脱4着競馬研究室

独自の馬場読み、血統分析で競馬を投資に変える!

7/17・7/18重賞(函館2歳S・函館記念・中京記念)予想回顧

kakikenです。

 

リアルタイムで競馬がチェックできないので、週末の競馬の復習を週明けに行っていたのですけど、しみじみ競馬は(馬場は)『生もの』だと感じました。

私は基本前週の馬場イメージと例年の該当週の馬場イメージで予想をするのですけど、それではどうしても微妙なズレが生じてしまいます。

リアルタイムでチェックできていれば、函館記念中京記念は間違いなく拾えた馬もいましたから……まあ、言い訳ですけどね。

 

では先週末の予想回顧です。 

土曜函館11R 函館2歳ステークス芝1200М

(予想)

このレースのポイントは新種牡馬の好走。

2歳最初の重賞なので新種牡馬お披露目ということです。

出走馬で今年の新種牡馬の馬は

②フェズカズマ   ドレフォン(ストームキャット系)

⑤カワキタレブリー ドレフォン

⑦ラブミードール  コパノリッキー

⑧トーセンヴァンノ ヴァンキッシュランディープインパクト系)

メリトクラシー  シルバーステート(ディープインパクト系)

⑩リトス      シルバーステート 

 

この6頭ではドレフォン産駒②⑤とシルバーステート産駒⑨⑩。

今回のメンバーでは札幌で驚異的時計で新馬戦圧勝した④ポメランチェから買えばワイドは当たりそうです。

④ー②⑤⑨⑩

(結果)

⑪ー⑥ー①

札幌で新馬レコード勝ちした④ポメランチェと⑥カイカノキセキが1,2番人気。

新馬戦で④ポメランチェの2着だったジョーカプチーノ産駒⑪ナムラリコリスが勝利。実はこのポメランチェが勝った新馬戦で2,3着した馬をこのブログでは注目馬として紹介していました。新馬戦で8番人気2着だったナムラリコリスのことも当然覚えています。当時「洋芝2歳戦でジョーカプチーノ産駒は狙える」と注目していました。次の未勝利戦であっさり勝って能力の高さは感じていました。

その新馬戦全くノーマークだったポメランチェを今回のレースで軸にしたのはそのナムラリコリスがあっさり勝ち上がったことで、ポメランチェの評価を高くしてしまったことがありました。

高速馬場だった時の札幌から時計が掛かる今の函館。そこは危惧しましたが、キングカメハメハ産駒なので問題ないと踏んでいたのですが、7着という結果だけ見ると馬場が合わなかった感じ。函館よりは野芝オンリーの小倉の軽い馬場向きのようです。

2着カイカノキセキは芝1000Мの札幌新馬戦をレコード勝ちでしたが、こちらはキンシャサノキセキ産駒で血統的に母系もダート色が強いパワー系なので函館替わりも問題ありませんでした。

3着は10番人気の未勝利馬①グランデ。未勝利馬でしたが函館の馬場適性がマッチしたようでした。先週の函館芝はそれまでも重い芝イメージからパワー系ダート色が強くなっていましたので、ディスクリートキャット産駒というのも合っていたのでしょう。

注目した新種牡馬産駒はドレフォン産駒9番人気⑤カワキタレブリーの5着が最高。酷い結果です。好走馬が多いことから世間の注目も上がっているシルバーステート産駒は先週の函館のようなダート色が強い馬場は合わないのかもしれませんね。シルバーステート産駒は本質芝向きだと感じました。

今年の函館2歳ステークスは珍しく新種牡馬が馬券に絡みませんでした。そういう年に新種牡馬を注目してしまう、何とも間抜けで皮肉な結果でした。

 

日曜函館11R 函館記念 芝2000М

(予想)

好走条件に当てはまる馬をチョイスしていきます。

★このレースは前哨戦・巴賞凡走組が巻き返すレース

③ワールドウインズ 巴賞1番人気5着

⑤ジェットモーション巴賞3番人気7着

⑦ドゥオーモ

 

★中山芝1800ベストな血統構成の馬が好走傾向

⑧トーセンスーリヤ 

この馬はローエングリン産駒で、ローエングリン産駒は中山芝1800ベストの馬が多く、実際この馬も中山芝1800が得意。北海道好走実績もある。

 

③⑤⑧BOX

 (結果)

⑧ー④ー⑮

注目馬としてあげた2番人気⑧トーセンスーリヤが完勝!

