脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

予想以上に馬場の良い阪神芝は読み違いで大失敗も青葉賞本線的中!~5/1土曜青葉賞予想&阪神芝の推奨馬の結果~

kakikenです。

 

最初に謝っておきます。

阪神芝の馬場を読み違えました、スイマセンでした!

阪神は12週目で週中の雨もあって当然荒れた馬場を想定していたのですけど、内が荒れているというJRAのホームページ馬場情報など全く関係ないくらい今日もいい馬場でした。印象としてダート色は無く、野芝の軽い馬場の最終週という感じでした。

当てが外れて焦ってましたが阪神が外れても東京で取り返す!

そんな一日でした。

 

では土曜の予想を振り返ります。 

土曜東京11R 青葉賞 芝2400М

(予想)

狙っていたステイゴールド系、サドラーズウェルズ系の血がある馬の出走が無く、血統構成ではイマイチの馬が多いメンバーです。

血統でいけばやはりキングカメハメハ系重視

渋った馬場はキングカメハメハがいいですし、渋った馬場が乾いて硬化してもキングカメハメハがいい。どっちにしてもキングカメハメハ系はいい。

と言っても出走馬18頭中10頭もいますので来て当然かもしれませんけど。

 

ここは1~3着キングカメハメハ系独占を狙った予想をします。

脚質、枠に関しては風など含めてもある程度先行した方が良さそう、そしてコースロスなく立ち回れる内枠の方が良さそうです。

それらに加えて例年のレース傾向に当てはめて予想します。

★1番人気馬が5年連続3着以内

キングストンボーイ

自分で予想するより手堅く当てるならこれを参考にすべきですね。現時点ではどうこう言えませんが⑩キングストンボーイですかね? ⑦レッドヴェロシティ ③ワンダフルタウンあたりですか?

ちなみに⑩キングストンボーイの父はドゥラメンテキングカメハメハ系ですし、レベルの高い共同通信杯4着。この馬は1番人気でなくても買わなきゃいけませんのでここで名前を上げておきます。

★前走アザレア賞、大寒桜賞、ゆきやなぎ賞の勝ち馬

今年は前走アザレア賞勝ち馬しか出走していません。

⑮リーブルミノル

例年ならアザレア賞勝ち馬は鉄板級の馬が多いのですけど、この馬は鞍上含めて少し頼りない感じです。ただ血統的には父キングカメハメハで母父マンハッタンカフェでエアレーション無し馬場も向きそうです。

この3つのレースで馬券圏内だった馬を含めれば⑨テンカハル⑭グレアリングアイ⑱モンテディオあたりも候補になりそうですが、正直イマイチな印象。

★ノーザンF生産馬が1~3着に2頭絡む

先週フローラSもこのパターンでしたがイマイチでしたので鵜呑みにしづらいです。今年は6頭①アランデル②ワンダフルタウン⑦レッドヴェロシティ⑧マテンロウエール⑨テンカハル⑫スワーヴエルメが該当馬です。

この中ではキングカメハメハ系のみチョイス

②ワンダフルタウン

⑫スワーヴエルメ

②ワンダフルタウンはキングカメハメハルーラーシップ産駒でエアレーション無し馬場は合いそう、⑫スワーヴエルメもキングカメハメハドゥラメンテ産駒で母父ファルブラヴ母母父エルコンドルパサー。本来の青葉賞はこれくらい重厚な血の馬が好走するのですけど。

 

その他母系だけでいけば⑥アオイショーは母父シンボリクリスエス母母父ダンスインザダークでいかにも青葉賞向きな印象。ただ鞍上、生産牧場などから切りました。

内枠有利っぽいですけど②以外強く推せる馬は見つかりませんでした。

②⑩⑫⑮

もし②⑩が1番人気ではないなら1番人気馬から②⑩⑫⑮流し

 (結果)

②ー⑩ー⑦

レース傾向通りでしたね。1番人気⑩キングストンボーイが2着。そしてノーザンF生産馬②ワンダフルタウンが3番人気2着、⑦レッドヴェロシティが6番人気3着でノーザンF生産馬が2頭馬券に絡みました。今回はキンカメ括りの馬券にしたので⑦レッドヴェロシティは切りましたけど評価としては5,6番手でしたので来ても納得。

このレッドヴェロシティだけがキンカメ無しの馬、掲示板5頭中4頭が父親がキンカメ系でした。15番人気4着⑫テーオーロイヤルはオンディーズ産駒、私のチョイスした⑫スワーヴエルメが10番人気5着と惜しかったです。

で、もう一つの傾向アザレア賞勝ち馬⑮リーブルミノルは5番人気10着。鞍上含めて頼りないという印象通りの惨敗。外枠や道中の位置取りの悪さなどありますけど今年のアザレア賞組はレベルが低かったということにしておきます。

私の馬券は4頭BOXでしたが実質⑮リーブルミノルは押さえ、②⑩⑫を厚く買っていたので馬連②ー⑩1080円、②ー⑩ワイド450円だけでも十分プラス出来ました。

 

