脱4着競馬研究室

一味違ったB級予想が競馬を投資に変える!

秋競馬の回顧と12月競馬の戦略

kakikenです。

 

秋競馬が終り、今週末から師走競馬。

有馬記念へ向けて』というムードが強いですね。

 

昨日流行語大賞が発表されました。

あれ、私は嫌いなんですけどね。やめればいいと思ってます。

まあ、そういう毒気のことについてはこのブログではやめときます。

別のところで書きます。

今年の大賞は『3密』。

有馬の世相馬券で『3』は大人気決定ですね。

でも私は何度も過去の記事で書いてますが注目は『8枠』です。

有馬は基本、大外不利ですから人気が出ないですけど、来たら高配当です。

8枠にどんな馬が入るのか。

私は昨年有馬記念が終わった次の日から楽しみにしてます。

気が早すぎる!

 

さて、秋競馬を振り返って見ました。

何といってもクライマックスは秋華賞

私が注目馬で挙げたマジックキャッスル、ソフトフルート2頭が2、3着。

この2頭は人気薄で会心の的中でしたね。

その後はGⅠはイマイチ。天皇賞で中途半端な競馬をしたダノンキングリーの惨敗から流れを失いました。自信があったエリ女のセンテリュオでは、勝ちにいかない直線差しただけの消極的競馬で惜敗。どちらも騎手は……。

 

平場のレースに関しても、東京は得意なのでもっと好結果を残せると思っていましたが、馬場が今年は極端になって枠の有利不利が露骨で、ブログの予想ではそれが仇になるケースの多々ありました。

相変わらず4着が多いし、本当脱4着は難しいですね。

 

今週末からもGⅠは続きますが、私は小回り中京ダートGⅠと2歳GⅠはやらないと決めています。

12月は阪神は未知の5週目~8週目競馬でデータがないので今年は見送り、中京は基本12月はハマりが薄いので見送り。

中山競馬1本で勝負します。

血統だけ見れば12月開催前半はわかりやすいので手応えはあります。

ただ今年の秋みたいに馬場が例年と全く違うなんてことがありましたので、初週から大勝負なんてことはせず、じっくり馬場状態を見極めたいと思います。

得意の芝マイル戦が中心になりますが、2週目土曜日の黒松賞など例年結構ハマりあるレースも多いのでこのブログで紹介できればと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

阪神は冬血統が炸裂!~おまけで挙げたレース、注目馬の結果~

kakikenです。

 

 今忙しくて時間が作れないため、週末のレースも予習もままならない状態で、結果を復習していると「やればよかった」なんて結果が多くありました。

特に週中取り上げた冬血統が早速週末の阪神で威力を発揮。なかでも京阪杯は穴をあけてましたね。

週末ブログで取り上げた「おまけ」に関して振り返ります。

 

阪神12R 京阪杯 芝1200М

(予想)

先週の外差しから一変、土曜12Rの芝1200М戦は逃げ先行決着。

ただスローペースで前が残った印象。重賞ではもっとハイペースになるはず。

注目は〇外馬⑩フィアーノロマーノ⑪シヴァージ。

京阪杯というレースは〇外馬がいいです。

7月のCBC賞も中京から阪神に替わりましたが来ている馬の傾向は同じでした。エリザベス女王杯も結局京都と同じ傾向。

なおでこのレースも京阪杯の傾向にそって予想。

特にシヴァージはスワンステークス本命。土曜を見る限り今回も展開が向かない可能性はありますが頑張ってほしいですね。

京阪杯オパールステークス経由がいいので⑨リバティハイツ。

それに冬血統マンハッタンカフェの③レッドアンシェル。

この4頭ボックス。③⑨⑩⑪

 (結果)

 ⑩-⑬-⑦

申し訳ないです。このレース、予想は外しましたが私は馬券を的中してます。

ここでの予想では実はもう一頭⑦ジョーアラビカを入れるか最後まで悩んで結果やめました。入れていれば12番人気だったのでファインプレーでしたが、予想で挙げた4頭でワイドは当たると思って無難な予想をしてしまいました。すいません。