しかし例年好走する巴賞凡走組は③ワールドウインズ5番人気7着、④ジェットモーション4番人気6着と案外、そもそも函館適性がなかった感じでした。

2着が14番人気④アイスバブル。この馬の祖母はクロフネの母ミスパスカリなので、ダート色が強くなっていた先週末の函館芝がベストマッチしたようです。土曜の結果から私も危険な存在と警戒していましたので結果を見て「やっぱりか」と悔やみました。

3着12番人気⑮バイオスパークル、4着11番人気⑪ディアマンミノル。ともにオルフェーヴル産駒です。ステイゴールドの血は元々函館記念で強い血ですが、先週末の函館はステイゴールドの血が好走傾向にあったように少し傷んできた函館の芝が合うのでしょうね。

 

 

日曜小倉11R 中京記念 芝1800М

(予想)

 例年と条件が違うので、小倉芝1800М戦の傾向を参考に予想。

★ロベルト系の血がある馬

アンドラステ 母父ダイナフォーマー 社台系

ロータスランド 母母父クリスエス

⑪クラヴェル エピファネイア産駒 ノーザンF生産馬

⑫アバルラータ  母母父リアルシャダイ

 

4頭の中では今の硬い高速野芝の小倉が合うのは⑪クラヴェル。唯一の不安は脚質。今回外枠で、積極的に前に行くタイプではないので、予想以上に位置取りが後ろ過ぎると届かない可能性はあります。

その点では硬い高速馬場は不安ですが、ある程度先行できそうな③アンドラステ、⑤ロータスランドの方が展開は向きそうです。

★結局絡むノーザンF生産馬

今回出走しているノーザンF生産馬は4頭

②ダノンチェイサー

⑧カテドラル

⑨ボッケリーニ

⑩ディアンドル

 

この中で堅く高速の野芝が合うのは⑨ボッケリーニ、⑩ディアンドル。ともに母父がダンスインザダークスペシャルウィークという小倉野芝の高速馬場適性が高いニジンスキーサンデーサイレンスであることが強調材料。

私としては⑨ボッケリーニ軸、この馬から流せば当たると思っています。

 

結論として絞るに絞って

⑨⑩⑪BOX

もし4頭BOXなら②⑨⑩⑪です。

 (結果)

③ー⑧ー⑪

土日の馬場を読まなくても金曜時点での予想でもチョイス次第でとれましたが、相変わらずのチョイスミスでした。

ロベルト系の血がある1番人気③アンドラステが1着、5番人気⑪クラヴェルが3着。

ノーザンF生産馬⑧カテドラルが2着。特にカテドラルは先週末の小倉の芝がトニービンの血がハマり傾向にあったのでトニービン色のあるハーツクライ産駒のこの馬は要警戒馬になっていました。

とは言え私が軸でいいと思った⑨ボッケリーニも母母父トニービンなので「まず大丈夫だろう」と思っていたのですけど2番人気6着。この馬は勝負所でエンジンの掛かりが遅い馬なんでしょうね、勝負所で動けない弱さ、切れ味の無さを感じました。そもそも芝1800Мは距離が短い気がしました。芝24,25あたりで勝負すべき馬です。

 

 

以上、軽くですが予想を回顧しました。

先週末の結果から一番わかりやすいのが小倉芝だと思いました。ハマっている血が素直に好走してくれる感じです。

ただその小倉は今週から3週間オリンピック絡みでお休みなのでガッカリです。

小倉と対照的にハマっていても買えないような馬が好走していたのが福島の芝でした。だからレースも荒れ放題でした。まあ私はチェックだけで無視していましたけど。毎年この時期の福島は一番手を出してはいけない難解競馬場なのです。

その福島と同様に難解なのが夏の新潟です。理解不能ともいえる感じで重賞以外は手を出すべきではない競馬場です。

そんな新潟と函館の2場開催の今週末、新潟アイビスサマーダッシュだけはこのブログでも予想しようと思っていますが、勝負するならまだ馬場が把握できている函館でしょうね。

ようやく多忙から解放されつつあります。

本格的勝負は秋の中山競馬からでしょうが、来月から徐々にこのブログの活動も活発化させていこうと思っています。