脱4着競馬研究室

独自の馬場読み、血統分析で競馬を投資に変える!

夏競馬の醍醐味~先週末の関越ステークスは新潟の夏競馬らしいレースでした~

kakikenです。

 

先週末は久しぶりにリアルタイムで競馬をチェックすることができました。

これまでの経験から「夏の新潟は理解不能、大勝負は厳禁」とこのブログでも書いたことがありますが、それを象徴するレースが先週末の日曜にありました。

日曜新潟メイン11Rは関越ステークスという芝1800Мのオープンレースです。

前日の土曜メイン11Rに同じ芝1800Мの3勝クラス佐渡ステークスがあったのでこれを参考に私は予想しました。

先週末、新潟の芝は直線内を通った馬が好走、直線外に出した馬は伸びない傾向がありました。実際、土曜の佐渡ステークスもその通りで内枠の馬だけで決まっていました。

このことから関越ステークスも内枠の馬を狙うことにしました。

先行も差しも内枠の馬なら来れる感じだったので候補としては、

6番人気①ワンダープチュック、3番人気②ウインイクシード、1番人気④ジュンライトボルト、2番人気⑤サトノウィザードの4頭をチョイス。

最終的決断としてワイドなら1~3番人気3頭中2頭は来ると判断、オッズも最低でも3倍つくので損はしないと判断して②④⑤のワイド3点を厚く勝負しました。

結果は⑤サトノウィザードが1着、②ウインイクシードが2着、④ジュンライトボルトは6着。2番人気と3番人気のワイド680円という一番高いオッズのワイドが的中してそこそこのプラス収支を手に入れることができました。

ちなみに①ワンダープチュックが4着。内枠で狙った馬が上位好走で私の読みは正しかったと思いました。

このレースで外目で私がマークしたのは⑫フランツ、⑮ロードマイウェイの2頭。2頭とも野芝新潟が合う血統が母系にありました。結果は⑫フランツが5番人気5着、⑮ロードマイウェイが13番人気7着。ロードマイウェイは内枠だったら絶対勝っていましたから、この2頭は枠に恵まれなかった結果でした。

上位人気が1,2着したレース。

このレースの何が理解不能なんだ?と思いますよね。

理解不能なのは3着馬です。

このレースの3着馬は16頭立て16番人気、最低人気の⑭ソッサスブレイ。

せん馬の7歳、北海道の門別の地方競馬でデビュー、その後南関東大井、船橋などで走って2年前に中央入り。中央入り後は障害レース未勝利2着が唯一の好走。

前走函館巴賞11番人気6着。

買えるとしたらここを評価して買うしかない馬。

しかし今回外枠7枠14番ということでどう考えても厳しい。同じ外なら⑫フランツ、⑮ロードマイウェイが来ると思ってしまいます。

私が唯一評価したのは血統。母系が母父スペシャルウィーク母母父がジェイドロバリーというところ。野芝適性のある母系。しかし父コンデュイットというのが微妙で、とても買い判断にはならない。

そういう馬が結果的に3着に来るわけですから「どうして?」となるのです。

理解不能、意味不明。

これが夏の新潟の芝なんですね。

恐らく新潟の芝が独特すぎて、他場の芝が合わない馬が突然激走するのでしょうね。

三連複、三連単が難しい理由は2,3着に意味不明な馬が紛れ込むからなんです。

だから私は用心深くワイド馬券を好んで買うのです。

どれだけ見極めていても、結果的に意味不明、理解不能の馬が紛れ込むのが競馬、馬券なんです。

それが夏競馬、夏の新潟では多いんです。

実際、中央競馬三連単の高額払戻金ランキングの1位は夏の新潟です。ちなみにそのレースは2歳新馬戦芝1400М。

そういえば先々週の2歳新馬戦芝1400Мでも1着10番人気、2着12番人気、3着16番人気と大荒れでした。

ああ、そうそう!

ちなみに私はこのレースの2着12番人気のシナモンスティックの複勝を買っていました。複勝で1000円つきました。

なぜ買ったのかというと生産牧場が2歳新馬に強いマイネル系、ビックレッドファームだったからです。特に芝1400Мは大手生産ファームのエリート馬には合わない距離で、あのアーモンドアイも夏の新潟芝1400Мで負けています。新馬戦は予想ファクターが少ないので「マイネル系だから」という理由だけで思い切って買えますし、それが功を奏しました。

あ……書いていて気づきました。

関越ステークス3着のソッサスブレイもマイネル系コスモヴューファームで鞍上はシナモンスティックと同じ柴田大知騎手でした!

