脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

今週末から使える! その日の結果をなぞるだけでとれるダート戦(狙える血統情報も紹介)

kakikenです。

 

先週末毎日王冠で狙っていたダイワキャグニーが悔しい4着(しつこい!)。

馬券が外れた怒りで頭に血が上ってしまいましたが、実は万が一外れた場合に備えて、頭が冷静なうちに、毎日王冠発走の前に最終レースの予想をしていました。

最終レースはその予想で馬券を買って見事的中。毎日王冠の負けを何とか取り返せたわけでした。

ちなみに最終レースはダート戦でした。東京のダート戦は私にとって救済レースでもあります。

今回はそのダート戦の予想を簡単に振り返ってみます。

これは東京ダート戦での私の基本予想方法なので、参考になると思います。

 

簡単に言えば、その日の傾向をなぞるだけなんですけどね。

何をなぞるか。なぞるものは色々あります。

私の場合主に専門分野である血統ですが、それ以外に出目はすごく注視します。

東京ダートは不思議な事に週ごとにハマり枠が変わります。内であったり外であったりします。

※ちなみ人気も参考にする時があります。それは東京ダート2100Мで、東京ダート2100Мは6~8番人気が馬券に絡みやすい傾向があります。

 

最終レースはダート1400Мでした。その日ダート1400М戦が3本、最終レースはその日の3つ目なので前2つのレースを参考にできる。

そこでいつもの『なぞり』作戦。以下は前2つのレースの出目です。

 6R 1着⑫ 2着① 3着⑭

 10R   1着⑬ 2着⑪ 3着⑫

一目瞭然。6枠7枠⑪~⑭がいいとわかりますね。

 

そこでこのレースでも⑪~⑭の馬が候補になります。

次に脚質です。

6R 1着 中団 2着 先行 3着 差し

10R 1着 逃げ 2着 先行 3着 中団

6Rでは差しも届いていましたが、直近の10Rを見る限り明らかに先行馬場。

⑪~⑭で先行は⑫⑭です。

最後に血統。その日の馬場からアメリカン血統のノーザンダンサー系がいいというのがわかっていました。そして直近10Rで勝った⑬の馬が母父フレンチデピュティ

このレースでは⑭ケイアイターコイズの母父がフレンチデピュティ系のクロフネ

『なぞり』で導いた答えは⑭ケイアイターコイズでした。

後は相手選び。候補は①の母父がクロフネ、⑤の父がヘニーヒューズ。1番人気2番人気の馬でした①は追い込み脚質で危険。消去法で⑤になりました。

結果は⑭ケイアイターコイズが先行2番手から押し切って勝利!

1着⑭ケイアイターコイズ 4番人気

2着⑤アドマイヤルプス  1番人気

複勝⑭330円 馬連⑤ー⑭2280円 ワイド⑤ー⑭960円的中!

 

最高にうまくハマったレースなので今回紹介したのですけど、基本こういう『なぞり』でとれるレースが東京ダートには多いのです。

今週末で言えば土曜は4Rと12Rダート1300М、日曜は6R、8Rのダート1600М戦でしょうか。

ちなみにダート1300М戦は基本人気サイドが多いです。あと先行が有利。血統で言えばエンドスウィープ系のサウスヴィグラススウェプトオーヴァーボード、他ではフレンチデピュティクロフネがあれば狙うべき。さらにヘニーヒューズアジアエクスプレスなどのストームキャット系まで押さえればほぼ的中?です。

 

あと以前にも言いましたがストームキャット系に関しては良馬場であろうが重馬場であろうがほぼ関係なく11月下旬まで続く秋開催の東京ダート1300М~1600Мで狙えますので、ストームキャット系の血統を知っていれば特に2歳戦は簡単に取れるレースが多くなります!

 

明日は秋華賞の出走確定馬の血統診断をします。