土曜阪神3R 三歳未勝利芝1600М

⑨レッツゴーアスク

阪神も土曜はキングマンボ馬場になると思っていますが、このレース7頭出走。

中でもこの馬が血統構成では一番バランスがいいです。父ロードカナロアで母父フジキセキ母母父デピュティミニスター。近走ダートを走り先行力もある。

重馬場でも高速決着でも今の馬場なら合う馬です。人気はないですが、この馬が不利などなくて、あっさり負けるようなら馬場が違うと判断します。

①タイキフロリゼル

穴ならこの馬。キングカメハメハリオンディーズ産駒で母父クロフネ。母母父がフォーントリック系で芝をこなせるダート血統。高速決着にならないなら面白いです。

馬券としては⑨から人気⑤ジューンブルーム⑫パラッツォレジーナ押さえで穴①タイキフロリゼルと③テーオーステラ。

⑨ー⑤⑫①③

(結果)

 ⑩ー⑥ー⑰

1番人気2番人気が1,3着、2着がキングマンボ系エイシンフラッシュ産駒。キングマンボ系ではドゥラメンテ産駒⑦が13番人気4着。キングマンボ系は悪くないのですけど、私の狙った⑨レッツゴーアスクは8番人気7着、①タイキフロリゼルは11番人気17着と散々でした。多少力のいる馬場だとしてもダート寄りの馬場ではない。6月の東京とはちょっと違う印象。この結果で読み間違えたと感じました。

 

土曜阪神9R 矢車賞 芝2200М

⑤アサケレディ

前回のブログでも書いたキズナ産駒のハマりを見る指標として最適な馬。

③ハギノピリナもキズナ産駒ですが血統的にはアサケレディ重視です。

今の阪神の馬場は合うはずだと思っていますのである程度期待できるとは思います。

この馬が惨敗したら天皇賞の予想考え直すつもりです。

相手はディープ、ハーツ、オルフェ産駒。

ー①⑥⑧⑨

(結果)

③ー①ー⑥

⑤アサケレディは大差の最下位……もう読み間違いの酷さ、申し訳ないです。

皮肉なものでもう一頭のキズナ産駒③ハギノピリナが勝利。明暗くっきり。1着と最下位ですからね~この極端さもキズナ産駒ですね。

ハギノピリナの母系はダートっぽくないので合わないかなと思っていましたがこちらが正しかったようです。本当す読み違いですいません。

このレースでキズナ産駒は母系次第で十分走るということはわかりました。

天皇賞のディープボンドに関してはよくよく見るとアサケレディよりハギノピリナに近い感じの母系なので(母父キングヘイロー母母父カコイシーズは芝でも走っています)ので問題無いでしょう。

勝ち時計2分12秒7。同距離の3歳オープンすみれステークスが2分12秒4なので1勝クラスの時計としては速いです。まさか12週目でこのタイムが出る阪神芝の状態を12週間前には予測などできるわけないですね。

 

土曜阪神10R ストークS 芝1600М

先週のマイラーズカップ同様にマイルより芝1200,1400ベストの馬を重視。

④ジュランビル

この馬も3R⑨レッツゴーアスク同様、ここであっさり負けるようでは馬場を読み違っていると判断できるような馬です。走らないわけがないくらいに思ってます。

買うならこの馬からと即決できましたが相手候補が多すぎて現状では決まりません。

明日の脚質傾向、枠、血統などを考慮して買おうと思ってますが、血統だけみれば母系が抜群の⑭エアファンディタ、穴では万が一差しが決まる展開なら⑯イーサンパンサーが面白いです。

⑭⑯

 (結果)

 ⑨ー⑤ー⑰

「もう来るわけないな」と諦めていましたが④ジュランビルは10番人気12着。

すいません、何度も言います、読み違いをしていました、すいません!

馬場読みで軸を決めると読み違えたら最後、中途半端に好走はないです。これが馬場読みでする予想の弱点です。

勝った⑨グランデマーレが道中3番手から上り33秒7でまとめていることから、馬場が稍重になって道中緩んでヨーイドン競馬になった感じですね。当初想定した血統イメージで母系がいいと思った⑭エアファンディタが4着になるあたりが読み違いをしている証拠のような着順。⑯イーサンパンサーに至ってはこんないい馬場では稍重どころか不良まで行かないと厳しかったでしょう。

 

以上、土曜の予想を振り返りました。

阪神はちょっとイメージを切り替えて予想し直します。ダートではなく、一昔前の芝、それも野芝だと思って予想するべきでしょう。

日曜の予想は東京メインのスイートピーSが的中しやすそうなので、その予想と天皇賞の予想をします。

天皇賞では、昨日くだらないこじつけ法則を見つけてしまいました。個人的にはハマると迷惑な法則っぽいのですが、その法則も紹介しようと思っています。