脱4着競馬研究室

独自の馬場読み、血統分析で競馬を投資に変える!

阪急杯と中山記念、狙い目だった馬が共に3着でショボいけど的中~2/28日曜競馬の結果~

kakikenです。

先週末は騎手、調教師の引退の週なので該当馬が過剰人気したりして『競馬が荒らされている』感じで、正直勝負には適さないと考えて、私は狙ったレース以外は静観していました。

蛯名騎手、頑張ってましたね。

引退騎手の騎乗馬はなぜか走ります。不思議ですね。

ガチでやっているとは思うものの、穿った見方もついしてしまいます。

こういうのを見せられると『静観していて良かった』となります。

 

では日曜の予想を振り返ります。

日曜阪神11R 阪急杯 芝1400М

(予想)

昨年勝ったベストアクターの祖母ダイナアクトレスノーザンテースト産駒で90年代活躍した名牝でした。今年も出走してますが昨年このレースを勝って以来、押さえてもいいですけど、今年は昨年より相手が格段と上。あっても掲示板の下かなと。

散々ハマりの血統を話しておきながら、実は今年は上位3頭がかなり抜けていると思っているのです。

②ダノンファンタジー

⑧レシステンシア

⑩インディチャンプ

土曜を見る限り阪神は明らかな差し馬場ですが⑧レシステンシアは逃げ馬で母系も若くハマってない感じですが、芝1400Мがベスト馬ですし母父デインヒル系母母父サドラーズウェルズ系でこれは土曜マーガレットS勝ったアスコルターレと同じ血統構成。

ダイワメジャーもこの時期の芝短距離戦は合っています。能力からして勝てなくでも3着以下は想像できません。

②ダノンファンタジーは今の阪神の馬場に近いとされる9月野芝開催の阪神芝で高いパフォーマンスを見せています。なので恐らく今の馬場も合うはず。

⑩インディチャンプも実績はもちろん血統的にも問題点は全くありません。

この3頭、最低でも2頭は馬券になると思います。

残るはどれか1頭がミスして4,5着落ちた隙間に何が入るかの検討。

冒頭挙げた⑰ベストアクターが候補でしたが一年ぶりのレースが気になるところ。

それならこちらかと選んだのが

⑬ジャンダルム

母系の古臭ささで言えば⑦クリノガウディーもいいのですけど、活躍しているという点でいけば当てはまりません。90年代ではないですけど2000年から2003年にかけて活躍したビリーヴを母に持つこの馬を穴馬にしました。今の馬場に近い9月野芝阪神でも勝ってますし、野芝適性も高い馬なので今の馬場は合うはずです。

絞ってこの4頭で勝負します。

②⑧⑩⑬

(結果)

⑧ー⑥ー⑬

選んだ4頭全て掲示板確保!

しかし的中馬券はワイド⑧ー⑬780円のみ。

まさか上位3頭中2頭が4着(3番人気インディチャンプ)5着(2番人気ダノンファンタジー)になるとは……。

1番人気⑧レシステンシアがレコードタイムで快勝!

土曜が差し馬場でしたが、このレースは完全に行った行ったの前残り。逃げたレシステンシアの上り3Fが33秒8ですから後ろの馬は届くはずないですね。

やはりこの馬は芝1400Мがベストです。今後はマイルよりはスプリントGⅠへ行くべきです。高松宮に出走すればBコース初週で不利な大外枠に入ってもこの馬なら勝ってしまうかもしれません。

逃げた馬がこの上りなので、道中中団から後ろ目の②ダノンファンタジーと⑩インディチャンプは厳しかったですね。特にダノンファンタジーの位置取りは最悪。川田騎手にしては珍しい。恐らく土曜の芝1400М戦が差せる馬場だった(実際川田騎手は差して3着だった)ので読み違えたのでしょうね。

私が狙った⑬ジャンダルムが何とか3着確保。今の馬場への適性の高さを見せてくれました。まさか4番人気とは思いませんでしたが。

2着が10番人気ミッキーブリランテ。和田騎手がクリノガウディーではなくこの馬に騎乗していたのもあり気にはなりましたが、上位3頭が抜けていると予想していましたから手広く買うことは出来ず、血統面で買い要素の強いジャンダルムの方を私は選びました 。この馬に来られた悔しさでジャンダルムが頑張ってくれた嬉しさは吹っ飛んでしまいました。

それでも選んだ4頭が1,3,4,5着。予想としては悪くなかったと思います。

 

日曜中山11R 中山記念 芝1800М

(予想)

中山芝1800Мは例年この時期内枠、先行有利。他の距離の芝のレースが外差し決着でも芝1800М戦だけは内枠、先行だったりするくらいです。

そして芝1800Мはハーツクライ産駒が強い。

例年のエアレーション馬場ならヒシイグアスで決まりだなと思っていました。

しかし今年はエアレーション無しの馬場。元々スパッと切れるタイプの馬ではないのでこういう馬場は合うと思う反面、母系がこの馬場に合わない感じもします。松山騎手なのでこの馬の能力は発揮させてくれるでしょうが、今回はスキがありそうです。

他の上位人気で内枠先行のトーセンスーリヤ、バビットあたりも候補なんでしょうけど

この3頭では

⑧ヒシイグアス

このレース得意のロゴタイプと同じローエングリン産駒

①トーセンスーリヤ

をチョイス。

他ではエアレーション無し馬場向き血統の馬をチョイス。

⑥フランツ

例年なら血統含めてハマりの無かった馬ですが、土曜の血統傾向で穴馬昇格です。

この馬の祖母グレースアドマイヤの近親はフサイチコンコルドアンライバルドなど90年代後半から00年代に活躍馬を続出させた名血です。初の中山以上に差し脚質が気になりますが土曜も中山で好騎乗していたデムーロ騎手がロスなく立ち回れば一発ある気がします。

⑬ウインイクシード

この馬の母イクスキューズは06年~08年の現役時代重賞好走多数の活躍馬です。エアレーション無し馬場が向いているマンハッタンカフェ産駒という点もいいです。外枠は不利なのですけど、内の逃げ先行を見ながら行ける3番、4番手あたりで競馬が出来そう。土曜は逃げ先行より3、4番手あたりの馬の方が上位に来ていたのでその点でも期待します。

①⑧⑥⑬

⑪クラージュゲリエはルメール騎手という点だけが怖いですけど、中山芝1800Мがハマるイメージが血統構成含めて全く感じないので切ります。

 (結果)

⑧ー④ー⑬

このレースも選んだ4頭中3頭が掲示板確保!