そう考えると「マイネル系の馬だから」という理由で買える、買えた人はいるのかもしれませんね。いずれにしても、まともな予想では買えない馬です。

話を戻しますが、最低人気ソッサスブレイと1番人気ジュンライトボルトは母父スペシャルウィークという共通点がありました。母父スペシャルウィークだから買い評価した1番人気ジュンライトボルトが6着で、無視したソッサスブレイが3着。

こういう嫌味、皮肉さが競馬にあるんですよね。

逆転の発想をすればソッサスブレイも買えたのかもしれませんが……って無理ですね。

 

というわけで、夏の新潟らしいレースがあったので紹介しました。

夏競馬をやらない人は競馬ファンにも多いようですが、こういう人たちはある意味正しい、健全な人たちです。

夏は馬の体調管理も難しいこともありますし、理解不能な馬が激走するので勝負するにはふさわしくないです。

ただ傾向、パターンは確実にあるし、ある程度ハマります。

ただやるならやるで、ソッサスブレイのような事故に出くわすリスクもあります。しかし仮に出くわしても「運が無かった」と割り切り、諦めるしかないのです。

こういう理解不能な馬の激走に出会うのも、ある意味夏競馬の醍醐味ではあります。

 

 

 

 

馬連きっちり的中もまた穴馬4着……~8/1日曜函館クイーンSの予想結果~

kakikenです。

 

正直新潟も函館もある程度馬場は読めています。だからチョイスした馬はある程度上位に来てくれます。でもある程度では困るんですけど……。

では日曜の予想を振り返ります。

 

日曜函館11R クイーンS 芝1800М

土曜の函館芝レースの雰囲気からは適性は先週と変わらずな感じですが、今週からBコースで内枠が有利な雰囲気があります。

前回のブログの最後で触れたように適性として洋芝ですが野芝適性の高い馬が好走傾向にあります。新潟好走馬がいい感じです。野芝傾向といえば、母系が古い、一昔前活躍した母系がいいということは過去にこのブログで何度も書いてきました。

その点から注目馬として

⑤ドナアトラエンテ

理由:三冠牝馬ジェンティルドンナの全妹。今はトレンドから外れている。

③フェアリーポルカ

理由:祖母が一昔前GⅠ活躍馬輩出しまくったフェアリードール

 

次の注目は血統。

今の函館芝でマークすべき血統がロベルト系。特に芝1800Мはロベルトの血がハマりやすい。今回のメンバーでロベルト系の血があるのはただ1頭のみ。

⑥マジックキャッスル 母父シンボリクリスエス

 

そうです。1,2番人気の⑤⑥がハマりです。さらには⑨テルツェットも新潟好走歴もありますし、今の函館が合う感じです。この上位人気ディープインパクト産駒3頭で決まる可能性がありえるレースです。

こうなると③フェアリーポルカ軸で狙いたいところですが主戦和田騎手が⑫シゲルピンクダイヤに騎乗。

あ~あ。正直重賞では三浦騎手への信頼は相当低いのでガッカリです。

これなら和田騎手が選んだ⑫シゲルピンクダイヤの方に気持ちが行きます。シゲルピンクダイヤの父ダイワメジャーは今の函館芝は合っています。

内枠狙える穴なら

イカット

格下馬ですが、ノーザンF生産馬だしディープインパクト産駒。実は母母父のシーキングザゴールドが今の函館芝で地味にハマっている血。鞍上は横山武史騎手ですし、上位人気のディープインパクト産駒にドサクサで割って入ることを期待。

 

馬連⑤⑥⑨ボックス

ワイド②ー⑤⑥ ③ー⑤⑥

(結果) 

1着⑨テルツェット 3番人気 ノーザンF 野芝新潟実績あり

2着⑥マジックキャッスル 1番人気 社台系 母父ロベルト系

3着⑩サトノセシル 8番人気 格下馬 野芝新潟実績あり

4着③フェアリーポルカ 6番人気 ノーザンF

 

予想通り1,2着は人気サイドの決着で馬連的中。

3頭BOXで馬連630円なら御の字。

2番人気11着のドナアトラエンテは直前の雨で馬場が渋ったことなのか、思ったよりタフな流れで息切れしたのか? 脆い馬ですね。

この直前の雨で一気に期待が膨らんだのがフェアリーポルカ。しかし結果は4着。

正直上手い騎手なら絶対3着取れたと思っています。人災と言える4着。

しかし失態はこれだけでは終わりません。直線内から良い感じで伸びようとしていた私のもう一頭の穴馬②イカットの進路をフェアリーポルカは遮断しました。

あれが無ければイカットが2,3着だったような気がします。

この鞍上にはあきれ果てました。

土曜の新潟から日曜わざわざ北海道へ来た結果がこれですか?