⑦の父ジョーカプチーノはその父マンハッタンカフェ。当然買える馬でした。

血統を知っている方なら、週中のブログを参考に冬血統マンハッタンカフェ系ということでジョーアラビカもマークしてくれていた人がいれば幸いですけど。

同じマンハッタンカフェ産駒でもレッドアンシェルの惨敗は不可解でしたが。

 

予想であげた京阪杯の傾向通り、〇外馬⑩フィアーノロマーノが勝ちましたね。

もう一頭の〇外馬シヴァージはスワンSに続きまた5着。今回も展開が向かなかった感じもしましたが、何となく能力、実力的にここが精一杯な馬かもしれませんね。

あとオパールS経由のリバティハイツもダメでした。ただ京阪杯オパールS勝った馬より3~5着の方がいいので、勝って臨んだこの馬は違ったのかもしれませんね。

ちなみに2着の⑬カレンモエは今回は差し馬狙いであえて切りました。

このレースはカレンモエ以外中団差しの馬。読みは間違っていなかったですけど、このブログでは的中できなかったことが悔しいです。

 

 

 

先週末私が注目している血統の結果

 

阪神芝2000М戦のハービンジャー産駒

ちなみに該当馬が日曜第2Rのルコリエのみ。

結果⇒9番人気9着

 

芝1800М戦では阪神、東京ともにハーツクライ産駒がいいです。

土曜阪神5R⑨ヴィクティファルス 結果1番人気1着

土曜東京3R⑩レッドルーベンス  結果4番人気5着

 

面白いと思っているのが東京のスクリーンヒーロー産駒。その中でも

土曜東京7R⑪ミッキーパンチ 結果2番人気4着

曜東京12R①セルフィー 結果1番人気1着

       ②フィルムフェスト 結果4番人気2着

 

 

 

最後に冬血統に関して。

週末は結構気温が低くなったのもあってか、冬血統が芝ダート問わずそれなりに走っていました。

特に阪神京阪杯のジョーアラビカの激走の他土曜4Rで10番人気2着に来たマイネルクハージュは母父タイキシャトルでした。

その他ではファピアノ系が母父にある馬が結構好走していました。

マンハッタンカフェタイキシャトルファピアノ系(アンブライドルドなど)は本格的な冬で狙える馬です。母父だけでなく母母父にそれらの種牡馬がある馬はこれからの時期要注目。

なので私も忙しいからと面倒臭がらず、馬券を買うレースは必ず母母父まで調べてから予想に望むように気を付けたいを思ってます。

 

 

 

 

三強は強かった! 敗れて悔い無し?~ジャパンカップの結果~

kakikenです。

 

今本当忙しく時間がなくて、仕事前の朝早くに書いてます。

早速、昨日のレースの結果振り返ります。

 

日曜東京12R ジャパンカップ芝2400М

 (予想)

ここ数週外枠有利っぽい東京芝。

どうやら最後の直線、内ラチから4、5頭外が一番伸びてます。

ここを通れれば内枠でも来れることは土曜最終レースで証明してくれています。

ただしこの進路より内を通った馬は間違いなく伸びないです。

 

今年と馬場が近い17年のジャパンカップ

逃げたキタサンブラックは直線内ラチから4、5頭分外に進路を取りました。勝てなかったものの3着を死守。外から来た2頭に差されましたが、内に進路を選んだ馬は全く伸びませんでした。

特にコース一周以上するレースであるジャパンカップは結局騎手の選ぶ進路次第ということも言えると思います。『俺の馬は荒れ馬場を苦にしないから経済コースを』なんてことをした騎手は最悪でしょうね。

 

私が狙っている馬は先日ブログで挙げているのとかわりません。

ただし土曜の競馬を見る限り一頭大外の⑮グローリーヴェイズは例年不利な外枠が有利に働く可能性があると警戒します。

過去のデータで圧倒的に3、4、5歳しか来ないレース。6歳以上は切ればいい。

そうなると私の注目馬を過去傾向に照らせば、

②③⑤⑥

でもこんな堅い結論、誰でも出せます。

なので今回はあえて4着狙いをします。

④キセキ、⑦ミッキースワローは6歳。

6歳以上で来たのは2013年7歳トーセンジョーダンまで溯る必要がありました。さらには2011年には7歳ジャガーメイル

6歳に至ってはは近年ことごとく4着。そしてそれらの馬に共通するのがトニービン系の血がある馬。キセキの父ルーラーシップは母父トニービン。ミッキースワローの母父はトニービン産駒のジャングルポケット

キセキ、ミッキースワローはドンピシャの4着候補!

