脱4着競馬研究室

独自の馬場読み、血統分析で競馬を投資に変える!

アーリントンCはマイル戦だけどマイル適性はいらない!~4/17土曜阪神アーリントンCの予想~

kakikenです。

 

皐月賞、みなさん気になることありませんか?

私の場合は前回の記事で触れたように馬場が渋るかどうかが一番ですけど、

「なぜあの騎手は乗らないのだろう?」って気になっています。

一応結論は出たのですけど、詳しくは皐月賞の予想で。

 

さて、土曜の中山9Rは皐月賞と同じ芝2000Мの三歳1勝クラス山藤賞があります。9頭立てで妙味無いのですけど注目は⑤ジャンカルド。

この馬は前回の記事で書きましたが中山最終週の芝2000Мでハマり血統のハービンジャー産駒。そして母母父がエルコンドルパサー。先週の中山芝はタフな芝。先週と同じ傾向の馬場かどうかを見るにはこの馬の結果を見るのが最適です。

 

土曜は期待値の高い馬はこのジャンカルドくらいで勝負せず静観と思っていますが、傾向がはっきりしている重賞アーリントンCだけ取り上げておきます。

 

土曜阪神11R アーリントンC 芝1600М

今年は18頭フルゲート。頭数がそろわないイメージがあるレースですけどそれだけ混戦、どの馬もチャンスありと考えているのかもしれませんね。

このレース、近3年の勝ち馬20年がタイセイビジョン、19年がイベリス、18年がタワーオブロンドン。この3頭、どんなイメージがありますか?

芝1400Мがベストの馬。マイルより芝1200、1400が合うタイプ。

アーリントンCのレース傾向はマイル適性ではなく芝1400М適性が重要

この傾向を紹介したかったので、このレースを取り上げたようなものです。

ん? 

そういえば中山芝マイル戦では何度もそういう話をしていますね。しかし中山は今年残念ながら馬場が微妙に違って芝1400М適性ではなく芝1800、2000適性の馬が来てしまっていますけど。

もしかして阪神も傾向が外れる?

阪神も今年は先週まで超高速馬場だったので少し傾向が変わる心配はありますけど、土曜の阪神は雨の影響を受けるので超高速馬場はあり得ないのでとりあえず例年通りの傾向に当てはめて予想します。

とにかく芝1400М実績のある馬重視です。中でも阪神芝1400М実績がある馬が信頼できます。該当馬は5頭。

①トーホウディアス

⑧ピクシーナイト ノーザンF生産馬

⑭ワールドバローズ

⑮シヨウリュウレーヴ ノーザンF生産馬

⑱グレイイングリーン 

 

何となくこの5頭BOXでも2頭は馬券になりそうな雰囲気ありますね。

 この中で軸は⑱グレイイングリーンです。

母系含めてまさに芝1400ベストの馬だからです。馬場が渋っても問題ない血統構成なのでこの馬からで良さそうです。

唯一の心配は大外枠18番

先週桜花賞は超高速馬場で外枠不利になってしまいました。しかし土曜は馬場が悪化するので桜花賞のような内枠有利はないと思います。いや、そう願いたいです!

結論

⑱ー①⑧⑭⑮

もし重不良まで悪化すればディスクリートキャット産駒⑭ワールドバローズはかなり面白い存在になると思ってます。

(補足)

例年の傾向が崩れた時の予想も触れておきます。

そうなると傾向は芝1800、2000向きの血統の馬が来るわけですけど、⑨ホウオウアマゾン、⑬サトノラムセスこの2頭あたりが絡むと思います。⑧⑮⑱に⑨⑬を加えた安直5頭BOXでも当たるかな?

 

 

土曜の予想は以上です。

日曜は皐月賞稍重以下の場合、良馬場の場合の2パターンの予想を用意して万全?を期したいと思っております。

では、土曜の競馬を楽しみましょう!