怒りは収まらず、せっかくの的中も気分が悪かったです。

 

気を取り直して。

3着サトノセシルは前走2勝クラスを勝ったばかりの格下馬でしたが、新潟好走歴もあり、函館の馬場適性も高い馬だったこともあり、今回好走しました。

気にはなりましたが同じ格下馬で高い馬場適性を感じたイカットを私は選んだわけですけど、皮肉なものです。

1,3着が新潟好走歴のある馬で、やはり野芝色が強い馬場だったこと、2着マジックキャッスルも唯一のロベルト系の血がある馬。

納得のいく結果ではありました。

今年は函館施行でしたが、例年の札幌施行同様、前走GⅠヴィクトリアマイル経由の馬が好走していましたから「函館も札幌もあまり違いは無かったかな」と思いました。

 

 

日曜の予想結果は以上です。

日曜は函館新潟ともに結構馬券を的中させて調子は上向きですけど、的中が堅めの馬券ばかりなんですよね。先週といい今週といい狙った穴馬が絡んでくれれば……騎手のせいにせず、次週は何とかいい流れを呼び込めるようにしたいものです。

 

 

 

 

人気馬が適性のハマっているので今年は堅い?~8/1日曜函館クイーンSの予想

kakikenです。

完全に体調崩してバテ気味です。

今週末は久しぶりにきっちり競馬チェックできる時間があったのですが、土曜はいいレースが無かったのでオリンピックや高校野球の方に気がいってしまっていました。

それでも土曜函館10Rでは以前からこのブログでも注目馬として取り上げてきたホーリーラインが5番人気2着で高配当ゲットできたので、馬券の方も徐々に上向いているとは思っています。

週明けから「日曜のクイーンSは当たるだろう」と思っていましたが、いざ出走馬をじっくり見渡すと「う~ん、やるレースなのか?」と少しやる気失せてしまいました。

では予想です。

日曜函館11R クイーンS 芝1800М

土曜の函館芝レースの雰囲気からは適性は先週と変わらずな感じですが、今週からBコースで内枠が有利な雰囲気があります。

前回のブログの最後で触れたように適性として洋芝ですが野芝適性の高い馬が好走傾向にあります。新潟好走馬がいい感じです。野芝傾向といえば、母系が古い、一昔前活躍した母系がいいということは過去にこのブログで何度も書いてきました。

その点から注目馬として

⑤ドナアトラエンテ

理由:三冠牝馬ジェンティルドンナの全妹。今はトレンドから外れている。

③フェアリーポルカ

理由:祖母が一昔前GⅠ活躍馬輩出しまくったフェアリードール

 

次の注目は血統。

今の函館芝でマークすべき血統がロベルト系。特に芝1800Мはロベルトの血がハマりやすい。今回のメンバーでロベルト系の血があるのはただ1頭のみ。

⑥マジックキャッスル 母父シンボリクリスエス

 

そうです。1,2番人気の⑤⑥がハマりです。さらには⑨テルツェットも新潟好走歴もありますし、今の函館が合う感じです。この上位人気ディープインパクト産駒3頭で決まる可能性がありえるレースです。

こうなると③フェアリーポルカ軸で狙いたいところですが主戦和田騎手が⑫シゲルピンクダイヤに騎乗。

あ~あ。正直重賞では三浦騎手への信頼は相当低いのでガッカリです。

これなら和田騎手が選んだ⑫シゲルピンクダイヤの方に気持ちが行きます。シゲルピンクダイヤの父ダイワメジャーは今の函館芝は合っています。

内枠狙える穴なら

イカット

格下馬ですが、ノーザンF生産馬だしディープインパクト産駒。実は母母父のシーキングザゴールドが今の函館芝で地味にハマっている血。鞍上は横山武史騎手ですし、上位人気のディープインパクト産駒にドサクサで割って入ることを期待。

 

馬連⑤⑥⑨ボックス

ワイド②ー⑤⑥ ③ー⑤⑥

 

日曜の予想は以上です。

では日曜の競馬を楽しみましょう!

 

 

 

馬の適性は見抜けても馬券は不運な結果に~7/25日曜新潟11Rアイビスサマーダッシュの予想結果~

kakikenです。

 

勝負事には流れがあります。

東京オリンピックが行われてますが、卓球混成ダブルスの結果がまさにその象徴的出来事でした。金メダルに輝いた水谷・伊藤組には金メダルを取る流れがありました。準々決勝でのドイツ戦であと2ポイント取られたら敗退の2-9からの逆転劇。こういうことを起こせるときは何かあります。

「ああ、きっとこの二人は金メダルを取るだろうな」

私はそう思いました。結果的にそうなりました。

ただ決勝の中国ペアの強さは相当でそれに勝てるのはただ流れがあっただけではなく、流れを離さない実力が伴っていたからだと思いますけどね。

あと、神様っているんだと思いました。

競泳のあの選手のことです。予選敗退の酷い結果。彼にはまだあと一種目残ってますけど、因果応報、悪いことは自分の身に跳ね返ってくるということですね。こういう出来事こそ『道徳』の生きた教材ですよね。流れを失うと何もかもうまくいきません。