しかし的中はワイド⑧ー⑬730円のみ。

ほぼ読み通りだっただけに悔しさしかありません。

⑧ヒシイグアスが1番人気1着。松山騎手、さすがでしたね。この馬はGⅠで切れる脚が使える馬には思えませんので、東京よりは阪神内回りの大阪杯宝塚記念あたりを目指すべきかなと思ってます。

 予想でも書きましたがハーツクライ産駒はコース問わず芝1800Мが本当強いですね。4着健闘の蛯名騎手ゴーフォザサミットもハーツクライ産駒。

そして5番人気2着だった④ケイデンスコールも母父ハーツクライ

「来ちゃったか」という感じでしたね。

ケイデンスコールは京都金杯で私の高配当的中に貢献してくれた馬です。血統的にはハーツクライもあるし全然買えましたし、なぜ切ったのか?

私はこの馬サウスポーだと思ったのです。馬券になったのは東京、新潟、中京と全て左回り。逆にそれがあったので12番人気でしたが金杯では自信もって買えましたから仕方ないところではあるのですけど。

エアレーション無し馬場向きとして注目した⑬ウインイクシードは7番人気3着。いいレースをしてくれました。欲を言えば2番手ではなくトーセンスーリヤの後ろの3番手で競馬をして欲しかったです。直線早め先頭で押し切ろうとして最後やられました。切れる脚がないので仕方ないですが、もう少し仕掛け我慢していれば勝てたような気がするのですけどね。

同じくエアレーション無し馬場向きで期待した⑥フランツは8番人気10着。道中最後方。私は1コーナーの時点で諦めました。白富士Sでは中団で競馬が出来たのでその再現を期待したのですがただ一周走っただけでした。土日中山でそこそこ乗れていたデムーロ騎手ですが、このレースでは全くやる気は見られずガッカリな騎乗でした。

私が選んだもう一頭①トーセンスーリヤは4番人気5着。理想的な競馬はしましたが、完全に切れ負けでしたね。

ちなみにバビットとクラージュゲリエを切れたことは正解でしたね。バビットは逃げると考えて切りました。前が止まらない馬場でしたが逃げ馬は必ずつかまってましたからバビットの馬券内は無いと考えましたし、クラージュゲリエは予想で書いたように中山芝1800М向きには思えませんでした。

ショボい馬券しか取れませんでしたが、中山の芝は適性含めて読めていたと思います。

それにしても勝ち時計が1分44秒9のコースレコードタイ。

なぜエアレーション作業をしなかったのか、謎ですね。恐らくこの結果を受けて馬場造園課の人間は青ざめているはず。今後散水しまくるかもしれませんね。

でもおかげで皐月賞が楽しみになりました。良馬場ならおそらく高速決着。高速馬場の皐月賞は私は大得意ですから。合う馬キャラも読めますし、血統もハマりやすいですからね。人気馬が飛ぶ可能性も高まりますから高配当も期待出来そうです。

 

 

以上、日曜の予想を振り返りました。

ショボい配当ながら一応重賞2つとも的中。馬場は読めているので今週末以降も自信もって予想しようと思います。

さて2月が終わりました。今月も高配当的中が続いたおかげでプラスで終われました。

3月からは新人騎手がデビュー。新人騎手は予期せぬ騎乗をしたり『競馬を荒らす』イメージがあるので嫌なんですよね。本来ハマっている馬でも新人騎手だから下手に乗ってダメだったり、良さそうな馬だけど新人騎手だから買わずに切ったら馬券になったりと結構影響受けますから困ったものです。

しばらくは新人騎手が騎乗する平場での勝負は控えて、新人騎手がほぼ関わらない重賞をメインして勝負するべきかもしれませんね。

 

 

 

エアレーションしてない今の中山阪神の血統狙い目教えます~2/28日曜競馬の予想~

kakikenです。

 

まず、前回書いたエアレーション作業をしていない芝レースで狙える血統について取り上げておきます。

今開催の阪神は例年エアレーション作業をしていません。それを踏まえて過去の阪神芝レースでの血統傾向をチェックしていた時気づいたことがありました。

「何か、母系が古臭いな」

母父、母父がいわゆる90年代~2000年代に活躍していたような血統が好走傾向にありました。例えばノーザンテーストだったりウッドマン、サクラバクシンオーアドマイヤコジーン。今なら『スピードが足りない』イメージの血統ですね。

先週京都牝馬S勝ち馬イベリス。母父ボストンハーバーで母母父サーゲイロード系で一昔前の匂いがプンプンします。

土曜で言えば12R勝ったリュプルフォールの祖母はシャンクシー。現役は1990年代でフランスGⅠを勝ち、1996年安田記念参戦しました。

10RマーガレットS6番人気3着したフォドラは母系がいいと書きましたが、母父バブルガムフェローが古臭く、さらに祖母の母系はリアルシャダイノーザンテーストと90年代の日本競馬を席巻した血統。これがチョイスの決め手でした。

中山もこの傾向にあると感じたのは9R水仙賞を勝ったレッドヴェロシティの祖母はプロモーション。1997年クイーンS勝ち馬、牝馬クラシック三冠全て出走桜花賞7着オークス4着と活躍していました。

