脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

穴馬4着、今年は完敗でした~1/5東西金杯の予想結果~

kakikenです。

 

全体的に人気サイド、堅い決着が多い中で迎えた東西金杯

そろそろ荒れそうだなと思って狙っていた穴馬に期待しましたが……。

 

では5日東西金杯の予想結果です。

中山11R 中山金杯 芝2000М

(予想)

例年通り中山芝Cコースで行われます。

例年先行有利の馬場になります。

昨年末もそうでしたがやはりエアレーション無し馬場なので今年も先行馬は簡単に止まらないと思います。

なので今の馬場に適した先行馬のチョイスで的中できると思います。

血統的には昨年末の馬場から考えるとタフな欧州血統のある馬がいいはず。

⑥ヴィクティファルス

母父トニービンハーツクライ産駒で母父がサドラーズウェルズ系のガリレオ。しかも母母父が冬に強いロベルト系のシルヴァーホーク。血統的には完璧です。

このレースは中山芝1800М実績、1800Мタイプの馬が合うレースでもありますので昨年3月中山芝1800МのスプリングS勝ち馬ですし、レベルの高い4歳世代なのでここは中心視。先行タイプが多いので予想以上に後ろで競馬する不安はありますがコースロスなく回れる内枠なので馬券圏内への期待は高いです。

⑨ロザムール

昨年の4着馬。同型の⑪シャムロックヒルとの兼ね合いがポイントだが、ロザムールは芝1800Мタイプでエアレーション無し馬場の堅い馬場が合うタイプ。昨年以上の粘り込みを期待します。

⑦トーセンスーリヤ

ローエングリン産駒でこの馬のいかにも中山芝1800Мタイプ、しかも今のエアレーション無し馬場もハマりそうです。

とりあえずこの3頭BOXで

⑥⑦⑨

手広く買うならあと3頭チョイス。毎年中山金杯マイネル、コスモ系が好走傾向にあります。

③コスモカレンドゥラ

鞍上と言い実績といいかなり弱いですけど血統的には欧州血統ノヴェリスト産駒ですし母父アグネスタキオン、祖母がフジキセキの母という一昔前トレンドだった血統で今の中山の馬場はこういう血統の馬は合います。

⑯ウインイクシード

昨年3着、一昨年2着と中山巧者の馬。昨年同様の8枠⑯番。昨年は高齢ということで切りましたが3着、今年も8歳で基本買いづらいのですけど適性から好走がありそうです。

④ヒートオンビート

昨年大活躍だった横山武史騎手騎乗。初中山、過剰人気しそうなので私は嫌いたい馬ですけど、半兄ラストドラフトが一月中山得意だったことから馬場は合いそうです。母マルセリーナで母系が名牝、良血系なのでエアレーション無し馬場も合います。

 

さすがに③は無いですかね?

無難なら④⑥⑦⑨⑯

(結果)

1着⑧レッドガラン    4番人気 

2着⑰スカーフェイス   7番人気

3着④ヒートオンビート  1番人気

5着⑦トーセンスーリヤ  2番人気

6着⑯ウインイクシード  8番人気

13着⑥ヴィクティファルス 3番人気

16着⑨ロザムール     5番人気

17着③コスモカレンドゥラ 11番人気

 

完敗です。

1着レッドガランの母系が菊花賞ダンスインザダークダンスパートナーなどを輩出したダンシングキイの系列、2着スカーフェイスの祖母が春の天皇賞勝ち馬スズカマンボの母。4着長距離タイプのタガノディアマンテ。今の中山がスタミナを要するタイプだというのを如実に表した結果でした。血統では多少のタフな欧州血統を考慮したものの例年傾向の1800Мタイプを重視した私の馬は散々でした。エアレーションの有無をわかっていながら、例年傾向に囚われて、正月ボケではないですけどひねりが足りなかったようです。

今日の中山芝は先行有利な馬場ではありましたがスタミナタイプか否かで明暗が分かれたようでした。

 

中京11R 京都金杯 芝1600М

(予想)