私でいえば先週末の競馬は流れの無さを感じました。

ある意味いつもの流れなのかもしれませんけど。

 

では予想を振り返ります。

日曜新潟11R アイビスサマーダッシュ1000М

土曜新潟は例年傾向の血統がハマっていました。土曜最終12Rの直千も掲示板の上下の明暗はあったものの予想で選んだ馬が上位に絡んでいたので、とりあえずは例年と極端に違いはない馬場だと思います。

 

このレースは五月新潟開催でのオープン特別・韋駄天ステークス組から1~3着で2頭は絡むレースです。

今回のメンバーで韋駄天ステークスを走った馬は

③ヒロイックアゲイン 韋駄天S 4番人気12着

⑧タマモメイトウ   韋駄天S14番人気 1着

⑩アルミューテン   韋駄天S 7番人気 4着

⑪ロードエース    韋駄天S 9番人気 3着

⑫ライオンボス    韋駄天S 1番人気 9着

⑬ビリーバー     韋駄天S16番人気 7着

例年では韋駄天ステークス1~5着の馬がそのままこのレースでも好走する傾向があります。

ならば何も考えず⑧⑩⑪を買えばいい!

ただ今年は「待てよ」と考えてしまいます。

今年の春新潟は春の福島開催が震災の影響で使えないため代替として前倒し開催していました。そのため韋駄天Sが行われた時点で新潟芝は荒れ馬場、しかも稍重で行われたため馬場適性が夏の開幕週とは真逆の適性が求められていた可能性があります。新潟直千では安定の強さを誇るライオンボスの9着大敗からも今年の韋駄天S上位が開幕週のこのレースの馬場とリンクするとは考えにくい。

それでも韋駄天S組では上位の⑧⑩⑪に⑫ライオンボスを入れた4頭チョイス、大差はないです。

ただ今年は韋駄天S組を買えば当たる感じは無く、別路線の馬を入れるべきだと。

そこで参考にすべき要素として下級条件のレースならダート実績。特にダートレースで先行力のある馬をチョイスすればいいのですが、ここは重賞。

重賞では直千レースの適性は芝1400Мベストの馬。

芝1400はマイル戦と違って切れ味よりスピードの持続力が問われるレースが多く、直千レースと問われる適性が似ています。

切れ負けするタイプで芝1400Мがベスト条件の馬。

④ジュランビル

⑥モントライゼ

⑨トキメキ

実績から1番人気確定の⑥モントライゼは芝1400Мの重賞で1着、3着。鞍上川田騎手でここでは好走必至にも見えるのですけど、何となく足りないイメージ、最後の最後で力尽き圏外のイメージ。狙いは④と⑨。

④ジュランビルは芝1400М重賞ファンタジーSとフィリーズレビューで3着実績があり、その後は切れ負けして勝ちきれないレースばかり。こういう馬は直千レースで化ける可能性が高いです。外枠だったら自信の◎でしたが有利とはいえない内枠。内から外に徐々に位置取りを変え、最後差し込んでくるイメージ。2,3着候補かなと。

⑨トキメキはこのブログではお馴染み、私が好きな馬です。ただ好きではなく適性を把握しているので買いどころを見極められます。前走、前々走の福島は合わないとわかっていた(実際前々走はこのブログでも指摘しました)ので一切買いませんでした。しかし連闘で格上挑戦の今回は狙えると思っています。直千レース好きの馬主ミルファームだから使ってきたのでしょうけど、私はそれがナイスジャッジになると予想。

この馬は芝1400Мがベスト条件(昨夏新潟芝1400Мで未勝利戦5馬身圧勝)で切れる脚が無い馬。④ジュランビル同様、直千レースで大化けがあり得ます。もしかしたら勝ち切る可能性もあると思います。

チョイスとしては

④⑧⑨⑩⑪⑫

の6頭ですけど、④、⑨流しで買うというのが私の狙い目です。

ワイド④ー⑧⑨⑩⑪⑫

単勝⑨ 馬連ワイド⑨ー④⑧⑩⑪⑫

 (結果)

1着⑭オールアットワンス  1番人気 3歳牝 51キロ ノーザンF生産馬

2着⑫ライオンボス     2番人気 6歳  57キロ

3着①バカラクイーン   14番人気 5歳牝 54キロ 格下2勝クラス馬

4着⑨トキメキ      11番人気 4歳牝 54キロ 格下3勝クラス馬

5着④ジュランビル     9番人気 5歳牝 54キロ

 