中山10Rでは3着エフティイーリスの母は2008年桜花賞2着オークス2着。祖母はニホンピロウイナーノーザンテーストというこれまた1990年代活躍した血統でした。私は蛯名騎手ということよりこの点に注目して10Rを的中させました。ちなみに10R勝ったダディーズマインドの祖母はこれまた90年代活躍した女傑ヒシアマゾンの近親でしたね。

私は血統重視で特に母系が重要だと考えてますので、当然この特徴を見逃すはずありません。日曜もこの点に注目して予想しようと思います。

日曜阪神11R 阪急杯 芝1400М

昨年勝ったベストアクターの祖母ダイナアクトレスノーザンテースト産駒で90年代活躍した名牝でした。今年も出走してますが昨年このレースを勝って以来、押さえてもいいですけど、今年は昨年より相手が格段と上。あっても掲示板の下かなと。

散々ハマりの血統を話しておきながら、実は今年は上位3頭がかなり抜けていると思っているのです。

②ダノンファンタジー

⑧レシステンシア

⑩インディチャンプ

土曜を見る限り阪神は明らかな差し馬場ですが⑧レシステンシアは逃げ馬で母系も若くハマってない感じですが、芝1400Мがベスト馬ですし母父デインヒル系母母父サドラーズウェルズ系でこれは土曜マーガレットS勝ったアスコルターレと同じ血統構成。

ダイワメジャーもこの時期の芝短距離戦は合っています。能力からして勝てなくでも3着以下は想像できません。

②ダノンファンタジーは今の阪神の馬場に近いとされる9月野芝開催の阪神芝で高いパフォーマンスを見せています。なので恐らく今の馬場も合うはず。

⑩インディチャンプも実績はもちろん血統的にも問題点は全くありません。

この3頭、最低でも2頭は馬券になると思います。

残るはどれか1頭がミスして4,5着落ちた隙間に何が入るかの検討。

冒頭挙げた⑰ベストアクターが候補でしたが一年ぶりのレースが気になるところ。

それならこちらかと選んだのが

⑬ジャンダルム

母系の古臭ささで言えば⑦クリノガウディーもいいのですけど、活躍しているという点でいけば当てはまりません。90年代ではないですけど2000年から2003年にかけて活躍したビリーヴを母に持つこの馬を穴馬にしました。今の馬場に近い9月野芝阪神でも勝ってますし、野芝適性も高い馬なので今の馬場は合うはずです。

絞ってこの4頭で勝負します。

②⑧⑩⑬

 

日曜中山11R 中山記念 芝1800М

中山芝1800Мは例年この時期内枠、先行有利。他の距離の芝のレースが外差し決着でも芝1800М戦だけは内枠、先行だったりするくらいです。

そして芝1800Мはハーツクライ産駒が強い。

例年のエアレーション馬場ならヒシイグアスで決まりだなと思っていました。

しかし今年はエアレーション無しの馬場。元々スパッと切れるタイプの馬ではないのでこういう馬場は合うと思う反面、母系がこの馬場に合わない感じもします。松山騎手なのでこの馬の能力は発揮させてくれるでしょうが、今回はスキがありそうです。

他の上位人気で内枠先行のトーセンスーリヤ、バビットあたりも候補なんでしょうけど

この3頭では

⑧ヒシイグアス

このレース得意のロゴタイプと同じローエングリン産駒

①トーセンスーリヤ

をチョイス。

他ではエアレーション無し馬場向き血統の馬をチョイス。

⑥フランツ

例年なら血統含めてハマりの無かった馬ですが、土曜の血統傾向で穴馬昇格です。

この馬の祖母グレースアドマイヤの近親はフサイチコンコルドアンライバルドなど90年代後半から00年代に活躍馬を続出させた名血です。初の中山以上に差し脚質が気になりますが土曜も中山で好騎乗していたデムーロ騎手がロスなく立ち回れば一発ある気がします。

⑬ウインイクシード

この馬の母イクスキューズは06年~08年の現役時代重賞好走多数の活躍馬です。エアレーション無し馬場が向いているマンハッタンカフェ産駒という点もいいです。外枠は不利なのですけど、内の逃げ先行を見ながら行ける3番、4番手あたりで競馬が出来そう。土曜は逃げ先行より3、4番手あたりの馬の方が上位に来ていたのでその点でも期待します。

①⑧⑥⑬

⑪クラージュゲリエはルメール騎手という点だけが怖いですけど、中山芝1800Мがハマるイメージが血統構成含めて全く感じないので切ります。

 

 

以上です。

今回取り上げたエアレーション無い馬場での血統狙い目に関しては馬場変化が起こり出す4,5週目あたりまでは使えるかな~と思います。阪神はあと1,2週、中山はあと3,4週はこのパターンの予想で競馬を楽しむつもりです。

 

では日曜の競馬を楽しみましょう!

阪神芝は例年と違う差し馬場、でも土曜の予想は的中!~2/27土曜阪神競馬の予想の結果~

kakikenです。

 

土曜阪神9R松籟Sは新設の芝3200Мのレースでした。

10週後の春の天皇賞に向けてのテストレースみたいな感じでしたね。

例年、春開催の阪神芝2400Мはハーツクライルーラーシップ産駒などトニービン系がハマり血統ですけど、芝3200М松籟Sも2,3着は父ルーラーシップ、母父トニービンでした。

どうやら春の天皇賞トニービンのある馬を買えば良さそうだと感じました。

 

さて阪神は今週3週目。例年3週目は内先行有利なんですけど、土曜は完全差し馬場。

明日の阪急杯、逃げ馬レシステンシアはどうなるんでしょうね?

