脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

強い3歳世代の中で最強の馬が古馬を蹴散らす!~10/31日曜・天皇賞(秋)の予想~

kakikenです。

 

早速日曜・天皇賞(秋)の予想です。

日曜東京11R 天皇賞(秋)芝2000М

この記事のタイトルでもわかり切っていると思いますけど、私の本命馬は

⑤エフフォーリア

別に母の名前がケイティーズハートということでケイ=圭というサイン馬券(評論家の井崎脩五郎さんあたりが使ってそうですけど)で選んだわけではないですよ。

さらにサインっぽい同枠に横山兄弟が同居し、選挙絡みトーセン(当選)スーリヤがいるからでもありません。

本命理由はこの馬の強さ。

2週間前の登録馬を見渡した時点で本命決定。さらに言えばダービー終わったあたりで『秋は天皇賞』と言っていたのでその時にはほぼ決まっていました。

週中の血統診断のところで(別に血統関係ないんですけど)この馬の強さには触れましたが、菊花賞馬でタフさが売りのタイトルホルダーを蹴散らした皐月賞、切れ切れの軽いスピード馬シャフリヤールとハナ差大接戦のダービー2着。適性が真逆に近い2つのGⅠで強い競馬をしたこの馬が世代ナンバーワンなのは明らかです。

ちなみに昨年の3歳馬と比較してみますと昨年3歳馬が三歳以上の重賞に初めて勝利したのが10月シリウスステークスのカフェファラオ。その翌週芝の毎日王冠でサリオスが勝ちました。その後11月アルゼンチン共和国杯オーソリティ、12月の朝日チャレンジカップのレイパパレ、ターコイズSのスマイルカナ。年末までの半年で勝ったのはたった5頭。今年の三歳馬はまだ2か月残してすでに7頭が勝利。今年の三歳世代の強さからも世代最強のエフフォーリアが古馬一線級相手でも勝ち負けできます。土曜の馬場からも前が止まらないのは明らか、しかもスローになることは無さそうなので先行できてタフで切れる脚もあるエフフォーリアの流れになりそうです。

結論はエフフォーリア流し。あとはその相手探しです。

まあ3強と言われる時は3強で決まりやすいのですけど、前売り馬連1番人気のオッズが4倍もついている。馬連3強3頭BOX3点買いでも4倍つくのか!

こんな美味しい話あるのか?

では3強で決まらないなら一角崩しはポタジェかカレンブーケドールか?

みんなその考えにまずたどり着く。私も木曜あたりはその感じでした。

そんな簡単な結末なのか?

そこで参考にするのが土曜の馬場。土曜の東京の馬場が昨年と似ている。

フィエールマンが来た昨年と似ている。

だったらワールドプレミアですよね、フィエールマンタイプは。しかも来るとしたらフィエールマン同様3強の馬連を阻む2着になる可能性がある。

まとめます。

⑤エフフォーリアが本命。

相手は①コントレイル、⑨グランアレグリアが筆頭で、④ポタジェ、⑭カレンブーケドールは一角崩しの3着候補。

追加として昨年同様のタフなレースを見込むなら⑦ワールドプレミアが2着まで食い込む。3強で決まると3頭BOX馬連を安直に買った人の邪魔をする?

⑤-①⑦⑨④⑭

エフフォーリアから馬単1着流し①⑦⑨と馬連流し①⑦⑨。

ワイド⑤ー④⑦⑭で。

ちなみにトーセンスーリヤ、ユーキャンスマイル、サンレイポケットあたりも穴っぽさはありますけど、このレース6歳以上がほぼ来ないデータがあるので(昨年は6歳のキセキに密かに期待しましたが5着でした)切りました。

 

 

 

以上、天皇賞(秋)の予想でした。

正直天皇賞は馬券を越えて純粋にレースを注目しようと思っています。

では日曜の競馬を楽しみましょう!