脱4着競馬研究室

独自の馬場読み、血統分析で競馬を投資に変える!

母の日GⅠにふさわしい色の帽子の馬で必勝期します!~5/9日曜マイルカップと新潟大賞典の予想~

kakikenです。

 

馬場状態を見るにあたって馬場読みが出来るルメール騎手の乗り方はとても参考になります。土曜はメインでスタートミスって後方からの競馬もありましたが、意欲的に前に行くレースを見せていました。

東京の芝は間違いなく先行有利の馬場。それは騎手もわかっているはず。

マイルカップは有力馬が先行脚質ばかり。

チョイスの要素として駆け引きのできる騎手かどうか、あとは馬場適性の有無がポイントになるでしょう。

 

では日曜の予想です。

日曜東京11R マイルカップ 芝1600М

土曜の予想や結果の記事で書いてますが、エアレーション無し馬場は母系が一昔前に日本で走っていた血統が合います。在来種牡馬、在来牝系がいいです。

⑱ピクシーナイト

プリンシパルSで母父キングヘイローのヴァイスメテオールに注目していると前フリをいれてましたから気づいた方もいるかもしれませんが、私が最も期待するのがこの馬。この馬は母父キングヘイローで母母父サクラバクシンオー。こういう在来牝系が今の馬場は合います。母系からマイルより芝1400Мタイプですが、そもそもこのレースはマイルより将来1200、1400Мタイプの方が好走します。近走逃げていますが、その前は控えた競馬もしていますのである程度前につけて直線先行押し切り、あるいは粘り込みを期待です。大外枠は気になりますが土曜の東京芝はむしろ外枠の先行馬が粘っていましたから問題ないと思います。日曜は母の日。ピンク帽が似合う日です。

⑦タイムトゥヘヴン

母が桜花賞キストゥヘヴン。母父アドマイヤベガ母母父ノーザンテースト。いい感じの古さですね。この馬場は合うはず。このレースはニュージーランドTの2,3着が活躍するレースですから同レース2着のこの馬はレース傾向的にも狙える馬です。

③ルークズネスト

⑧グレナディアガーズ

私がマイルカップ予想で毎年重視しているステップレースがファルコンステークス。今回はその1,2着馬が出走。特に⑧グレナディアガーズはクラシック無視で明らかにこのレース狙い。母母父にはこのレースと好相性のデピュティミニスター系の血が出走馬中、唯一ある馬です。

この4頭で馬連、ワイドを狙います!

⑱⑦⑧③

今回はすんなりこの4頭で決まりました。

毎年掲示板独占するノーザンF生産馬が⑱⑧③と3頭いますし期待できると思います。

補足として5番手は⑮シュネルマイスターです。ルメール騎手は自信満々みたいですが少し血統が違う感じがして今回は切りました。あと万が一人気先行馬総崩れのタフな流れになったとしたら⑪ヴェイルネビュラあたりが浮上しそうだと思います。

ホウオウアマゾンあたりも母ヒカルアマランサスで在来牝系ですけど、この馬は重馬場向きで基本マイルが合うとは思えず、しかもデータでは前走マイル重賞勝った馬はこのレース来ないというものがあります。これはニュージーランドT勝ち馬バスラットレオンにも言えますので切りました。バスラットレオンはキズナ産駒。キズナ産駒は取捨が難解ですけど、土曜の東京を見る限りキズナ産駒がいいとは思えませんでした。

 

 

 

日曜新潟11R 新潟大賞典 芝2000М

例年開催初週、2週目施行ですが、今年は福島代替もあり5週目。

今の新潟芝ですが、今開催前半は差しが決まっていたのですけど、先週あたりから先行有利に変化。馬場が悪くて直線伸びない馬場、上りもかなりかかり出してます。血統では例年のレース傾向でもハマっているように、安定してずっとキングマンボ、キングカメハメハ系馬場が続いています。

例年より馬場が悪い状態。まあ、馬場関係なくこのレースはまともに人気通り決まることはほとんどないです。

このレースで面白い、わかりやすい傾向として

★人気薄のノーザンF生産馬が絡みやすい

昨年は4着でしたがこのレースも何だかんだでノーザンF生産馬がよく絡みます。ただしローカル重賞らしく人気馬より人気薄馬が狙えます。2019年はノーザンF生産馬のワンツースリーでしたが7番人気馬が1着(3番人気馬2着、1番人気馬3着)。2018年は9番人気馬が2着。2017年は3,1番人気馬が1,3着でしたが、2016年は10番人気馬1着(1番人気馬2着)。

今回出走は①⑤⑩⑪⑭の5頭。この中で人気薄馬は、

⑤ムイトオブリガード

⑭サトノソルタス

ムイトオブリガードはキンカメ系で今の新潟芝も合っているルーラーシップ産駒で、サトノソルタスは典型的な左回り巧者。2頭とも差し馬タイプで届くかどうかが不安ですが狙えるノーザンF生産馬の人気薄だと思います。

★昇級馬(前走3勝クラス勝ち)が絡む

⑨サトノエルドール

⑪ダノンマジェスティ

ここ2年だけの傾向ですけど昇級馬がこのレース勝利しています。昨年はワンツーフィニッシュでした。今年も注目しないといけません。⑪ダノンマジェスティはノーザンF生産馬。

この4頭BOXで馬連、ワイドを狙いにいく。これが金曜時点の予想でした。

しかし土曜新潟芝レースで気になった血統がありました。

オルフェーヴル産駒です。

ヒュミドール

⑧バイオスパーク

このレースは元々ステイゴールドが強いレースなのでステイゴールド系のオルフェーヴル産駒は当然警戒が必要。この春の新潟前半3週は全く馬券に絡まなかったのが4週目の先週から馬券に絡みだしました。土曜も人気馬ですが芝5レース中2レースで勝利。ちょっと軽視できなくなってしまいました。しかもこの2頭、ともにダート実績があり福島芝実績もある。今の馬場がパワー馬場でダート実績や福島芝実績のある馬が好走傾向にあるので、この2頭とも狙えそうです。母系の感じからは⑧バイオスパークの方ですけど近走の安定からは⑥ヒュミドールも捨てがたい。

結論として

⑤⑭⑨⑪BOX6点と、 

このレースで一番買いたいのは⑤⑭なので追加で

⑤ー⑥⑧、⑭ー⑥⑧

買い目多くなりますが、当たれば高配当なのでそこに賭けてみます。

ちなみにノーザンF生産馬5頭中3頭選びました。選ばなかったのが1,2番人気の①ボッケリーニと⑩ポタジェ。

①ボッケリーニは本来買い目に入れるべき馬でしたがこれ以上買い目増やせず断念。

⑩ポタジェはこの荒れ馬場不向きと感じ軽視しました。

この2頭両方が絡むことは無いと判断、最低でもチョイスした馬たち2頭が馬券圏内にはいることを期待します。

 

 

日曜の予想は以上です。

東京の芝は読めていると思ってます。まずはマイルカップを的中させて東京5週連続GⅠの好スタートを切りたいと思ってます。

では日曜の競馬を楽しみましょう!