と、日曜の予想の前に土曜の予想を振り返ります。

土曜阪神10R マーガレットS 芝1200М

(予想)

阪神は3週目。例年3週目は内枠、先行が有利ですが、今年はどうなるか。土曜はそこに注目して予想します。

 

さてこのマーガレットS。例年の傾向で前走朝日杯凡走馬がいいです。該当馬は

⑥アスコルターレ

個人的に評価低いドゥラメンテ産駒というのは気になりますが、母父デインヒル系の母母父サドラーズウェルズ。スローの上り勝負向きで今の阪神には合いそうです。

短距離ですがこのレース得意のノーザンF生産馬なのでその点も〇。

ただこのレース勝つのは牝馬。そして内枠先行有利なら

①オールアットワンス

恐らく1番人気。不安は出遅れくらいですね。

この1点勝負でもいいかな?

あと2頭入れるなら

③ロングトレーン

⑧フォドラ

①⑥③⑧

(結果)

⑥ー③ー⑧

完璧な的中!……いや結果オーライですね。内枠、先行有利の予想とは違う差し決着は想定外でしたが、結果は私が選んだ4頭全て掲示板確保でした。

馬連③ー⑥1570円、ワイドは総取り③ー⑥450円 ⑥ー⑧720円 ③ー⑧670円的中!

まず⑥アスコルターレが2番人気1着! 道中最後方で「おいおい」と思いましたが直線豪快に差し切り勝ち。このレースの傾向通り朝日杯経由は馬券になりました! そしてノーザンF生産馬が強いのも傾向通り。

①オールアットワンスは4番人気5着。意外と人気が無かったですけど、人気通りという結果。でも差しが決まる馬場で不向きながら5着は健闘の部類ですね。

③ロングトレーンが3番人気2着。この馬を選んだ理由はトランセンド産駒。こういう本来芝良績の無い種牡馬がこの時期3歳芝1200Мは走りますから選びました。

そして⑧フォドラが6番人気3着。この馬はノーザンF生産馬ということで選びましたがもう一つ母系の良さでも選びました。

この母系がなぜいいかは日曜の予想の所で書きます。

 

土曜阪神12R 4歳上2勝クラス 芝1400М

(予想)

先週4歳上の芝1400М戦に関しては外差しが決まってました。

3週目の傾向がハマるか、先週の傾向がハマるか悩ましいです。

そういう時は血統で合いそうな馬をチョイス。

③スマートクラージュ

②エグレムニ

母系では②エグレムニが一番合ってそうですがキズナ産駒は古馬になってのパフォーマンスが落ちますのでそこが不安です。軸にするなら③スマートクラージュですかね?

他は半信半疑で微妙な馬ばかり。絞ってこの2頭

⑦ルプリュフォール

⑧プレシオーソ

血統的には⑧プレシオーソですが、前走2着好騎乗の武騎手は⑦ルプリュフォールに騎乗です。ルプリュフォールを管理する松永幹きゅう舎が騎乗依頼する武騎手の馬はかなり勝負度合いが高い。

③②⑦⑧

あと2頭⑥オーマイガイ⑨メイショウドウドウが気になりましたが切り。さて結果はどうなりますやら。

 (結果)

⑦ー⑨ー⑧

う~んやっぱり切った馬に邪魔されたましたね。私あるあるです。

⑨メイショウドウドウが2着に来なければ、完全的中だったのに。と言っても1~3番人気の馬なので、まあ仕方ないです。差しが決まるとわかってましたから⑨メイショウドウドウにやられそうなのは10Rの結果から予測できました。

このレースはワイド⑦ー⑧530円のみ的中。トリガミでした。

このレースは完全に差し追込決着。私が期待した③スマートクラージュは2番手からの競馬、直線先頭で粘るも最後1~3着馬に差されて1番人気4着。差しが決まる馬場で先行したのですから4着はしかたなし。なるべくしてなった4着とも言えますね。

勝ったのは道中最後方から差した2番人気⑦ルプリュフォール。この馬は母系が良かった上に、相性のいい松永厩舎ということで武騎手はやはりきっちり結果を残しましたね。3着が3番人気⑧プレシオーソ。そして②エグレムニは6番人気7着。この馬は昨年マーガレットS3着馬で馬場は合うはずだと思ったのですが、やはりキズナ産駒は古馬になってイマイチだなと思わせる結果でした。

キズナ産駒といえば!

おまけ土曜阪神三歳ダート戦キズナ産駒結果

1Rダート1200 ⑮アイスリアン1番人気4着

3Rダート1400 ②イスティファール3番人気1着

人気馬だったので結果が出ても当然みたいな感じで評価は難しいですけどね。

ただ1Rアイスリアンの4着からやはり良のダートより稍重重のダートがキズナ産駒は合っていると思いました。

3Rで勝ったイスティファールに関して、馬主がノースヒルズキズナノースヒルズ所有の馬なので、キズナ産駒ではノースヒルズ生産馬や馬主がノースヒルズ関連(オーナーの前田氏含め)の方が信頼感、勝負気配は強いなと思いました。

その点を感じていたので私はアイスリアンは買わず、イスティファールは買う、という最高の選択が出来ました。

 

土曜の結果は以上です。

 

土曜様子見だった中山ですが、週中書いた芝の三歳未勝利戦の傾向(1~3番人気のうち2頭馬券に絡む)は今年も健在でした!

5R芝1800М戦は2番人気1着、3番人気3着。2着は4番人気、1番人気は5着でした。ただ締め切り間際まで2,3着の馬が3,4番人気で競ってましたので取捨の難しさは感じましたけど。

6R芝2000М戦は3番人気1着、4番人気2着、12番人気が3着。

1番人気、2番人気が惨敗で荒れましたが、この1,2番人気はキズナ産駒。私はこの人気2頭は絶対飛ぶと思いました。何度も書いてますが、キズナ産駒は基本中山芝は走りません(ある週だけハマることは時々ありますけど)ので、私にとっては1,2着だった馬が実質1,2番人気だったと思っています。

こう考えると1~4番人気のBOXなら絶対当たると思いましたがさすがにそれでは的中できてもトリガミばかりですかね?

