脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

福島チョイスミスで重賞W的中ならず~7/3日曜重賞・小倉CBC賞&福島ラジオNIKKEI賞の予想結果~

kakikenです。

 

日曜の重賞予想を振り返ります。

日曜小倉11R CBC賞 芝1200М

(予想)

昨年同様高速馬場だった今年の小倉。日曜は台風の影響で雨予報がありますが基本昨年同様の傾向を参考にして予想します。

レコードタイム連発した昨年良馬場初週の小倉芝1200М戦のレースでは下級クラスでも前半3Fが32秒台という超ハイペースレースになりました。

なので直線ヨーイドン向きの馬ではなくハイペース持続レース向きの狙います。

チョイスが難解ですが5頭に絞ります。

⑮スティクス

1勝クラスですが昨年初週のレースで1分6秒9で勝利。初勝利を挙げた冬の小倉芝1200Мでも1分7秒3の好時計で勝利。高速馬場のレースが合う馬なので近走大敗続きですが今回は一変の可能性あるので狙います。

⑧タイセイビジョン

追い込みタイプなので展開によっては大敗もあり得ますが昨年のこのレースで4着。芝1200Мの方が走りやすい印象ですしツメの甘い馬はハイペースのレースの方が期待値が上がりますし、今回内にも外にも逃げたい馬が揃ってますのでこの馬に展開が向くと思ってます。

⑰ファストフォース

昨年の勝ち馬。大外枠というのが微妙ですが、小倉適性の髙さ、夏馬でもあるのでこの時期のレースは狙えます。

土曜の直線の攻防を見る限り内の先行馬より外の先行馬が伸びていたのでこの外の3頭を中心にします。

⑧⑮⑰

この3頭に内枠の3歳牝馬2頭

②アネゴハダ

テイエムスパーダ

を加えた5頭で勝負します。

選んだ5頭が(土曜夜の時点で)1~5番人気になってしまいました。

こういうチョイスの時はあまり結果は思わしくないですけど、さてさて。

②⑤⑧⑮⑰

(結果)

1着⑤テイエムスパーダ  2番人気

2着⑧タイセイビジョン  3番人気

3着②アネゴハダ     1番人気

7着⑮スティクス     6番人気

12着⑰ファストフォース  4番人気

 

人気通りですが的中。馬連⑤ー⑧1770円もついたので配当的には十分です。

テイエムスパーダが逃げ切り、レコードタイムで勝利。

前半3F31秒8という鬼のハイペース。

それで逃げ切るわけですから野芝オンリーである小倉の芝、コースの特殊さを感じました(芝は軽いですが、血統的にはタフさ、重馬場が合う血統がいいのが不思議です)。

土曜あたりは外の馬が来ていたので外もあると思いましたが結局はロスの無い競馬ができる内枠が有利な結果になりました。

テイエムスパーダは母系がいかにも野芝が合う古い血統だったので「48キロは反則レベルだな」と思っていましたが鞍上が新人の今村騎手、重賞初騎乗ということでさすがに軸にはできませんでした。

しかし結果はレコードタイムの逃げ切り勝ち。馬場や枠順にも恵まれましたが重賞初騎乗初勝利という偉業をやってのけました。今村騎手はデビュー初日の騎乗では直線の追い方が酷かった(体が上下にブレまくっていた)のですが、その後すぐに修正して今の活躍に至っています。

2着タイセイビジョンは道中後方で厳しいと思いましたが直線内をついて2着確保。この馬には芝1200Мの流れが合っているようです。

3着アネゴハダは今回3番手と早めの競馬。前止まらないと読んでの位置取り、その分最後タイセイビジョンに差された感じですがこれは仕方なし。

7着スティクスは2番手の競馬でしたが4コーナーで手応え怪しく見えました。この馬は逃げないとダメな感じがしますし、結果的に不利だった外枠での7着は粘った方だと思います。

12着ファストフォースはスタート直前蹄鉄を打ち直すアクシデントがありました。道中3番手あたりでの競馬になりましたが大外枠はさすがに初週では厳しかったようです。

 

 

 

日曜福島11R ラジオNIKKEI賞 芝1800М

(予想)