私の狙い⑨トキメキが11番人気4着、④ジュランビル9番人気5着。

本来なら悔しすぎる4、5着ですが、今回はサバサバしてます。

3着に来た①バカラクイーンの若手騎手・菅原明良騎手の好騎乗にやられました。

直千レースは基本スタートして走りやすい外ラチ沿いに進路を向けます。馬場の外の方が伸びるからです。なので直千レースは圧倒的に外枠が有利なレース。①バカラクイーンはスタート直後から一頭だけ内ラチに進路を取りました。迷いのない騎乗。こういう作戦は時折みられるのですけど印象として最後の最後に外の馬に差されて4,5着パターンが多い。しかし今回は3着に残り、私の注目馬が4,5着になりました。

私の馬の適性を見抜く目は正しかったと思います。直千レース未経験のトキメキ、ジュランビルを推せたわけですし、掲示板には必ず来ると思っていました。しかし掲示板の下4,5着とは。

『脱4着競馬研究室』というこのブログの名前が嫌味に思えます。

「ああ、運が無いな」

菅原騎手は若手の伸び盛りの騎手。嫌味になりますが4着トキメキの田辺騎手、5着ジュランビルの松若騎手も若手の頃はこういう好騎乗を連発して穴を開けていました。どんな世界でもそうですけど、キャリアを重ねることで無難な仕事をしがちです。そういうこともあってか、こういう若手の思い切りのいい騎乗をされると「仕方ない」と納得してしまいました。「中堅騎手、もっと頑張れよ」と思いつつ。

勝ったのは⑭オールアットワンス。三歳限定ですが重賞実績もあり、51キロ、外枠と好条件がそろっていました。真っ先に手が出る馬でしたが妙味の無さ、リスクの高さから今回は切りました。仕方ないですね。

2着は韋駄天S組で唯一馬券になった⑫ライオンボス。韋駄天S9着だったライオンボスが今回2着と直千レース実績通りの好走。やはりこの結果から今年の韋駄天Sが特殊馬場だったとわかります。例年確実に上位に来る韋駄天S好走馬は韋駄天S1着⑧タマモメイトウ7着、2着⑪ロードエース15着、4着⑩アルミューテン10着と全くダメでした。

残念な結果でしたが、馬の適性を見抜く目は悪くないと思いました。

正しい目さえ持っていれば、そのうちいい流れは来くると思います。

なので今後も前向きに競馬の研究を続けていきます。

 

ちなみにブログで軽く触れた土曜新潟12Rの直千レースの予想結果を。

(予想)

注目は⑪セルレア、⑮ロナ。

新潟の直千は下級条件なら血統的にはロードカナロア産駒がいいです。

他では、直千は開幕週なら常識的に真ん中から外枠の馬、ダート血統の馬を狙うべき。⑬シンシアハート。

人気ですが⑪、⑬、⑮あたりで決まると思っています。

こういうベタな思考では夏の新潟はダメなのかもしれませんけど。

次点は少し内目ですが3枠⑤スイーツマジック⑥リュッカ、4枠⑧ホーキーホーキー。

 (結果)

1着⑤スイーツマジック 2番人気

2着⑯パラティーノヒル 9番人気

3着⑮ロナ       3番人気

 

やはり安直には当たりませんね。1,3着でした。まあ2着の馬は大外8枠の馬なので選ぼうと思えば選べましたけど。

ただ下級条件の直千レースのロードカナロア産駒は狙えそうですね。

「軽ハンデ、外枠、3歳牝馬」と好条件だらけで絶対来ると思われた1番人気⑬シンシアハートが5着だったことが、今思うとアイビスサマーダッシュで⑭オールアットワンスと重なり、オールアットワンスを切りたくなった理由でしたね。

 

以上、予想回顧でした。

新潟はそれなりに血統のハマりがありました。ただ買いやすい人気馬が飛んで、買いにくい人気薄が来るイメージで、人気馬の取捨が難しいですね。

夏競馬は紛れが多いので、大勝負には適さないです。

ほどほどに楽しむのが一番だと思います。

 

今週末は函館で重賞クイーンステークスがあります。

幸い今の函館の馬場は読めています。洋芝ですが函館は5週目荒れ始めて野芝色、そしてダート色が強くなっています。母系に一昔前の名牝がある馬や、ダート血統の馬、イメージでは福島や中山芝1800М向きという感じですね。

ドナアトラエンテあたりが現状一番ハマっている感じですね。何となく人気通りの決着な気もしますが、そこはローカル重賞なので荒れる可能性を考えて、馬場を見極めてしっかり予想しようと思います。

 

 

 

 

 

 

ポイントは韋駄天S組のチョイスですが……~7/25日曜新潟11Rアイビスサマーダッシュの予想~

kakikenです。

 