日曜も5R芝1600М戦があります。

このレース、正直狙えそうな馬が見当たらないのですが、だからこそ何も考えず人気通り買ってみようかと思っています。

 

あと、土曜中山芝は基本内枠先行である程度予想通りでした。

ちなみに血統に関しては阪神と似た特徴を感じました。

どうやらエアレーション作業の無い芝のハマり血統には特徴があるようです。

それは何か。続きは日曜の予想で。

日曜は重賞2つ。阪急杯中山記念を予想します!

中山の芝は今年エアレーション無しで馬場が違う? 土曜は阪神を予想します~2/27土曜阪神競馬の予想~

kakikenです。

 

今週から始まる中山競馬の春開催。2016年以降過去5年、必ずエアレーション作業をしてこの開催を迎えていました。

しかし!

今年はエアレーション作業をしませんでした。なぜ?

中山の馬場造園課としては芝のコンディションに自信があるのかもしれませんが、細かい馬場読みが重要な予想ファクターである私にとっては本当いい迷惑です。

お陰で土曜日は中山は様子見します。

ちなみに金曜のクッション値が12.1の硬め。昨夏からクッション値が明記されるようになりましたが、こんな高い数値は初めて見ました。

金曜雨予報があるのでそれを見込んで散水しなかったのかもしれませんがこれでは来る血統は変わりそうです。

恐らく内枠、先行有利。エアレーション馬場ではパフォーマンスを下げた馬、先週までの東京開催と同じ、詰めの甘いタイプが良さそうです。硬い馬場でいい血統はロベルト系。シンボリクリスエス系(エピファネイア)やブライアンズタイムですね。

土曜の中山はとりあえずこの点を注視してチェックするつもりです。

もしかすると週中の記事に書いた『中山芝未勝利戦の傾向』も通用しなくなるかもしれません。参考にされる方はご注意下さい(そこまでナーバスになる必要はないかもしれないですけど、一応念のため)。

 

ちなみに阪神の芝はこの春開催、過去一切エアレーション作業していません。

そんな阪神競馬。阪神芝レースは少頭数が多いのでほとんど予想としてとりあげませんけど、芝の血統傾向はある程度つかめています。日曜は阪急杯がありますので、そこを意識して短距離のレースを予想してみます。

土曜阪神10R マーガレットS 芝1200М

阪神は3週目。例年3週目は内枠、先行が有利ですが、今年はどうなるか。土曜はそこに注目して予想します。

 

さてこのマーガレットS。例年の傾向で前走朝日杯凡走馬がいいです。該当馬は

⑥アスコルターレ

個人的に評価低いドゥラメンテ産駒というのは気になりますが、母父デインヒル系の母母父サドラーズウェルズ。スローの上り勝負向きで今の阪神には合いそうです。

短距離ですがこのレース得意のノーザンF生産馬なのでその点も〇。

ただこのレース勝つのは牝馬。そして内枠先行有利なら

①オールアットワンス

恐らく1番人気。不安は出遅れくらいですね。

この1点勝負でもいいかな?

あと2頭入れるなら

③ロングトレーン

⑧フォドラ

①⑥③⑧

 

土曜阪神12R 4歳上2勝クラス 芝1400М

先週4歳上の芝1400М戦に関しては外差しが決まってました。

3週目の傾向がハマるか、先週の傾向がハマるか悩ましいです。

そういう時は血統で合いそうな馬をチョイス。

③スマートクラージュ

②エグレムニ

母系では②エグレムニが一番合ってそうですがキズナ産駒は古馬になってのパフォーマンスが落ちますのでそこが不安です。軸にするなら③スマートクラージュですかね?

他は半信半疑で微妙な馬ばかり。絞ってこの2頭

⑦ルプリュフォール

⑧プレシオーソ

血統的には⑧プレシオーソですが、前走2着好騎乗の武騎手は⑦ルプリュフォールに騎乗です。ルプリュフォールを管理する松永幹きゅう舎が騎乗依頼する武騎手の馬はかなり勝負度合いが高い。

③②⑦⑧

あと2頭⑥オーマイガイ⑨メイショウドウドウが気になりましたが切り。さて結果はどうなりますやら。

 

おまけ土曜阪神三歳ダート戦キズナ産駒出走リスト

1Rダート1200 ⑮アイスリアン

3Rダート1400 ②イスティファール

1Rが松山騎手、3Rが武騎手。日曜は期待薄っぽいので、今週期待できるのはこの2頭だと思います。

 

 

以上です。

中山が例年通りの馬場なら日曜の中山記念はかなり自信ありなんですけど、土曜の傾向を見て最終判断したいと思います。

 

では土曜の競馬を楽しみましょう!

春の中山開催、簡単に当たるレースがある⁈

kakikenです。

 

新型コロナの影響で無観客競馬が始まってから早くも一年が経ちます。

当時自粛、自粛で色々大変な思いをしましたが、何もできなくなった分、週末は家で普段より細かく競馬チェックが出来て、新たな気づきを色々得られたので、悪いことばかりではありませんでした。

昨年春の中山開催は例年より多くのレースで馬券的中できたのですが、それはあることに気づいたからでした。

それは芝レースの3歳未勝利戦は1~3番人気の馬が2頭1~3着に絡むというもの。

もちろん全レースというわけではなかったのですけど、かなりの高確率でした。

昨年、過去3年(17、18、19年)のデータを参考にして気づき、それが実証されたので、実際は4年続けてその傾向が続いているわけです(極端な重馬場、不良馬場は例外かもしれませんが)。

安直に考えれば1~3番人気の馬3頭のBOX3点でうまく行けば馬連、最低でも確実にワイド馬券1点は的中できるわけです。

実際には私はそういう馬券は買いませんでしたが、まず1~3番人気の馬をチェックしてその中で血統適性、枠の有利不利、騎手などで判断してチョイスしてその馬から買っていたのですが、昨年はこれがハマって的中が続いていたということです。