この2頭どちらかは掲示板に載るはずです。ちょっとした勝負のアヤで4着が3着以内になることを期待します!

結論

④⑦の複勝

ワイド④-②③⑤⑥ ⑦-②③⑤⑥

 

 (結果)

②-⑥-⑤

ガチガチの3強決着。誰もが浮かべる当たり前の結果を当たり前のように作るのは本物の実力がないとできないですからね、この3頭は本当に強い。

潔く負けを認めます。だけど、タラレバはありましたね。

レースは願い通りキセキが大逃げをかましてくれました。

暴走気味でしたがあれがあの馬の持ち味。問題は直線の進路。

キセキは内内を選んでしまいました。

予想の欄で書きましたが、4、5頭分外でないと必ず止まります。

案の定キセキは失速。暴走で息切れではありません。単なる息切れなら8着に残ることはできませんから。ここがね、今の東京をわかっていない騎手とわかっている騎手の差になりました。

これは5着だったグローリーヴェイズにも言えました。馬場読みに優れた川田騎手ですが、若干内すぎた進路を選んでしまいました。あと少し外の進路だったら2着はあったと思います。

その点勝ったルメール騎手は土曜日から東京で騎乗。土曜日最終レースでは完璧な進路選びで勝利。勝てる道筋を見つけている印象でした。

アーモンドアイはその道筋ドンピシャのところを選んでいました。

もう関心するしかありません。ルメール騎手はただ強い馬に乗ってるから勝てるのではなく、研究熱心でそれを実行できる腕がある。

他の騎手は頭ではわかっているけど、実行できる腕が無い。これが成功者と平凡で終わる者の差です。私は後者なので偉そうなことは言えませんけど。

私が注目馬として挙げたキセキは8着、ミッキースワローは7着、ワールドプレミアは6着。上位5頭の下に3頭並びました。

しかし、ここまで人気通りの結果になるとは思いませんでしたね。

でもどんなに外枠有利な馬場でもこのレースはやはり内枠でしたね。

そして3~5歳しか上位に来ていない。

今回の予想は無謀だったかもしれませんけど、仕方ないですね。

 

時間切れ。

おまけで予想した京阪杯の結果やその他土日の感想はまた次に書きます。

 

過去のデータなら4着の馬をあえて狙う!~ジャパンカップの予想~

kakikenです。

 

遅くなりました。

今とても多忙で土曜も夜遅くまで仕事でした。

なので当初予定していた日曜東京競馬場へ行くのはあきらめました。

色んな意味で無茶はせず自重。

 

 

さて。早速予想です。 

日曜東京12R ジャパンカップ芝2400М

 

ここ数週外枠有利っぽい東京芝。

どうやら最後の直線、内ラチから4、5頭外が一番伸びてます。

ここを通れれば内枠でも来れることは土曜最終レースで証明してくれています。

ただしこの進路より内を通った馬は間違いなく伸びないです。

 

今年と馬場が近い17年のジャパンカップ

逃げたキタサンブラックは直線内ラチから4、5頭分外に進路を取りました。勝てなかったものの3着を死守。外から来た2頭に差されましたが、内に進路を選んだ馬は全く伸びませんでした。

特にコース一周以上するレースであるジャパンカップは結局騎手の選ぶ進路次第ということも言えると思います。『俺の馬は荒れ馬場を苦にしないから経済コースを』なんてことをした騎手は最悪でしょうね。

 

