脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

ほぼ狙い通り、久しぶりのGⅠ的中!~10/24阪神・菊花賞の予想結果~

kakikenです。

 

情けないことですが、今年のGⅠは本当酷い結果ばかりだったということに昨日的中したことで逆に気づきました。

月曜の朝は久しぶりに気持ちいい朝を迎えられました。

 

では日曜の菊花賞予想を振り返ります。

日曜阪神11R 菊花賞 芝3000М

(予想)

何度も出馬表を見続けても「これ」というしっかりした馬がいない今回の菊花賞

まず今回の食わず嫌い馬を言います。ある意味で勝つ可能性が高い馬。

⑤レッドジェネシス

ディープインパクト産駒で母父ストームキャット母母父サドラーズウェルズ

5,6年前にトレンドだったディープインパクトストームキャット。一見よさげに見えます。ただトレンドから外れた現在、突き抜けられない印象を受けます。なので特別欠点は無いのですが何となく買いたくない馬になっています。

この馬から私の予想に流せば当たる可能性が高いかも?

 

さて本題。私の予想です。

阪神芝3000Мということで阪神大賞典でイメージして予想してみます。

マークする種牡馬ステイゴールドハーツクライキングマンボ。

ステイゴールド系では⑨ヴェローチェオロのゴールドシップ産駒のみ。しかし母父タイキシャトルということで菊花賞では厳しいので切りました。

ハーツクライではジャスタウェイ産駒⑩モンテディオハーツクライ産駒が⑯グラティアス、⑰ヴィクティファルスの3頭。穴はこの3頭のいずれかか?

最終チョイスとしてはモンテディオ。この馬11戦で2,3着が7回。勝ち切れない馬なのはスピードの無さ。逆に言えばバテもしないから2,3着が取れる。こういう馬がスタミナ勝負で本領発揮できると考えます。脚質的にもいい位置で競馬が出来そうですし2,3着ならあり得るはず。

キングマンボのある馬だとドゥラメンテ産駒の③タイトルホルダー、母母父エルコンドルパサーの⑱オーソクレースの2頭。

③タイトルホルダーは今の先行有利の馬場は味方につけられるはずです。姉メロディーレーンが阪神芝長距離戦で強い競馬していますのでドゥラメンテ産駒の脆さが出なければゴールまで粘りに粘るはず。

⑱オーソクレースの母がマリアライト。タフな馬場が合う馬でした。エルコンドルパサーの血がそうさせていると考えられ、母系で菊花賞をするならこの馬が一番の適性。

今の先行馬場を考えるとある程度ポジション付けられるこの2頭を中心にしたいです。

そして⑭ステラヴェローチェ。血統的にはここで来る馬ではないです。でも皐月、ダービーとその来ないはずの馬が好走を続けているのでもう血統を物差しにしてはいけない馬なのでしょう。ただ今回前残り馬場で差し、追い込みという脚質が不安で軸にするまでには至りませんでした。

今回はこの4頭にしました。

③⑩⑭⑱

食わず嫌い馬⑤ー③⑩⑭⑱

(結果)

1着③タイトルホルダー  4番人気

2着⑱オーソクレース   3番人気 ノーザンF生産馬

3着⑪ディヴァインラヴ  6番人気 ノーザンF生産馬

4着⑭ステラヴェローチェ 2番人気 ノーザンF生産馬

14着モンテディオ    13番人気

 

タイトルホルダー圧勝!

読み通りタイトルホルダーは全く止まりませんでしたね。

日曜は多少差し馬が来れていても、基本先行した馬は粘りに粘っていたのでタイトルホルダーが来るのはほぼ確信できました。個人的には逃げ切りもあり得ると思って単勝も購入していたので直線決定的な差がついた時は爽快でしたね。

単勝③800円、馬連③ー⑱2420円、ワイド③ー⑱1050円的中!