 

 

メインの宝くじ馬券は外れるも勝負レースは的中!~5/8土曜競馬の予想の結果~

kakikenです。

 

今日の東京芝は(ダートもですけど)先行有利。想定通りです。そして好走している血統も想定通り。そういう時には予想も当たってくれます。

では、土曜の予想を振り返ります。

土曜東京8R 4歳上2勝クラス 芝1600М

(予想)

このブログでは度々東京芝1400Мと中山芝1600Мがリンクすると話してきました。しかし昨秋以降なかなかハマらない感じでしたが、今開催の東京はようやくそれがはまる気配があります。

⑥ヘイワノツカイ

今週一番狙えるかなと思っている馬です。

この馬は過去何度と東京芝1400М、中山1600Мで狙ってきた馬ですが、馬場が微妙にマッチせず4,5着の惜敗を繰り返してきました。

今開催の東京芝はエアレーション無し馬場ですが、それがこの馬にハマりそうな雰囲気があり「ここで買わなければいつ買うんだ!」という感じです。

⑦キタイ

昨年同週の同条件のレースで逃げて4着。近走成績から一年経ちましたが能力落ちの感じもないですし、エアレーション無し馬場は基本前残りなので昨年以上の走りが名前通り期待できそうです。血統も母系がマイナーで古い血統なのもエアレーション無し馬場は合うはず。

この2頭がとにかく期待高いです。2頭両方来てくれればいいのですけどね。

以下はこの2頭の相手。

⑩セイウンパワフル

⑥ヘイワノツカイ同様に東京芝1400Мと中山芝1600Мで狙える馬です。

しかしこの馬に関しては早熟で終了している可能性があるのでそこが不安。

オシリスブレイン

④オーロラフラッシュ

①④は2頭とも差し馬なので展開が向くかわかりませんが、エアレーション無し馬場が合いそうな血統構成をしています。

⑥ー⑦①④⑩ ー①④⑩

(結果)

⑦ー⑩ー⑧

期待通り3番人気⑦キタイが勝利!2着に相手としてチョイスした8番人気⑩セイウンパワフルが来て⑦ー⑩の馬連4560円、ワイド1530円的中!

今日の馬場が明らかな先行有利馬場だったので⑦キタイが馬券になると確信。⑩セイウンパワフルも早熟不安説を払しょくして好走してくれました!

もう一頭注目の⑥ヘイワノツカイは中途半端な騎乗でしたが負けすぎの8着惨敗。母系的に馬場は絶対合うはずと思っていたのでショックでしたが、エアレーション無し馬場ならどこかでハマりそうなので次走も狙います。

オシリスブレイン④オーロラフラッシュは馬場を読んでいつもより前目でレースしたのが裏目になりましたね。3着に差してきたヤマニンプレシオサの血統が父ヴァンセンヌ母父ホワイトマズル。エアレーション無し馬場ならではといった感じのマイナー血統でした。エアレーション無し馬場の特徴としては過去何度か指摘しましたが母系が一昔前流行った感じの血統がいいのです。プリンシパルSの所でまた書きます。

 

土曜東京9R 立夏ステークス ダート1600М

(予想)

このレースはダート1600Мですけど狙うのはダート1400Мタイプの馬。

土曜のダートがどんな感じが読めませんけど、毎年ストームキャット、特にジャイアンツコーズウェイの血がハマるレース。

①スズカコーズマンボ

ジャイアンツコーズウェイを父に持つスズカコーズウェイ産駒。ダート1600Мの実績はないですけど、東京ではダート1400Мでは実績のある馬ですし、そのダート1400Мタイプがハマるレースなら、差し追い込み脚質ですし明らかな人気薄でしょうから、単複で買うのが面白い一頭です。

ストームキャットの血を持つ馬は

フォルツァエフ 母父ストームキャット

⑨トラストロン ストームキャットヘニーヒューズ産駒

 

このレースは1番人気、2番人気が絡みやすいレースなので⑫か⑭から以上の3頭に流すなんてのもありかもしれません。

①単複 ⑭ー①②⑨ ⑫ー①②⑨

 (結果)

⑫ー⑭ー⑨

さすがに今日のダートも基本先行馬場だったので①スズカコーズマンボはあり得ないなと感じましたが、代わりのストームキャット系の⑨トラストロンが7番人気3着!

1、2着が予想で指摘した通り1,2番人気の⑫と⑭でそれに流したワイド⑨ー⑫760円、⑨ー⑭560円的中!

東京ダートはこういう安直馬券が結構当たるので、私にとって全国の競馬場で唯一ダート研究する競馬場なんです。

 

土曜東京11R プリンシパルS 芝2000М

(予想)

前回のブログでこのレースの楽しみ方を書きました。その傾向が象徴するようにこのレースは毎年1~3番人気は1頭絡む程度で穴が狙えるレース。人気馬を鵜呑みに信用したら痛い目に合う可能性があります。

⑧ヴァイスメテオール

しかし今年のエアレーション無し馬場なら人気ですけど⑧ヴァイスメテオールは合いそうです。実はこの馬の母系がキングヘイロー、距離は違いますが日曜のマイルカップ出走ピクシーナイトが母父キングヘイローでこの2頭は母系の雰囲気が似ています。この馬が土曜走れは日曜ピクシーナイトも狙えると考えています。

②バジオウ

先週の青葉賞に出走していれば迷いなく本命でした。前走大寒桜賞は重馬場で早め先頭の強気の競馬をしたため最後差し馬に差されて4着。先行して掲示板に乗ったのはこの馬のみ。馬場含めてもう少し慎重に乗れば勝てていましたし、能力の高さは逆に証明されました。父ルーラーシップ母父ハービンジャーなのでエアレーション無し馬場は合うはずです。さらにこのレースは結構ダンスインザダークの血がある馬が好走するのですが、このバジオウの母母系にはダンスインザダークの母ダンシングキイがあり、血統的にも問題無し。ただ東京芝2000が合うとは思えず青葉賞の芝2400М向き。

普通に予想するなら中心は②⑧、⑩スペシャルドラマあたりかなと思います。

 

ただこのレースは前回の記事の通り宝くじ感覚で④セルジュ、⑫タイフォン、⑬インペリアルツアーを狙いたいです。

この3頭では内枠の方が良さそうなのと鞍上江田照騎手という魅力も含めて④セルジュ中心。3頭の複勝勝負が現実的ですが普通に馬券買うなら

ワイド④ー②⑧⑩ ⑫ー②⑧⑩ ⑬ー②⑧⑩

 (結果)

 ②ー⑥ー⑭

さすがに今年は昨年のディアセオリーのような宝くじ馬券はありませんでした。

実績的に明らかに足りない馬たちでしたからね。それでも④セルジュは12番人気7着なので頑張ってくれた方でしょう。来年は良い馬がいてほしいです。

勝ったのは②バジオウ。まあ今日の先行馬場からも当然の勝利でしたね。もう一頭注目した⑧ヴァイスメテオールはスタート出遅れ気味で最後差して4着。展開が向きませんでした。2着は⑥ディオスバリエンテ。この馬は祖母がポトリザリスで一昔前ディアデラノビアなど活躍馬を多く輩出した母系。こういう馬がやはり合います。

3着にはモーリス産駒のタイソウが先行して粘りました。今の東京芝はスクリーンヒーローの血が良く、その系統のモーリス産駒はやはり合うようです。特にスクリーンヒーロー系はフローラSに代表されるように東京芝2000Мが合いますね。

 

中京11R 京都新聞杯 芝2200М

(予想)

例年の京都から中京での施行。傾向がないので血統で安直予想。

中京芝2200Мでいい血統として

ルーラーシップハーツクライディープインパクトです。

①ワイドエンペラー ルーラーシップ産駒

⑩レッドジェネシス ディープインパクト産駒

⑪ハートオブアシティ ハーツクライ産駒

安直にこの3頭BOXでどうでしょうか?