早速ですが日曜の予想です。

日曜新潟11R アイビスサマーダッシュ1000М

土曜新潟は例年傾向の血統がハマっていました。土曜最終12Rの直千も掲示板の上下の明暗はあったものの予想で選んだ馬が上位に絡んでいたので、とりあえずは例年と極端に違いはない馬場だと思います。

 

このレースは五月新潟開催でのオープン特別・韋駄天ステークス組から1~3着で2頭は絡むレースです。

今回のメンバーで韋駄天ステークスを走った馬は

③ヒロイックアゲイン 韋駄天S 4番人気12着

⑧タマモメイトウ   韋駄天S14番人気 1着

⑩アルミューテン   韋駄天S 7番人気 4着

⑪ロードエース    韋駄天S 9番人気 3着

⑫ライオンボス    韋駄天S 1番人気 9着

⑬ビリーバー     韋駄天S16番人気 7着

例年では韋駄天ステークス1~5着の馬がそのままこのレースでも好走する傾向があります。

ならば何も考えず⑧⑩⑪を買えばいい!

ただ今年は「待てよ」と考えてしまいます。

今年の春新潟は春の福島開催が震災の影響で使えないため代替として前倒し開催していました。そのため韋駄天Sが行われた時点で新潟芝は荒れ馬場、しかも稍重で行われたため馬場適性が夏の開幕週とは真逆の適性が求められていた可能性があります。新潟直千では安定の強さを誇るライオンボスの9着大敗からも今年の韋駄天S上位が開幕週のこのレースの馬場とリンクするとは考えにくい。

それでも韋駄天S組では上位の⑧⑩⑪に⑫ライオンボスを入れた4頭チョイス、大差はないです。

ただ今年は韋駄天S組を買えば当たる感じは無く、別路線の馬を入れるべきだと。

そこで参考にすべき要素として下級条件のレースならダート実績。特にダートレースで先行力のある馬をチョイスすればいいのですが、ここは重賞。

重賞では直千レースの適性は芝1400Мベストの馬。

芝1400はマイル戦と違って切れ味よりスピードの持続力が問われるレースが多く、直千レースと問われる適性が似ています。

切れ負けするタイプで芝1400Мがベスト条件の馬。

④ジュランビル

⑥モントライゼ

⑨トキメキ

実績から1番人気確定の⑥モントライゼは芝1400Мの重賞で1着、3着。鞍上川田騎手でここでは好走必至にも見えるのですけど、何となく足りないイメージ、最後の最後で力尽き圏外のイメージ。狙いは④と⑨。

④ジュランビルは芝1400М重賞ファンタジーSとフィリーズレビューで3着実績があり、その後は切れ負けして勝ちきれないレースばかり。こういう馬は直千レースで化ける可能性が高いです。外枠だったら自信の◎でしたが有利とはいえない内枠。内から外に徐々に位置取りを変え、最後差し込んでくるイメージ。2,3着候補かなと。

⑨トキメキはこのブログではお馴染み、私が好きな馬です。ただ好きではなく適性を把握しているので買いどころを見極められます。前走、前々走の福島は合わないとわかっていた(実際前々走はこのブログでも指摘しました)ので一切買いませんでした。しかし連闘で格上挑戦の今回は狙えると思っています。直千レース好きの馬主ミルファームだから使ってきたのでしょうけど、私はそれがナイスジャッジになると予想。

この馬は芝1400Мがベスト条件(昨夏新潟芝1400Мで未勝利戦5馬身圧勝)で切れる脚が無い馬。④ジュランビル同様、直千レースで大化けがあり得ます。もしかしたら勝ち切る可能性もあると思います。

チョイスとしては

④⑧⑨⑩⑪⑫

の6頭ですけど、④、⑨流しで買うというのが私の狙い目です。

ワイド④ー⑧⑨⑩⑪⑫

単勝⑨ 馬連ワイド⑨ー④⑧⑩⑪⑫

 

 

予想は以上です。

では日曜の競馬を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

 

今週末は重賞アイビスサマーダッシュを予想、軽く土曜新潟12Rも予想しました

kakikenです。

 

ようやく多忙から解放されたのですが、その反動で体が悲鳴を上げて競馬に集中できない状況が続いております。

ハマり傾向の小倉が3週間休みということで、今週は新潟と函館のみ。

新潟芝は毎年結果だけ見れば血統的ハマりは一応あります。

芝1800М、2000Мあたりはトニービンの血があるハーツクライルーラーシップ産駒、ステイゴールド系の血、芝1600、1800Мあたりではロベルト系(特にシンボリクリスエス)がハマり傾向にあります。

