走させ、最下位でした。それもあるのかなと。

今回横山武史騎手は有力馬⑦エフフォーリアに騎乗します。仮にエフフォーリアが勝ったとして、もし横山典騎手が他の有力馬を邪魔するような騎乗をしていたら、多くの人は穿った見方をします。かくいう私も実際、横山典騎手が有力馬に乗ったレースで、武史騎手に負けた時は「わざとじゃねえか」と思ったりします。武史騎手が勝つパターンって大体先行馬なのですが、その時横山典騎手が結構後ろから競馬したりするのでそう思ってしまいます。

せっかくの初GⅠ制覇がそういう心無い雑音で汚されるのは嫌です。

なので、あえて離れた場所から見守ろうとしたのかな~と。

真意はわかりませんよ、私の妄想ですから。

逆に言えば横山典騎手も今回エフフォーリアは勝てると思っているのかなと。

実際枠も今回絶好枠の⑦番。

皐月賞は近4年4枠⑦番が連対しています

土曜は中山南風で直線追い風、先行馬には厳しいレースが多かったですけど、日曜は南風ではないのでまた先行が粘りそうで、武史騎手向きの馬場にはなりそうです。

 

さて妄想予想はひとまず終えて、私の冴えない予想です。

日曜中山、雨どうなんですかね。

稍重以下の馬場で注目すべき血統はステイゴールドです。

エアレーション無し馬場で馬場が渋るといい血統です。

高松宮記念でもそれでステイゴールド産駒インディチャンプを軸にしました。

今日の阪神4R芝2000Мでも重馬場でオルフェーヴル産駒1着、ドリームジャーニー産駒が3着。やはりその適性は続いています。

馬場が渋ればいいと思っている馬は

⑨ラーゴム オルフェーヴル産駒

18年稍重で勝ったエポカドーロもオルフェーヴル産駒。母系もミスタプロスペクター系で似た血統構成なので『馬場が渋れば軸馬決まり!』と思っていたんですけど。

問題は雨。思ったより短い時間しか降らなさそうですし、明日の午後には良馬場まで回復しそうな感じにも思えます。

ただ良馬場だった土曜の馬場を見る限り、重い馬場ではあるので高速馬場にならなければ案外あるのかなと思ってます。稍重以下ならこの馬から流します。

今年は例年と馬場傾向が違います。しかし皐月賞過去の十何年と遡っても、前走共同通信杯スプリングSなど前走芝1800М経由の馬は好走傾向にあります。

なので前走芝1800М経由の馬を重視します。

⑤ヴィクティファルス

この馬は共同通信杯2着、スプリングS1着。正直スプリングS余計かなと思っているのですけど、今の中山のタフな馬場は合いそうです。母父ガリレオサドラーズウェルズ系、母母父ロベルト系のシルヴァーホーク皐月賞得意血統です。

⑦エフフォーリア

先ほど取り上げました。出目含めて買いですし、エピファネイア産駒も今の中山のタフな馬場は合っています。

⑥ヨーホーレイク

この馬は相手なりに走りそうなタイプ。勝ちきれないけどどんなレースでも安定して走ってくれそう。そういうタイプが皐月賞は向きますし、母父フレンチデピュティは渋った馬場が合いますし、仮に良馬場でも今の中山のパワー馬場は向くはず。

⑭アサマノイタズラ

前走スプリングS2着。鞍上嶋田騎手で生産牧場もマイナー。父ヴィクトワールピサ皐月賞ですし、今の中山はヴィクトワールピサのようなパワータイプが合いそうです。

馬場が渋った方がいい馬で、勝ちタイムも2分前後の平凡時計ならという条件つきではありますけど。

以上5頭で馬連、ワイド狙います。

稍重以下ならー⑤⑥⑦⑭

良馬場なら⑤⑥⑦⑨ボックス(時計掛かりそうなら⑭加えます)

 (結果)

 ⑦ー⑬ー③

横山武史騎手のエフフォーリアが1着。

予想の冒頭に書いた横山典騎手絡みの妄想ネタ、今回で5年連続の連対となったハマり馬番⑦番、相性のいい共同通信杯勝ち馬。おまけに横山武史騎手の得意の前残り馬場。

全部当たっているんですよね……。

レース後『なぜこの馬から買わないんだ!』『人気馬から買ってもつまらないからです』などと自問自答し、クラクラしていました。

で、稍重だったので私は⑨ラーゴムから買いました。

4コーナーで終了。中京の荒れ馬場のきさらぎ賞でみせたあの粘りは全く見られず。

中山の馬場は稍重でさらにタフさが増していました。なので上り勝負向き、軽い馬場向きのダノンザキッドは15着惨敗は予想通り。しかしエアレーション無し馬場で渋っていいはずのステイゴールドオルフェーヴル産駒のラーゴムが13着惨敗とは思いもしなかったです。きっと今の阪神のような軽い馬場の重向きなんでしょうね。タフな馬場の重は向かなったということでしょう。読みが甘かったです。

私のチョイスした馬はエフフォーリアの1着以外は⑥ヨーホーレイクの5着が最高。結局また4,5着当てになってしまいました。⑤ヴィクティファルス9着、⑭アサマノイタズラは最下位。酷いものですね、すいません。