なかでも『中京芝2200のルーラーシップ』というくらいハマるのがルーラーシップ産駒。妙味的にも①ワイドエンペラーから流すのは面白いですね。

相手⑩⑪以外ではハイレベル毎日杯4着④ルペルカーリア、⑧マカオンドール。

①⑩⑪BOX ①ー④⑧

 (結果)

 ⑩ー④ー⑧

さすがに重賞は安直に血統だけでは無理でした。人気通りの決着、私も能力的には④⑧⑩が抜けているとは思っていましたので仕方無しですね。

今開催の中京もエアレーション無し馬場。考え方としては東京同様、一昔前のトレンド血統をねらっていくのでいいのかと思いました。

 

以上、土曜の予想を振り返りました。

メインはダメでしたがまあ無謀な穴狙いなので仕方なしです。馬場読みで狙った東京8Rを的中できたので満足でした。

土曜の傾向から日曜のマイルカップの狙いは大体決まりました。問題はお馴染みキズナ産駒の取捨だけです。

日曜の予想はこのマイルカップ新潟大賞典で面白い傾向があるのでこちらも取り上げようと思います。

 

 

土曜勝負は東京8R! プリンシパルS、京都新聞杯はハマり血統で安直勝負~5/8土曜競馬の予想~

kakikenです。

 

今週から東京、中京、新潟開催ということで、私は主戦場である東京競馬に集中です。このブログでは触れることは少ないですけど、平場中心に東京競馬はいまのところ結構いい成績は残せています。芝の馬場読みもある程度出来て見えているので今週から始まる5週連続の東京GⅠは好成績を残したいですね。

 

では土曜の予想です。

土曜東京8R 4歳上2勝クラス 芝1600М

このブログでは度々東京芝1400Мと中山芝1600Мがリンクすると話してきました。しかし昨秋以降なかなかハマらない感じでしたが、今開催の東京はようやくそれがはまる気配があります。

⑥ヘイワノツカイ

今週一番狙えるかなと思っている馬です。

この馬は過去何度と東京芝1400М、中山1600Мで狙ってきた馬ですが、馬場が微妙にマッチせず4,5着の惜敗を繰り返してきました。

今開催の東京芝はエアレーション無し馬場ですが、それがこの馬にハマりそうな雰囲気があり「ここで買わなければいつ買うんだ!」という感じです。

⑦キタイ

昨年同週の同条件のレースで逃げて4着。近走成績から一年経ちましたが能力落ちの感じもないですし、エアレーション無し馬場は基本前残りなので昨年以上の走りが名前通り期待できそうです。血統も母系がマイナーで古い血統なのもエアレーション無し馬場は合うはず。

この2頭がとにかく期待高いです。2頭両方来てくれればいいのですけどね。

以下はこの2頭の相手。

⑩セイウンパワフル

⑥ヘイワノツカイ同様に東京芝1400Мと中山芝1600Мで狙える馬です。

しかしこの馬に関しては早熟で終了している可能性があるのでそこが不安。

オシリスブレイン

④オーロラフラッシュ

①④は2頭とも差し馬なので展開が向くかわかりませんが、エアレーション無し馬場が合いそうな血統構成をしています。

⑥ー⑦①④⑩ ー①④⑩

 

土曜東京9R 立夏ステークス ダート1600М

このレースはダート1600Мですけど狙うのはダート1400Мタイプの馬。

土曜のダートがどんな感じが読めませんけど、毎年ストームキャット、特にジャイアンツコーズウェイの血がハマるレース。

①スズカコーズマンボ

ジャイアンツコーズウェイを父に持つスズカコーズウェイ産駒。ダート1600Мの実績はないですけど、東京ではダート1400Мでは実績のある馬ですし、そのダート1400Мタイプがハマるレースなら、差し追い込み脚質ですし明らかな人気薄でしょうから、単複で買うのが面白い一頭です。

ストームキャットの血を持つ馬は

フォルツァエフ 母父ストームキャット

⑨トラストロン ストームキャットヘニーヒューズ産駒

 

このレースは1番人気、2番人気が絡みやすいレースなので⑫か⑭から以上の3頭に流すなんてのもありかもしれません。

①単複 ⑭ー①②⑨ ⑫ー①②⑨

 

土曜東京11R プリンシパルS 芝2000М

前回のブログでこのレースの楽しみ方を書きました。その傾向が象徴するようにこのレースは毎年1~3番人気は1頭絡む程度で穴が狙えるレース。人気馬を鵜呑みに信用したら痛い目に合う可能性があります。

⑧ヴァイスメテオール

しかし今年のエアレーション無し馬場なら人気ですけど⑧ヴァイスメテオールは合いそうです。実はこの馬の母系がキングヘイロー、距離は違いますが日曜のマイルカップ出走ピクシーナイトが母父キングヘイローでこの2頭は母系の雰囲気が似ています。この馬が土曜走れは日曜ピクシーナイトも狙えると考えています。

②バジオウ

先週の青葉賞に出走していれば迷いなく本命でした。前走大寒桜賞は重馬場で早め先頭の強気の競馬をしたため最後差し馬に差されて4着。先行して掲示板に乗ったのはこの馬のみ。馬場含めてもう少し慎重に乗れば勝てていましたし、能力の高さは逆に証明されました。父ルーラーシップ母父ハービンジャーなのでエアレーション無し馬場は合うはずです。さらにこのレースは結構ダンスインザダークの血がある馬が好走するのですが、このバジオウの母母系にはダンスインザダークの母ダンシングキイがあり、血統的にも問題無し。ただ東京芝2000が合うとは思えず青葉賞の芝2400М向き。

普通に予想するなら中心は②⑧、⑩スペシャルドラマあたりかなと思います。

 

ただこのレースは前回の記事の通り宝くじ感覚で④セルジュ、⑫タイフォン、⑬インペリアルツアーを狙いたいです。

この3頭では内枠の方が良さそうなのと鞍上江田照騎手という魅力も含めて④セルジュ中心。3頭の複勝勝負が現実的ですが普通に馬券買うなら

ワイド④ー②⑧⑩ ⑫ー②⑧⑩ ⑬ー②⑧⑩

 

 

土曜中京11R 京都新聞杯 芝2200М

例年の京都から中京での施行。傾向がないので血統で安直予想。

中京芝2200Мでいい血統として

ルーラーシップハーツクライディープインパクトです。

①ワイドエンペラー ルーラーシップ産駒

⑩レッドジェネシス ディープインパクト産駒

⑪ハートオブアシティ ハーツクライ産駒

安直にこの3頭BOXでどうでしょうか?