しかし実際馬券は買えない馬の方が来るというチョイスの難解さ、何かに邪魔される紛れが多すぎて的中が難しくて手を出さない方がいいというのが実感。

なので今週末は重賞のアイビスサマーダッシュだけやろうと思っています。

このレースは一応決まったパターン傾向があるのですけど、今年は少しハマるかどうか微妙な感じがしていますけど。

とりあえず土曜新潟12Rを参考にして最終的判断をするつもりです。

 

ちなみにこの12Rでいえば注目は⑪セルレア、⑮ロナ。

新潟の直千は下級条件なら血統的にはロードカナロア産駒がいいです。

他では、直千は開幕週なら常識的に真ん中から外枠の馬、ダート血統の馬を狙うべき。⑬シンシアハート。

人気ですが⑪、⑬、⑮あたりで決まると思っています。

こういうベタな思考では夏の新潟はダメなのかもしれませんけど。

次点は少し内目ですが3枠⑤スイーツマジック⑥リュッカ、4枠⑧ホーキーホーキー。

 

では土曜の競馬を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

7/17・7/18重賞(函館2歳S・函館記念・中京記念)予想回顧

kakikenです。

 

リアルタイムで競馬がチェックできないので、週末の競馬の復習を週明けに行っていたのですけど、しみじみ競馬は(馬場は)『生もの』だと感じました。

私は基本前週の馬場イメージと例年の該当週の馬場イメージで予想をするのですけど、それではどうしても微妙なズレが生じてしまいます。

リアルタイムでチェックできていれば、函館記念中京記念は間違いなく拾えた馬もいましたから……まあ、言い訳ですけどね。

 

では先週末の予想回顧です。 

土曜函館11R 函館2歳ステークス芝1200М

(予想)

このレースのポイントは新種牡馬の好走。

2歳最初の重賞なので新種牡馬お披露目ということです。

出走馬で今年の新種牡馬の馬は

②フェズカズマ   ドレフォン(ストームキャット系)

⑤カワキタレブリー ドレフォン

⑦ラブミードール  コパノリッキー

⑧トーセンヴァンノ ヴァンキッシュランディープインパクト系)

メリトクラシー  シルバーステート(ディープインパクト系)

⑩リトス      シルバーステート 

 

この6頭ではドレフォン産駒②⑤とシルバーステート産駒⑨⑩。

今回のメンバーでは札幌で驚異的時計で新馬戦圧勝した④ポメランチェから買えばワイドは当たりそうです。

④ー②⑤⑨⑩

(結果)

⑪ー⑥ー①

札幌で新馬レコード勝ちした④ポメランチェと⑥カイカノキセキが1,2番人気。

新馬戦で④ポメランチェの2着だったジョーカプチーノ産駒⑪ナムラリコリスが勝利。実はこのポメランチェが勝った新馬戦で2,3着した馬をこのブログでは注目馬として紹介していました。新馬戦で8番人気2着だったナムラリコリスのことも当然覚えています。当時「洋芝2歳戦でジョーカプチーノ産駒は狙える」と注目していました。次の未勝利戦であっさり勝って能力の高さは感じていました。

その新馬戦全くノーマークだったポメランチェを今回のレースで軸にしたのはそのナムラリコリスがあっさり勝ち上がったことで、ポメランチェの評価を高くしてしまったことがありました。

高速馬場だった時の札幌から時計が掛かる今の函館。そこは危惧しましたが、キングカメハメハ産駒なので問題ないと踏んでいたのですが、7着という結果だけ見ると馬場が合わなかった感じ。函館よりは野芝オンリーの小倉の軽い馬場向きのようです。

2着カイカノキセキは芝1000Мの札幌新馬戦をレコード勝ちでしたが、こちらはキンシャサノキセキ産駒で血統的に母系もダート色が強いパワー系なので函館替わりも問題ありませんでした。

3着は10番人気の未勝利馬①グランデ。未勝利馬でしたが函館の馬場適性がマッチしたようでした。先週の函館芝はそれまでも重い芝イメージからパワー系ダート色が強くなっていましたので、ディスクリートキャット産駒というのも合っていたのでしょう。

注目した新種牡馬産駒はドレフォン産駒9番人気⑤カワキタレブリーの5着が最高。酷い結果です。好走馬が多いことから世間の注目も上がっているシルバーステート産駒は先週の函館のようなダート色が強い馬場は合わないのかもしれませんね。シルバーステート産駒は本質芝向きだと感じました。

今年の函館2歳ステークスは珍しく新種牡馬が馬券に絡みませんでした。そういう年に新種牡馬を注目してしまう、何とも間抜けで皮肉な結果でした。

 

日曜函館11R 函館記念 芝2000М

(予想)

好走条件に当てはまる馬をチョイスしていきます。

★このレースは前哨戦・巴賞凡走組が巻き返すレース

③ワールドウインズ 巴賞1番人気5着

⑤ジェットモーション巴賞3番人気7着

⑦ドゥオーモ

 

★中山芝1800ベストな血統構成の馬が好走傾向

⑧トーセンスーリヤ 

この馬はローエングリン産駒で、ローエングリン産駒は中山芝1800ベストの馬が多く、実際この馬も中山芝1800が得意。北海道好走実績もある。

 

③⑤⑧BOX

 (結果)

⑧ー④ー⑮

注目馬としてあげた2番人気⑧トーセンスーリヤが完勝!

