脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの予想奮闘記

人気馬の血統は微妙だけど人気決着か?~3/2土曜チューリップ賞&オーシャンSの予想~

kakikenです。

 

今週末は引退調教師のラストウィークであり、新人騎手のデビュー週でもあります。

予想外の激走など不測の事態がありそうな週末です。

重賞は平場ほど影響は無いと思いますが、惑わされず予想したいですね。

 

では土曜の重賞予想です。

土曜阪神11R チューリップ賞 芝1600М

出走メンバーを見た時「キズナ産駒が人気? 大丈夫か?」と思いました。

例年の傾向では基本直線ヨーイドンの上り3F勝負。

ここは素直に上りの速い馬をチョイスします。

⑨スティルブルー 

新潟、東京で速い上りを駆使。前走フェアリーSはいい脚を見せたものの平坦向きかなと思わせる面も感じました。それらは母父スマートファルコンというマイナーさから来るものだと思います。チューリップ賞はマイナー血統が好走する最後のレース。GⅠでは厳しいと思われますが、逆にそのマイナーな母系で2,3着に来れると思います。

⑩ガルサブランカ

イクイノックスの半妹ということで注目されていますが、この馬も新潟、東京でキズナ産駒らしからぬ切れる脚を駆使。血統で見れば母父キングヘイロー。先週阪急杯2着したアサカラキングと父、母父が同じ。今の阪神の馬場は合っている血統なのでここも好走必至。

⑯タガノエルピーダ

この馬が勝った新馬戦は時計、上りとハイレベルでした。この新馬戦逃げて2着したクランフォードが速くレベルの高い馬でレースレベルを上げていました。このレベルの高さをチェックしていれば朝日杯3着好走も納得できます。大外枠でロスがありそうですが普通に馬券圏内はある馬です。

⑤ミラビリスマジック

マジックキャッスル、ソーヴァリアント、ソーダズリングの半妹。中山マイルで新馬、1勝クラスを連勝。中山マイル好走馬は大概他コースでは切れ負けする印象ですけど、年末年始の中山は予想外に上り3Fが速い馬場でしたし、この馬は2戦とも先行して速い上りを駆使、菜の花賞は勝ち時計も速くこの馬のポテンシャルの高さを感じました。なので阪神にコースが替わっても好走できそうです。

以上4頭が切れ味重視で選んだ馬です。

切れ味系では無いのですが気になる馬がもう一頭。

②ラーンザロープス

シンザン記念で注目馬に挙げた馬です(10番人気4着が悔しかったです!)。切れ味勝負になりそうな今回は軽視しましたが、ここで今回権利を取れれば逆にタフな流れになりそうな桜花賞は面白い存在になりそうなので再度注目します。

②⑤⑨⑩⑯

結局キズナ産駒4頭全てチョイスしてしまいました。

そして上位人気の馬ばかり。

でも傾向にハマっているのでチョイスするしかないです。

この5頭で1~3着は独占してもらいたいです。

 

土曜中山11R オーシャンS 芝1200М

このレースで狙うべきは北海道重賞実績のある馬。

今の中山の馬場とリンクしているのです。

函館スプリントS、キーンランドC好走馬が好走するレースです。

候補としては

⑦ジュビリーヘッド  函館スプリントS2年連続2着

⑪キミワクイーン   函館スプリントS1着

⑫カイザーメランジュ 函館スプリントS1着

⑮トウシンマカオ   函館スプリントS3着、キーンランドC3着

⑯シナモンスティック キーンランドC2着

 

チョイスしたのは2頭。

⑮トウシンマカオは外枠は気になりますが、リンクする北海道重賞ともに3着ということで初の中山コースも問題無いでしょう。人気ですが能力含め馬券圏内は堅い1頭。

⑪キミワクイーンは函館スプリントS差し切り勝ち、続くキーンランドCは7着ですがキーンランドCは前が圧倒的有利な馬場で差しての7着は仕方ない結果。中山適性は高い馬なので流れが向けば十分勝ち負け可能です。

他では適性、血統で面白そうな2頭。

②ヨシノイースター

前走北九州短距離Sは重賞好走馬ゾンニッヒ、ブトンドールを完封。この時の小倉は北海道実績馬が走る今回と似た傾向の馬場。逆算すればこの馬は北海道未出走ですが適性は高いと思います。中山芝1200Мも昨年4月船橋Sでシュバルツカイザーに完勝。能力と適性の裏付けがあるので今回も内枠でロスなく回れば勝ち負け可能です。

⑬ダディーズビビッド

22年のこのレース4着。中山出走はこの一回ですが適性の高さを感じました。この馬の祖母ケイティーズファーストはエフフォーリアの祖母。エフフォーリアも北海道、中山共に得意なことからこの馬も血統的にも今の馬場への適性は高いはず。この馬は脆さのある馬ですが適性の合う馬場では粘り強い走りを見せてくれますので今回は期待できると思います。

他にも血統的にハマっている馬がたくさんいますが今回は絞って4頭。

②⑪⑬⑮

 

 

以上、土曜の重賞予想でした。

では土曜の競馬を楽しみましょう!