昨年の金杯、昨年末の中京芝1600Мの傾向から予想していきます。

このレースも中山同様すぐに3頭の馬が目に付きました。

⑩カイザーミノル

昨年の予想でも書きましたがこのレースは芝1600Мより芝1400Мタイプの馬が好走傾向にあります。

カイザーミノルは昨年勝ち馬ケイデンスコールと似たタイプ。同じロードカナロア産駒で東京の京王杯スプリングカップ3着、新潟の朱鷺ステークス勝ちと左回り1400М戦で好走、同じ左回りの中京には良績がないものの合わないとは思えず、逆に妙味を感じます。

⑧ルークズネスト

この馬は中京巧者。中京芝1600Мシンザン記念2着と中京芝1400Мのファルコンステークス勝利。血統的にも中京芝(特に1600Мがハマり)でハマりのロベルト系モーリス産駒。しかも出走馬でロベルト系の血が父、母父、母母父で唯一ある馬です。前走阪神カップの惨敗も内枠有利な馬場で大外枠を引いたことが原因で度外視。鞍上が若い泉谷騎手で心もとなさがあるものの泉谷騎手は中京では乗れている騎手。これらのマイナス要素で妙味が出れば美味しい馬と思っています。

⑫エアロロノア

前走リゲルステークス勝ち。京都金杯というレースがそもそもリゲルS経由の馬が絡みやすいレースなのでこの馬は当然マークが必要。母父ロックオブジブラルタルということで冬血統もありますし、岩田望来騎手ということで不安があるので軸に出来ませんでしたが福永、川田、ルメール騎手あたりなら大本命の馬です。

 

この3頭が個人的には抜けているので

⑧⑩⑫

で厚く勝負というところです。

ただ他の馬も悪くない馬が多いので⑧⑩⑫で騎乗ミスなどがあれば割り込む可能性の馬も多くいます。狙いたい穴馬2頭をあげておきます。

レベルの高い4歳世代が同居した1枠。①ヴィジュネルはマクフィ産駒というのが買えない要素です。狙いたいのは

②バスラットレオン

昨年1月中京芝1600Мのシンザン記念3着。爆発力のあるキズナ産駒なので馬場適性さえ合えば、近走惨敗続きは度外視できます。ただ早熟で終わってしまった感もあるので強くは推せませんけど。

④ダイアトニック

京都で行われた京都金杯2着。芝1200,1400向きで芝1600も走れるこの馬はロードカナロア産駒でもありますし、半年休み明けで厳しさはありますが穴馬として妙味ありの馬です。

⑧⑩⑫②④

(結果)

1着⑦ザダル    7番人気

2着⑪ダイワキャグニー 11番人気

3着⑩カイザーミノル  2番人気

4着④ダイアトニック  12番人気

6着⑫エアロロノア   1番人気

9着②バスラットレオン 5番人気

11着⑧ルークズネスト  3番人気

 

12番人気ダイアトニックが内から差して来た時は熱かったですが、馬券的には3,4着でまた4着地獄。

ザダル、ダイワキャグニーはタイプ的に1800М寄りだったので1400М寄り重視なので切りましたが1,2着とは……完敗です。

エアロロノアは予想のところでも指摘しましたが福永騎手や川田騎手が乗っていれば違った結果になっていた気がします。6着とある程度は来ているわけですから、騎手の物足りなさをやはり感じてしまいます。

ルークズネストは阪神カップに続く大敗。コース巧者でこの結果に不調なのか、それとも能力的に頭打ちなのか。期待していただけにショックな結果でした。これはバスラットレオンにも言えます。先行馬ダイワキャグニーは粘り込んでいることから馬場が合わなかった可能性もありますが、早熟感、頭打ちな感じがしました。

ある程度は読めている感じですけど、かみ合わないチグハグな結果でした。

 

 

以上、東西金杯の予想を振り返りました。

昨年はW的中だっただけに、今年の結果には落胆です。

どうやら運の無さは今年も相変わらずみたいですが、この結果に懲りずまた週末の重賞で的中を目指します。