脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

2021年マイルチャンピオンシップ出走馬の血統診断

kakikenです。

 

今回はマイルチャンピオンシップ出走馬の血統診断です。

今の阪神芝は勝ち時計も上り3Fの時計も掛かる馬場。今週も先週同様内の荒れたAコースでの施行。

GⅠマイルチャンピオンシップは外回り1600Мなので先週のエリザベス女王杯の内回りコースと比べれば上り3Fの時計が出やすいとも考えられますので決めつけはいけませんが、今年は昨年と違って単なる切れ味勝負にはならないと思っています。

現時点での私がマイルチャンピオンシップ予想での重視しているポイントとして、

①ツメの甘い馬、切れない差し馬

②芝1400М向き血統構成

③野芝血統

これらを加味して出走馬の評価をしていきます。

 

インディチャンプ  評価A ノーザンF生産馬

ステイゴールド 母父キングカメハメハ 母母父メドウレイク

京都のマイルチャンピオンシップを勝つ馬は基本切れる脚がイマイチで勝ちきれない馬が京都の下り坂で加速して勝ち切るパターンの馬が多いです。この馬も近走成績からも切れる脚がない馬。ある程度時計が掛かり、上り3Fもそんなに速くない馬場なら勝ち切ることも可能。

 

カテドラル 評価B ノーザンF生産馬

ハーツクライ 母父ロックオブジブラルタル 母母父リボー系

この馬も切れない差し馬。スピードというよりスタミナで差す馬。この馬の母アビラが野芝適性の高い馬ということで前走京成杯オータムハンデで本命にした馬です。例年のマイルチャンピオンシップならまず要らない馬だが、今の阪神の馬場が野芝色が強くなっていて、この馬向きの馬場。脚質が極端なので枠、展開の注文が付くがハマれば好勝負可能。

 

グランアレグリア 評価A ノーザンF生産馬

ディープインパクト 母父タピット 母母父ニジンスキー

いかにもノーザンF生産という切れる脚のある印象の馬だが、母母父にニジンスキー系があることでタフな勝負もこなす万能タイプでもある。先週のレイパパレやアカイトリノムスメのような脆さは無いはず。

 

クリノガウディー 評価C

スクリーンヒーロー 母父ディアブロ 母母父メジロライアン

勝ち時計も上り3Fも掛かる馬場は向く。それでも良馬場では分が悪いが、重馬場や予想以上のボコボコ荒れ馬場になれば穴馬として面白い一頭。

 

グレナディアガーズ 評価B ノーザンF生産馬

フランケル 母父アンブライドルド系 母母父デピュティミニスター系

近走勝ちきれないツメの甘さを感じるが実は負けてなお強しの印象。元来芝1400Мがベストの馬。フランケルの底力がどうかだが、母系の血統だけなら今の阪神芝はドンピシャである。サンデーサイレンスの血が無いので近年のGⅠでは厳しい印象だが今の阪神の馬場ならむしろ非サンデーサイレンスの血統構成の馬の方が向く気もする。

 

ケイデンスコール 評価C ノーザンF生産馬

ロードカナロア 母父ハーツクライ 母母父リボー系

血統構成では芝1400Мベストで今の阪神の馬場は合いそう。ただしメンバーとの能力比較からさすがに今回は厳しい。

 

サウンドカナロア 評価D

ロードカナロア 母父ダンスインザダーク 母母父ダマスカス系

まだ3勝クラスの格下馬でしかも芝1200Мの馬。「なぜ出走?」というイメージしかない。逃げ馬ということで意図的に出走させているのだろうと邪推。馬主としては差し馬サウンドキアラの援護射撃用に出走させたと思われる。

 

サウンドキアラ 評価C 社台F系

ディープインパクト 母父アグネスデジタル 母母父ボールドルーラー

血統的には芝1400Мベストの馬。阪神芝1400,1600Мが得意の馬である。昨年阪神でのマイルチャンピオンシップは展開面や切れる脚の無さで大敗したが、昨年より今年の方が馬場は向きそうである。あとは逃げ馬サウンドカナロアがどれだけアシストするか。

 

サリオス 評価A ノーザンF生産馬

ハーツクライ 母父ニジンスキー系 母母父デインヒル

この馬は実は切れる脚がない馬。速い上りの脚が使えない馬。なので時計も上り3Fも速かった昨年の馬場では切れ負けするとして評価を下げた馬。しかし今年は時計が掛かり上り3Fも掛かる馬場。この馬には絶好の舞台である。今週末が先週と同じ時計も上り3Fも掛かる馬場なら、休み明けでも勝ち負けできるはず。切れるイメージの無いタフな母系も今の阪神では合っている。

 

シュネルマイスター 評価A ノーザンF生産馬

ダンチヒ系 母父サドラーズウェルズ系 母母父ゼダーン

重い芝向きの血統構成。なのでタフさのある今の阪神は血統だけなら間違いなく合う。

印象ではスローのヨーイドン競馬タイプだったので春GⅠでは軽視したが、ことごとく好走されてしまい、私の予想以上に強い馬であった。秋初戦、古馬と混じっても強い競馬をしたことから強さは本物。ここでも好勝負だろう。

 

ダノンザキッド 評価C ノーザンF生産馬

ジャスタウェイ 母父デインヒル系 母母父ネイティブダンサー系

前走富士S後にも書いたが、タフさ、底力に欠ける印象。スローのヨーイドン競馬で軽い馬場向きの馬。今の阪神の馬場、さらにGⅠのタフなレースに対応できるイメージは無い。このメンバーでは厳しいだろう。

 

ダーリントンホール 評価D

サドラーズウェルズ系 母父ヌレイエフ系 母母父ゼダーン

シュネルマイスターに似ている血統構成だが、この馬はスローのズドン競馬タイプ。シュネルマイスターほどの底力はないはずで、ここでは厳しいだろう。

 

ホウオウアマゾン 評価B ノーザンF生産馬

キングカメハメハ 母父アグネスタキオン 母母父エーピーインディ

正直GⅠでは厳しい血統構成の馬。重馬場なら狙える血統構成の馬。先行タイプなので先行有利の馬場なら狙えたが、今回は厳しい競馬を強いられる可能性が高い。ただ前走スワンステークスが予想以上に逃げて強い競馬をしていた。このメンバーでも見せ場は作れそう。

 

リプレーザ 評価D

リオンディーズ 母父マンハッタンカフェ 母母父ミスワキ

冬血統マンハッタンカフェが母父にあるが、さすがにこのメンバーでは厳しい。荒れ馬場や不良馬場なら見せ場くらいあるレベル。

 

レインボーフラッグ 評価D

ジャングルポケット 母父ダンスインザダーク 母母父レインボウクエスト

芝1400Мの馬で野芝向き。このメンバーでは厳しい。

 

ロータスランド 評価D

父ロベルト系 母父ストームキャット系 母母父ロベルト・クリスエス

このメンバーでは厳しい。

 

 

以上、マイルチャンピオンシップ出走馬の血統診断でした。

参加だけの馬が5、6頭いますので実質10頭立てくらいですかね。ただ上位の馬たちのレベルは相当高いです。グランアレグリア絶対ではないです。

現時点では差し馬場になると考えて差し馬重視を考えています。面白いと思っているのはサリオスです。

今回は枠順もポイントになりそうです。道中のポジションなどが勝負のアヤになりそうなくらい大接戦を予想しています。なので金曜の確定枠順には注目です。

あとはいつものように土曜の時計、上り3Fの速さ、内枠外枠の有利不利、一番大事なのは外差しが決まる馬場かどうか。それらをチェックして最終決断します。