堅めの決着が多いので収支はそれほど期待出来ないのですけど、的中しない競馬ほどつまらないものはないですからね。

これは締め切りギリギリまでオッズをチェックできる、時間のある人にしかできないやり方かもしれませんけどね。

今週末からの中山開催、この傾向が今年も続くかどうか注目したいです。

 

 

 

気温上昇による馬場変化で予想に明暗、でもフェブラリーSは完璧な的中!~2/21日曜競馬の予想の結果~

kakikenです。

 

先週末は全国的に気温が上昇、特に日曜、東京は20℃超え。ダート戦を予想しただけに嫌な予感はしたのですが、想像以上に馬場傾向が変化してしまいました。

それによって予想したレースで明暗が分かれてしまいました。特に『明』の部分がGⅠフェブラリーSで出たので、結果的にはラッキーだったと感じました。

 

それでは日曜の予想の結果を振り返ります。

日曜東京11R フェブラリーS GⅠダート1600М 

(予想)

先の記事で書いたように土曜の東京ダートは露骨な逃げ先行馬場でした。

この結果からどの騎手も前に意識が行くのでこのレースはタフな流れになるような気がします。そうなると勝てはしなくても2、3着なら差し馬もあると考えます。

このレースは基本、中外枠の馬が有利なレースです。しかし今年でいえば、血統構成でこの時期のダート1600Мで来るような馬が外枠にはいないんですよね。

悩みました。でも買う気にならないです。人気の一頭⑯レッドルゼルも消しです。

なので今年は内中枠の馬からのチョイスになります。

このレース7歳上はほぼ勝つことはない。血統構成含めて勝つ可能性ありそうなのが

③カフェファラオ

アルクトス

2、3着狙いで血統構成もいい差し馬を選ぶとすれば、

⑦ワンダーリーデル

サンライズノヴァ

土曜のダートレースでは芝好走馬が結構馬券になっていたので選んだのが、

エアスピネル

エアスピネルは週中でも注目馬として書きました。あとは騎手次第、今年の弱いメンバーなら十分馬券になると思う穴馬です。

③⑥⑦⑨⑩

③-⑥⑦⑨⑩ ⑥-⑦⑨⑩

 (結果)

③-⑩-⑦

私のチョイスした馬5頭の中の3頭での決着!

1着1番人気③カフェファラオ、2着9番人気⑩エアスピネル、3着8番人気⑦ワンダーリーデル

選んだ5頭中で人気の無い2頭が馬券に絡む最高の結果。

私は馬連とワイドを買ってましたので馬連③-⑩6620円、ワイド③-⑩2130円、③-⑦1560円、⑦-⑩3620円を的中。

先週の共同通信杯に続く重賞での高配当的中!

3連複3連単も取れたな」と欲張ってしまうくらい完璧な結果でした。

この日東京のダートは内枠有利というかコースロスしたら終わりという馬場でした。ろくな血統がいないと切った外枠の馬たちは馬場的にも絶望的になりました。その中で4着に来た⑯レッドルゼルは強いと思いました。ただ、条件が悪いと4着地獄にはまる。これが競馬なんですよね。

あと日曜の東京ダートは土曜以上に芝向きの血統、芝実績の馬が好走していました。これによって⑩エアスピネルにはかなり期待が高まっていました。「騎手次第」と予想で書きましたが、斜行して他馬を妨害したり、やらかしていましたが、うまく乗った方だと思いました。3着に来た⑦ワンダーリーデルは、内枠先行有利の馬場である程度早め、しかもロスなくインをついたので3着確保できました。横山典騎手の好騎乗でしたね。この馬の父はストームキャット系ですが、根岸Sに続き、このレースでも相性の良さを示してくれましたね。

逆に⑨サンライズノヴァは自分のスタイルを貫いた感じで11着。

2番人気に支持された⑥アルクトスはこういう馬場になってアドマイヤオーラ産駒という芝もダートもイマイチなマイナー血統がプラスになるかとも思って評価上げたのですけど、馬場が合わなかったようで9着でした。

勝った③カフェファラオについてはいいポジションで競馬をしていましたね。さすがルメール騎手、完璧な騎乗でした。

ラッキーな面もあったようですが、今年最初のGⅠをほぼ完ぺきに的中できて良かったです。

 

ま、本当はここで結果の回顧を終わりたいのですけど……続けます。

日曜東京12R 大島特別 ダート1400М

(予想)

 このレースには例年4週目東京ダートでハマりのパイロ産駒でいい馬がいます。

⑮イバル

土曜の出走は8R⑮サンビュート一頭だけでしたが6番人気4着。また4着。でもいいレースしてました。馬場としては合っていると思います。

ちなみに日曜はこの馬と3R③セバスチャンの2頭のみ。新馬戦なので未知数ですが3Rでセバスチャンが良いレースをしてくれれば、さらに期待度は高まりそうです。

⑮イバル鞍上の小崎騎手はこの馬だけの為に東京遠征です。当然勝ちを計算しているはずです。血統のハマりも後押ししてますし、何より土曜はダート1400Мは外枠有利でしたから、大外も追い風になりそうです。ここは勝利を期待します!

