脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

馬場が微妙に違う今年、例年なら4,5着の馬を狙います~5/16日曜東京・ヴィクトリアマイルの予想~

kakikenです。

 

先週のマイルカップに土曜の京王杯スプリングカップと酷い予想結果です。

日曜は思考を切り替えて何とか的中したいです。

 

では日曜の予想です。 

日曜東京11R ヴィクトリアマイル 芝1600М

マイルカップのシュネルマイスター、ソングライン、土曜京王杯ならトゥラヴェスーラ。私の中でのレース予想イメージとしてこれらの馬たちは何となく合ってそうで何となく違う。イメージとして野芝、ローカル色が強く東京では足りないイメージ。実際シュネルマイスターもトゥラヴェスーラ(ついでに京王杯3着カイザーミノル)は東京実績の無いの馬でした。

今年のメンバーで言えば

⑪ダノンファンタジー

⑯リアアメリ

⑦マルターズディオサ

土曜朝の時点で完全ノーマークの馬でした。私のイメージでGⅠでは足りない、そして野芝イメージの強い馬たち。早熟で伸びしろのないイメージです。

プラス要素を考えると⑪ダノンファンタジーは9月野芝阪神ローズSでレコード勝ちしていますし、昨年このレース5着。今年の馬場傾向ならこの馬の出番ですかね?

⑯リアアメリアも野芝中京ローズSで完勝。高速馬場向きではないと思いますが、左回りは3戦2勝、オークス4着。左巧者だとすれば?

⑦マルターズディオサはキズナ産駒ということが一番怖いです。例年なら絶対無いと言い切れる馬です。しかし成績を見るとオークス12着以外安定して走っています。大敗は距離だとすれば、今回はベストのマイル戦。キズナ産駒の爆発力が見られるかも?

 

次は本来、例年の傾向からの予想はこんな感じです。

今回はグランアレグリアの相手探し。

①マジックキャッスル

ツメの甘い馬がいい東京4週目。戦績からこの馬がベストマッチです。

⑨テルツェット

エイジアンウインズストレイトガール。過去このレースで金星を挙げた馬の母系にはデインヒルの血がありました。この馬の母父がデインヒル系。古馬で本格化するリアルスティールやラヴズオンリーユーの近親ですからこの馬も本格化した今、一気に頂点もあり得ます。

サウンドキアラ

このレースはリピーターレースです。この馬は昨年2着の後秋2走は低迷しましたが、近2走で確実に良化しています。

⑥ー①⑨⑫

って感じです。

 

これらを踏まえて予想をまとめます。

レースの鍵はレシステンシアの戦法。

逃げるか控えるか。武騎手はこの馬の適性を理解しているかどうか。

前走を参考にして控える競馬をしたら切れ味勝負に屈して凡走でしょう。

ハイペースで逃げて粘り込むしかないのですけど、本質マイルの馬では無いとみてレシステンシアは軽視します。

このレース、基本堅い決着が少なく、過去5年も5~8番人気の馬が必ず馬券に絡んでいます。前売り段階ですが、偶然にも私のチョイスしたテルツェット、ダノンファンタジーサウンドキアラ、リアアメリア、マルターズディオサあたりが該当しそうです。

だったらグランアレグリアからこれらに流せばいいはずです。

ー①⑦⑨⑪⑫⑯

特に⑥ー⑪に期待したいですね。この2頭は東京マイル新馬戦対決、1着グランアレグリア、2着ダノンファンタジーでした。3年後の東京マイルGⅠでまたワンツーなんてめぐり合わせはドラマチックです。

 

ちなみに今回このレースで買いたくない馬は⑤デゼルです。

血統などは例年の傾向にはハマっていませんので逆に考えると今年の馬場が合うかもしれません。人気馬なので切ったのもありますけど、このパターンは先週新潟大賞典で似たような理由で切って2着だったポタジェと同じパターン。さて今回は……。

 

 

おまけ

あすの東京、血統で狙える馬

東京9Rテレ玉

ミモザイエロー

例年傾向ではこの馬のような5~7着が多い、切れない差し馬は合いますし、ステイゴールドオルフェーヴル産駒もいいですし、牝馬限定芝1800Мはこの馬のような母系にサドラーズウェルズ系がある馬が好走します。
東京10R青竜ステークス

⑬ゲンパチフォルツァ

東京ダート1600Мは以前紹介しましたがとにかくストームキャット系がいい。特に3歳戦はその傾向が色濃く、ヘニーヒューズ産駒のこの馬に期待です。

 

 

日曜の予想は以上です。

例年通りの予想が正解か、あえて選んだ微妙な馬が正解か、はたまた買いたくない馬が来るか……。

では、日曜の競馬を楽しみましょう!