私が狙っている馬は先日ブログで挙げているのとかわりません。

ただし土曜の競馬を見る限り一頭大外の⑮グローリーヴェイズは例年不利な外枠が有利に働く可能性があると警戒します。

過去のデータで圧倒的に3、4、5歳しか来ないレース。6歳以上は切ればいい。

そうなると私の注目馬を過去傾向に照らせば、

②③⑤⑥

でもこんな堅い結論、誰でも出せます。

なので今回はあえて4着狙いをします。

④キセキ、⑦ミッキースワローは6歳。

6歳以上で来たのは2013年7歳トーセンジョーダンまで溯る必要がありました。さらには2011年には7歳ジャガーメイル

6歳に至ってはは近年ことごとく4着。そしてそれらの馬に共通するのがトニービン系の血がある馬。キセキの父ルーラーシップは母父トニービン。ミッキースワローの母父はトニービン産駒のジャングルポケット

キセキ、ミッキースワローはドンピシャの4着候補!

この2頭どちらかは掲示板に載るはずです。ちょっとした勝負のアヤで4着が3着以内になることを期待します!

結論

④⑦の複勝

ワイド④-②③⑤⑥ ⑦-②③⑤⑥

 

 

おまけで京阪杯の予想を軽く。

阪神12R 京阪杯 芝1200М

先週の外差しから一変、土曜12Rの芝1200М戦は逃げ先行決着。

ただスローペースで前が残った印象。重賞ではもっとハイペースになるはず。

注目は〇外馬⑩フィアーノロマーノ⑪シヴァージ。

京阪杯というレースは〇外馬がいいです。

7月のCBC賞も中京から阪神に替わりましたが来ている馬の傾向は同じでした。エリザベス女王杯も結局京都と同じ傾向。

なおでこのレースも京阪杯の傾向にそって予想。

特にシヴァージはスワンステークス本命。土曜を見る限り今回も展開が向かない可能性はありますが頑張ってほしいですね。

京阪杯オパールステークス経由がいいので⑨リバティハイツ。

それに冬血統マンハッタンカフェの③レッドアンシェル。

この4頭ボックス。③⑨⑩⑪

 

 

以上です。急いで書いたので誤字脱字あればお許しを。

金曜日おまけでとりあげた馬の結果などはまた後日振り返ります。

 

では日曜の競馬を楽しみましょう!

 

 

 

 

東京の芝は水撒きまくって要警戒!~土曜競馬の注目ポイント~

kakikenです。

 

金曜の時点ですが、東京の芝の含水率が例年よりかなり高い。

良となっていますが、実質稍重。かなり水を撒いたようです。

これは意図を感じますね。高速馬場を嫌った可能性があります。

先週の馬場を見る限り、時計平凡の上り勝負みたいなレースが多かったのですが、それは芝1400、1600Мの場合で、実は芝2000М以上ではそこそこ速い時計出ていました。内側が傷んでいるけど走りにくくはない馬場。

その馬場を読んでジャパンカップではあの馬の逃げ切りを期待していたのですけど、この含水率をみると、土曜日曜の含水率の推移にも注意が必要となりました。

土曜の東京の芝では内枠、外枠の有利不利、勝ち時計と上り時計を特に注目します。

 

 

さて土曜日は例によって馬場傾向を見る為、予想は無しです。

日曜はジャパンカップ、そして土曜の馬場傾向を見て勝負になると判断したら京阪杯も取り上げようと思っています。

スワンステークスで狙ったあの馬を再度狙うつもりでいます。

ちなみに京阪杯は内回り芝1200М戦。内回りコースは先週は外差し傾向だったので

土曜最終で芝1200М戦がありますので、その結果を見て判断します。

 

毎回サービス精神でおまけをつけるのですけど、

今日のおまけは今週私が注目している血統を軽く紹介します。

 

阪神芝2000М戦のハービンジャー産駒

ちなみに該当馬が日曜第2Rのルコリエのみ。

 

芝1800М戦では阪神、東京ともにハーツクライ産駒がいいです。

土曜阪神5R⑨ヴィクティファルス

土曜東京3R⑩レッドルーベンス

 

面白いと思っているのが東京のスクリーンヒーロー産駒。その中でも

土曜東京7R⑪ミッキーパンチ

土曜東京12R①セルフィー②フィルムフェスト

ちなみに東京12Rでは週中ブログの冬血統として紹介したファピアノエンパイアメーカー産駒⑧スズカアーティストが穴っぽいです

 

興味ある方はチェックしてみてください。

では週末の競馬を楽しみましょう!