なかでも『中京芝2200のルーラーシップ』というくらいハマるのがルーラーシップ産駒。妙味的にも①ワイドエンペラーから流すのは面白いですね。

相手⑩⑪以外ではハイレベル毎日杯4着④ルペルカーリア、⑧マカオンドール。

①⑩⑪BOX ①ー④⑧

 

 

土曜の予想は以上です。

人気が余りない馬が多くダメ元感のある予想ですが、ガチ狙いしている東京8Rだけはきっちり的中させたいです。

では土曜の競馬を楽しみましょう!

 

昨年は11頭立て10番人気ディアセオリー軸で的中!~プリンシパルSの楽しみ方~

kakikenです。

 

私は『気づき』を大切にしているので、時々独自の視点でレースのツボを見つけたりします。それが結果的に毎週競馬を楽しめることに繋がっています。

まあ、前回の天皇賞のように外してしまうこともありますけど。

今回紹介するのはプリンシパルステークス

このレースは近年振り返ると王道種牡馬ディープインパクト産駒が強いレースで、次点でオルフェーヴル産駒あたりが強いレースです。

しかし見逃してはいけない血統があります。それが今回のツボ。

プリンシパルSはマイナーサンデー系種牡馬を狙え!

2010年以前エイシンサンディ産駒ベンチャーナイン、タヤスツヨシ産駒のトップオブツヨシが好走していたことで『このレースで好走する馬の血統がマイナーだな』と気づき、以来マイナーサンデー系種牡馬の産駒がいれば狙うようになりました。

2012年サムライハート産駒ローレルブレッドが7番人気2着

2014年オレハマッテルゼ産駒メイクアップ6番人気3着

2019年トーセンラー産駒ザダル5番人気1着

2020年サムライハート産駒ディアセオリー10番人気3着

 

毎年必ずってわけではないですけど来る時はマイナー種牡馬なので絶対人気しないので美味しい配当にありつけます。 

昨年ディアセオリーは2012年ローレルブレッドの好走があるサムライハート産駒だったので、それだけの理由で軸にして買いました。11頭立て10番人気の大穴で複勝1320円、ワイド3260円、5020円的中することが出来ました。

今年も楽しみで日曜、JRAのホームページの特別レース登録馬でこのレースの登録馬の血統をチェックしました。

セルジュ トーセンラー産駒 千代田牧場

タイフォン フェノーメノ産駒 社台白老F

この2頭あたりがあり得るかなと。

ディープインパクトが王道ならトーセンラーはマイナーディープインパクト種牡馬オルフェーヴルが王道ステイゴールド系なら、フェノーメノはマイナーステイゴールド種牡馬ですから条件に当てはまります。

ただ昨年のディアセオリーは人気は無かったですけど、成績自体GⅠホープフルSはじめ出走全レース1ケタ着順で相手なりに走れる能力の片鱗は感じさせていました。それと比べるとこの2頭は少し物足りない感じです。それでも生産牧場からは大駆けはありそうです。この2頭よりさらに落ちるのが、

インペリアルツアー トゥザグローリー産駒 母父ウインデュエル

トゥザグローリー産駒もマイナーですけど、母父ウインデュエルは超マイナーなサンデーサイレンス産駒。さすがに厳しいと思いますけど、この馬未勝利ですが芝2000Мは4着1着と距離適性はありそうということで一応取り上げました。

 

残念ながら今年はこの3頭には昨年ディアセオリーほどの手応えはありません。

出走しても絶対人気薄でしょうからダメ元、来たらラッキーのような気持ちで買うような馬ですね。

私も宝くじ感覚で楽しもうと思っています。

予定では土曜の予想で取り上げようとしたのですけど、さすがに惨敗もありうるので断念しました。

しかしプリンシパルSはこういう楽しみ方が出来るレースというのを紹介したくて、週中のここで今回記事にしてみました。

 

 

 

 

軸馬が来て馬券は当てましたが予想はイマイチでした~5/2天皇賞(春)&スイートピーSの予想結果~

kakikenです。

 

土日は荒れた天気で風が強かったですね。風のせいかわかりませんが、東京は日曜日思った以上に差しが決まる馬場でした。

逆に阪神は散々書いてますがただでさえ先行有利の馬場に加えて、風の影響か芝もダートも露骨な先行馬場。それをわかっていたので私は日曜日先行馬狙いで的中を重ねていました。ただここまで露骨だとさすがに騎手もわかっているので、メインの天皇賞、予想していたスローの流れにはならないかなと不安が過ぎったのですけど……。

 

では日曜の予想を振り返ります。 

日曜阪神11R 天皇賞(春) 芝3200М

(予想)

書くのを忘れそうなので最初に見つけた法則を書いておきます。

金曜日、一般紙に天皇賞(春)の一面広告が載っていて、そこに過去10年の勝ち馬の名前がありました。『結構連覇している馬がいるな~』と思っていたら……

連覇した翌年、必ずステイゴールド産駒が優勝しているのに気づきました。

2013,2014フェノーメノ   2015ゴールドシップ

2016,2017キタサンブラック 2018レインボーライン

2019,2020フィエールマン  2021???

ステイゴールド産駒は今年不在。しかしステイゴールドオルフェーヴル産駒が3頭出走しています。『しかも3頭とも8枠だ、これは8枠だな!』と一瞬色めきましたが、すぐ『まてまて、このレースはそもそもステイゴールド産駒が強い。昨年だってスティッフェリオ2着だし』とこの法則を否定。しかしすぐ『でも、この勝ち馬ってもしかして全て……』とピンと来たのでさらに過去遡ってチェック。

2000,2001テイエムオペラオー 2002マンハッタンカフェ

1991,1992メジロマックイーン 1993ライスシャワー

過去30年4回ある同一馬が連覇した翌年の勝ち馬を見ると1993ライスシャワー2番人気、2002年マンハッタンカフェ2番人気、2015ゴールドシップ2番人気、2018レインボーライン2番人気。そうです!

同一馬の連覇した翌年勝った馬は全て2番人気だったのです!

「勝つのはディープボンドで決まり!」と私は思いました。

2番人気はディープボンドだと思ったからです。1,3人気がアリストテレスとワールドプレミアかなと。

しかし土曜の最終オッズ見て『あ~あ』って。ディープボンド1番人気、アリストテレスが2番人気。アリストテレスもワールドプレミアも阪神コース向きではないから基本買いたくないのですけど……しかしこの法則はちょっと無視できないです。

なので明日はまた人気オッズとにらめっこです。1番人気逆転を期待して。

この法則、どうなるか、皆さんも注目してください。

今年は例年の京都ではなく、阪神で行われるので何ともいえませんが、違った意味でレースを楽しめますよ!

