脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

可愛い孝行娘トキメキ勝利!ヒモ荒れ高配当ゲット!~先週末の予想結果~

kakikenです。

 

忙しすぎて曜日感覚がなくなってます。

そんな中での先週末の予想。先々週の結果同様に中途半端な感じで萎えていたところに最後の最後で高配当ゲット!

テンション復活、疲れも和らぎました。

 

では先週末の結果です。 

土曜中山9R 黒松賞 芝1200М

 (予想)

東京開催が終わってすぐのブログ記事で狙えるレースとして名前を挙げたのがこのレースでした。

毎年ローテ面と血統的な面でハマりがあるレースだからです。

ローテ面ハマり:前走福島2歳ステークス組

 

該当馬①サニーオーシャン

   ④ホーキーポーキー

   ⑭ルミナスライン

   ⑮フレンドパル

 

血統ハマり:ロベルト系血統がある馬

該当馬③エンテレケイア(母父ブライアンズタイム

   ⑦ラブケリー(母父シンボリクリスエス

   ⑫アーガイルピンク(父ストロングリターン

   ⑬レガトゥス(父モーリス)

 

チョイスは①③⑦⑬⑮

結果的に人気馬が該当。さらに内枠有利でも外枠有利でも大丈夫なチョイスに

なりました。

何といっても週中話題で触れたシンボリクリスエスが母父にある⑦ラブケリーは実績的にも、話題にも絶対買いの一頭ですね。例年通りなら①軸でいいはず。

⑦-①③⑬⑮ ①-③⑬⑮

 (結果)

 ⑪-⑦-⑬

ワイドは的中。正直人気①⑦⑬で決まると思っていましたが、やはり内枠は鬼門。

①は5着でした。

今週は良馬場でしたが初週の稍重同様外枠有利。日曜の予想冒頭で中山の芝について書きましたが、深く考えても解決せず。そういう馬場なんでしょうね。

勝った⑪は地方馬上りなので血統では買い要素があったもののノーマーク。

何かが抜ける結果。もどかしいですね。

ただフォーカスしたロベルト系血統がある馬の2、3着。

福島2歳ステークス経由⑭が4着、①が5着。

掲示板ほぼ独占ですから予想の方向性は間違っていないです。

このレースのツボは来年も使えそうです。

 

日曜中山8R 3歳上1勝クラス 芝1600М

(予想) 

土曜の芝1600М未勝利戦を予想で取り上げなかった理由は似た血統が多いからでした。そして結果はその血統の馬の上位独占。

ロベルト系ですね。黒松賞でも注目血統としてあげましたが、例年の中山12月開催はロベルト系がいいというのは間違いないですね。

このレースで父、母父、母母父でロベルト系の血があるのは一頭だけ。

⑦ヴィンクーロ(母父タニノギムレット

また人気馬ですね。

先週といい、土曜の黒松賞といいハマっている馬がほとんど人気馬ばかりになってしまうパターン。

しかも川田騎手。出来すぎで少し4着地獄の匂いがしてしまいますが(笑)。

コース実績もあり枠も真ん中なので素直に評価しましょう。

 

他の候補として中山芝マイル戦での基本、東京1400ベスト血統の馬。

⑧クリノプレミアム

④チアチアクラシカ

 

あとこの時期の中山が合う血統として、

②リーガルバトル

 

ああ、内目の馬ばっかりじゃないか!

では渋々外目でよさげなのは

⑭セイウンビーナス

⑯ホウオウビクトリー

マーベラスアゲン

 

さすがに7頭は多いですね。この中からどれをチョイスするか。

みなさんセルフでお選びください。

チョイスが最高に下手くその私の予想なんて信じない方がいいかも。

私は⑦⑧4枠2頭で堅いと思ってます。

4枠流しで当たるかなと。

4⃣⇒4⃣2⃣5⃣7⃣8⃣1⃣

これじゃ当たってもトリガミですかね?