ミラクルな確定枠順! 私の注目馬、全頭第一関門クリア~ジャパンカップの展望~

kakikenです。

 

『我慢の三連休』の次は『勝負の三週間』だって?

何勝負するんだ?  勝負ってフレーズをチョイスすることに違和感。

ちなみに私は来週からGⅠは『勝負しない三週間』になります。

チャンピオンズS、阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスは予想しません。有馬記念は予想しますが、12月からの3週間は中山マイル専科にするつもりです。9月もこのブログで予想して万馬券的中などドル箱だった中山芝マイル戦に特化したブログにする予定です。乞うご期待!

 

さて木曜夕方、ジャパンカップの枠順が確定しました。

実は近年馬場が良い年、悪い年関係なく、ジャパンカップはとにかく内枠が有利。

もう露骨なんですよね、これが。

今年は東京の芝はとにかく初週から雨、雨、雨で内が傷んでいます。

その影響があるかどうかは気になります。

参考になるのは17年の馬場。不良馬場の秋の天皇賞キタサンブラックが豊マジックで劇勝した年です。あの年は今年と同じで初週から、雨、雨、雨。

その17年ですら内枠有利でした。

 

例年通りならまず内枠をとれるかどうか。

今年の予想の第一関門が枠順でした。

そして結果は。

三冠馬の三頭はいずれも内枠!

しかも私が先週注目馬で挙げた3頭も内枠!

しかもこの6頭がきれいに並びました!

②アーモンドアイ 三冠牝馬

③ワールドプレミア 私の注目馬(注目血統の母父アカテナンゴ

④キセキ 私の注目馬(逃げれば簡単には止まらない馬場になると予想)

⑤デアリングタクト 無敗の三冠牝馬

⑥コントレイル 無敗の三冠馬 (冬血統アンブライドルズソングが母父)

⑦ミッキースワロー 私の注目馬(今の東京の馬場が向く可能性大)

 

確定した枠順の並びを見て、思わず笑ってしまいました。

例年通りなら、私の注目馬も内枠をゲットして、第一関門突破と言えます。

あとは土曜の馬場の雰囲気を見て最終決断したいと思ってます。

 

ジャパンカップのサイン?

kakikenです。

 

いよいよ週末日曜はジャパンカップ

私も特別入場バスポートがあるので現地観戦は可能ですけど、日曜は何やら仕事になりそうな気配。どうするかな~。

 

そういえば来月の今頃は有馬記念

今年の中央競馬のクライマックスは間違いなくジャパンカップ

まさに頂上決戦。

それと比べると有馬記念は寂しいメンバーになるかもしれませんね。

サートゥルナーリアがジャパンカップ回避して有馬記念に出走します。

完全使い分け。ルメール鞍上に出来る有馬記念を勝つつもりでいるのでしょうね。

 

有馬といえば、2週前あたりにこのブログで『今年の有馬記念は8枠を買うべき』と書きました。

これはある法則を当てはめた、いわゆるサイン馬券なんですけどね。

この法則は企業秘密なので言えませんけど、有馬記念は過去色々こじつけ世相馬券が炸裂していますよね。

今年は世相馬券には事欠かないでしょうね。

またそういう話題は有馬記念が近くなった時にでも取り上げようと思ってます。

 

さてさて。サイン馬券といえば、ジャパンカップ関連で先日気になる話題、ニュースがありました。

このブログでも先週血統面で期待出来ると取り上げたワールドプレミア

その馬主が婚約を発表しました。

詳しく言えば、発表したのは相手の女性タレントなんですけどね。

このタイミングでの発表。

ジャパンカップ馬券に絡めば、婚約したニュースがサインだったと後付けされるんでしょうね。『賞金が結婚のご祝儀』なんて言われるんでしょうね。

これでジャパンカップは色んな意味でワールドプレミアには注目ですね!