近年前走逃げ切り勝ちをした馬が好走しているレース。

今年前走逃げ切り勝ちしている馬は3頭。

②ホウオウノーサイド 前走東京芝1400М1勝クラス逃げ切り

③フェーングロッテン 前走中京芝2000М白百合ステークス逃げ切り

⑧タガノフィナーレ  前走中京芝1600М1勝クラス逃げ切り

この3頭では②ホウオウノーサイドか③フェーングロッテン。ホウオウノーサイドは荒れ馬場タイプ、重馬場では面白いのですけどここは前走オープンクラス勝ちの③フェーングロッテンをチョイスします。

 

例年このレースは馬場不問でタフな欧州色の強い血統のある馬の好走が目立っています。このレースで欧州色が強い馬は

④オウケンボルト

母母父がこのレースで相性の良い欧州血統バゴがあります。中山水仙賞で青葉賞2着ロードレゼルと着差無しの2着なので適性が合えば重賞でも通用。前走青葉賞は飛ばし過ぎで失速したがそもそも切れる脚が無い馬なので東京は向かず、今回は上り3Fが速くならない福島コースなので適性も合うはず。

⑥ボーンディスウェイ

母系が欧州色が濃い馬。タフなレースだった弥生賞3着。皐月賞はまさかのスロー上り勝負になったため大敗。この馬も基本切れる脚が無いので上りの掛かる福島は合う。

 

もう一頭、血統でいいのがロベルト系。エピファネイア産駒3頭とモーリス産駒1頭が出走しています。

①サトノヘリオス  エピファネイア産駒 ノーザンF生産 祖母エアデジャブー

ベジャール    モーリス産駒

ソネットフレーズ エピファネイア産駒 ノーザンF生産 祖母アドマイヤグルーヴ

母系が名牝系の①⑪より母父アフリート母母父マルゼンスキーといかにも福島が合いそうな血統構成の⑨ベジャールをチョイスします。

③④⑥⑨

(結果)

1着③フェーングロッテン  3番人気

2着⑦ショウナンマグマ   8番人気

3着①サトノヘリオス    2番人気 ロベルト系エピファネイア産駒

4着⑪ソネットフレーズ   5番人気 ロベルト系エピファネイア産駒

6着⑥ボーンディスウェイ  1番人気

10着④オウケンボルト    9番人気

12着⑨ベジャール      4番人気

 

前走逃げ切り勝ち組でチョイスしたフェーングロッテンが優勝。

道中、内でロスなく立ち回り、ゴール前で逃げ切りを図るショウナンマグマをきっちりとらえての勝利。血統的にも福島と相性のいい血統ダンシングブレーヴキングヘイローがあったのでこのメンバーでは一番評価していた馬でしたが見事勝利しました。

ただ、予想で良かったのはここまで。

2着ショウナンマグマは完全なノーマーク。マイナー血統のザファクター産駒ということで軽視しました。前走プリンシパルS大敗だけ目が行って前々走中山1800Мを逃げ切り勝ちしていたことをもっと注目すべきでした。

3,4着がロベルト系のチョイスで切った2頭。選んだロベルト系が12着ベジャール

完全にチョイスミスしてしまいました。

このチョイスミス以上に腹が立ったのがボーンディスウェイの騎乗。

6着ボーンディスウェイは今回は完全に騎手のミス。切れる脚が無い馬なので2,3番手で競馬しなければダメな馬を、1番人気だから受け身になったのか今回6,7番手の控える競馬をしました。この瞬間「あ、やらかしたな。絶対切れ負けする」と思いました。この騎手は過去何度と批判している騎手ですが、本当馬の適性がわかっていない騎手です。今回オウケンボルトに乗ったデムーロ騎手ならもっと積極的な競馬できっと勝ち負けできていたと思います。

そのオウケンボルトは10着。3番手からの競馬でしたが4コーナーで手応え怪しくなって終了。マイナー血統なのでやはり重賞は厳しいようです。

ロベルト系でチョイスしたベジャールは12着。血統的には合っていたと思いますがこの馬もオウケンボルト同様重賞では厳しいということでしょう。

 

 

以上、日曜の重賞予想を振り返りました。

ラジオNIKKEI賞は消化不良な結果でしたが、小倉CBC賞は人気通りでしたが完全的中でしたし、とりあえずは4着地獄からは脱出できたので良しとします。

今週末の重賞は日曜福島の七夕賞。ラジオNIKKEI賞も8番人気ショウナンマグマが2着したように、七夕賞も近年必ず7番人気以下が一頭馬券になるレース。人気薄を積極的に狙って行こうと思います。