脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

土曜は馬場や血統は読めていても結果は微妙でした~3/6土曜競馬予想の結果~

kakikenです。

 

金曜から土曜にかけて中山はわずか1ミリしか降水量が無いにもかかわらず土曜は終日稍重でした。金曜は良発表だったので『あれ?』と思いましたが、そもそも火曜26ミリ以上の降雨があったのに木曜に散水したのでほぼ稍重状態だったのでしょう。

やはり硬い高速馬場を作ってしまった反省から中山の馬場造園課は過剰に散水しまくっているのでしょう。今後はこの点踏まえて予想しないといけませんね。

 

では土曜予想した東西重賞2つの結果を振り返ります。

土曜阪神11R チューリップ賞 芝1600М

(予想)

例年阪神ジュベナイルフィリーズ上位1~3着馬が出走する格を感じるレースなのですが今年は不在。4着馬のみの出走。将来性を感じる抜けた存在の馬もいない感じ。

適性と血統で選ぶ予想でも良さそうです。

今の阪神の芝を考えると土曜良であろうが稍重であろうがキングマンボ馬場っぽいですね。その血統があるのは

④シャーレイポピー 母父キングカメハメハ

⑫タガノディアーナ リオンディーズキングカメハメハ産駒

特に④シャーレイポピーはノーザンF生産馬ですし、祖母トールポピーチューリップ賞2着馬でジャングルポケット産駒。ジャングルポケットは先日亡くったので今週末は注意すべき血統です。

ただミッキーアイル産駒ってどうなんでしょうね。恐らく①メイケイエール含めて多くの人が信用していないのではないでしょうか? 

私はあまり伸びしろがない血統に思いますが、逆に言えばトライアル来て本番飛ぶタイプかなと。なので逆に①メイケイエールもここは買いだと判断しました。

①メイケイエール

もう一頭チューリップ賞に所縁のある母系

②ストゥーティ

この馬の母リラヴァティチューリップ賞3着。その母シンハリーズはチューリップ賞勝ち馬シンハライトなどチューリップ賞に強い母系なので外せません。

基本はこの4頭でいいと思いますが、もう一頭気になる馬がいます。

⑨シャドウエリス

母父クロフネ母母父ウッドマンというのがいかにもエアレーション無し馬場の今の阪神向きです。妙味を考えて①メイケイエールを切ってこの馬を入れようかなとも考えたのですが、この馬を5番目として挙げておきます。

①②④⑫

 (結果)

①⑤同着ー②

荒れそうな雰囲気があったレースも終わってみたら人気通りの決着。

私の選んだ4頭は4頭とも掲示板確保しましたが馬券はショボいワイドのみの的中。ちなみに5頭目で挙げた⑨シャドウエリスも11番人気で6着。

阪神は先週から引き続き馬場に合った馬をチョイスできているとは思っていますが結果が伴いません。もどかしいです。

1着は1番人気①メイケイエールと3番人気⑤エリザベスタワーが同着。

①メイケイエールは武騎手にしては珍しく早め先頭という勝ちに行く競馬。私はこれを見て『もう本番は見据えてないな。ここを勝ちに行ったんだ』と感じました。

2着⑤エリザベスタワーは血統構成から評価しませんでしたが、今日の稍重の馬場が良かったのだと思ってます。道中緩い流れて直線ビュっと切れるタイプの馬なのでそれが合ったのでしょう。

3着は4番人気②ストゥーティ。母リラヴァティと同じ3着でした。4着が2番人気⑫タガノディアーナ、5着が5番人気④シャーレイポピー。この中では4着タガノディアーナに見どころを感じましたが、このレースで1~5着した馬たちに桜花賞で買えそうな馬は今のところ見当たらないというのが私の印象です。

 

土曜中山11R オーシャンS 芝1200М

(予想)

このレースもレース傾向と適性、血統で予想します。

金曜夜の雨次第でしょうけど重馬場にはなりそうな気配はないですね。悪くなっても稍重までですかね?

このレースは結構人気決着が多くて過去3年1,2番人気がともに馬券圏内、近5年をみても1番人気2番人気が必ず2頭とも5着内に来ています。

簡単に言えば1,2番人気から買えば当たるかなというレースです。なので当日のオッズを見て買えばいい感じ。
今年の1番人気は間違いなく

③カレンモエ

この馬は今年のエアレーション無し馬場も母系を見れば合いそうです。高速決着になればなるほど強そうです。先行有利のレースですしこの馬中心でよさそうなのですけど、この馬がターゲットになるのは間違いなく、万が一激流に巻き込まれ差し追込が決まれば4,5着の可能性もありますから一応タテ目の警戒もしておくべきです。

