脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

東京芝は重いのであの種牡馬に期待!~10/23東京・富士ステークスの予想~

kakikenです。

 

寒いです。毎年のことに感じてますが秋がほとんど無く、夏から冬のパターンが多いですね。日本は四季はなくなり二季(夏と冬)になりつつあります。

競馬に関しても極端な寒暖の差は芝質、砂質が激変する可能性があるので、困りものです。今週末は馬場変化に気を付けないといけませんね。

 

では土曜の重賞予想です。

土曜東京11R 富士ステークス 芝1600М

馬場変化が気になるところですが、先週の馬場、例年の馬場から判断してもこのレースでの馬場は良であろうと重であろうと重い芝、重馬場がいい血統の馬が好走傾向にあります。

メンバー見渡して血統的にドはまりなのが

④バスラットレオン

キズナ 母父New Approach 母母父Cape Cross

今の東京、阪神の重い芝で高い適性を発揮しているキズナ産駒。さらには母父がサドラーズウェルズ系、母母父が重馬場得意のダンチヒケープクロス

近走流れの悪いレースが続いていますが馬場適性としては今回ドンピシャ。

近走の大敗は馬場適性が合わなかっただけ。今回鞍上が坂井騎手なので間違いなく逃げると思われます。差し馬場になった時のリスクがありますが今回逃げれば相当粘ると思います。万が一高速馬場になったら大敗しそうですけど、時計が掛かる決着で今回大敗したら、能力的に頭打ちです。

 

先行したバスラットレオンが万が一ダメだとしてももう一頭のキズナ産駒がいます。

①ソングライン

キズナ 母父シンボリクリスエス 母母父アグネスタキオン

この馬も血統的にはかなり今の馬場への適性は高いです。アクシデントがあって大敗した?桜花賞(そもそも超高速馬場が合わなかった)以外は全て馬券圏内と安定していますし、土曜が超高速レコード決着にならない限り好勝負必至。

 

というわけでキズナ産駒2頭が私の本線です。前日売りでは2頭とも人気ですが、もともとこのレースは人気サイド1~5番人気の中から2つ以上来る可能性の高いレースですから、相手も人気サイドから選びたいです。

昨年2着、東京マイルが得意のリアルインパクト産駒⑧ラウダシオンの巻き返しには注意が必要です。あとは毎年絡むディープインパクト産駒⑩アルジャンナとワグネリアン

他では近年このレースはダンチヒ系の血がある馬が好走。④バスラットレオン以外ではさすがにハービンジャー産駒⑥ハッピーアワーは無理だと思いますので常識的には母父デインヒル系の⑯ダノンザキッドです。ただしジャスタウェイ産駒ということで成長力や脆さが懸念されるので、大負けもありそうなので正直押さえ程度。

①④⑧⑩⑭

基本は①と④流し。どちらかを軸にするなら土曜が先行馬場なら④バスラットレオン、差し決まる馬場なら①ソングラインですが、私は2頭とも買う予定。相手は人気サイドなのでトリガミに注意したいです。

④ー①⑧⑩⑭

①ー⑧⑩⑭

今回人気になりそうな⑤ロータスランドですが血統的には問題ないですけど、血統構成からローカル色が強く東京適性への疑問、サンデーサイレンスの血が無いことから軽視しました。

 

 

 

以上、土曜の重賞予想でした。

最後に私のお楽しみ、東京ダート『なぞり』作戦ですけど、基本なぞりは三歳以上クラスのレースで同じ距離のレースが2つ以上ある時に発令しますが、今週はダート2100М戦が該当します。ただ土曜が7Rが9頭立てと少頭数なので見送りです。ちなみに10Rは16頭立てで、日曜日メインレース・ブラジルカップがダート2100М戦で16頭立てなので日曜ブラジルカップで『なぞり』作戦をしようと思います。

では土曜の競馬を楽しみましょう!