 

 

 

 

相変わらずチョイス下手の結果~2/25日曜中山記念&阪急杯の予想結果~

kakikenです。

 

では日曜の重賞予想を振り返ります。

日曜阪神11R 阪急杯 芝1400М

(予想)

「これ重賞?」という低レベルなメンバー。

①ウインマーベルが実績、格ともに抜けています。

調子、仕上がりイマイチみたいですが買うしかないです。

土曜と馬場が変わる可能性がありますが、土曜の芝を見る限り阪神の芝は渋っても速い上りが出て、それが勝ち時計も渋った馬場にしては速かった印象です。

そうなると狙いはヨーイドン競馬向き。

⑧カルロヴェローチェ

ヨーイドン競馬向きのシルバーステート産駒。母系も重馬場得意のダンチヒデインヒル系。

血統の話をすれば馬場が渋ればお馴染みキングカメハメハ系は外せません。

そして馬場が渋れば野芝適性の高い血統が合う馬場に変化します。

⑤メイショウチタン

キングカメハメハロードカナロア産駒で、母父マイネルラヴ母母父ダンスインザダークと野芝適性の高い母系。先行馬が残りやすい馬場っぽいので渋った馬場の先行馬としてチョイスします。

⑦スマートクラージュ

母父キングヘイロー、母母父ジェイドロバリーは『ザ野芝血統』です。

⑯アサカラキング

キズナ産駒で母父キングヘイロー。野芝適性キングヘイロー、さらには今の阪神は芝ダート問わずキズナ産駒が旬、外が微妙な感じもしますがマイペースで逃げられれば勝ち負けできるメンバーだと思います。

①⑤⑦⑧⑯

阪急杯はそもそもがマイル向きの馬の方が好走傾向にありますが、馬場が渋ればよりその傾向が強くなりそうなので芝1200М寄りの馬は軽視、さらには先行有利の馬場とみて追い込み、差しは軽視しました。

(結果)

1着①ウインマーベル      1番人気

2着⑯アサカラキング      3番人気

3着②サンライズロナウド    9番人気

8着⑧カルロヴェローチェ    6番人気

10着⑦スマートクラージュ    5番人気

13着⑤メイショウチタン    12番人気

 

予想通り前残りの結果。

逃げたアサカラキングは外枠でなければ勝っていたと思います。

ウインマーベルは出来イマイチみたいな情報もありましたが、このメンバーではさすがに負けられませんし、きっちり結果を出してくれました。

3着サンライズロナウドの抜けは悔しかったです。

母父が野芝血統アドマイヤベガなので血統的には全然ありでチョイスするか悩んでいた一頭でしたが差し脚質から今回は切ってしまいました。内枠でロスなく立ち回って3着好走されてしまいました。この馬とメイショウチタンの取捨を悩んでいたのですが、逃げ先行重視がここでは裏目に出ました。

そのメイショウチタンは2番手からの競馬で大敗。実績的にも重馬場は苦にしないタイプですが本質は堅くて軽い馬場の方があっていると感じました。

血統的にはハマっていたはずのスマートクラージュは休み明けもあったのか、10着と見せ場無でした。

カルロヴェローチェは8着、気性難で折り合いに難がある馬でしたが、今回は折り合いに徹した感じでしたが、結果それが裏目に出た感じです。シルバーステート産駒はヨーイドン競馬向きが多いので期待しましたが、この馬自身は印象として切れる脚がない、ジリジリ伸びる馬みたいなので、ある程度前につけての競馬で粘り込むスタイルじゃないと馬券圏内は難しい馬だと思いました。

 

日曜中山11R 中山記念 芝1800М

(予想)

まず中山重賞においての金言として「ラジオNIKKEI賞好走馬は買い」というものがあります。パンサラッサ、バビット、フェーングロッテンなどなど。

中山重賞に出走した時はまず買いです。

⑨エルトンバローズ 23年ラジオNIKKEI賞1着

この馬はラジオNIKKEI賞、毎日王冠と適性の異なる芝1800М重賞を連勝。間違いなく『芝1800Мの鬼』です。西村騎手はやらかすことの多い騎手なのでその点だけは心配ですが、普通に走ればこのメンバーでも勝ち負けなはず。

阪神同様中山も馬場が渋ればキングカメハメハ系、野芝適性の高い血統が合います。

血統だけで言えば⑪タイムトゥヘヴンが一番です。

ただこのレース、極端に荒れるレースではないので見送ります。

中山における野芝血統と言えばブラッシンググルーム系、中でもレインボウクエストは要注目です。

③ソールオリエンス 母母父レインボウクエスト

⑤ヒシイグアス   母母父レインボウクエスト

人気サイドの決着が多いレースなので今回は人気のこの3頭です。

③⑤⑨

ちなみに5頭選ぶなら

①レッドモンレーヴ

⑥イルーシヴパンサー

を追加です。

(結果)

1着⑧マテンロウスカイ   7番人気   道中3番手

2着⑦ドーブネ      10番人気     逃げ

3着④ジオグリフ      4番人気     4,5番手

4着③ソールオリエンス   1番人気     12,13番手

7着⑨エルトンバローズ   2番人気     4,5番手

11着⑤ヒシイグアス     3番人気     7,8番手

 