このレースの傾向でいいのがラピスラズリS好走馬。これに該当するのが

⑪アストラエンブレム

この馬は中山では特に12月と3月に良績が集中してます。8歳馬という点で勝つことはないでしょうけど2,3着狙いなら面白い一頭です。

もう一つカーバンクルS好走馬も狙えます。今年の該当馬は

⑮ダイメイフジ

この馬は18年19年連続3着。昨年は不出走でしたがこのレースが得意な馬です。しかも今年はエアレーション無し馬場。父アグネスデジタルは一昔前の血統、母父ダンスインザダークと合わせて今年の馬場が合う血統構成。この馬も7歳なので2,3着狙いで狙える一頭です。

他では週中の記事で注目血統として挙げたのが母父アグネスタキオン

このレースでは母父アグネスタキオンの馬は

②アルピニズム

⑨エイティーンガール

②アルピニズムの鞍上はルメール騎手。その週の注目血統の馬にルメール騎手が騎乗しているパターンが結構あるんですけど、偶然なのか必然なのか、不思議なんですよね。

父もエアレーション無し馬場向きのローエングリンですし馬場は合っているかと。ただしこの馬は1分6秒台などの高速決着だと厳しいでしょう。理想は重、稍重です。

これは⑨エイティーンガールにも言えます。この馬も母系がいかにもエアレーション無し馬場向きなのですけど実績を見る限り渋った馬場でこその馬。

②③⑨⑪⑮

ですが、良馬場なら

②③⑪⑮

 (結果)

⑧ー③ー④

1着から5着までほぼ道中の隊列通り。前に行かなかった時点で終了の結果でした。

ここまで偏った結果だと諦めるしかないです。どうこう論じることもできません。

勝った⑧コントラチェックは全くノーマーク。買い要素は先行脚質ということくらいでしたね。中山芝1800Мで道中溜めて直線ズドンのイメージの馬ですが今回はそんな流れだったのかもしれないですね。

2着が③カレンモエ。安定して走ってますがパンチ不足、強さは感じませんね。今後は展開不向きなら惨敗もある感じすらします。

3着④ビアンフェは母父サクラバクシンオーで今の中山の馬場は向くと思いましたがこの馬は今回去勢明けだったので切りました。

私が選んだ馬で一番期待した⑮ダイメイフジは8番人気6着。位置取り含めて悪くないと思ってみてましたが今回は外枠の分着順を下げたと思います。②アルピニズムは2番人気13着。スタートで後手を踏んで終了。道中押し上げた分、直線では脚は残ってませんでした。⑨エイティーンガールは12番人気15着、⑪アストラエンブレムは9番人気9着。差し追い込みの馬たちなので今回のこの結果は仕方ないです。激流で差しがあり得るなどと一瞬でも思った時点で今回の私の予想はアウトでした。

 

おまけ 土曜の注目馬

土曜中山9R 潮来特別 芝2500М

⑧クロスセル

このレースは人気通りに決まるレースなので上位人気を買えばいいと思いますが、私はずっと追いかけている相性のいいこの馬から。

相手は前走1勝クラス勝ちの昇級馬と前走好走の人気馬。

⑧ー③⑨⑫ ⑧ー⑤⑩

 (結果)

⑧クロスセル 2番人気6着

この馬は切れる脚がないのですけど、今回はヨーイドン要素が強い競馬になったので結果的に切れ負けした感じですね。脚がたまりやすいコーナーの多いコースは向いてないようですね。

 

土曜小倉10R 芝桜賞 芝1200М

⑦ハイレリーフ

最終週の小倉芝は先週同様渋った馬場になりそうです。

冬の小倉は馬場が渋ると岡田繁幸&岡田牧雄兄弟関連の馬が走ります。いわゆるマイネル軍団やノルマンディーが馬主、生産牧場でいえばビッグレッドF、コスモビューF、岡田スタッドの馬です。

特に先週は芝1200Мで岡田スタッド生産馬が激走しまくってました。このレースでは⑦ハイレリーフがそれに該当。この馬の父マツリダゴッホは渋った小倉芝1200Мが大得意です。この馬は先行脚質なので外差しが決まっている今の小倉の馬場は厳しいかもしれないですけど。

ちなみに土曜小倉12Rの芝1200М戦にも岡田スタッド生産馬が2頭。

⑨クイーンズトゥルーと⑯グリニッジビレッジです。

あくまでも穴馬、宝くじ感覚で楽しむものですので大惨敗した時はお許しください。

 (結果)

結果は割愛の惨敗でした。今日は岡田スタッドマイネル系の馬ともに不発が多かったですね。さすがに8週目の重馬場で馬場は荒れてましたし、今日の小倉は一発屋よりどんな競馬場でも安定して走るタイプの方が好走していましたね。先週とは違い不向きな馬場になったようです。

 

 

以上、土曜の結果を振り返りました。

中山は展開の影響の方が大きく血統どうこうは目立たたなかったですが、中山も阪神も血統は先週と同じくいわゆる一昔前流行した、今はトレンドから外れた血統が良さそうです。明日もその傾向は変わらないと思います。

日曜は少頭数ですが弥生賞ディープインパクト記念と他のレースで感触のいいレースを予想するつもりです。ちょっと迷ってますがしばらくお待ちください。