 

と、まあこういう具合に、ひらめいたり、思いついたことをこじつけて法則にして当たり馬券にありつこうと考えているのです。

予想などせず2番人気から買えばいいのではと思うのですが、一応予想します。

週中のブログである程度詳しく予想しているので、細かいところは省きます。

まず中心視しているのは

⑫ディープボンド

週中にも書きましたが、元々キズナ産駒は阪神京都は走りますし、この馬自身中山以外安定して走っています。今の阪神の馬場も合いますので高速馬場だろうが、重馬場だろうが対応すると考えています。

2番人気なら勝つと思いますが、1番人気でも過去ほとんど馬券になってますのでよほど不利やアクシデントが無い限り勝ち負けできると考えます。

この馬が1番人気なら今年は2番人気ー1番人気の堅い決着なのかなと。

 

このレースのポイントはペースです。

慣れない道を車で運転する時慎重になるのと同じで馴染みのないコースでレースする時は慎重になる。そんなことからこのレース、スローになると思っています。そうなると仕掛けどころでビュッと加速できるタイプが合っています。

今の阪神を見る限り上り3Fのタイム差が小さいです。そういう時は差しは決まりにくいもので、ある程度の位置にいる馬を、そして勝負所で素早く動ける馬を選ぶべきかと考えます。この点でワールドプレミア、アリストテレスはマイナス。京都なら下り坂で加速できますが、今回は阪神。この2頭を軸になんて怖くてできません。

ビュッと切れる脚は牝馬の方が上だなと思ってしまうのです。

⑭ウインマリリン

ある程度前につけて勝負所で素早く動ける。イメージではこの馬がベスト。不安はデータで過去牝馬が馬券に絡んでないという点。ただ京都より阪神が合いますし、ペース的にはタフな流れだった昨秋阪神で行われたエリザベス女王杯で粘って4着。ラッキーライラック、サラキア、ラヴズオンリーユー相手の4着。実力的には勝ち負け。

ある程度の速い流れでも対応できそうですが理想はスローの直線勝負だと思います。

オーソリティ

冒頭でステイゴールドの話で出たように、このレースはステイゴールド系は重視したいところです。週中のブログではメロディーレーンの存在を忘れていましたが8枠3頭の中ではこの馬。今の阪神芝が東京に似ていて上りが速いことから東京向きの馬という点でオセアグレイトよりこの馬を上位と見ます。青葉賞アルゼンチン共和国杯で1着、ダイヤモンドS2着と東京での勝ち方だ際立ってますが、見逃せないのは洋芝オンリーの函館、野芝オンリーの9月中山で勝っている点。今の阪神はオーバーシードではなく野芝、洋芝オンリー馬場に近いので、馬場も合うと考えます。

この3頭は今の馬場が合うと思う上位3頭です。

⑫⑭⑰

⑫ディープボンド流しなら相手は

③カレンブーケドール

⑦ユーキャンスマイル

⑮オセアグレイト

ー⑭⑰③⑦⑮と馬単(1着2番人気の馬で2着1番人気の馬)

(結果) 

①ー⑫ー③

軸馬⑫ディープボンドは1番人気2着でした。日曜は芝もダートもキズナ産駒が好走しまくっていて『これは絶対ディープボンドが来る!』と確信してました。

しかし前残りレースばかりで少しペース上がるかもと思っていました。レースはそれを象徴するレコード決着3分14秒5。比較はできませんが京都のレコードが3分12秒5で近年平均3分15秒台での決着を考えても速い時計です。

この時点で私の読みは外れ。この道中流れたことでスローのヨーイドンなら不要と考えた①ワールドプレミアに流れが向いて勝たれてしまいました。道中もいいポジションでしたし、勝負所ではマークしていたディープボンドに迫る脚の手応えは抜群。逆にディープボンドは4コーナーから追いどおしで手応え最悪でした。

それでも他の馬の手応えもなく直線で先頭になりましたが、あの展開ではワールドプレミアの持続力には勝てませんね。2着に来れたことは能力と馬場適性の高さの証拠。この結果から京都コースだったらきっと4着だったと感じました。

3着は先行して粘った②カレンブーケドール。4着は②アリストテレス。勝負所で切れる脚がなくかわされましたが、ジリジリとバテず最後は3着に肉薄してましたから、京都だったら勝てていたかもしれませんね。

アリストテレスが結局2番人気でした。絶対無いと思いつつ、最終的に私は予想冒頭に書いた『2番人気が来る』という法則を信じて馬券を買ってしまいました。

すいません! にわか法則はダメでした。

終わってみれば上位人気4頭の決着。私の想定ペースと逆になり、底力勝負になったことで合わないとされた最内枠の3頭が1,3,4着掲示板確保。

そして私が期待した⑭ウインマリリンが8番人気5着。道中ワールドプレミアの直後にいて絶句しました。思った以上に外枠が不利だったようでそれが響きました。結局京都での天皇賞と同じでした。京都の天皇賞も基本内枠有利で、総じて長距離戦はコースをロスなく回ることが重要だと痛感しました。もう一頭期待した大外の⑰オーソリティも先行できず後方でした。後方の馬はノーチャンスだと予想していましたが、その通りの結果でした。

結果的にディープボンドから馬券を買っていたので押さえの馬連、ショボいカレンブーケドールとのワイドは的中させましたけど、私の本命馬券は2着5着。レースのペースを読み違えたことがこの結果になりました。

この結果を来年に生かして来年は完璧に的中させようと思います。

 

 

日曜東京11R スイートピーS 芝1800М

(予想)

このレースも人気順とにらめっこすれば的中できるレース。

★このレースはほぼ1番人気~5番人気の馬が1~3着を占める

つまり1~5番人気の5頭BOX10点で三連複が取れる可能性が極めて高い。

過去5年で例外は17年のみ。この年は3番人気ー9番人気ー5番人気で決まりましたが4着2番人気、5着1番人気。しかも1,2番人気は18頭立て大外17,18番だった不利が大きかったです。もう少し内なら2,3着だったかも。

ちなみにここ3年は1番人気と4番人気がずっと絡んでいます。

結果だけ見れば簡単ですけど今年のメンバーは一筋縄ではいきません。正直最後まで、特に3~5番人気あたりは拮抗する可能性が高いからです。

でも大丈夫です。他の傾向もあります。

★このレース、ノーザンF生産馬が絶対馬券に絡み、人気の社台F系生産馬もほぼ馬券になる

実はノーザンF生産馬は1頭しかいません!

③オレンジフィズ

さらに社台系生産馬も2頭しかいません!