ちなみにもう一人このレースだけのために東京遠征している騎手がいます。

⑦リュクスウォリアー

の藤懸騎手です。こちらは前走東京で好走して今回も期待しての遠征でしょうが、これ最終日の最終レースって早仕掛けになりやすいので下手するとあっさり撃沈もありそうです。一応⑦も相手に入れますが、ここは血統的にハマっていて中団差しタイプの馬を

⑮イバルの相手に選びます。

⑤アストロブレイク

⑨ダンシングサンダー

⑪プリマジア

⑯オーロラテソーロ

東京開催最後のレース。ここはBOXにはせずきっちり軸流しで的中して締めくくりたいです。

-⑤⑦⑨⑪⑯

 (結果)

 ④-①-⑤

大外れでしたね。⑮イバルは3番人気8着でした。正直日曜の馬場傾向から「仕方ないな」という結果。3Rのパイロ産駒③セバスチャンは8番人気5着。そこそこ走ったのと、パイロ産駒は芝もこなせる血統なので何とかなるかとも思ったのですけどね。まずスタートで後手踏みました。「あ、終わった」と思いました。差していい馬ではないですからね。「もう少しスタートが良ければ」とも思いましたが、結果的に土曜は有利だった外枠も日曜後半には不利になっていました。この気温上昇がもたらした『暗』の部分が出たレースでした。

インから差して2着した15番人気①インウィクトスはワールドエース産駒。ダートがいいとは言えない血統ですから、そういう一日だったと象徴するような穴馬が来た感じでした。私も一応芝実績のある馬なども選んで対策したんですけどダメでした。

この時期の気温上昇は予想以上に馬場傾向を一変させることを痛感しました。

東京は次4月下旬から5月上旬の時、今度は30℃越えになる時も同じことが起こりそうなので、次開催は注意したいですね。

 

日曜小倉11R 小倉大賞典 芝1800М

(予想)

何といってもポイントは月末で引退する蛯名騎手のJRA競馬場全10場重賞勝利という記録がかかっているという点。

追い込み馬デンコウアンジュの蛯名騎手へのお膳立てがあるか?

土曜の結果を見る限りまだまだ先行馬が粘る馬場という印象ですが、やはり蛯名騎手の存在がこのレースを早仕掛けにさせるような気がします。

では実際デンコウアンジュはあり得るのかと言えばあり得ます。近年このレースは重厚な欧州系の血がある馬が好走してますからデンコウアンジュも当てはまります。

あとは展開だけという感じですね。

心情としては私も蛯名騎手に勝ってほしいです。

でも現実的には『勝つのは無理だろうな』と思わせる馬がいます。

⑮ボッケリーニ

1番人気の馬です。でも死角がありませんね。この馬がいるから逆に逃げ馬は早めに潰されるとも思っているのです。今の小倉、6週目とは言え例年より間違いなく馬場はいいです。日曜は1分45秒台の速い時計の決着になると思っています。そういう馬場では母父ダンスインザダーク母母父トニービンという高速血統が向くのです。

相手はタフな流れが向く馬ルーラーシップ産駒

②ヴァンケドミンゴ

⑦フェアリーポルカ

小倉巧者の

カデナ

あとは頑張れ蛯名騎手で

デンコウアンジュ

⑮-①②⑦⑫

本来穴党の私ですが人気馬ばかり選んでしまいました。荒れそうなレースなので不安もありますが、今の馬場を判断した結果です、今年は堅く収まることを期待します。

 (結果)

③-⑮-⑯

⑮ボッケリーニは1番人気2着。この選択は正しかったんですけどヒモ外れ。

勝った③テリトーリアルなんて予想で書いた通り好走傾向にある重厚な欧州系の血統構成。当然候補に入っていましたけど、差しが決まると読んだので切ってしまった一頭。差しにこだわったのが失敗でした。

実際勝ち時計は予想で書いた私の読み通り1分45秒台でした。しかし時計が速くなる時は前が止まらないことが多い。「差し」で頭がいっぱいになってそのことを見落としてしまったようです。詰めの甘い予想でした。3着⑯ディアンドルも私が重視したルーラーシップ産駒でしたし、母系にはスペシャルウィークダンスインザダークと同じ高速決着向きのニジンスキーサンデーサイレンス産駒)で母母父が欧州系エリシオ。血統だけなら全然買える馬で少し迷いましたが実績が短距離だったので切りました。

無難に人気馬ばかり選んだことに引っ掛かっていたのですけど、ある意味予想どおり、もう少しひねりを入れた買い目にすべきだったと後悔しました。

⑦フェアリーポルカは2番人気8着。4、5番手で競馬しましたが伸びないところを見るとこの日のような硬めの馬場は合わないようですね。②ヴァンケドミンゴ3番人気9着、①カデナが5番人気6着。ともに差し追込。展開を読み違えた時点でこの結果は仕方無いですね。

蛯名騎手の⑫デンコウアンジュは8番人気5着。この日2Rで勝利しましたがその時と同じように4コーナーで馬群がばらけたインをついて差してきましたが展開含めて5着でも好走だったと思います。蛯名騎手、お疲れ様でした!

 

 

では最後に恥ずかしい結果の回顧。

日曜阪神キズナ産駒結果

1R三歳ダート1200⑪タガノアクトリス⇒7番人気7着 

3R三歳ダート1400⑩アサケレディ⇒10番人気9着

         ⑪オーガーウェル⇒11番人気10着

4R三歳ダート1800②マインジャラン⇒1番人気3着

6R三歳芝1400⑨ゼリア⇒7番人気7着

7R四歳上ダート2000②ヤンヤノカッサイ⇒5番人気10着

9R四歳上ダート1800⑤レガーメぺスカ⇒1番人気2着

「どこが祭りやねん!」って散々な結果でした。

原因はやはり気温上昇だと思います。昨年も3月下旬ごろから走らなくなったので気温との関連はありそうな気もします。あとは砂質ですね。阪神は金曜日ダートは稍重で、土曜はまだ含水率の高めの良だったので好走したのかもしれません。キズナはパワータイプの競走馬でしたが純粋なダート血統ではなく、やはりパサパサダートが合うとも思えませんし。ちょっとの変化でこのダメぶり。キズナ産駒らしいですね。

一応今週末からの2、3週が一番狙えると見込んでいるのですけど、気温とパサパサダートには注意しなければいけませんね。幸い?今週金曜辺り阪神競馬場のある兵庫南部は雨予報。今週末の祭りの再開に期待しようと思います。

 