ならば厳選4頭

④⑦⑧⑭

 (結果)

②-⑭-⑦

ワイドは的中。1、2、3、5着がピックアップした馬での決着。

馬券の下手さはともかく方向性は間違ってません。

予想外だったのは外ではなく内枠寄りの決着だったこと。

もしかすると来週以降の馬場変化を告げるレース結果だったかもしれません。

内枠②が逃げ切り勝ち。②は予想でも馬場が合う馬としてピックアップしていましたが内枠なので最終決断では切り。それが裏目

(ただ私個人の馬券は⑦からワイド買っていたので的中しました、すいません)

⑦同様期待した⑧は最後粘り切れず5着。

不利な内枠先行で逃げ切った②はこの日中山最終12Rの2勝クラスで勝った私の孝行娘に未勝利戦で勝利しているわけですから、この1勝クラスでは格上だったのかもしれませんね。

 

日曜中山12R 3歳上2勝クラス 芝1200М

 (予想)

ここもロベルト系は絶対マークすべき。このレースも該当馬は1頭だけ。

⑧セイウンパワフル(父ストロングリターンシンボリクリスエス産駒)

 

ただこの馬の前走が解せません。負けすぎです。

ちょっと早熟で終わってしまった気配があるので、マークしつつも軸にはできません。

 

このレースでは私の期待馬が出走。

このブログでも注目馬として何度も登場している、

⑩トキメキ

この馬が絡んでくれるので馬券は取れると目論んで予想として取り上げたわけです。

相手筆頭は

⑭アルムブラスト

他では

⑤ショウナンバニラ

⑨ディヴィナシオン

 

⑩⑭⑤⑨

ん~一応内枠①ライラバードも押さえましょうかね。

本来切りたい馬ですが、〇外馬はこの時期の芝1200М戦では要注意ですし、差し馬なので無視すると絶対やられそうなのであえて入れました。

⑩⑭⑤⑨①

もう一頭入れるなら⑬フクノナルボンヌ。

 

ちなみに私の買い目は

⑩-⑭大本線と⑩-⑤⑨①⑬⑧です。

(結果)

⑩ー⑦-⑨

トキメキ3番人気1着!

激戦でしたが最後よく差してくれました。本当期待に応えてくれる可愛い子です。

未勝利ではもどかしいレースが続いていましたが一気に三連勝!

もともと高い評価をしていた馬なので2勝クラスなら勝負になるのはわかっていましたからね。

相変わらず2着抜けて総取りできませんでしたが、私は単勝複勝ワイド的中!

何といっても11番人気3着⑨ディヴィナシオンを相手3番手として評価していたのが大きかったですね。この馬、間違いなく好走すると確信していました。

なぜか? 

ヴィクトワールピサ産駒だから。

それだけです。近走成績など無視。血統だけで判断。

実はヴィクトワールピサ産駒は12月中山開催で好走する傾向があるのです。

注目血統で取り上げようと思っていましたが、このレースで好走した時に結果で書けばいいと思って省いていたのです。

次回のブログで、カペラステークスのツボの件など先週末ハマっていたものについて書く予定ですが、このヴィクトワールピサ産駒は先週末穴開けまくっていたんですよね。

ピンポイントでハマっている血統を重視する私だからこそ、こういうツボに気づけるのだと思いますし、そういう面ではこのレースは会心の的中ですね。

内枠で唯一来ると思った①は4着、大本線の相手1番人気⑭は5着。

⑨が来なければ4着地獄。助かりました。

ちなみにハマり血統ロベルトが唯一あった⑧セイウンパワフルは8着。この馬は頭打ちですね。軽視して正解でした。

 

悶々とする結果ばかりでしたが、最後の最後で高配当ゲット。

結果大幅プラスに成功!

予想の結果としては不安定なんですけど、結局こういう高配当で収支をプラスに保っている感じですね。

毎週的中しないからみなさんの信用は得られてないかもしれませんが、時折の破壊力こそ、私の予想の特徴なのでご了承していただきたいです。

 

時間が無いのでここで終わります。

次回はカペラステークスなどおまけの結果、先週末ハマっていたものに関して取り上げる予定です。