予想は大外れ。

稍重で勝ち時計1分48秒1。上位3頭の上り3Fが37秒台、最速はソールオリエンスの36秒4。遅い時計の割に重賞クラスの馬にしては上りがかかりすぎ。

違和感があったのでレースラップを見ると、

今年 稍重  前半1000М 58秒6

昨年 良馬場 前半1000М 60秒0

なるほど今年は結構タフなレースだったことがわかります。

道中で脚を使わされたので後ろの馬は直線伸びない感じになりました。

勝ったマテンロウスカイ、2着ドーブネ、3着ジオグリフ。

いずれも重馬場が得意な血統でもありますので馬場適性の高さを感じた結果だとも言えます。ジオグリフはソールオリエンスと同じような競馬になると見ていましたが馬場を読んだ戸崎騎手がいい騎乗をしたようです。戸崎騎手はこの日5勝と好調でしたが、阪神京都など関西遠征した時でも好騎乗できるようになってほしいものです。

エルトンバローズの7着負けが不可解でしたが、西村騎手に問題ありとも感じましたがが、それ以外の体重増、このタフな流れでバテたのも敗因にあるかと思いました。GⅠは縁遠いディープブリランテ産駒の脆さを感じる結果とも言えますね。

逆にその中で追い込んで4着に来たソールオリエンスの能力の高さはこのメンバーでも一枚上だと思いました。今回は自分の競馬に徹した感じでしたが、もう少し前で競馬をしていたら勝ち負けは出来ていたと思います。距離適性も2000Мがベストだと思われるので次走大阪杯出走の際は注目です。

11着ヒシイグアスは良馬場向きでこの渋った馬場が合わなかった感じもしますが、8歳なのでさすがに衰えも出てきているかもしれません。

ちなみに血統的には1番と予想で評価していたタイムトゥヘヴンは15番人気6着と大健闘していました。このことからハマり血統、馬場適性はある程度読めていたとは思います。今回は人気馬も適性が高いと判断、無難なチョイスをしてしまいました。ドーブネ、ジオグリフあたりは血統で全然買える馬だっただけに、相変わらずチョイス下手、展開など読みの浅さを反省です。

 

 

以上、日曜の重賞予想を振り返りました。

今週末は土曜阪神チューリップ賞、中山オーシャンステークス。日曜は中山弥生賞ディープインパクト記念。

馬場次第適性が変わるので現時点では何とも言えませんが、チューリップ賞阪神は良馬場なら相当速い時計が出そうな雰囲気があるので良馬場だと荒れる要素がありそうです。馬券的にはチューリップ賞オーシャンステークスの土曜重賞が面白そうなので今週末は土曜の重賞予想をメインで頑張りたいと思います。

 

馬場が渋れば芝はキンカメと野芝血統~2/25日曜中山記念&阪急杯の予想~

kakikenです。

 

早速ですが日曜の重賞予想です。

日曜阪神11R 阪急杯 芝1400М

「これ重賞?」という低レベルなメンバー。

①ウインマーベルが実績、格ともに抜けています。

調子、仕上がりイマイチみたいですが買うしかないです。

土曜と馬場が変わる可能性がありますが、土曜の芝を見る限り阪神の芝は渋っても速い上りが出て、それが勝ち時計も渋った馬場にしては速かった印象です。

そうなると狙いはヨーイドン競馬向き。

⑧カルロヴェローチェ

ヨーイドン競馬向きのシルバーステート産駒。母系も重馬場得意のダンチヒデインヒル系。

血統の話をすれば馬場が渋ればお馴染みキングカメハメハ系は外せません。

そして馬場が渋れば野芝適性の高い血統が合う馬場に変化します。

⑤メイショウチタン

キングカメハメハロードカナロア産駒で、母父マイネルラヴ母母父ダンスインザダークと野芝適性の高い母系。先行馬が残りやすい馬場っぽいので渋った馬場の先行馬としてチョイスします。

⑦スマートクラージュ

母父キングヘイロー、母母父ジェイドロバリーは『ザ野芝血統』です。

⑯アサカラキング

キズナ産駒で母父キングヘイロー。野芝適性キングヘイロー、さらには今の阪神は芝ダート問わずキズナ産駒が旬、外が微妙な感じもしますがマイペースで逃げられれば勝ち負けできるメンバーだと思います。

①⑤⑦⑧⑯

阪急杯はそもそもがマイル向きの馬の方が好走傾向にありますが、馬場が渋ればよりその傾向が強くなりそうなので芝1200М寄りの馬は軽視、さらには先行有利の馬場とみて追い込み、差しは軽視しました。

 

 

日曜中山11R 中山記念 芝1800М

まず中山重賞においての金言として「ラジオNIKKEI賞好走馬は買い」というものがあります。パンサラッサ、バビット、フェーングロッテンなどなど。

中山重賞に出走した時はまず買いです。

⑨エルトンバローズ 23年ラジオNIKKEI賞1着

この馬はラジオNIKKEI賞、毎日王冠と適性の異なる芝1800М重賞を連勝。間違いなく『芝1800Мの鬼』です。西村騎手はやらかすことの多い騎手なのでその点だけは心配ですが、普通に走ればこのメンバーでも勝ち負けなはず。

阪神同様中山も馬場が渋ればキングカメハメハ系、野芝適性の高い血統が合います。

血統だけで言えば⑪タイムトゥヘヴンが一番です。

ただこのレース、極端に荒れるレースではないので見送ります。

中山における野芝血統と言えばブラッシンググルーム系、中でもレインボウクエストは要注目です。

③ソールオリエンス 母母父レインボウクエスト

⑤ヒシイグアス   母母父レインボウクエスト

人気サイドの決着が多いレースなので今回は人気のこの3頭です。

③⑤⑨

ちなみに5頭選ぶなら

①レッドモンレーヴ

⑥イルーシヴパンサー

を追加です。

 

 

 

以上、日曜の重賞予想でした。

では日曜の競馬を楽しみましょう!