④エリザベスタワー

⑧リュクスフレンド

人気があるでいえば④エリザベスタワーです。ただ正直中2週の強行ローテの意味がわかりません。左回りの適性を試したいのでしょうか? この点だけ心配です。

⑧リュクスフレンドは人気的に5番人気以下になりそうなのでその場合は無さそうですけど、血統ではこのレース好走馬の傾向にハマっているので個人的には人気無視で買いたいです。③④⑧の3頭BOXは買ってもいいかなと。

とりあえず③④はほぼ決まり

弱いですけど他の要素として血統構成があります。

このレースの好走馬の傾向として父サンデー系に母父アメリカン血統のクロスがいいです。候補は

①ミツルハピネス

⑨ハーツラプソディ

⑫アオイゴール

⑬ホウオウラスカーズ

 

結論として

③④と、①⑧⑨⑫⑬で5番人気以内の馬の5頭BOX

絞るなら③流し③ー④①⑧⑨⑫⑬

三連複③④二頭軸ー①⑧⑨⑫⑬です。

 (結果)

⑥ー⑪ー③

1着5番人気、2着9番人気、3着4番人気の決着でした。

1~5番人気できまると取り上げた途端に外れるはある意味予想あるあるなんですけど今年に関してはエアレーション無し馬場や、上位人気馬の信頼性の低さもありましたから仕方ないですね。1番人気エリザベスタワーはローテーションのきつさ、左回りも微妙だったのかもしれませんね。それでも2頭4,5番人気が馬券に絡み、私が軸にした③が3着になり③ー⑥のワイド1590円は的中できました。

ちなみに4着⑦が3番人気、5着⑧が7番人気。1番人気④は6着、2番人気①は12着でした。

私は締め切り5分前に馬券を買いました。

その時点で1番人気④、2番人気①、3番人気⑥、4番人気③、5番人気⑨でした。

ちなみに6番人気が⑦で5番人気⑨と単勝11倍~12倍付近で競ってました。

その後も締め切り直前まで何度も人気順をチェックして変動はありませんでした。

しかし締め切り後のオッズが3番人気⑦になっていて驚きました。

⑦の単勝をしこたま買った人がいたんですね。結果4着で助かりました。

今年は社台F系生産馬はダメでしたが、毎年絶対絡むノーザンF生産馬は絡みました。今年は③オレンジフィズ一頭だけだったので安直にこの馬から買いましたけど、一応選んだ根拠もありまして③オレンジフィズは母の祖母がサドルチェンジ、マンハッタンカフェの母親。こういう一昔前活躍した血統がエアレーション無し馬場が合いそうだと思っての軸馬でした。

ちなみに2着9番人気⑪アラビアンライトは父エピファネイアで母父マンハッタンカフェで母母父カロ系。この馬も今年エアレーション無し馬場が向いたのだと思います。この馬がいなければ1~5番人気の馬で決まっていたことを考えると今年のエアレーション無し馬場が例年の傾向と結果に微妙なズレを生じさせたと感じますし、今後もこの点に注意して予想しようと思います。

 

以上、日曜の予想を振り返りました。

今週末から阪神から中京に開催が変わります。またサンプルの無い時期の開催ということで今週末からはいつもの東京中心の予想になると思います。東京芝のエアレーション無し馬場があう血統もつかめてますので、今週末から始まる東京5週連続GⅠでは的中を重ねていけたらと思います。

中京でも芝2000、芝2200で鬼ハマり血統がありますから、特に今週末ある京都新聞杯も狙っていきたいです。

ほぼ無視状態の新潟では新潟大賞典がありますがこのレースも面白い傾向があるので取り上げようと思っています。

今週末は盛りだくさんになりそうで楽しみです!  

 

天皇賞(春)同一馬が連覇した翌年の法則発見!だけど……~5/2天皇賞(春)&スイートピーSの予想~

kakikenです。

 

土曜阪神でやらかしてしまったので、本来予想するはずだった阪神9R山陽特別を自重。⑨チュウワノキセキ不動軸と思いますが大丈夫かな~。

日曜はわかりやすい傾向のあるスイートピーSとGⅠ天皇賞を予想します。

 

日曜阪神11R 天皇賞(春) 芝3200М

書くのを忘れそうなので最初に見つけた法則を書いておきます。

金曜日、一般紙に天皇賞(春)の一面広告が載っていて、そこに過去10年の勝ち馬の名前がありました。『結構連覇している馬がいるな~』と思っていたら……

連覇した翌年、必ずステイゴールド産駒が優勝しているのに気づきました。

2013,2014フェノーメノ   2015ゴールドシップ

2016,2017キタサンブラック 2018レインボーライン

2019,2020フィエールマン  2021???

ステイゴールド産駒は今年不在。しかしステイゴールドオルフェーヴル産駒が3頭出走しています。『しかも3頭とも8枠だ、これは8枠だな!』と一瞬色めきましたが、すぐ『まてまて、このレースはそもそもステイゴールド産駒が強い。昨年だってスティッフェリオ2着だし』とこの法則を否定。しかしすぐ『でも、この勝ち馬ってもしかして全て……』とピンと来たのでさらに過去遡ってチェック。

2000,2001テイエムオペラオー 2002マンハッタンカフェ

1991,1992メジロマックイーン 1993ライスシャワー

過去30年4回ある同一馬が連覇した翌年の勝ち馬を見ると1993ライスシャワー2番人気、2002年マンハッタンカフェ2番人気、2015ゴールドシップ2番人気、2018レインボーライン2番人気。そうです!

同一馬の連覇した翌年勝った馬は全て2番人気だったのです!

「勝つのはディープボンドで決まり!」と私は思いました。

2番人気はディープボンドだと思ったからです。1,3人気がアリストテレスとワールドプレミアかなと。

しかし土曜の最終オッズ見て『あ~あ』って。ディープボンド1番人気、アリストテレスが2番人気。アリストテレスもワールドプレミアも阪神コース向きではないから基本買いたくないのですけど……しかしこの法則はちょっと無視できないです。

なので明日はまた人気オッズとにらめっこです。1番人気逆転を期待して。

この法則、どうなるか、皆さんも注目してください。

今年は例年の京都ではなく、阪神で行われるので何ともいえませんが、違った意味でレースを楽しめますよ!