ちなみに2着⑬タイトルホルダーは血統では絶対買える馬です。母父サドラーズウェルズ系ですし、母系はバリバリの欧州タフ血統。しかもキングカメハメハ系のドゥラメンテ産駒。正直日曜の前止まらない馬場は読めていたので、買わなきゃいけない馬だとずっと思っていたのですけど『弥生賞勝ち馬は来ない』という近年傾向から結局買わずじまいでした。3着③ステラヴェローチェも欧州血統バゴ産駒でしたから合うとは思いましたが、この馬の場合は母母父ゴーンウェスト系でGⅠではワンパンチ足りない血統があったので切ってしまいました。

タフな馬場でタフな血統がハマる。わかっていることですけど、いざチョイスになると余計な私情が入って外す。最近こんなのばっかりです。

皐月賞はこの春の中山開催を象徴する結果でした。

 

土曜阪神11R アーリントンC 芝1600М

(予想)

今年は18頭フルゲート。頭数がそろわないイメージがあるレースですけどそれだけ混戦、どの馬もチャンスありと考えているのかもしれませんね。

このレース、近3年の勝ち馬20年がタイセイビジョン、19年がイベリス、18年がタワーオブロンドン。この3頭、どんなイメージがありますか?

芝1400Мがベストの馬。マイルより芝1200、1400が合うタイプ。

アーリントンCのレース傾向はマイル適性ではなく芝1400М適性が重要

この傾向を紹介したかったので、このレースを取り上げたようなものです。

ん? 

そういえば中山芝マイル戦では何度もそういう話をしていますね。しかし中山は今年残念ながら馬場が微妙に違って芝1400М適性ではなく芝1800、2000適性の馬が来てしまっていますけど。

もしかして阪神も傾向が外れる?

阪神も今年は先週まで超高速馬場だったので少し傾向が変わる心配はありますけど、土曜の阪神は雨の影響を受けるので超高速馬場はあり得ないのでとりあえず例年通りの傾向に当てはめて予想します。

とにかく芝1400М実績のある馬重視です。中でも阪神芝1400М実績がある馬が信頼できます。該当馬は5頭。

①トーホウディアス

⑧ピクシーナイト ノーザンF生産馬

⑭ワールドバローズ

⑮シヨウリュウレーヴ ノーザンF生産馬

⑱グレイイングリーン 

 

何となくこの5頭BOXでも2頭は馬券になりそうな雰囲気ありますね。

 この中で軸は⑱グレイイングリーンです。

母系含めてまさに芝1400ベストの馬だからです。馬場が渋っても問題ない血統構成なのでこの馬からで良さそうです。

唯一の心配は大外枠18番

先週桜花賞は超高速馬場で外枠不利になってしまいました。しかし土曜は馬場が悪化するので桜花賞のような内枠有利はないと思います。いや、そう願いたいです!

結論

⑱ー①⑧⑭⑮

もし重不良まで悪化すればディスクリートキャット産駒⑭ワールドバローズはかなり面白い存在になると思ってます。

(補足)

例年の傾向が崩れた時の予想も触れておきます。

そうなると傾向は芝1800、2000向きの血統の馬が来るわけですけど、⑨ホウオウアマゾン、⑬サトノラムセスこの2頭あたりが絡むと思います。⑧⑮⑱に⑨⑬を加えた安直5頭BOXでも当たるかな?

(結果) 

 ⑨ー⑩ー⑫

これも酷い結果です。軸馬⑱グレイイングリーンは17着。この惨敗は馬場が合わないと言えます。この母系血統なら重馬場大丈夫だと思っていたのですけど、ラーゴム同様に読みが甘かったようです。

重馬場でタフな馬場になっていたようです。なので恐れていた通りというか、例年の芝1400М系の血統よりも芝1800、2000系が合う血統の方が来てしまいました(あくまでも血統構成での話です)。このレースに関しては1,3着が1800、2000Мタイプでした。

ちなみに芝1400Мタイプで私がチョイスした⑧ピクシーナイトが4着、重不良で面白いと書いた⑭ワールドバローズが5着。

また4,5着か。ズレが生じると本当4、5着が多くなります。

1着⑨ホウオウアマゾン、2着⑩リッケンバッカーキングカメハメハ系のワンツー。

キンカメが渋ったいいのはわかってましたが、私は母父キングカメハメハの8着ショウリュウレーヴを選んで大失敗でした。

渋ったらキングマンボ系。これだけは阪神だろうと、中山だろうと関係なく全国共通のハマり血統。キングマンボの血を持つ馬は多数出走するので。あとは血統構成で判断して選ぶのですけど、ここで私はミスっているわけです。

 

 

 

 

以上、辛いだけの予想を振り返りました。

春の中山開催が終わりました。中山の芝レースは先行有利の馬場ばかりでした。やはりエアレーションしなかったからでしょうね。

週末から舞台が東京になりますので、中山では消化不良で惨敗した差し馬が東京で巻き返しそうだとは思っているんですけど、実は気になることが発覚。

この件については週中に取り上げようと思っています。そこで気の早いダービーの展望もしますのでチェックしてみてください。