脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

7/2土曜7/3日曜の競馬回顧

kakikenです。

 

先週末も全く時間がとれずでろくに予想もできませんでした。

しかも公開したツボも不発でしたから、申し訳ありません。

どうにか時間を作りつつ、先週末の競馬の復習と分析を現在断続的に続けています。

 

先週末の福島、小倉、函館の3つの競馬場で一番わかりやすかったのは小倉です。

小倉は超高速馬場で、馬場が硬めでいかにも軽い野芝。ここまで偏りがある馬場だと実績より血統、馬場適性を重視。その象徴だったのが日曜小倉メインCBC賞。格下馬8番人気③ファストフォースが1分06秒00のレコードタイムで逃げ切り勝ち。

この馬の買いポイントは母父サクラバクシンオー。夏の小倉芝1200重賞では外せない血統です。まして高速馬場ならなおさらです。ちなみに2着⑪ピクシーナイトも母母父サクラバクシンオー。この馬はNHKマイルCで本命にした馬でした。当時も野芝色の強い馬場が合うと推したのですが、やはり野芝の小倉は走りました。マイルC惨敗の理由をモーリス産駒が高速馬場が合わないなどと分析したのですが、単にマイルがあわなかっただけ、本質は短距離馬ということなのでしょうね。

3着⑩アウィルアウェイはスプリンターズS3着の時もハイペースだったのでこういう高速馬場は合いました。ただ差し脚質なので先行有利の馬場では3着精一杯でした。

高速馬場は血統的には偏りがあるので狙いやすいです。今週末は天候次第ですが、一番狙えるのが小倉だと感じました。

そうそう小倉といえば、小倉土曜の九州産限定戦を振り返ります。

土曜小倉5Rメイクデビュー小倉九州産限定芝1200М

(予想)

夏の小倉と言えば九州産馬限定戦です。九州産限定戦にはパターンがあります。

この新馬戦である条件に当てはまる馬が来週連闘で未勝利戦出走しますので、その馬を買えば高確率でその馬が勝つ、最低でも馬券になるのです。なので

勝負は来週7月10日土曜2R九州産限定未勝利戦です

今回はその前哨戦のようなものですけど、この新馬戦は基本堅いレースが多いです。

なので予想度外視で1番人気から5番人気あたりに買えば高確率で当たるレースだと思います。何が1番人気かわからないので私の注目馬を取り上げておきます。

⑬コウエイヨカオゴ

日曜小倉重賞CBC賞でも人気確実の九州産馬の星ヨカヨカの半妹といった方がわかりやすいですね。母ハニーダンサーの仔は九州産限定戦では大半が好走するので今年の産駒も注目です。

このように近年実績のある母の産駒を買えばある程度当たるレース。

テイエムキバイモン

⑫カシノプルタオルネ

この3頭で2頭は来ると思うのです。

他では①カシノファボリート④テイエムタマガイ

⑨⑫⑬①④

この5頭で1番人気馬がいればそこから4頭流し、いなければ1番人気馬から5頭流しで当たると思ってます。的中しても低配当でトリガミの可能性はありますけど。

(結果)

1着⑮シュンメキラリ  1番人気

2着⑭カッコヨカ    4番人気

3着⑨テイエムキバイモン2番人気

 

私の予想は外れましたが、傾向通り1番人気が勝利。人気通りの決着でした。

私が選んだ馬で馬券になったのが3着⑨だけ。

⑬コウエイヨカオゴ5番人気15着、⑫カシノプルタオルネ10着、①カシノファボリート8着、④テイエムタマガイ11着。

ただ予想で書きましたが、勝負は来週末の未勝利戦です。

買う馬は決まりました。あとは土曜未勝利戦に出走してくるかどうかだけですね。

 

 

福島は馬場が例年と少し違いました。

例年はシャタリング作業のみの馬場ですが、今年はエアレーション作業をして、シャタリング作業はしませんでした。

その影響がどれほどなのかはわかりませんが正直馬場の特徴が初週ではわかりませんでした(まだ深く分析していませんけど、ハマりは薄いようです)。

一番特徴的だったのはスクリーンヒーローやモーリス産駒がハマっていたこと。

それがわかっていたので、ラジオNIKKEI賞ではモーリス産駒2頭9番人気⑪タイソウ、7番人気⑭ノースブリッジの複勝を買いましたが⑭ノースブリッジが3着、⑪タイソウが4着。福島はモーリス産駒いいようです!

