脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

重馬場なら持続系では無くヨーイドン競馬タイプ狙い~5/14土曜東京・京王杯SCの予想~

kakikenです。

 

今週末はカオス状態の3歳重賞は無く、古馬重賞のみ。

しっかり的中させたいです。

 

では土曜の重賞予想です。

土曜東京11R 京王杯スプリングカップ 芝1400М

東京地方は土曜朝まで雨の予報。異常なくらい水はけのいい東京芝コースですがさすがに良まで回復することはないと思いますし、仮にまさかの良馬場になっても走りやすいのは最後の直線のみ、向正面は渋め残りの馬場になるはず。重馬場であろうと、そうでなくても道中緩んで直線勝負になる可能性が高いです。いわゆるヨーイドン競馬になると予想します。

血統、馬場などから一番狙えるのが

⑧シャインガーネット

重馬場がいいオルフェーヴル産駒でこの馬自身重馬場のファルコンSを勝っていて、前走タフな重馬場の高松宮記念でも差のない7着。重馬場は絶対合う馬で、さらに母父ゴーンウェストがヨーイドン競馬が合う血統、良馬場なら芝1400Мは道中淀みなく流れやすいのでこの馬には不向き(実際昨年良馬場で6着)だが、今年の渋った馬場はこの馬にとって間違いなくプラス。必要以上に後ろに下げて競馬することだけが不安材料だが12頭と頭数も手ごろなので今回は届くはず。

この馬以外では

⑫メイケイエール

初の東京コース。ローカルタイプなので東京が合わない可能性があるも、母父ハービンジャー母母父クロフネと母系が重馬場得意の血統構成なので押さえるべき馬

⑩ラウダシオン

昨年良馬場のこのレースを勝っているが本質重巧者でむしろ昨年良馬場での勝利は芝1400Мの適性の高さの証明。遠征帰りの反動が気になるところだが遠征での凡走で人気の盲点になれば美味しい馬かも。

この3頭はBOXで押さえたいです。

あとはヒモ押さえ候補として、

③ギルデットミラー

オルフェーヴル産駒なので重い馬場は合いそうだがシャインガーネットと違ってヨーイドン競馬の上り勝負よりは淀みない流れの方が向きそうなので今回押さえ程度。

④スカイグルーヴ

持続力タイプなので良馬場の淀みないペースの方が合いそう。ただ芝1400М適性は高いので上位争うはしそう。

⑦リレーションシップ

重い馬場、タフな流れが得意なルーラーシップ産駒で芝1400も適性が高い。ヨーイドン競馬は合わないが予想以上に馬場が悪い時はこの馬が浮上しそう。

 

結論として

⑧⑩⑫BOX

⑧ー③④⑦

もし土曜がまさかの良馬場、しかも高速馬場になったとしたら④スカイグルーヴが一番合うと思います。

 

 

以上、土曜の重賞予想でした。

ヴィクトリアマイルの枠順が確定しました。有力馬ではレイパパレが少し外に入りましたがむしろ内のソダシ、レシステンシアの出方を見れるのでいい枠に入ったようです。それぞれがベストを尽くせる枠になったので面白いレースになると思います。土曜の重賞を的中させて、予想に弾みが付けばいいのですが……。

では土曜日の競馬を楽しみましょう!