 

やっぱり血統が重要、と思わせた結果~2/18日曜フェブラリーS&小倉大賞典の予想結果~

kakikenです。

 

お手上げ。

そういう日曜でした。

 

では日曜の重賞予想を振り返ります。

日曜小倉11R 小倉大賞典 芝1800М

(予想)

小倉大賞典に関しては内も外も逃げも差しもありなレース。

今の小倉芝も多少先行有利な感じも差せない馬場ではないです。

馬場がフラットなら血統やコース巧者を狙うべき。

血統的にはロベルト系、キングカメハメハ系、ハーツクライトニービン)系。

多少重めなので重い芝の北海道実績の馬が好走しやすい馬場でもあります。

②カテドラル ハーツクライ産駒

小倉芝1800Мの鬼。ハンデが重すぎるのでさすがに厳しい可能性もありますがそれ以上に買い要素の方が高いです。

⑤クリノプレミアム

少し重めの芝になり重くなれば浮上するステイゴールドオルフェーヴル産駒ということと荒れ馬場に強い母系の良さ。カテドラルと似た中山巧者、カテドラルが追い込めなかったならこの馬が前目で粘りそうです。

⑦アルナシー  ロベルト系モーリス産駒

前走は絶望的な位置取りでまともな競馬になっていませんので度外視。この馬はドウデュースが勝った朝日杯4着馬。上位馬は重賞で好走している馬ばかり。そんな理由からも追い続けていますが今回の芝1800Мが条件としてはベスト。

⑭ゴールドエクリプス キングカメハメハドゥラメンテ産駒

ドゥラメンテ、母父ハービンジャーともにこのレースではハマり。

⑮ホウオウアマゾン キングカメハメハ産駒

この馬の母父はアグネスタキオン。今の小倉芝1800、2000Мあたりは母父アグネスタキオンがハマりなのでこの馬の実績からも押さえるべき一頭。

今回はこの5頭です。

②⑤⑦⑭⑮

(結果)

1着⑫エピファニー    3番人気

2着⑪ロングラン     4番人気

3着⑨セルバーグ    10番人気

4着⑦アルナシーム    1番人気

6着⑤クリノプレミアム  7番人気

7着①カテドラル     6番人気

12着⑭ゴールドエクリプス 2番人気

中止⑮ホウオウアマゾン  8番人気 

 

スタート直後ホウオウアマゾンが落馬したことが結果にどういう影響を与えたかわかりませんが、3着セルバーグは「少し飛ばし過ぎ?」にも思えた感じですが、後のレースラップを見る限り、今村騎手の逃げは絶妙だったことがわかりました。

良馬場では前が有利なのは間違いないコースなのですが、今回も先行が有利な結果になりました。

私のチョイスとしては結果的にみると、良馬場より少しタフな馬場向きの馬を選んだようです。

勝ったエピファニーはタフさの無い馬、というのが私の評価。

2着ロングランはタフさはあるけど先行有利で4,5着という評価。

真逆のタイプという印象なのでこの2頭が一緒に来るということは想定外。

4着アルナシーム、6着クリノプレミアムあたりはそれなりに走っていますが、結果としては勝ち時計が速かったという印象。

7着カテドラルは今回は不向きな展開、ハンデの重さの割には走った方だと思います、さすが小倉芝1800Мの鬼でした。

ゴールドエクリプスも勝ち時計が速すぎた印象。淀みないペースで脚を使わされただけで何もできなかった印象。

馬場想定が少しズレていたので、予想もズレた感じになってしまいました。

 

日曜東京11R フェブラリーS ダート1600М

(予想)

今年の根岸S覇者エンペラーワケアがいれば鉄板、的中は簡単でした。

ただ何か色々理由つけて回避したあたり『エンペラーワケアに勝たれたら困るのか?』と邪推してしまいました。

まあいないものは諦めて出走馬から合っている馬をチョイスするしかないです。

 

東京のダートは深く考えずその週の血統や出目を参考にすればいい

それでいくと出目では内枠1頭、5~8枠あたりから2頭という感じ。

しかも差しが決まる。

血統に関してはストームキャット系かエーピーインディ系かキングマンボ系。

そして一番私が重視しているのが1400Мタイプの馬という点。

実際過去傾向ではダート1400Мに出走し馬券になったキャリアのある馬が好走。

それでいくと候補は

①イグナイター

⑧セキフウ

⑩タガノビューティー

⑬レッドルゼル

⑮ドンフランキー

⑯アルファマム

⑬レッドルゼルは4年連続出走ですが堅実に走っています。北村友一騎手という大きなマイナスはありますが、明らかにフェブラリーS適性はメンバーでダントツなのでチョイスします。⑩タガノビューティー、⑯アルファマムは前走根岸Sがドスローのヨーイドン競馬で全く見せ場無しでしたが今回は展開がハマる可能性があるのでチョイス。

