脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

土曜の予想は好結果! 雨予報の日曜、馬場が渋ればあの血統が来る!~3/28日曜競馬の予想~

kakikenです。

 

土曜の予想結果は良い感じでした。詳しくはまた後日振り返ります。

今日の阪神メイン毎日杯は2番人気シャフリヤールがレコードタイムで勝利。

実はこの毎日杯、好タイムで勝った馬はその後高確率でGⅠ馬になります。クラシックでは皐月、ダービーで絡む可能性が高いです(例外はブラストワンピースでしたがダービー5着と裏切ったものの有馬記念を勝ちました)。

シャフリヤールは皐月馬アルアインの全弟ですし、(ノーザンFのローテなので皐月賞は回避するかもしれませんが)春のクラシックの大本命になりましたね。

 

さて、日曜は3つの競馬場すべて雨の影響を受けそうですが、芝レースで馬場が渋るといい血統はお馴染みキングカメハメハキングマンボ)系ですが、それに加えてこの時期のエアレーション無し馬場で馬場が渋るといい血統がステイゴールド系です

そういえば高松宮記念、ドンピシャな馬がいますね。

日曜は中京の3つのレースを予想します。

 

日曜中京5R 三歳未勝利 芝2000М

繰り返しになりますが、中京芝2000М、特に三歳未勝利戦はハーツクライが血統では狙えます。特にノーザンF、社台F生産馬ならその信頼は跳ね上がります。

④カレンルシェルブル 社台F系

母父ハーツクライ。父はハービンジャーで今の中京芝なら雨で馬場が渋ればさらに信頼が増しそうです。多分、勝てるはずです。

⑦ビューティーウェイ ノーザンF

一昨年の牡馬クラシックで皐月賞2着、ダービー3着、菊花賞3着だったヴェロックスの全妹です。父がハーツクライ系のジャスタウェイ。他場で凡走してますが、中京芝2000Мは間違いなくベストの舞台。大駆けに期待です。

①コスモジェニー

ステイゴールドゴールドシップ産駒。日曜が稍重、重だったら買うべき一頭。

⑧ペドラフォルカ

⑩プレイイットサム

父か母父にディープインパクトがあって、血統として渋った芝が良さそうな2頭。

ここは④から流し。

①⑧⑩

 

日曜中京9R 大寒桜賞 芝2200М

中京芝2200Мといえばルーラーシップ産駒ですが、このレースにおいては毎年のようにノーザンFか社台F系のルーラーシップ産駒、ディープインパクト産駒を狙えばほぼ獲れるレースです。人気になるので配当は期待出来ないのですけど当てて気分よくなれるレースですね。

今年は候補が多くいるので軸馬選びに迷うそうですけど、このレースで勝った馬は高確率で次走青葉賞を使います。そしてそこで高確率で好走します。なのでここは青葉賞に来そうな馬を選びます。

⑪バジオウ 社台F系

ルーラーシップ産駒で母父ハービンジャー。馬場が渋れば間違いなく好走するはず。そしてこの馬は祖母ダンスインザムードダンスインザダークの全妹で、ダンスインザダークはいかにも青葉賞向きの血統ですから適性ドンピシャの馬です。

⑦ウインドリッパー ノーザンF

前走あすなろ賞でも期待した馬。あすなろ賞勝ち馬は先週のスプリングSと好相性のレースでこの馬が勝てばスプリングSも好走すると思っていただけにその目論見は外れましたが、中京適性は高そうなので巻き返してくれるでしょう!

マカオンドール ノーザンF

父はゴールドシップでステイゴール系です。この種牡馬の産駒はマイネル軍団で多く見かけますがノーザンF生産なんですよね。なので期待度の高い馬だと思います。母父ダルシャーンでいかにも青葉賞好走しそうな血統ですし、馬場が渋ったらこの馬本命でもいいくらいです!

この3頭中2頭は最低でも馬券になるはず。この3頭以外なら

⑥アナレンマ

ディープインパクトで母父ガリレオ母母父デインヒル青葉賞向きなのでここでも通用する雰囲気があります。

④アドマイヤハレー

⑤グラティトゥー

今の中京芝でハマりつつあり、中京芝2200Мも合うロベルト系です。

⑪⑦⑭プラス手広くなら④⑤

 

日曜中京11R 高松宮記念芝1200М

昨日も触れましたが、個人的に衝撃の枠順になったため、勝負度合いが極端に落ちました。日曜は中京5R、9Rで勝負して、このレースは遊び程度で抑えるのが無難かなとも思ってます。

傾向だけなら⑭ダノンスマッシュも⑯レシステンシアは凡走する可能性が高いので高配当が見込めるレースとも言えますが、馬場が渋って外有利の可能性が無いわけでもないので恨めしい枠順ではあります。

内枠有利の段階で誰もが目をつけるのが2枠2頭③ライトオンキューと④モズスーパーフレアです。

ただ一昨年ように17番人気ショウナンアンセムが3着に来るレースですからね。無難はいけませんね。

そこでレース展開をシミュレートしてみました。

④モズが逃げます。過去二年外枠引きましたが今年は内枠。楽に逃げられます。前走シルクロードSは馬場がこの馬向きではなかったので度外視できます。

④モズの逃げ切り濃厚か?

しかし騎手は先週の中京の馬場を熟知してます。前が止まらない。

そうなるとスプリンターズS同様にモズは厳しいマークに合います。さらには外の馬に早めに圧されます。外のダノンスマッシュ、レシステンシアが直線モズを捕えてかわします。やっぱりこの2頭か!

なんて簡単に行かないのが外枠を引いてしまった宿命。必ずツケが回ってきます。

内から、あるいは外から何かが差してくる(はず!)。

結論として狙うのは内枠の差し馬です。

ちなみに今日の芝1400М戦では内枠の差し馬が好走していました。「差せる」という印象を持った方も多いのではないかと思います。そこは参考にしたいですね。

そして馬場が渋ったら浮上する血統はキングカメハメハステイゴールド

ドンピシャの馬がいます。

⑨インディチャンプ

内というより真ん中の馬ですけどね。

初の芝1200Мがカギになりますがこの馬はスパッと切れるというより持続的に脚が使える。淀みない流れが合います。安田記念のような高速決着に対応できる馬なら芝1200Мの対応は間違いなくできます。馬場が渋って追走が楽になりそうだし、血統が父ステイゴールド母父キングカメハメハ。恵みの雨になる可能性が高いと思います。

外枠2頭に死角があるのでこの馬の単複は買いたいです。

問題は相手ですね。このレースを10頭立てと考えるなら

①②③⑩

①アウィルアウェイ②レッドアンシェル③ライトオンキュー⑩ラウダシオンの4頭。

特に①アウィルアウェイはインディチャンプの全妹ですから安直に兄妹馬券を期待してしまいます。チキン野郎になりますがこのワイド4点で勝負です。

ただ圧倒的不利とわかってもやっぱり外枠の⑭ダノンスマッシュと⑯レシステンシアは怖く感じます。もともと本命視していた馬なので仕方ないですけどね。

今年はレースの結果だけでなくツボも生き残りにも注目です。

今年の高松宮記念は『Bコース初週の芝1200Мは内枠』というツボにとって最大の試練です。もし⑭ダノンスマッシュも⑯レシステンシアも4着以下に敗れたら、このツボはしばらく不動のものになるでしょう。

 

 

 

予想は以上です。

では日曜の競馬を楽しみましょう!