3着ステラヴェローチェだったらワイド総取り出来ていただけに悔しさは残りましたけどね。3着⑪ディヴァインラヴは、出走すれば本命にするつもりだったマカオンドールに前走勝って菊花賞出走にこぎつけた馬なのでこの3着も納得しています。ある程度良いポジションで競馬をした福永騎手にやられたという感じでした。ステラヴェローチェはやはり追い込み脚質なので今回4着という結果も仕方ないのかなと思います。2着オーソクレースは想像より位置取りが後ろでしたが、後ろだったからこそ2着食い込めたような気もします。選んだ4頭中3頭で1,2、3着で完璧的中と一瞬思ったのですけど、そこまで甘くありませんでした。ちなみにチョイスしたもう1頭⑩モンテディオは道中2,3番手でいい位置で競馬をしていたので『横山兄弟馬券』を一瞬夢見ましたけど、最後の4コーナーで手応え無くなっていたので、この辺りはジャスタウェイ産駒の弱さもありますがこの馬の実力なのだと感じました。

さてさて食わず嫌い馬⑤レッドジェネシスですが1番人気13着。過剰人気でしたね。結構血統予想家たちがこの馬推していましたが、今回は私の勝ちです。

位置取りが後方からでその時点で終了していましたが、それでも追い込んでそこそこの着を拾っている馬がいる中での13着ですから、仮にある程度のポジションにいても好走は不可能だったと思います。やはりGⅠではパンチ不足、トレンドから外れた血統はこういうパターンが多いです。

1番人気を無視しての的中は気持ちいいものです。スッキリしました。GⅠは完璧的中だったフェブラリーSオークスに続き3つ目の的中。15レースで3つだけですから酷い結果(チョイスミスが多すぎるのも原因)ですけど、とにかく今回は4頭まで絞っての的中なので良い予想だったと思います。先週週中に書いた血統診断でも今回5着に来たディープモンスターも高い評価をしていましたから、阪神の馬場はきっちり読めていると思います。

勝ったタイトルホルダーは阪神馬場適性の高さでの圧勝でした。もし京都だったらこんな圧勝劇には絶対なっていなかったと思います。勝てる馬というのは運も持ち合わせているとつくづく感じました。

 

 

 

以上、日曜菊花賞の予想を振り返りました。

あと東京ダート『なぞり』作戦の結果。

(予想)

今週はダート2100М戦。土曜7R、10Rの結果をなぞって日曜メイン東京11Rのブラジルカップを予想します。

 7R 1着⑦3番人気 2着②5番人気 3着①1番人気

10R 1着③5番人気 2着⑧3番人気 3着⑩4番人気

出目でいえば⑦~⑩あたりの馬番が狙えそうです。

ただ私が今回注目したのは単勝人気なぞり。実はダート2100Мは人気『なぞり』の方がハマります。締め切りギリギリで人気が変わるリスクありますけど、今回で難しいですけど、3番人気と5番人気が来そうです。幅を広げて3,4、5番人気のBOXが面白いです。

(結果)

11R 1着⑬グレートタイム   2番人気(締め切り5分前 3番人気

    2着⑥ゲンパチルシファー 8番人気(締め切り5分前 8番人気)

    3着③ヴェルテックス   6番人気(締め切り5分前 5番人気

一見外れていますが、私が最終決断した締め切り5分前での3~5番人気の馬の3頭BOX(4番人気は⑩でした)③⑩⑬のワイドBOX3点買いをしました。

なのでワイド③ー⑬1000円的中しています。

結果だけチェックされた方は『外れた』と思っているでしょうから説明しておきます。日曜は朝からずっと人気を定期的にチェックしていました。

勝った⑬は日曜朝からずっと3番人気でした。4~7番人気を③④⑩⑫で争っていましたが午後の段階で③が5番人気になり、締め切り5分前も5番人気のままでした。

レース直後は③ー⑤で決まって『なぞり作戦成功!』と喜んでいましたが、レース結果を見てまさかの2番人気、6番人気に驚きました。やはり、人気なぞりは変動するので紹介するものではないなと感じました。

今後は紹介するなら『出目なぞり』だけにします。

 

今週末は競馬ファン大注目の秋の天皇賞ですね。三冠馬コントレイルとグランアレグリア、3歳皐月賞馬エフフォーリアなど豪華メンバーが出走を予定しています。

すでに軸馬は決まっています。かなり自信もっていますので菊花賞に続きGⅠ連勝といきたいですね。