脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

京王杯2歳Sは痛恨1着抜けもほぼチョイス通り~11/6土曜重賞ファンタジーS&京王杯2歳Sの予想結果~

kakikenです。

 

土曜日の重賞予想を振り返ります。

土曜阪神11R ファンタジーS 芝1400М

(予想)

阪神芝1400Мはミッキーアイル産駒が好走しやすい距離です。その芝1400М重賞のこのレースに小倉2歳ステークス1,2着馬のミッキーアイル産駒が出走。

②ナムラクレア

⑧スリーパーダ

勝つのはこの2頭のどちらかでしょうね。この2頭のワンツーだと思いますけど、一応2,3着候補として

④オルコス 

父ドレフォン母父ディープインパクト母母父ダンシングブレーヴ

血統構成が芝1400Мベスト。唯一の関東馬として参戦する意欲も買い。

②④⑧

今回は絞ってこの3頭。

前回も書きましたが今の阪神芝での注目血統はデピュティミニスター系。このレースではソダシの全妹⑨ママコチャが父クロフネ、⑩ホワイトターフが母父クロフネが該当しますがパンチ不足で切りました。

(結果)

1着⑤ウォーターナビレラ  2番人気

2着②ナムラクレア 1番人気

3着⑨ママコチャ      3番人気

6着④オルコス    5番人気

7着⑧スリーパーダ  4番人気

 

予想は外れです。勝った⑤ウォーターナビレラはシルバーステート産駒。6月新馬戦が始まったことから注目して、このブログでも取り上げたことのある今年の新種牡馬ですが、新馬戦の超スローの緩い流れのペースが向く種牡馬という印象。母父キングヘイローということで芝1400Мは合うと思いましたが、昨年阪神で行われたこのレースの勝ち時計が1分20秒1と速かったことから、ある程度時計が出る可能性を考えるとシルバーステート産駒では厳しいと考えて切ってしまいました。ところが勝ち時計が1分21秒1。流れ的にはスローのヨーイドンっぽく、この馬に向いてしまいました。

2着は1番人気②ナムラクレア。勝った馬とは位置取りの差で負けた印象。ただこの馬はどうみてもマイルは合わない感じです。相手関係にもよりますが、次走来月阪神ジュベナイルフィリーズを使うなら軽視するべきだと思います。

3着はクロフネ産駒⑨ママコチャ。4着にも母父クロフネの⑩ホワイトターフ。やはり今の阪神芝はデピュティミニスター系がいいですね。

この状態が続きそうなので来週のエリザベス女王杯は現状母父クロフネのレイパパレと母母父デピュティミニスター系のアカイトリノムスメのどちらかが勝つと思います。

私が選んだ④オルコスが6着、⑧スリーパーダが7着。位置取りの差で負けた印象もありますがオルコス、スリーパーダともにスピード不足の印象。東京など上りの速い馬場はまず合わないですね。

 

土曜東京11R 京王杯2歳ステークス 芝1400М

(予想)

このレースは函館2歳ステークス組が強いレースですが今年は出走がなし。ならば函館と札幌オープン好走組を重視してみます。

⑪ラブリイユアアイズ

⑬ヴィアドロローサ

2頭とも北海道で2戦2勝。⑪ラブリイユアアイズは血統構成的にはクセが強いというか重賞で好走する感じにはないので微妙な感じはあります。⑬ヴィアドロローサは荒れ馬場が得意な血統。開幕週なら不要ですが、徐々に馬場が荒れてきた今の東京ならこなせると思います。

他に血統的に狙える馬としては

⑧トウシンマカオ

種牡馬ビッグアーサー産駒。ビッグアーサーサクラバクシンオー産駒ですが、この時期の東京1400М、芝1600М、また例年のこのレースでもサクラバクシンオーの血が好走傾向にあります。かなり微妙ではありますが、何でもあり感のメンバーなので狙ってみる価値ありです。

⑩コラリン

この馬は父ダイワメジャー母父Dubawi母母父シングスピール。血統構成でいえば出走メンバーで一番このレース向きの馬です。ちなみに昨年1着モントライゼがダイワメジャー産駒、2着ロードマックスの母父がDubawi。いかにも来る感じに見えます。

⑧⑩⑪⑬

(結果)

1着③キングエルメス   8番人気

2着⑧トウシンマカオ   4番人気

3着⑪ラブリイユアアイズ 3番人気

4着⑩コラリン      1番人気

8着⑬ヴィアドロローサ  7番人気

 

チョイスした4頭中3頭が2、3、4着。まずまずの結果だと思います。馬券もワイドですけど⑧ー⑪1220円的中できました。ただ1着抜けはダメですね。

後出しじゃんけんなので信じてもらえないでしょうけど、5頭目をあげるとしたら勝った③キングエルメスでした。前走札幌クローバー賞が1番人気で負けたあたりで評価下げてしまったことが失敗でした。血統的には母父スペシャルウィーク母母父ゴーンウェスト系などは2歳東京芝1400М戦ではハマり血統でしたから、8番人気という妙味含めて5頭BOXにしておくべきだったと後悔してます。

結果的に北海道デビュー組が1、3,4着でしたから北海道組を重視したことは正しかったと思います。そして血統分析を専門としている人間にとってはサクラバクシンオーの血がいいと評価したトウシンマカオが2着したことは満足しています。

⑬ヴィアドロローサは痛恨のスタート出負けで道中絶望の13番手。上り3F33秒5はメンバー最速でしたが、2番手で押し切って勝ったキングエルメスの上り3F34秒1ですから完全に位置取りの差でした。

 

 

以上土曜の重賞予想を振り返りました。

結果はともかくそんなズレた予想はしてないので馬場は読めていると思います。

東京も阪神もまだまだ先行有利な馬場が続いています。東京は日曜アルゼンチン共和国杯がありますが例年傾向からも先行が有利。私がアルゼンチン共和国杯で面白いと思っている馬はあいにく差し馬なのでちょっと悩ましいですね。