 

と、まあこういう具合に、ひらめいたり、思いついたことをこじつけて法則にして当たり馬券にありつこうと考えているのです。

予想などせず2番人気から買えばいいのではと思うのですが、一応予想します。

週中のブログである程度詳しく予想しているので、細かいところは省きます。

まず中心視しているのは

⑫ディープボンド

週中にも書きましたが、元々キズナ産駒は阪神京都は走りますし、この馬自身中山以外安定して走っています。今の阪神の馬場も合いますので高速馬場だろうが、重馬場だろうが対応すると考えています。

2番人気なら勝つと思いますが、1番人気でも過去ほとんど馬券になってますのでよほど不利やアクシデントが無い限り勝ち負けできると考えます。

この馬が1番人気なら今年は2番人気ー1番人気の堅い決着なのかなと。

 

このレースのポイントはペースです。

慣れない道を車で運転する時慎重になるのと同じで馴染みのないコースでレースする時は慎重になる。そんなことからこのレース、スローになると思っています。そうなると仕掛けどころでビュッと加速できるタイプが合っています。

今の阪神を見る限り上り3Fのタイム差が小さいです。そういう時は差しは決まりにくいもので、ある程度の位置にいる馬を、そして勝負所で素早く動ける馬を選ぶべきかと考えます。この点でワールドプレミア、アリストテレスはマイナス。京都なら下り坂で加速できますが、今回は阪神。この2頭を軸になんて怖くてできません。

ビュッと切れる脚は牝馬の方が上だなと思ってしまうのです。

⑭ウインマリリン

ある程度前につけて勝負所で素早く動ける。イメージではこの馬がベスト。不安はデータで過去牝馬が馬券に絡んでないという点。ただ京都より阪神が合いますし、ペース的にはタフな流れだった昨秋阪神で行われたエリザベス女王杯で粘って4着。ラッキーライラック、サラキア、ラヴズオンリーユー相手の4着。実力的には勝ち負け。

ある程度の速い流れでも対応できそうですが理想はスローの直線勝負だと思います。

オーソリティ

冒頭でステイゴールドの話で出たように、このレースはステイゴールド系は重視したいところです。週中のブログではメロディーレーンの存在を忘れていましたが8枠3頭の中ではこの馬。今の阪神芝が東京に似ていて上りが速いことから東京向きの馬という点でオセアグレイトよりこの馬を上位と見ます。青葉賞アルゼンチン共和国杯で1着、ダイヤモンドS2着と東京での勝ち方だ際立ってますが、見逃せないのは洋芝オンリーの函館、野芝オンリーの9月中山で勝っている点。今の阪神はオーバーシードではなく野芝、洋芝オンリー馬場に近いので、馬場も合うと考えます。

この3頭は今の馬場が合うと思う上位3頭です。

⑫⑭⑰

⑫ディープボンド流しなら相手は

③カレンブーケドール

⑦ユーキャンスマイル

⑮オセアグレイト

ー⑭⑰③⑦⑮と馬単(1着2番人気の馬で2着1番人気の馬)

 

日曜東京11R スイートピーS 芝1800М

このレースも人気順とにらめっこすれば的中できるレース。

★このレースはほぼ1番人気~5番人気の馬が1~3着を占める

つまり1~5番人気の5頭BOX10点で三連複が取れる可能性が極めて高い。

過去5年で例外は17年のみ。この年は3番人気ー9番人気ー5番人気で決まりましたが4着2番人気、5着1番人気。しかも1,2番人気は18頭立て大外17,18番だった不利が大きかったです。もう少し内なら2,3着だったかも。

ちなみにここ3年は1番人気と4番人気がずっと絡んでいます。

結果だけ見れば簡単ですけど今年のメンバーは一筋縄ではいきません。正直最後まで、特に3~5番人気あたりは拮抗する可能性が高いからです。

でも大丈夫です。他の傾向もあります。

★このレース、ノーザンF生産馬が絶対馬券に絡み、人気の社台F系生産馬もほぼ馬券になる

実はノーザンF生産馬は1頭しかいません!

③オレンジフィズ

さらに社台系生産馬も2頭しかいません!

④エリザベスタワー

⑧リュクスフレンド

人気があるでいえば④エリザベスタワーです。ただ正直中2週の強行ローテの意味がわかりません。左回りの適性を試したいのでしょうか? この点だけ心配です。

⑧リュクスフレンドは人気的に5番人気以下になりそうなのでその場合は無さそうですけど、血統ではこのレース好走馬の傾向にハマっているので個人的には人気無視で買いたいです。③④⑧の3頭BOXは買ってもいいかなと。

とりあえず③④はほぼ決まり

弱いですけど他の要素として血統構成があります。

このレースの好走馬の傾向として父サンデー系に母父アメリカン血統のクロスがいいです。候補は

①ミツルハピネス

⑨ハーツラプソディ

⑫アオイゴール

⑬ホウオウラスカーズ

 

結論として

③④と、①⑧⑨⑫⑬で5番人気以内の馬の5頭BOX

絞るなら③流し③ー④①⑧⑨⑫⑬

三連複③④二頭軸ー①⑧⑨⑫⑬です。

 

 

日曜の予想は以上です。

日曜は人気順を気にする一日になりそうです。

では日曜の競馬を楽しみましょう!

 

 

 

 

 

 

  

 

予想以上に馬場の良い阪神芝は読み違いで大失敗も青葉賞本線的中!~5/1土曜青葉賞予想&阪神芝の推奨馬の結果~

kakikenです。

 

最初に謝っておきます。

阪神芝の馬場を読み違えました、スイマセンでした!

阪神は12週目で週中の雨もあって当然荒れた馬場を想定していたのですけど、内が荒れているというJRAのホームページ馬場情報など全く関係ないくらい今日もいい馬場でした。印象としてダート色は無く、野芝の軽い馬場の最終週という感じでした。

当てが外れて焦ってましたが阪神が外れても東京で取り返す!

そんな一日でした。

 

では土曜の予想を振り返ります。 

土曜東京11R 青葉賞 芝2400М

(予想)

狙っていたステイゴールド系、サドラーズウェルズ系の血がある馬の出走が無く、血統構成ではイマイチの馬が多いメンバーです。

血統でいけばやはりキングカメハメハ系重視

渋った馬場はキングカメハメハがいいですし、渋った馬場が乾いて硬化してもキングカメハメハがいい。どっちにしてもキングカメハメハ系はいい。

と言っても出走馬18頭中10頭もいますので来て当然かもしれませんけど。

 

ここは1~3着キングカメハメハ系独占を狙った予想をします。

脚質、枠に関しては風など含めてもある程度先行した方が良さそう、そしてコースロスなく立ち回れる内枠の方が良さそうです。

それらに加えて例年のレース傾向に当てはめて予想します。

★1番人気馬が5年連続3着以内

キングストンボーイ

自分で予想するより手堅く当てるならこれを参考にすべきですね。現時点ではどうこう言えませんが⑩キングストンボーイですかね? ⑦レッドヴェロシティ ③ワンダフルタウンあたりですか?

