脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

ノーザンF生産馬の運動会かも~2021秋華賞出走確定馬の血統診断~

kakikenです。

 

来週末の菊花賞登録馬をチェックしたのですが酷いメンツですね。

出走すれば勝ち負け間違いなしだったソーヴァリアントがセントライト記念2着後にさっさと休養入って菊花賞に出走しないのは知っていましたが、この登録メンバーを見て『なぜソーヴァリアントは出走しないのか?』と改めて陣営の方針に疑問を抱きました。(すでにソーヴァリアントの代わりの出走すれば面白い馬を見つけていますので菊花賞の予想を楽しみにしていてください)

弱いメンバーだからかハギノピリナなどスタミナ勝負を望んで秋華賞より与しやすい菊花賞に追加登録した牝馬が2頭もいます。逆に言えばそれだけ『秋華賞は勝ち目なし』ということなのかもしれません。

 

さて今回はそんな強い馬がたくさん出走する?秋華賞出走確定馬の血統診断です。

タイトルで書きましたが16頭中9頭がノーザンF生産馬。昨年は出走した4頭が軒並み惨敗して、掲示板は全て非ノーザンF生産馬。今年はその可能性はほぼゼロ、間違いなく勝ち負けする馬が出そうです。問題はどの馬をチョイスするかでしょう。

では出走確定16頭の血統を見ていきましょう。

 

アカイトリノムスメ ノーザンF生産 評価C

ディープインパクト 母父キングカメハメハ 母母父デピュティミニスター系

阪神芝2000Мで強い種牡馬ディープインパクトキングカメハメハ。この2つがあり、母母父がデピュティミニスター系。王道系で固められた血統構成。オークス時も書きましたが王道で固められた血統は底力がない。それでもタフな馬場だったオークスで2着したのは東京巧者だからか?

勝負気配があるならルメール騎手が乗るはずだが今回は先週阪神コースで弱さを露呈した戸崎騎手。その点で評価を下げました。

 

アナザーリリック ノーザンF生産 評価C

リオンディーズ 母父サクラバクシンオー 母母父サンデーサイレンス

リオンディーズキングカメハメハ産駒だが血統ではどうしてもマイナーさがある。そういうマイナー血統には必ずGⅠでの壁がある。GⅠの芝2000Мで好走する血統構成ではない。祖母が長距離馬ポップロックの母なのでスタミナ面でも問題はないが芝1800Мがベストの印象。ただ休み明けで3勝クラスのレースを1番人気で一発クリアするあたり能力は相当高い(秋華賞は2勝クラス一発クリアレベルの馬で十分勝負になっている)。

 

アンドヴァラナウト ノーザンF生産 評価B

キングカメハメハ 母父ディープインパクト 母母父トニービン

アカイトリノムスメ同様、超王道血統構成。野芝オンリーの前走重賞で勝利したもののやはりGⅠでは底力不足が懸念される。先週京都大賞典5着だったロードマイウェイのところで書いたが、今の阪神芝、さらに阪神芝2000Мではトニービンの血があることは相当な強みである。勝てなくとも2,3着はあり得る。

 

アールドヴィーヴル ノーザンF生産 評価B

キングカメハメハ 母父ディープインパクト 母母父シンボリクリスエス

この馬も同様の王道血統構成で底力の無さが桜花賞5着、オークス5着の成績に現れている。ただ今の阪神の芝は合うはず。週末雨予報がある阪神だが馬場が渋れば良馬場より妙味ありそう。

 

エイシンヒテン 栄進牧場   評価C

エイシンヒカリ 母父エイシンワシントン 母母父サンデーサイレンス

エイシンヒカリディープインパクト産駒だがマイナー血統である。良馬場ではノーチャンスだが重馬場で枠、展開が向くなら前走同様粘れる可能性がある。

 

エンスージアズム  社台系  評価D

ディープインパクト  母父ストームキャット 母母父アリダー

少し前黄金配合と言われたディープインパクトストームキャットの配合も今ではトレンドの終了でGⅠでは荷が重い印象。軽い馬場ならともかく今の阪神の重い芝ではノーチャンス。

 

クールキャット   レイクヴィラF 評価D

スクリーンヒーロー 母父ダンスインザダーク 母母父モガミ(リファール系)