この3頭と内枠からは

⑤オメガギネス

内枠ではイグナイターかこの馬でしたが、除外対象から出走可能、鞍上をルメール騎手で確保してあった、用意周到さ、戸崎騎手からの乗り変わりは昨年のレモンポップ、有馬記念ドウデュースと軒並み馬券になっているので買うしかないです。

外の差し馬でもウィルソンテソーロは人気の一角ということもあり切りました。その理由としてはこの馬の血統が東京ダートマイル向きではない点(ダート2100Мなら買えましたけど)です。

⑤⑩⑬⑯

外の差し馬が来るかどうか、そこに注目です。

(結果)

1着⑨ペプチドナイル   11番人気

2着⑦ガイアフォース    5番人気

3着⑧セキフウ      13番人気

4着⑩タガノビューティー  7番人気

6着⑬レッドルゼル     6番人気

10着⑯アルファマム    12番人気

14着⑤オメガギネス     1番人気

 

チョイスした馬で見せ場があったのが4着タガノビューティーだけ。

タガノビューティーはあそこで4着になってしまうあたり、騎手の差を感じました。

外差しを期待してのチョイスになりましたが、実際当日のダートも外差し、外伸びダートになってくれました。

ただ結果的には置きに行ったチョイスだったようです。

6着レッドルゼルは騎手が最後方からと決め打ちしたような下げ方でした。

正直後ろ過ぎると思いました。極端すぎる。乗れない騎手はこういうことをやらかします。もう少し前目につけていればもっと際どかったような気もしましたが、結果的に無難な6着という結果。やはりこういう勝負できない騎手の馬をチョイスしてはいけないと反省しました。

逆に乗れているキング騎手に期待した⑯アルファマムでしたが、こちらはロスなく乗ろうとしたことで伸びない内目に進路を取ったことがダメでした。あとタフなレースになり結果的に牝馬であるこの馬には合わなかったようです。牝馬という点、馬格の無さが気になりましたが乗れているキング騎手への過剰な期待からのチョイスが失敗でした。

オメガギネスに関してはスタート直後ドゥラエレーデにぶつかったことなどアクシデントがあったようですけど、それが無くても駄目だったと思います。

今回人気のオメガギネス、ウィルソンテソーロ、ドゥラエレーデは東京ダート1600Мは走れるかもしれませんが、冬の東京、ことフェブラリーSではズレを感じる血統構成でした。

ストームキャット系、エーピーインディ系、キングマンボ系。

東京ダート1600Мで重視するべき血統。

今回これがある馬が1着、3着、4着、5着、6着、7着。

深く考えず血統で買えば的中に近づけられたのです。

ただし、あとはチョイスできるかどうか。

それが難しいんですよね。

今回人気上位がイマイチな血統なので血統のハマっている馬はケアしたつもりです。

勝ったペプチドナイルもキングカメハメハ産駒で母父が冬血統マンハッタンカフェなので可能性は感じましたが、戦績が1800М以上で、1400М実績重視の私としては気になるけど買えない一頭となってしまいました。

逆に3着激走したセキフウは父ストームキャット系で母父キングマンボ系で血統ドハマりで、ダート1400実績も文句なし。ただここまで人気が無いのが気になり「早熟なのかな」と決めつけて切ってしまいました。

2着ガイアフォースは杉山晴紀厩舎。

出走していれば勝ち負け確実だったエンペラーワケアも杉山晴紀厩舎。

結果的にガイアフォースで勝負になる自信があったのかなと。

ガイアフォースにとっては今回のハイペースが向きました。

ガイアフォースはタフな流れが合う馬なので、芝ダート問わず、直線ヨーイドン競馬は合わないので、上り勝負にならない今回のレースは向きました。

初ダートで2着は素晴らしい結果でしたが、この馬はあくまでもペース次第なので今後も不安定なレースが続くのは間違いないと思います。

結果的には血統を重視すればいいと言う感じですけど、プロセスを見るとチョイスの難しいレースだったと思いました。

 

 

 

以上、日曜の重賞予想を振り返りました。

今週末から中山阪神開催になります。

重賞は日曜に阪神阪急杯、中山で中山記念があります。

毎年言い訳として言っていますが、この時期は季節の変わり目で春馬と冬馬が入れ替わる時期だったり、気温や降雨で芝質が激変したりするので予想が難しいです。

今年は暖冬の影響で芝質が違ったりしてそうですので特に阪神開催の芝は注視が必要です。中山に関しては昨年末からハマりまくったハーツクライ産駒が引き続きハマるかどうか、中山記念にもハーツクライ産駒の有力馬がいますのでそれらの馬がどんな走りをするか注目したいと思います。

 

フェブラリーSは1400Мのレース!~2/18日曜フェブラリーS&小倉大賞典の予想~

kakikenです。

 

土曜重賞は『見』で正解でした。

その分を日曜の予想はW的中と行きたいものです。

 

