脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

渋った馬場で人気通りの決着はありえるか?~3/20日曜阪神大賞典&スプリングSの予想~

kakikenです。

 

土曜は雨の影響で芝もダートもキングカメハメハ系が好走しまくっていました。

これはもうお馴染みの光景。1,2、3着独占なんてのも複数ありました(それだけ出走数が多いというのもありますが)。

ただその中でどのキンカメ系をチョイスするのかが明暗。ファルコンステークスではドゥラメンテ産駒ティーガーデンに期待して外れ、気になって切ったルーラーシップ産駒タイセイディバインが13番人気2着。

日曜の重賞もキングカメハメハ系のチョイスがポイントになりそうです。

 

では日曜の重賞予想です。

日曜阪神11R 阪神大賞典 芝3000М

切れない差し馬キングカメハメハ産駒ユーキャンスマイルが2年連続好走しているレースです。そういうタイプが好走するレース。

いますね、一頭。

マカオンドール

昨年の菊花賞で出走していれば本命にしていた馬。ノーザンFのゴールドシップ産駒というレア感(ゴールドシップ産駒はマイネル系やマイナー牧場が多い)からデビュー当初から注目していましたが、切れ味の無さでツメの甘いレース、敗戦を繰り返していました。スピードが足らないのが原因でしたが長距離ならその不安無し。このレース相性の良いステイゴールドゴールドシップ産駒ですし、唯一の不安材料・吉田隼に乗り替わりというのを除けば現状ディープボンドとの一騎打ちというのが見解です。

⑪ディープボンド

この2頭が抜けているイメージ。

ですが! 

このレース、基本堅い決着なのですが、実は1番人気と2番人気で決まるケースはほとんどないです。

3,4、5番人気あたりが絡みやすいです。

レース適性で言えば3番手に挙げるべきは

⑧ユーキャンスマイル

ですが、重賞やGⅠではよく指摘しますがこのレースも7歳以上はほぼ来ないです。

このレースで相性の良いステイゴールドオルフェーヴル産駒の2頭

③シルヴァーソニック

⑦アイアンバローズ

さらにはハーツクライ産駒

⑥キングオブドラゴン

あたりに流せば良さそうです。

ただ先週の中山のように阪神も少し馬場が荒れて血統的には重さのある血統が好走しやすくなっているので穴馬の激走もあり得ます。血統で言えば、

⑤ゴースト

母母父が重いタフ血統ハイペリオン系、ここに爆発力を感じます。基本能力的には足りないのですけど。

 

結論として⑨マカオンドールと⑪ディープボンドの一騎打ちムードも傾向的にはこの2頭の間に何かが紛れる可能性がある。

イメージとして⑪ディープボンドが勝って、マカオンドールが3着です。

三連複⑨⑪ー③⑤⑥⑦ 馬連馬単)⑪ー③⑤⑥⑦ ワイド⑨ー③⑤⑥⑦

みたいな感じです。

 

日曜中山11R スプリングS 芝1800М

結論から言えば人気馬ばかりのチョイスになってしまいました。

そんな簡単なレースではないのでちょっと引っ掛かりますけど具体的に挙げます。

日曜は稍重あたりでしょうか? 回復途中の走りにくい馬場の可能性があります。そういう馬場が合いそうなのがハービンジャー産駒。

⑫アライバル

東京や新潟の速い上りの出る馬場で好走している点は引っ掛かりますが血統でいけばハービンジャー産駒のこの馬が一番馬場が合いそうではあります。

 

このレースはステルヴィオ、エメラルファイト、ガロアクリークのように将来的には芝1400Мタイプのマイラーの馬が好走していますので、そのタイプの馬をチョイスします。

①ビーアストニッシド

ダンチヒアメリカンペイトリオット産駒の時点で芝1400Мタイプです。この産駒でここまで好走しているのが驚きですが、日曜が渋め残りならダンチヒ系の血がハマりやすいので、先週あたりから外枠が好走している芝1800Мという点が気になりますがその点を除けば引き続き好走可能。

⑧アサヒ

ダイワメジャーカレンブラックヒル産駒。この時点で芝1400Мタイプ。マカオンドールではないですけど、カレンブラックヒル産駒でノーザンF生産馬というのがレアキャラ。ここまで能力の高さを感じる安定した走り。前走のような極端な追い込み競馬では届かないでしょうけど、母父がダンチヒ系でさらには重い馬場が得意のカレンブラックヒル産駒なのでハマれば1着の可能性大。

⑨ソリタリオ

陣営が距離に不安を感じているようでここがマイル路線かクラシック路線の分岐点。この馬の祖母ライラプスということで芝1400Мタイプのマイラーになる可能性が濃厚です。勝つイメージは無く2,3着の印象。

前日売りでは1~4番人気の4頭。ちょっとひねって重馬場限定穴馬を1頭チョイス。

⑬オウケンボルト

ステイゴールドフェノーメノ産駒。大外枠のステイゴールド系と言えば中山芝1800Мで先週ハマったパターンです。血統構成がマイナーで固められて買えないイメージばかりですけど、強調材料として祖母が中山芝1800Мのフラワーカップ勝ち馬バゴ産駒オウケンサクラ。バゴの血が今の重めの中山の馬場は合っているので稍重あたりの走りにくい馬場で期待してみたい一頭です。

①⑧⑨⑫⑬

 

 

 

以上、日曜の重賞予想でした。

堅めの予想でも馬場が読めないので先週フィリーズレビューのような自信は正直ありませんが、好結果を期待したいです。

では日曜の競馬を楽しみましょう!