トリッキーな京都芝2000Мならスクリーンヒーローもいいし、母父ダンスインザダーク母母父モガミで穴っぽさを感じるが阪神芝2000では微妙な印象。

 

サルファーコスモス ノーザンF生産 評価C

キングカメハメハ 母父ネオユニヴァース 母母父マーケトリー(ミスプロ系)

荒れ馬場や時計が掛かる馬場が合いそうな血統構成。馬場が渋って道中緩い流れのヨーイドン競馬の展開になれば浮上しそうだがさすがにGⅠでその展開は望めないかも。

 

ステラリア 社台系 評価C

キズナ 母父Motivaor(サドラーズウェルズ系)母母父ストームバード系

阪神芝2000М忘れな草賞を好時計で勝っているが基本的にはスローのヨーイドン競馬向き。良馬場のGⅠの流れは不向きで好走可能なら重馬場。

 

スライリー 評価D

オルフェーヴル 母父ディープインパクト 母母父ダンチヒ

阪神芝は馬場が渋ればステイゴールド系がいいのでオルフェーヴル産駒のこの馬も重馬場向き。ただ父、母父が共にサンデーサイレンス系で底力はなくGⅠでは厳しい。

 

スルーセブンシーズ ノーザンF生産 評価D

ドリームジャーニー 母父クロフネ 母母父ボールドルーラー

ドリームジャーニーステイゴールド系でこの馬も重馬場がいい血統。マイナー血統なので野芝中山の前走は好走したがオーバーシード馬場のGⅠでは厳しい。

 

ソダシ ノーザンF生産 評価A

クロフネ 母父キングカメハメハ 母母父サンデーサイレンス

血統的には2歳GⅠレベルと思われたが桜花賞を鬼レコード時計で完勝。オークスでは距離不安的中で8着。しかし予想以上に差がなく強さを感じた。前走札幌記念では不利な大外枠から完勝。今の阪神は馬場が柔らかく、柔らかい札幌の馬場で強い勝ち方を見せられているので馬場的な死角もない。トリッキーな京都コースなら落とし穴も感じるが現状アクシデントがない限り勝ち負け。

 

ファインルージュ ノーザンF生産 評価C

キズナ 母父ボストンハーバー 母母父ダンスインザダーク

母系だけで言えば芝1400М~1800М。正直GⅠでは足りない血統。しかし桜花賞3着。桜花賞の時はキズナ産駒がハマっていたので、この馬は血統うんぬんではなく今週末土日のキズナ産駒のハマり具合で取捨を決める方が良さそう。

 

ホウオウイクセル レイクヴィラF 評価D

ルーラーシップ 母父スペシャルウィーク 母母父メジロライアン

野芝適性のある母系から前走紫苑ステークスでも狙ったが惨敗。枠や展開以上に能力的に足りない印象。ルーラーシップ産駒は阪神芝2000Мは悪くないが母系が今の阪神芝2000Мで来る血統ではない。日曜が不良馬場のスタミナ勝負ならあり得るかも。

 

ミスフィガロ ノーザンF生産 評価B

ディープインパクト 母父キングカメハメハ 母母父ブロードブラッシュ

ワグネリアンの全妹なのでツメの甘さ、脆さを感じる血統。切れ味勝負の阪神外回りコースなら微妙だが、この馬のようなダート血統の母系が今の阪神内回り芝2000Мでは合う。馬場不問、内枠を引ければGⅠでも楽しみ。

 

ユーバーレーベン マイネル系 評価C

ゴールドシップ 母父ロージズインメイ 母母父ブライアンズタイム

基本先行が有利の阪神内回り芝2000М。この馬は不器用なので内回りコースは合わず、脚質的にも厳しい。ここは叩きで次走エリザベス女王杯が目標のように思える。良馬場ならノーチャンスと見ているが、日曜が雨の影響で重馬場になればステイゴールドゴールドシップ産駒で、さらにタフ馬場向きの母系が本領発揮する可能性あり。

 

 

以上、秋華賞の出走確定馬の血統診断でした。

オークス本命馬だったユーバーレーベンを軽視、デビューからずっと食わず嫌いだったソダシに白旗を上げて本命視というのが私の現状評価です。

ついに私に目を付けられたソダシの運命やいかに!

あとは土曜の阪神の馬場を加味して結論を出します。