では日曜の重賞予想です。

日曜小倉11R 小倉大賞典 芝1800М

小倉大賞典に関しては内も外も逃げも差しもありなレース。

今の小倉芝も多少先行有利な感じも差せない馬場ではないです。

馬場がフラットなら血統やコース巧者を狙うべき。

血統的にはロベルト系、キングカメハメハ系、ハーツクライトニービン)系。

多少重めなので重い芝の北海道実績の馬が好走しやすい馬場でもあります。

②カテドラル ハーツクライ産駒

小倉芝1800Мの鬼。ハンデが重すぎるのでさすがに厳しい可能性もありますがそれ以上に買い要素の方が高いです。

⑤クリノプレミアム

少し重めの芝になり重くなれば浮上するステイゴールドオルフェーヴル産駒ということと荒れ馬場に強い母系の良さ。カテドラルと似た中山巧者、カテドラルが追い込めなかったならこの馬が前目で粘りそうです。

⑦アルナシー  ロベルト系モーリス産駒

前走は絶望的な位置取りでまともな競馬になっていませんので度外視。この馬はドウデュースが勝った朝日杯4着馬。上位馬は重賞で好走している馬ばかり。そんな理由からも追い続けていますが今回の芝1800Мが条件としてはベスト。

⑭ゴールドエクリプス キングカメハメハドゥラメンテ産駒

ドゥラメンテ、母父ハービンジャーともにこのレースではハマり。

⑮ホウオウアマゾン キングカメハメハ産駒

この馬の母父はアグネスタキオン。今の小倉芝1800、2000Мあたりは母父アグネスタキオンがハマりなのでこの馬の実績からも押さえるべき一頭。

今回はこの5頭です。

②⑤⑦⑭⑮

 

 

日曜東京11R フェブラリーS ダート1600М

今年の根岸S覇者エンペラーワケアがいれば鉄板、的中は簡単でした。

ただ何か色々理由つけて回避したあたり『エンペラーワケアに勝たれたら困るのか?』と邪推してしまいました。

まあいないものは諦めて出走馬から合っている馬をチョイスするしかないです。

 

東京のダートは深く考えずその週の血統や出目を参考にすればいい

それでいくと出目では内枠1頭、5~8枠あたりから2頭という感じ。

しかも差しが決まる。

血統に関してはストームキャット系かエーピーインディ系かキングマンボ系。

そして一番私が重視しているのが1400Мタイプの馬という点。

実際過去傾向ではダート1400Мに出走し馬券になったキャリアのある馬が好走。

それでいくと候補は

①イグナイター

⑧セキフウ

⑩タガノビューティー

⑬レッドルゼル

⑮ドンフランキー

⑯アルファマム

⑬レッドルゼルは4年連続出走ですが堅実に走っています。北村友一騎手という大きなマイナスはありますが、明らかにフェブラリーS適性はメンバーでダントツなのでチョイスします。⑩タガノビューティー、⑯アルファマムは前走根岸Sがドスローのヨーイドン競馬で全く見せ場無しでしたが今回は展開がハマる可能性があるのでチョイス。

この3頭と内枠からは

⑤オメガギネス

内枠ではイグナイターかこの馬でしたが、除外対象から出走可能、鞍上をルメール騎手で確保してあった、用意周到さ、戸崎騎手からの乗り変わりは昨年のレモンポップ、有馬記念ドウデュースと軒並み馬券になっているので買うしかないです。

外の差し馬でもウィルソンテソーロは人気の一角ということもあり切りました。その理由としてはこの馬の血統が東京ダートマイル向きではない点(ダート2100Мなら買えましたけど)です。

⑤⑩⑬⑯

外の差し馬が来るかどうか、そこに注目です。

 

 

 

以上、日曜の重賞予想でした。

では日曜の競馬を楽しみましょう!

 

狙い馬あり、しかし結論出ず~2/17土曜の重賞見解~

kakikenです。

 

京都は今週末はDコース替わりで先週Cコースと傾向が変わる可能性があり馬場が不透明、東京は少頭数ながら紛れが多そうで絞れず。

という理由で土曜の重賞は結論出せず『見』します。

ただ狙い馬、アプローチ過程含めて軽く見解を紹介しておきます。

 

土曜京都11R 京都牝馬S 芝1400М

リニューアルオープン後の安土城SやスワンSを見る限り、外回り外枠有利な芝1400М。

過去のこのレースをみても真ん中から外枠が優勢な雰囲気。

ただ今週末はDコース。リニューアルオープン後は初のDコース施行、リニューアル前はDコース過去傾向は基本内枠先行有利。

先週までの傾向か、それともDコースの傾向か?

