脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

暴走ペースに狂わされる~12/3土曜阪神チャレンジカップの予想(ステイヤーズステークスも軽く予想)結果~

kakikenです。

 

今回は土曜の重賞予想を振り返ります。

中山11R ステイヤーズステークス 芝3600М

(予想)

正直展開一つなレースなのであれこれ考えずシンプルにハマっていそうな馬をチョイスします。

⑦シルバーソニック 

昨年3着。中山長距離得意ステイゴールドオルフェーヴル産駒

⑫プリュムドール

このレース相性のいい前走古都ステークス組でステイゴールドゴールドシップ産駒

⑬アイアンバローズ

昨年2着のオルフェーヴル産駒

エドノフェリーチェ

前走古都ステークス組のゴールドシップ産駒

⑦⑫⑬⑭

(結果)

1着⑦シルヴァーソニック  3番人気

2着⑫プリュムドール    5番人気

3着⑨ディバインフォース  4番人気

4着⑬アイアンバローズ   2番人気 

6着⑭エドノフェリーチェ  8番人気

 

軽く予想した方が結果がいいですね。

昨年の1~3着馬と前走古都ステークス勝ちの馬が上位独占。

ちなみに5着メロディーレーンも昨年の古都ステークス勝ち馬でした。

 

土曜阪神11R チャレンジカップ 芝2000М

(予想)

このレースの近年傾向はジャパンカップと同じです。

1着~3着が1番人気~5番人気で決まる

なので当日1~5番人気のBOXで馬連、三連複が当たる確率が高いです。

そのことを度外視して予想してみても今の阪神の馬場を考えると人気がハマっている感じです。

⑫ヒンドゥタイムズ

芝2000Мベストのハービンジャー産駒。一昨年3着馬でここも狙えます。

⑩ソーヴァリアント

昨年の勝ち馬で昨年この予想の本命馬でした。前走オールカマーは心房細動で度外視。普通に走れば勝ち負け。

ブラヴァ

一昨年2着馬。この馬の母は名牝ヴィルシーナ。今の阪神は野芝色が強く、そういう馬場では現役時代活躍した名牝がある母系が好走傾向にあります。

例年通り堅い決着ならこの3頭で最悪でも2頭は馬券に絡むはずです。

⑨⑩⑫

次点として今の馬場が合いそうなダンチヒアメリカンペイトリオット産駒の⑤ビーアストニッシド、母系に冬血統アンブライドルド系がある①レッドベルオーブの前残り。

⑨⑩⑫①⑤

(結果)

1着⑩ソーヴァリアント   1番人気

2着②ルビーカサブランカ  4番人気

3着③エヒト        8番人気

6着⑫ヒンドゥタイムズ   2番人気

7着⑨ブラヴァス      5番人気

8着⑤ビーアストニッシド  6番人気

9着①レッドベルオーブ   3番人気

 

勝ち時計1分57秒5。昨年が2分01秒0、例年と比べても1秒以上速い時計。全てはレッドベルオーブの暴走逃げが原因。

「何てことしてくれてんだ!」

私がチョイスした馬は正直ハイペース向きではない馬たちだったので、この暴走は痛かったです。

逆に2,3着の馬はハイペース向きの馬たちでした。だからこそ軽視したのですけど。

そんな中、昨年のドスローレースと今年のハイペースで連覇したソーヴァリアントは別格でした。前走心房細動の影響もなかったようですね。ソーヴァリアントは元々はツメの甘い馬なのでハイペースのタフな流れは合いました。2着ルビーカサブランカ、3着エヒトも似た馬キャラ。内枠でロスなく競馬できたのも良かったですね。逆に6着ヒンドゥタイムズは道中後ろ過ぎる上に直線外回す最悪の競馬でしたね。7着ブラヴァスもヒンドゥタイムズ同様、ロスだらけの競馬でした。8着ビーアストニッシドはスローの逃げ馬なのでこの展開では競馬になりませんでした。9着レッドベルオーブは問題外で語るに及ばずです。

 

以上、土曜の重賞予想を振り返りました。

明日の中京ダートチャンピオンズカップはただいま検討中。

軽く予想しようと思います。

では土曜の競馬を楽しみましょう!