脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

ノーザンFがあの新種牡馬で勝ちに来ている?~4/24日曜阪神マイラーズC&東京フローラSの予想~

kakikenです。

 

早速日曜の重賞予想です。

日曜阪神11R マイラーズカップ 芝1600М

このレースはディープインパクトキングカメハメハ系を買えば当たるようなレースですが、今年のメンバー15頭中10頭がディープインパクトキングカメハメハ系の血がある馬たち。なのでどの馬を選ぶかということになります。

血統だけで見れば一番今の阪神に合っている感じなのが

⑦ホウオウアマゾン

ただこの馬はヨーイドンの切れ味勝負は向きません。前走大敗した東京新聞杯の予想でも私は『切れ負けする』と軽視しました。先週あたりから阪神芝は上り3Fの速さが目立ってきているので「今回厳しいな」と思いました。好走するならハイペースで逃げて粘り込むしかないと思っていたところ、日曜は雨予報。レースへの影響が出るくらい降るかわかりませんがとにかく上がりが速くならないなら好走できると思います。

正直この馬以上に狙える馬がいないので今回はホウオウアマゾンの相手探し。

土曜の阪神芝は相変わらずの内枠有利。③ファルコニア、④カラテ、⑤レッドベルオーブ、⑨エアファンディタあたりまで。一応外枠からは⑭ダイワキャグニーを抑えます。

ー③④⑤⑨⑭

万が一上り3Fが32、33秒台前半だったら諦めます。

 

 

日曜東京11R フローラステークス 芝2000М

東京も日曜は雨の影響がありそうですが、東京に関しては土曜の馬場を見る限り良馬場でも重馬場のような感じだったので気にせず重い血統の馬を選びます。

2年連続でオルフェーヴル産駒が2着しているように過去このレースで好走している馬には重馬場得意な血が入っています。今年はオルフェーヴル産駒はいませんが重馬場がいい血統の種牡馬がいます。

キタサンブラックです。

先週皐月賞で2着したイクイノックスがキタサンブラック産駒。イクイノックスはノーザンF生産馬ですがノーザンF生産馬は種牡馬キタサンブラックを何とか走らせようという気合を感じます。このレースにも2頭奇しくも同枠に入りました。

⑧キタサンシュガー

⑨ラスール

⑧キタサンシュガーはフラワーカップ7着。このレースは前走フラワーカップ経由の馬がよく好走するのですが今年はフラワーカップ組はキタサンシュガーだけ。

⑨ラスールはデビューから注目され、ルメール騎手が乗り続けています。牝馬では間違いなくノーザンF生産馬が一番力を入れている馬です。間違いなく狙い撃ちしているレース、素直に乗ろうと思います。

他の馬では素質の高さを感じさせる2頭をチョイス。

⑥マイシンフォニー

前走明らかに適性が合わないフィリーズレビューに出走。私は絶対来ないと軽視しましたが、合わないながら4着するあたり素質の高さを感じました。芝2000Мなら守備範囲、母父デピュティミニスター系という重馬場得意の血統もありますので今の東京は合うはずです。

⑬ルージュスティリア

前走チューリップ賞でも狙った馬でしたがスタート直後絶望的な大出遅れ。追走に脚を使わされた中でのナミュールと並ぶメンバー上り最速。長くいい脚が使えるということで東京コースは合いそうですし、血統的にも馬場が渋っていい欧州ブラッシンググルーム系の血が母母父にありますので重い芝は合うはず。

もう一頭重馬場で狙える馬として

⑩ホウオウバニラ

この馬はドゥラメンテ産駒で母父アカテナンゴ。開幕週のエアレーション馬場で重馬場

になると欧州色が強くなりますが母父アカテナンゴはまさに重い馬場が合います。母父アカテナンゴは土曜福島牝馬ステークス3着だったサトノダムゼルと同じ。福島も重たいタフな芝でしたからこの馬も重い芝は合うはずです。

⑥⑧⑨⑩⑬

⑬ルージュスティリア以外の4頭がノーザンF生産馬。この春の東京芝はエアレーションをしています。エアレーション馬場が得意なノーザンF生産馬に期待です。

 

 

 

以上日曜の重賞予想でした。

では日曜の競馬を楽しみましょう!