ちなみに⑩キングストンボーイの父はドゥラメンテキングカメハメハ系ですし、レベルの高い共同通信杯4着。この馬は1番人気でなくても買わなきゃいけませんのでここで名前を上げておきます。

★前走アザレア賞、大寒桜賞、ゆきやなぎ賞の勝ち馬

今年は前走アザレア賞勝ち馬しか出走していません。

⑮リーブルミノル

例年ならアザレア賞勝ち馬は鉄板級の馬が多いのですけど、この馬は鞍上含めて少し頼りない感じです。ただ血統的には父キングカメハメハで母父マンハッタンカフェでエアレーション無し馬場も向きそうです。

この3つのレースで馬券圏内だった馬を含めれば⑨テンカハル⑭グレアリングアイ⑱モンテディオあたりも候補になりそうですが、正直イマイチな印象。

★ノーザンF生産馬が1~3着に2頭絡む

先週フローラSもこのパターンでしたがイマイチでしたので鵜呑みにしづらいです。今年は6頭①アランデル②ワンダフルタウン⑦レッドヴェロシティ⑧マテンロウエール⑨テンカハル⑫スワーヴエルメが該当馬です。

この中ではキングカメハメハ系のみチョイス

②ワンダフルタウン

⑫スワーヴエルメ

②ワンダフルタウンはキングカメハメハルーラーシップ産駒でエアレーション無し馬場は合いそう、⑫スワーヴエルメもキングカメハメハドゥラメンテ産駒で母父ファルブラヴ母母父エルコンドルパサー。本来の青葉賞はこれくらい重厚な血の馬が好走するのですけど。

 

その他母系だけでいけば⑥アオイショーは母父シンボリクリスエス母母父ダンスインザダークでいかにも青葉賞向きな印象。ただ鞍上、生産牧場などから切りました。

内枠有利っぽいですけど②以外強く推せる馬は見つかりませんでした。

②⑩⑫⑮

もし②⑩が1番人気ではないなら1番人気馬から②⑩⑫⑮流し

 (結果)

②ー⑩ー⑦

レース傾向通りでしたね。1番人気⑩キングストンボーイが2着。そしてノーザンF生産馬②ワンダフルタウンが3番人気2着、⑦レッドヴェロシティが6番人気3着でノーザンF生産馬が2頭馬券に絡みました。今回はキンカメ括りの馬券にしたので⑦レッドヴェロシティは切りましたけど評価としては5,6番手でしたので来ても納得。

このレッドヴェロシティだけがキンカメ無しの馬、掲示板5頭中4頭が父親がキンカメ系でした。15番人気4着⑫テーオーロイヤルはオンディーズ産駒、私のチョイスした⑫スワーヴエルメが10番人気5着と惜しかったです。

で、もう一つの傾向アザレア賞勝ち馬⑮リーブルミノルは5番人気10着。鞍上含めて頼りないという印象通りの惨敗。外枠や道中の位置取りの悪さなどありますけど今年のアザレア賞組はレベルが低かったということにしておきます。

私の馬券は4頭BOXでしたが実質⑮リーブルミノルは押さえ、②⑩⑫を厚く買っていたので馬連②ー⑩1080円、②ー⑩ワイド450円だけでも十分プラス出来ました。

 

土曜阪神3R 三歳未勝利芝1600М

⑨レッツゴーアスク

阪神も土曜はキングマンボ馬場になると思っていますが、このレース7頭出走。

中でもこの馬が血統構成では一番バランスがいいです。父ロードカナロアで母父フジキセキ母母父デピュティミニスター。近走ダートを走り先行力もある。

重馬場でも高速決着でも今の馬場なら合う馬です。人気はないですが、この馬が不利などなくて、あっさり負けるようなら馬場が違うと判断します。

①タイキフロリゼル

穴ならこの馬。キングカメハメハリオンディーズ産駒で母父クロフネ。母母父がフォーントリック系で芝をこなせるダート血統。高速決着にならないなら面白いです。

馬券としては⑨から人気⑤ジューンブルーム⑫パラッツォレジーナ押さえで穴①タイキフロリゼルと③テーオーステラ。

⑨ー⑤⑫①③

(結果)

 ⑩ー⑥ー⑰

1番人気2番人気が1,3着、2着がキングマンボ系エイシンフラッシュ産駒。キングマンボ系ではドゥラメンテ産駒⑦が13番人気4着。キングマンボ系は悪くないのですけど、私の狙った⑨レッツゴーアスクは8番人気7着、①タイキフロリゼルは11番人気17着と散々でした。多少力のいる馬場だとしてもダート寄りの馬場ではない。6月の東京とはちょっと違う印象。この結果で読み間違えたと感じました。

 

土曜阪神9R 矢車賞 芝2200М

⑤アサケレディ

前回のブログでも書いたキズナ産駒のハマりを見る指標として最適な馬。

③ハギノピリナもキズナ産駒ですが血統的にはアサケレディ重視です。

今の阪神の馬場は合うはずだと思っていますのである程度期待できるとは思います。

この馬が惨敗したら天皇賞の予想考え直すつもりです。

相手はディープ、ハーツ、オルフェ産駒。

ー①⑥⑧⑨

(結果)

③ー①ー⑥

⑤アサケレディは大差の最下位……もう読み間違いの酷さ、申し訳ないです。

皮肉なものでもう一頭のキズナ産駒③ハギノピリナが勝利。明暗くっきり。1着と最下位ですからね~この極端さもキズナ産駒ですね。

ハギノピリナの母系はダートっぽくないので合わないかなと思っていましたがこちらが正しかったようです。本当す読み違いですいません。

このレースでキズナ産駒は母系次第で十分走るということはわかりました。

天皇賞のディープボンドに関してはよくよく見るとアサケレディよりハギノピリナに近い感じの母系なので(母父キングヘイロー母母父カコイシーズは芝でも走っています)ので問題無いでしょう。

勝ち時計2分12秒7。同距離の3歳オープンすみれステークスが2分12秒4なので1勝クラスの時計としては速いです。まさか12週目でこのタイムが出る阪神芝の状態を12週間前には予測などできるわけないですね。

 

土曜阪神10R ストークS 芝1600М

先週のマイラーズカップ同様にマイルより芝1200,1400ベストの馬を重視。

④ジュランビル

この馬も3R⑨レッツゴーアスク同様、ここであっさり負けるようでは馬場を読み違っていると判断できるような馬です。走らないわけがないくらいに思ってます。

買うならこの馬からと即決できましたが相手候補が多すぎて現状では決まりません。

明日の脚質傾向、枠、血統などを考慮して買おうと思ってますが、血統だけみれば母系が抜群の⑭エアファンディタ、穴では万が一差しが決まる展開なら⑯イーサンパンサーが面白いです。

⑭⑯

 (結果)

 ⑨ー⑤ー⑰

「もう来るわけないな」と諦めていましたが④ジュランビルは10番人気12着。

すいません、何度も言います、読み違いをしていました、すいません!

馬場読みで軸を決めると読み違えたら最後、中途半端に好走はないです。これが馬場読みでする予想の弱点です。

勝った⑨グランデマーレが道中3番手から上り33秒7でまとめていることから、馬場が稍重になって道中緩んでヨーイドン競馬になった感じですね。当初想定した血統イメージで母系がいいと思った⑭エアファンディタが4着になるあたりが読み違いをしている証拠のような着順。⑯イーサンパンサーに至ってはこんないい馬場では稍重どころか不良まで行かないと厳しかったでしょう。

 

以上、土曜の予想を振り返りました。

阪神はちょっとイメージを切り替えて予想し直します。ダートではなく、一昔前の芝、それも野芝だと思って予想するべきでしょう。

日曜の予想は東京メインのスイートピーSが的中しやすそうなので、その予想と天皇賞の予想をします。

天皇賞では、昨日くだらないこじつけ法則を見つけてしまいました。個人的にはハマると迷惑な法則っぽいのですが、その法則も紹介しようと思っています。