というより2着した11番人気⑩ワールドリバイバルエピファネイア産駒からもロベルト系が合うということでしょうね。

ともかく今週末も福島はモーリス産駒には注目です!

では福島の予想も振り返っておきます。

土曜福島11R テレビユー福島賞 芝1200М

(予想)

このレースには私の愛馬②トキメキが出走するのですが実は内枠があまり来ていないレースなので、この3勝クラスの条件はクリアする能力はありますが、今回は馬場が合うかどうかも含めて半信半疑。

昨年はこの条件2週目施行でしたが初週施行だった2016年から19年まで4年連続で道中2番手の真ん中から外枠の馬が勝っているレース。ちなみに昨年は八枠2頭の逃げ、先行馬のワンツー。

サウンドカナロアが逃げるとすれば、勝つ確率が高い2番手になるのは外目の逃げ先行馬ということ。なので中、外目の馬で注目している馬を挙げておきます。

⑦ヴェントヴォーチェ

約一年ぶりのレースという点がクリアできればこの馬が2番手、勝つ可能性が高い。

⑪グレイトゲイナー

勝ったレースが逃げ、2番手。昇級馬ということで先行できるかがポイントです。

⑫ナンヨーアミーコ

この馬は8歳の追い込み馬。実は夏ローカルの3勝クラスのレースは高齢馬が3着穴を開ける可能性が高い。このレースは実際高齢せん馬の活躍があります。この馬自身一昨年3着しているのでリピートを期待。

⑬ペイシャドリーム

福島巧者です。ただしパンパンの良馬場が合わない可能性はあります。

この外目4頭に人気の①サウンドカナロア、②トキメキを絡めれば当たると思います。

絞るなら

馬単馬連)⑦ー⑪⑬①②

ワイド⑫ー⑦⑪⑬①②

 (結果)

1着③アカノニジュウイチ 2番人気

2着⑪グレイトゲイナー  3番人気

3着⑦ヴェントヴォーチェ 5番人気

 

私の予想は2、3着でしたね。

1番人気①サウンドカナロアが逃げて予想以上に激しい流れになったのか、差しが決まりましたね。先行決着想定だったので③アカノニジュウイチは完全無視でした。

「2番手が勝つ」というのも今回はダメでした

⑫ナンヨーアミーコは11着、⑬ペイシャドリーム13着。この2頭は馬場が渋るなり恩恵のないガチの良馬場では厳しかったようです。

私の愛馬トキメキは4番人気7着。2番手の競馬で最後の直線も頑張っていましたし、7着といえども差はないので、次走に期待します。ただこの馬は小倉のような超高速馬場は向かないので、次走おそらく新潟っぽいですが、理想は函館ですね。

 

おまけ

ツボ 福島初週芝1200Мのサンダーガルチ

たまたまなのかもしれませんが事実として近年福島初週の芝1200М戦では母父、母母父にサンダーガルチの血がある馬が馬券になっています。

該当馬が日曜日に2頭いるので紹介しておきます。
日曜福島2R⑦マントゥノン

この馬は母母父サンダーガルチです。

ヴァンセンヌ産駒というのは未知数ですけど、この馬の母父ファルブラヴは福島1200Мとの相性抜群。前走18頭立て18番人気で4着は今回好走の予兆だと思ってますし、相当期待しています。

(結果)

⑦マントゥノン 2番人気8着

先行有利の馬場で先行して8着はダメです。福島適性は感じませんね。

 

日曜福島8R⑪ヒガシヴァルキリー

この馬も母母父がサンダーガルチ。昨年初週2日目の未勝利戦を勝った馬です。1番人気で全く妙味ありませんがキッチリ馬券はとらせてもらいました。元々福島適性が高い馬なので、近走の連続惨敗で今回は少し妙味もありそうです。

 (結果)

⑪ヒガシヴァルキリー 9番人気15着

先行できず、道中後方ですが直線も全く伸びず。適性は無いわけではないのですけど、能力的に厳しいと感じました。

『福島初週芝1200Мのサンダーガルチ』は全然ダメでした。

この結果からどうやらツボの鮮度は落ちました。もう使えないかなと。

鮮度の落ちたネタを紹介して申し訳ありませんでした。

 

函館に関しては今回は割愛。また機会があればということで。

 

というわけで簡単ですが先週末の競馬の回顧をしました。

今週末は土曜は小倉の未勝利戦があるので絶対予想はアップします。

あと日曜も七夕賞と狙えるレースがあれば何か予想しようと思いますので、チェックしていただければありがたいです。