脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

高速馬場から重馬場、極端な馬場なので今年は大勝負は自重~7/10土曜小倉2Rの予想

kakikenです。

 

多忙なので土曜は予告通り小倉2R九州産限定戦未勝利のみ予想です。

土曜小倉2R 二歳未勝利九州産限定戦 芝1200М

 

この九州産限定戦は連闘で行われるのは例年通りなのですが今年は馬場が、先週の高速馬場で行われた新馬戦から土曜の未勝利戦はおそらく重(もしかしたら不良?)馬場と真逆の馬場になりそうです。

そうなると先週の高速馬場での成績が役にたたない可能性があるのですがとりあえず例年の傾向で予想します。

まず先週前フリした未勝利戦のパターンは

新馬戦で上り3Fタイムがメンバー最速の馬を狙え!

です。今年の該当馬は

⑯キリシマコトブキ

本来ならこの馬から流せばいいのですけど、今年はリスクが高く、大勝負は自重すべきかなと感じます。

この馬の母ラッキービクトリーはこの九州産限定戦で実績のある繫殖牝馬ですが、近年年齢的もあり産駒は走らなくなっています。しかも先週の新馬戦は直線インコースからロスなく走っての上がり3F最速。なので今年は少しマユツバものなのですが、上り3Fメンバー唯一の34秒台なのでそこは評価できるでしょう。

さらに後押しというか、私の得意のオカルトネタですが、先日、この馬の父ケイムホームが亡くなったので『死んだ種牡馬の仔は走る』の格言からも激走を後押ししているとは感じました。ちなみにケイムホームゴーンウェスト系はスローのヨーイドン競馬が合う種牡馬なので土曜重馬場でスローのヨーイドン競馬は確実なので馬場は味方すると思います。

いい条件もあるのですが全てを覆しそうな最大の問題が大外枠。この枠では一度下げてインに入れて差すパターンか、普通に外々を回らされるか。いずれにせよ大幅なロスを強いられる可能性が高い。重馬場で外枠有利を期待したいですが、2週目でいきなり内悪化で外有利にはなりそうもないので、冷静に考えて良くて2,3着というのが結論。

 

今回は別のパターンでも予想してみます。パターンというほどではないですが、新馬戦を小倉九州産限定戦ではなく、一足早く他場で新馬戦を使った馬が出走する場合、その馬は大体勝ちます。今年該当馬は

⑤イチザウイナー

⑥ヒノクニ

⑦コウユーキレカ

の3頭。この中からは新馬戦実績、福永騎手騎乗ということで⑦コウユーキレカでしょう。よほど重馬場が下手くそでない限りこの馬が勝つでしょう。

⑦コウユーキレカから流せば馬券は当たると思います。

あとは相手選び。新馬戦の内容と重馬場適性を考慮して、

②クリノゴーゴー

⑩カシノトムキャット

が狙えそうです。

⑦コウユーキレカの福永騎手つながりから新馬戦で福永騎手が騎乗した⑧カッコヨカが同枠同居から⑧も押えるべきでしょうね。

 結論としては

②⑦⑧⑩⑯

馬券は⑦ー②⑩⑯ 

ワイド⑯ー②⑦⑧⑩

三連複⑦⑧ー②⑩⑯

 

以上です。

個人的趣味のレースを予想したので全く興味ない方、ご勘弁ください。

日曜日は重賞・七夕賞の予想を公開予定ですので、そちらに期待していてください。

では週末の競馬を楽しみましょう!