脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

例年ハマり傾向が今年はいかにも罠っぽい?~11/7日曜アルゼンチン共和国杯の予想~

kakikenです。

 

以前はアルゼンチン共和国杯と言えばジャパンカップ有馬記念に向けての上り馬探しとして期待感があったレースという印象ですが、最近はGⅠには縁遠いレースに成り下がった気がしてます。日曜のメインはアルゼンチン共和国杯ではなく朝のアメリカのブリーダーズカップという方も多いのではないでしょうか。馬券は買わないですけど日本から出走するラヴズオンリーユーもヴァンドギャルドも好勝負できそうな感じなので好結果を期待しています。

 

では日曜重賞・アルゼンチン共和国杯の予想です。

日曜東京11R アルゼンチン共和国杯 芝2500М

このレースの超ハマり傾向といえば

前走2C勝ち、3C勝ちの馬が好走するレースです!

ハンデ戦らしいというか格下、昇級馬が好走しやすいレースということでしょう。

昨年はこのパターンの馬が不在でしたが今年は2頭出走しています。そしてその2頭が前日売りのオッズで2,3番人気。

これは怪しいです。過剰人気です。前走3勝クラスレースを好走していれば何でもいいというわけではないです。信頼性が高いのは六社ステークス経由なんですけど、このレースからは参戦なし。次点では京都、阪神の3勝クラス経由が理想。

ちなみに今回の2頭は、

⑤フライライクバード 前走9月中京芝2200М

⑮アンティシペイト  前走8月札幌芝2000М

2頭ともローカル小回りレース勝ち。物足りなさしか感じません。

血統的には

⑤フライライクバード

スクリーンヒーロー 母父シンボリクリスエス 母母父ノーザンテースト

⑮アンティシペイト

ルーラーシップ 母父ディープインパクト 母母父ワイルドラッシュ

と合格点は挙げられる感じですが、今の東京の馬場からするとちょっとズレている感じがあります。不動軸としては不安で勝負できません。あくまで相手候補。

 

それ以外の傾向として血統的にざっくり言えば

ステイゴールド系とトニービン系を狙えばいいレース

昨年も1着がオルフェーヴル産駒オーソリティ、9番人気3着サンアップルトンが母母父トニービンでした。

ステイゴールド系は

⑥アイアンバローズ オルフェーヴル産駒

⑨ディアマンミノル オルフェーヴル産駒

オーソリティ   オルフェーヴル産駒

トニービン系は

②オウケンムーン  父オウケンブルースリジャングルポケット

④ロードマイウェイ 父ジャスタウェイ母父ジャングルポケット

⑦アドマイヤアルバ 父ハーツクライ

⑪ゴースト     父ハーツクライ

⑮アンティシペイト 父ルーラーシップ

 

高速馬場っぽければトニービン系重視ですけど、今年の馬場では高速馬場という雰囲気はないです。それに加えて土曜東京芝からは軽さより重さが感じられました。

ということで、今年の狙いはステイゴールドオルフェーヴル産駒3頭。なかでも重い芝が合っている⑨ディアマンミノルを狙いたかったのですけど、この馬は差し追い込みという脚質なので軸は怖いです。一応オルフェーヴル産駒3頭⑥⑨⑩と冒頭挙げた3勝クラス勝ちの⑤⑮。

⑤⑥⑨⑩⑮

5頭BOXという結論だとトリガミ馬券の可能性がありますね。

では、軸をスパッと決めましょう!

軸は⑩オーソリティです。理由は、

このレースは過去5年全て休み明け(3か月以上)の馬が勝っています。今回のメンバーで該当する馬がオーソリティのみ

恐ろしく無難な結論ですがオーソリティから相手オルフェーヴル産駒⑥アイアンバローズ⑨ディアマンミノルと前走3勝クラス勝ちの⑤フライライクバード、⑮アンティシペイト。

ー⑤⑥⑨⑮

4点買いなら馬連、ワイドでも的中すればプラス収支になるはずです。

 

 

 

以上、日曜の重賞アルゼンチン共和国杯の予想でした。

血統的には徐々に冬の気配も感じられて、紛れが多くなりつつありますので、日曜はほどほどに勝負しようと思います。

では日曜の競馬を楽しみましょう!