脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

とにかく的中あるのみ!~12/26日曜有馬記念の予想~

kakikenです。

 

『流れ』。スポーツや勝負事がわかりやすいですけど、『流れ』は時に実力、才能以上のものを引き出し、逆にどんなに才能があっても『流れ』がなければ、どう抗っても決してうまくいきません。私自身仕事で流れに乗った時は『この程度』の出来栄えでもうまく行ったことがありますし、逆に流れをつかめなかったら『最高レベル』の出来栄えでも最悪の結果だったことがあります。

土曜の中山で『流れ』を失ったかもしれない騎手がいました。

この騎手、有馬記念でどうなるか注目しています。

 

では有馬記念の予想です。

日曜中山11R 有馬記念 芝2500М

私の予想の前に皆さんの参考になりそうなネタを書いておきます

木曜の記事で書いたようにこのレースは3年連続でノーザンF生産馬が1~3着を独占しています。19年が16頭中12頭、20年が16頭中10頭。独占しても当然の出走頭数ではあるのですけど。そう考えると今年の6頭は少な目ですね。

その流れで安直に買うなら⑦⑧⑨⑩⑪⑫に連なった6頭のノーザンF生産馬をチョイスすればいいのです。実績、人気からは⑦⑨⑩、穴っぽいのが⑪⑫、大穴、無さそうな⑧という感じです。

その続きでもう一つ役に立つのがいわゆる『出目なぞり』です。以前東京ダート戦で紹介しましたが、そのパターン。有馬記念の週は毎年親切に土日で土曜のグレイトフルS、日曜のグッドラックハンデ、そして有馬記念と芝2500Мの番組を3つも用意してくれています。参考にする人も多いでしょうが、金曜の記事で指摘したようにグレイトフルSは参考になりません。参考にすべきはグッドラックハンデの出目!

    グレイトフルS    グッドラックハンデ    有馬記念

18年 ⑪ー⑧ー④      ⑮ー⑩ー⑧        ⑧ー⑫ー⑮

19年 ③ー①ー⑥      ⑫ー⑪ー⑨        ⑥ー⑩ー⑦

20年 ⑬ー①ー②      ⑯ー⑩ー⑫        ⑨ー⑭ー⑬

21年 ②ー⑩ー③

近3年だけですけど、グレイトフルSは内枠寄りで先行有利、なので土曜は「やはり有馬も内枠先行有利か?」と思わせて、日曜は外枠差し決着というパターンが続いています。おそらく騎手心理が働いての結果だと思います。

今年のグレイトフルSも内、先行決着。例年通りです。あとは日曜9Rグッドラックハンデの結果の出目をなぞって、その辺りの差し馬を買うというのが例年パターンかもしれません。そういう馬券もありですよ!

 

さて現時点では出目もわからないし、やはり自分の予想で当てたいのでここからは私の予想を書いていきます(血統や適性など各馬の評価は木曜の記事で書いていますので詳しい説明は省いて書きます)。

今回人気馬にはそれぞれ不安がありますエフフォーリアは距離不安、クロノジェネシス凱旋門賞の反動、タイトルホルダーは過去一度も3着内に来たことがない16番の枠、ステラヴェローチェは菊花賞同様に極端な脚質で展開が向かない可能性が高い。そして冒頭の『流れ』で言えばエフフォーリアの横山武史騎手は土曜の5Rで勝ちを確信して余裕ぶっこいたため最後追わずに差されて2着、注意義務怠慢として年明けから騎乗停止の処分を受けます。これは悪い流れです。まさに好事魔多し。自らの心の隙で流れを失ったともいえます。しかもその馬がエフフォーリアの半弟。こういう流れで勝てたらエフフォーリアが相当強いということですけど、私は『せいぜい2,3着。勝ちはなくなった』と思ってます。

タイトルホルダーは枠で切ります。データは覆るまで参考にします。

⑦クロノジェネシス⑩ステラヴェローチェはバゴ産駒ですが土曜の中山芝は欧州血統がある馬が好走している傾向があったので買いです。グレイトフルSが先行決着だったことからパンサラッサが大逃げ、キセキ含めて多くの馬が早仕掛けをしてくるでしょう。その結果差し追い込みが届くと読みました。

さらに中山大障害で復活勝利したオジュウチヨウサンはステイゴールド産駒、グレイトフルSもステイゴールドゴールドシップが勝利。ステイゴールド系の血が合っているのは間違いないです(元々中山長距離は得意な血統なのですけど)。なのでゴールドシップ産駒で中山巧者の⑥ウインキートスはいくら丹内騎手でも買うしかないです。日経賞大敗は勝負所で接触したアクシデントが敗因、中山は鬼レベルの適性です。

6、7歳はほぼ馬券にならないのでキセキ、ペルシアンナイト、ユーキャンスマイルは切ります。キズナ産駒も駄目そうなのでディープボンド、アカイイトも切ります。ロベルトやハーツクライトニービンの血もよさそうなのでロベルト系エピファネイア産駒で母母父トニービンアリストテレスハーツクライ産駒⑫シャドウディーヴァは押さえるべき。だったら騎手が流れを失っても父エピファネイア母父ハーツクライ⑩エフフォーリアは買うしかない馬ではありますね。

チョイスを整理します。

⑥ウインキートス

⑦クロノジェネシス

⑨ステラヴェローチェ

⑩エフフォーリア

アリストテレス

⑫シャドウディーヴァ

ウインキートスとノーザンF生産馬5頭。さすがに6頭BOXはダメなので絞りこみをします。

クロノジェネシスかステラヴェローチェが軸になりますけど、好相性菊花賞経由と今のトレンド3歳馬ということで

軸⑨ステラヴェローチェ

相手⑥⑦⑩⑪⑫

ー⑥⑦⑩⑪⑫

 

⑥ウインキートスからワイド流し

⑥ー⑦⑨⑩⑪⑫

 

 

以上有馬記念の予想でした。

ホープフルSはやらない可能性が高いので恐らく有馬記念が今年最後のブログ予想だと思っていますので、何とか的中、有終の美を飾って締めくくりたいですね。

では日曜の競馬を楽しみましょう!