ここが読めないので結論として見送りです。

先週も指摘しましたが今の京都は『東京化』しているという点でアプローチするなら東京巧者、東京重賞実績抜群の⑩プレサージュリフトが狙い馬となります。

ただプレサージュリフトは仕上がり途上ということで勝負気配では微妙。

東京実績で言えば内枠なら④テンハッピーローズ、⑤ウインシャーロット。

外枠なら京王杯スプリングC勝ちの⑬メイケイエール、フローラS2着⑮ソーダズリングあたり。ただメイケイエールに関してはリニューアルオープン後の京都でのミッキーアイル産駒への信頼度の低さがあります。同じくミッキーアイル産駒のナムラクレア含めて凡走リスクがある有力馬でもあります。

外枠で言えば阪神京都問わず芝1400Мで安定している⑱ロータスランドは押さえるべき馬。

プレサージュリフト、⑮ソーダズリング、⑱ロータスランド。

内が絡むなら④テンハッピーローズ、⑤ウインシャーロット。

一長一短な馬ばかりなので勝負するレースではないですね。

注目馬⑩プレサージュリフト

 

土曜東京11R ダイヤモンドS 芝3400М

10頭立てですが5,6頭は候補がいたため見送りました。

ちなみにこのレースで狙ったのが①ワンダフルタウン。

青葉賞勝ちがある馬で、このレースは青葉賞好走馬は好走傾向にあることと前走万葉ステークスからのローテの馬が馬券になりやすい傾向があることで狙えると思いました。

テーオーロイヤル、ワープスピード、ニシノレヴナント、サリエラ。

昨年2着ヒュミドールハーツクライ産駒ハーツイストワールも……。

絞れませんでした。

注目馬①ワンダフルタウン

 

 

 

以上、結論出せずの土曜の重賞の見解でした。

プレサージュリフト、ワンダフルタウンが好走出来るかに注目しています。

土曜がイマイチだった分、日曜は頑張りますので!

日曜はフェブラリーS小倉大賞典を予想する予定です。

では土曜の競馬を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

予想の方向性は合っていましたが~2/11日曜京都記念&共同通信杯の予想結果~

kakikenです。

 

では日曜の重賞予想を振り返ります。

日曜京都11R 京都記念 芝2200М

(予想)

京都施行のレースでは先行有利のレース。

しかしそれはBコース施行だからかもしれません。

今年は先週からCコースになり、途端に外差しが決まりだした雰囲気があります。

今の馬場では上のクラスほど差せる印象があります。

そして過去と一番違うのが、昨秋から何度も指摘していますが、明らかに京都は上り3Fが速くなっています。

その点で東京化していると私は評していますが、実際距離は違いますが土曜メイン洛陽ステークスでは東京重賞実績のある馬が1,3着していました。

なので今回は過去京都施行の傾向より今の傾向である東京実績のある馬を重視します。

プラダリア 青葉賞勝ち、ダービー5着、目黒記念5着

⑤べラジオオペラ  ダービー4着

⑨ルージュエヴァイユ  オークス6着、エプソムC2着、府中牝馬2着

人気馬ばかりになってしまいました。

ただこの3頭中2頭は馬券になると思います。

この3頭で良さそうですけど気になる馬がもう1頭。

②ブレイブロッカー

前走3勝クラスのオリオンS勝ちですが、このオリオンSは出世レースの一つで勝った馬は続く重賞でも好走することがよくあります。実際この馬は3歳春ゆきやなぎ賞やアザレア賞でサトノグランツやサヴォーナと接戦していますので元々ポテンシャルは高い馬です。上り3Fの速い、ヨーイドン競馬向きで今の京都の馬場もあっています。

今回はこの4頭です。

②③⑤⑨

過去傾向の先行有利なら8枠⑪マテンロウレオや⑫アフリカンゴールドを狙いたくなりますけど、今回は差し馬重視で切りました。

先行が紛れるならこの2頭のどちらかでしょう。

(結果)

1着③プラダリア     3番人気

2着⑤べラジオオペラ   1番人気

3着①バビット      9番人気

6着②ブレイブロッカー  5番人気

8着⑨ルージュエヴァイユ 2番人気

 

勝ち時計2分12秒1。

過去京都開催の時計と比較しても2秒くらい速い勝ち時計。

開催後半の京都でこの時計はやはり異常。

ただ今回は上り3Fだけでなく、前半のペースも速いタフなレース。

昨年のエリザベス女王杯との比較で行くと

京都記念      前半1000М59秒7  上り3F 35秒7  

エリザベス女王杯         61秒1  上り3F 35秒1

これだけ飛ばして上り3Fもそれなりに速いとさすがに切れ味系のルージュエヴァイユなどは追走で精一杯な感じで、それが大敗の要因になったと思われます。

結果的にタフなレースで単純な「東京化」とは少し違ったレースになりました。

ただそれでもルージュエヴァイユは消えたものの、チョイスした残りの人気馬2頭のワンツーで的中。

配当の安さからブレイブロッカーを入れなければ良かったかなと思いましたけど。

3着バビットは完全ノーマーク。福島ラジオNIKKEI賞、中山セントライト記念の勝ち馬で東京実績無し。ただ過去の京都記念ではステイゴールドの血は合っているので、バビットもステイゴールドナカヤマフェスタ産駒ということで血統的にはありでタフな流れもあったようです。

半分正解、半分不正解な結果でした。

 

日曜東京11R 共同通信杯 芝1800М

(予想)