以上です。

 冬の東京開催があっという間に終わりました。とりあえずフェブラリーS的中、東京だけダートの研究をしていますから結果が出せて良かったです。

今週末からまた中山開催です。昨年のこの中山開催の芝1600М戦で的中ラッシュして中山芝マイルは得意になったつもりでした。しかし秋開催、冬開催では、秋には万馬券的中もありましたが全体の結果ではイマイチ。『昨年がたまたまだった』とならないように今週末からの中山開催、芝1600М戦は特に結果にこだわりたいです。

穴党の私にしては人気馬ばかりの予想になってしまいました~2/21日曜競馬の予想~

kakikenです。

 

なぜか人気馬に結論がいくので、どうも無難な思考に陥っているようなので何とか穴馬を探そうと予想をやり直しました。時間かけてやり直しましたが、結果は変わらず。

穴馬を選ばないと気が済まない、穴党の悪い癖です。

でも納得した予想はできたと思います。

 

それでは日曜の予想です。

日曜東京11R フェブラリーS GⅠダート1600М 

先の記事で書いたように土曜の東京ダートは露骨な逃げ先行馬場でした。

この結果からどの騎手も前に意識が行くのでこのレースはタフな流れになるような気がします。そうなると勝てはしなくても2、3着なら差し馬もあると考えます。

このレースは基本、中外枠の馬が有利なレースです。しかし今年でいえば、血統構成でこの時期のダート1600Мで来るような馬が外枠にはいないんですよね。

悩みました。でも買う気にならないです。人気の一頭⑯レッドルゼルも消しです。

なので今年は内中枠の馬からのチョイスになります。

このレース7歳上はほぼ勝つことはない。血統構成含めて勝つ可能性ありそうなのが

③カフェファラオ

アルクトス

2、3着狙いで血統構成もいい差し馬を選ぶとすれば、

⑦ワンダーリーデル

サンライズノヴァ

土曜のダートレースでは芝好走馬が結構馬券になっていたので選んだのが、

エアスピネル

エアスピネルは週中でも注目馬として書きました。あとは騎手次第、今年の弱いメンバーなら十分馬券になると思う穴馬です。

③⑥⑦⑨⑩

③-⑥⑦⑨⑩ ⑥-⑦⑨⑩

 

日曜東京12R 大島特別 ダート1400М

 このレースには例年4週目東京ダートでハマりのパイロ産駒でいい馬がいます。

⑮イバル

土曜の出走は8R⑮サンビュート一頭だけでしたが6番人気4着。また4着。でもいいレースしてました。馬場としては合っていると思います。

ちなみに日曜はこの馬と3R③セバスチャンの2頭のみ。新馬戦なので未知数ですが3Rでセバスチャンが良いレースをしてくれれば、さらに期待度は高まりそうです。

⑮イバル鞍上の小崎騎手はこの馬だけの為に東京遠征です。当然勝ちを計算しているはずです。血統のハマりも後押ししてますし、何より土曜はダート1400Мは外枠有利でしたから、大外も追い風になりそうです。ここは勝利を期待します!

ちなみにもう一人このレースだけのために東京遠征している騎手がいます。

⑦リュクスウォリアー

の藤懸騎手です。こちらは前走東京で好走して今回も期待しての遠征でしょうが、これ最終日の最終レースって早仕掛けになりやすいので下手するとあっさり撃沈もありそうです。一応⑦も相手に入れますが、ここは血統的にハマっていて中団差しタイプの馬を

⑮イバルの相手に選びます。

⑤アストロブレイク

⑨ダンシングサンダー

⑪プリマジア

⑯オーロラテソーロ

東京開催最後のレース。ここはBOXにはせずきっちり軸流しで的中して締めくくりたいです。

-⑤⑦⑨⑪⑯

 

日曜小倉11R 小倉大賞典 芝1800М

何といってもポイントは月末で引退する蛯名騎手のJRA競馬場全10場重賞勝利という記録がかかっているという点。

追い込み馬デンコウアンジュの蛯名騎手へのお膳立てがあるか?

土曜の結果を見る限りまだまだ先行馬が粘る馬場という印象ですが、やはり蛯名騎手の存在がこのレースを早仕掛けにさせるような気がします。

では実際デンコウアンジュはあり得るのかと言えばあり得ます。近年このレースは重厚な欧州系の血がある馬が好走してますからデンコウアンジュも当てはまります。

あとは展開だけという感じですね。

心情としては私も蛯名騎手に勝ってほしいです。

でも現実的には『勝つのは無理だろうな』と思わせる馬がいます。

⑮ボッケリーニ

1番人気の馬です。でも死角がありませんね。この馬がいるから逆に逃げ馬は早めに潰されるとも思っているのです。今の小倉、6週目とは言え例年より間違いなく馬場はいいです。日曜は1分45秒台の速い時計の決着になると思っています。そういう馬場では母父ダンスインザダーク母母父トニービンという高速血統が向くのです。

相手はタフな流れが向く馬ルーラーシップ産駒

②ヴァンケドミンゴ

⑦フェアリーポルカ

小倉巧者の

カデナ

あとは頑張れ蛯名騎手で

デンコウアンジュ

⑮-①②⑦⑫

本来穴党の私ですが人気馬ばかり選んでしまいました。荒れそうなレースなので不安もありますが、今の馬場を判断した結果です、今年は堅く収まることを期待します。

 

 

最後に。先のブログで書いた阪神でお祭りモードかもしれない大注目のキズナ産駒リストも再度載せておきます。

日曜阪神キズナ産駒出走リスト

狙いはあくまでも3歳ダート戦ですけど、それ以外も一応書いておきます。

1R三歳ダート1200⑪タガノアクトリス 

3R三歳ダート1400⑩アサケレディ

         ⑪オーガーウェル

4R三歳ダート1800②マインジャラン

6R三歳芝1400⑨ゼリア

7R四歳上ダート2000②ヤンヤノカッサイ

9R四歳上ダート1800⑤レガーメぺスカ

 

7頭中どれだけ馬券になるか楽しみですね。 アンダーラインの入った馬には特に期待してます。

 

では日曜の競馬を楽しみましょう!