しかし例年好走する巴賞凡走組は③ワールドウインズ5番人気7着、④ジェットモーション4番人気6着と案外、そもそも函館適性がなかった感じでした。

2着が14番人気④アイスバブル。この馬の祖母はクロフネの母ミスパスカリなので、ダート色が強くなっていた先週末の函館芝がベストマッチしたようです。土曜の結果から私も危険な存在と警戒していましたので結果を見て「やっぱりか」と悔やみました。

3着12番人気⑮バイオスパークル、4着11番人気⑪ディアマンミノル。ともにオルフェーヴル産駒です。ステイゴールドの血は元々函館記念で強い血ですが、先週末の函館はステイゴールドの血が好走傾向にあったように少し傷んできた函館の芝が合うのでしょうね。

 

 

日曜小倉11R 中京記念 芝1800М

(予想)

 例年と条件が違うので、小倉芝1800М戦の傾向を参考に予想。

★ロベルト系の血がある馬

アンドラステ 母父ダイナフォーマー 社台系

ロータスランド 母母父クリスエス

⑪クラヴェル エピファネイア産駒 ノーザンF生産馬

⑫アバルラータ  母母父リアルシャダイ

 

4頭の中では今の硬い高速野芝の小倉が合うのは⑪クラヴェル。唯一の不安は脚質。今回外枠で、積極的に前に行くタイプではないので、予想以上に位置取りが後ろ過ぎると届かない可能性はあります。

その点では硬い高速馬場は不安ですが、ある程度先行できそうな③アンドラステ、⑤ロータスランドの方が展開は向きそうです。

★結局絡むノーザンF生産馬

今回出走しているノーザンF生産馬は4頭

②ダノンチェイサー

⑧カテドラル

⑨ボッケリーニ

⑩ディアンドル

 

この中で堅く高速の野芝が合うのは⑨ボッケリーニ、⑩ディアンドル。ともに母父がダンスインザダークスペシャルウィークという小倉野芝の高速馬場適性が高いニジンスキーサンデーサイレンスであることが強調材料。

私としては⑨ボッケリーニ軸、この馬から流せば当たると思っています。

 

結論として絞るに絞って

⑨⑩⑪BOX

もし4頭BOXなら②⑨⑩⑪です。

 (結果)

③ー⑧ー⑪

土日の馬場を読まなくても金曜時点での予想でもチョイス次第でとれましたが、相変わらずのチョイスミスでした。

ロベルト系の血がある1番人気③アンドラステが1着、5番人気⑪クラヴェルが3着。

ノーザンF生産馬⑧カテドラルが2着。特にカテドラルは先週末の小倉の芝がトニービンの血がハマり傾向にあったのでトニービン色のあるハーツクライ産駒のこの馬は要警戒馬になっていました。

とは言え私が軸でいいと思った⑨ボッケリーニも母母父トニービンなので「まず大丈夫だろう」と思っていたのですけど2番人気6着。この馬は勝負所でエンジンの掛かりが遅い馬なんでしょうね、勝負所で動けない弱さ、切れ味の無さを感じました。そもそも芝1800Мは距離が短い気がしました。芝24,25あたりで勝負すべき馬です。

 

 

以上、軽くですが予想を回顧しました。

先週末の結果から一番わかりやすいのが小倉芝だと思いました。ハマっている血が素直に好走してくれる感じです。

ただその小倉は今週から3週間オリンピック絡みでお休みなのでガッカリです。

小倉と対照的にハマっていても買えないような馬が好走していたのが福島の芝でした。だからレースも荒れ放題でした。まあ私はチェックだけで無視していましたけど。毎年この時期の福島は一番手を出してはいけない難解競馬場なのです。

その福島と同様に難解なのが夏の新潟です。理解不能ともいえる感じで重賞以外は手を出すべきではない競馬場です。

そんな新潟と函館の2場開催の今週末、新潟アイビスサマーダッシュだけはこのブログでも予想しようと思っていますが、勝負するならまだ馬場が把握できている函館でしょうね。

ようやく多忙から解放されつつあります。

本格的勝負は秋の中山競馬からでしょうが、来月から徐々にこのブログの活動も活発化させていこうと思っています。