先週の東京新聞杯の予想回顧でも触れましたが、レースによっては東京ですが中山適性の馬が来るレースがあります。

この共同通信杯がその代表的なレース。

といっても結果論でこの共同通信杯以降「あの馬、中山向きだったんだな」とわかるケースが多いのですけど。

共同通信杯皐月賞に直結するレース。

ならば皐月賞で好走しそうな血統やレース実績の馬をチョイスすればいいのです。

ロベルト系やサドラーズウェルズ系の血が皐月賞ではいいのですけど、残念ながら今年のメンバーはそこまでハマっている馬はいません。

強いてあげるなら、

④ミスタージーティー 母父サドラーズウェルズ 中山ホープフルS5着

血統以外では共同通信杯は札幌(函館)実績のある馬が好走傾向にあります。

⑥エコロヴァルツ 札幌芝1800Мコスモス賞圧勝 朝日杯2着

⑦パワーホール  札幌2歳S2着

パワーホールも悪くないですけど、ここは無難にエコロヴァルツをチョイス。

他ではこの時期は全国的にハマり種牡馬としてキズナ産駒は狙えます(土曜クイーンCを勝ったクイーンズウォークもキズナ産駒)。

③フォスターボンド   横山武騎手  社台F

ジャスティンミラノ  戸崎騎手 ノーザンF

騎手の信頼度で不安になりますが純粋に馬だけなら⑧の方なので。

最後にもう1頭として

①べラジオボンド  新馬戦の内容を評価

今回はこの4頭。

①④⑥⑧

ちなみに5頭目は⑤ショーマンフリートでしたが少頭数なので絞りました。

注目のジャンタルマンタルは今回妙味から切りました。

来て得られる妙味より凡走した時の妙味への期待です。

まだパリスマリス産駒の評価が半信半疑なので。

今回強い競馬をされたら、さすがに認めます。

(結果)

1着⑧ジャスティンミラノ    4番人気

2着⑨ジャンタルマンタル    1番人気

3着⑦パワーホール       9番人気

5着⑥エコロヴァルツ      3番人気

6着①べラジオボンド      5番人気

7着④ミスタージーティー    2番人気

 

勝ち時計1分48秒0。

この日の5Rで行われた芝1800М未勝利の勝ち時計が1分46秒2。

普通に走れば高速決着もありえるレースでしたが、エコロヴァルツやジャンタルマンタルが行きたがるのを無理やり抑え込む映像から、意図的にスローのレースを作り上げたとしか思えません。

高速決着を嫌う今の競馬、ましてやこの冬の時期で高速決着は『馬への負担が!』など心証が悪い。

その辺りへの心理から生まれたドスローの凡レース。直線だけのヨーイドン競馬。

評価の難しい、というか参考外のレースになってしまいました。

前に行ったもん勝ちのレース。

勝ったジャスティンミラノの戸崎騎手は迷わず前に。

逆にエコロヴァルツは無理やり抑え込み折り合いを欠く競馬をしました。

武豊騎手によくある「競馬を覚えさせる」ってことですかね?

ジャンタルマンタルも川田騎手は武豊騎手の右へ習えで抑え込み、同じように折り合いを欠く競馬。

結果的にそれで2着したジャンタルマンタルは評価するべき?

そもそもヨーイドン競馬向きの血統ですから。

ジャンタルマンタルで見たかったのはタフな流れでの対応力。

皐月賞はこんなドスローになるわけないので。

なんとも消化不良、参考外のレースでガッカリです。

エコロヴァルツもGⅠの速いペースの方が折り合いはつきそうですけど、距離は1800Мあたりがベストで皐月賞は少し長いかもしれません。

予想結果に目を戻すと、

注目したキズナ産駒の1頭ジャスティンミラノが1着。

注目した札幌実績の馬でチョイスし損ねたパワーホールが3着。

ジャスティンミラノに関しては今回レースレベルは低いとは言え、勝ち切ったあたりは評価できます。キズナ産駒ですし、母系からも皐月賞のようなタフな流れの競馬も対応できそうなので今後も注目。

パワーホールは新馬戦でぶっちぎり勝利しているので能力はある馬、余りの人気の無さからチョイスする勇気を無くした己のチキン野郎ぶりを反省です。ただ今回は緩い流れにしすぎて究極の上り勝負にして逆に上位2頭に切れ負けした感じ。ただ中山ではここまでの上りが速くならないので皐月賞が前残り馬場になれば要警戒です。

レースレベルはともかく予想の方向性は間違ってはいなかったとは思います。

べラジオボンドも無理やり抑え込む感じの競馬をして失敗。

ミスタージーティーはドスローのヨーイドン競馬は向きませんから凡走は仕方ないと思いますが、皐月賞に出れば面白い存在ですがこの切れ味の無さは今後も賞金加算できるか微妙な馬です。

結局ジャンタルマンタルの評価を今回も見極められぬまま、本番の皐月賞を迎えそうですね。恐らく皐月賞もジャンタルマンタルは買わないと思いますけど。

 

 

 

以上、日曜の重賞予想を振り返りました。

さて今週末は4つ重賞がありますが、全て予想するかどうかは未定です。

極力見えている重賞を予想する予定です。

一番見えていると言えばダートGⅠフェブラリーS

有力どころがサウジカップに向かうため空き巣状態のGⅠです。

手薄なメンツなので地方馬にもチャンスがありそうです(ミックファイアは厳しいですけど)が、無難ならレッドルゼルでいいかと。

先週末の馬場ではドレフォン産駒がドはまりしていましたのでサンライズフレイムが出走出来れば軸候補ですが除外対象。

いずれにせよ1400Мタイプ、ストームキャット系の馬を狙うと思います。