脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

2022年スプリンターズステークス出走馬血統診断

kakikenです。

 

今回は週末のGⅠスプリンターズステークス出走馬血統診断です。

近年中山は馬場次第で内枠有利、外枠有利、先行有利、差し有利が露骨になります。今春の皐月賞では内が悪く露骨な外枠有利の馬場になりました。

先週のオールカマーを見る限り今年は内枠有利の馬場が予測できます。

そもそも近年このレース内枠有利なのですけど。

枠次第ですが野芝開催ということで血統的要素も重要になります。

野芝開催ですが最終週は洋芝開催の雰囲気が血統では見られます。なので野芝オンリー、洋芝オンリーの馬場が合う血統かどうか。

あとはGⅠなので速い時計が出る可能性もあるので時計勝負の向き不向きなども診断します。

 

ウインマーベル  評価C 時計勝負D

アイルハヴアナザー 母父フジキセキ 母母父ニジンスキー

マイナー種牡馬アイルハヴアナザーでローカル競馬場向き。母系に古い血がある馬はオンリー馬場は向きますが速い時計勝負は不向き。時計が出る馬場だと厳しい。

 

ヴェントヴォーチェ 評価B 時計勝負B

タートルボウルノーザンダンサー系)

母父Distant View(ミスタープロスペクター系)

母母父エーピーインディボールドルーラー系)

野芝オンリー、洋芝オンリー馬場が得意のタートルボウル産駒。母系がダート色が強いパワータイプ。今の中山は合うはずなので好勝負できそう。

 

エイティーンガール 評価C 時計勝負D

ヨハネスブルクストームキャット系)

母父アグネスタキオンサンデーサイレンス系)

母母父ヘクタープロテクターミスタープロスペクター系)

母系から野芝適性の髙さあり。ただ荒れ馬場、重馬場向きなので時計勝負も不向き。重馬場、外差し馬場になれば少しはやれるか。

 

ジャンダルム  評価B 時計勝負C

父kitten'joy(サドラーズウェルズ系)母父サンデーサイレンス

母母父ダンチヒ

昨年4番人気11着。6枠、中団という中途半端な競馬。母はビリーヴはスプリンターズステークス勝ち馬。現役時代活躍した母の産駒が走りやすいのが野芝開催。この馬自身の芝適性もあり、中山適性もあるので有利な枠を引けば巻き返しあり。

 

シュネルマイスター 評価B 時計勝負B

kingmanダンチヒ系)

母父Soldiar Hollowサドラーズウェルズ系)

母母父ハイエストオナーゼダーン系)

母系は重厚だがこの馬は軽い馬場向き。なのでオンリー馬場は合うはず。格は最上位だがスプリント適性には疑問視、絶対的ではない。

 

ダイアトニック 評価C 時計勝負C

ロードカナロアキングカメハメハ系)母父サンデーサイレンス

母母父アレミロード(リボー系)

可もなく不可もなくといった感じ。強い買い要素は無い。

 

タイセイビジョン 評価B 時計勝負B

タートルボウルノーザンダンサー系) 

母父スペシャルウィークサンデーサイレンス系)

母母父マキャヴェリアン(ミスタープロスペクター系)

ヴェントヴォーチェと同じタートルボウル産駒。馬場は合うのであとは展開が向くかどうかだけ。

 

テイエムスパーダ 評価C 時計勝負C

レッドスパーダタイキシャトル

母父アドマイヤコジーン(カロ系)母母父マイニング(ミスタープロスペクター系)

母系が『ザ野芝』という血統。ただローカル向きで軽すぎる印象。中山の坂も微妙。

 

トゥラヴェスーラ 評価C 時計勝負C

ドリームジャーニーステイゴールド系)

母父アドマイヤコジーン(カロ系)

母母父Woodmanミスタープロスペクター系)

テイエムスパーダと同じ母父アドマイヤコジーンで野芝適性のある母系。この馬も平坦小回り向きだがテイエムスパーダよりはパワーがあるので中山はこなせそう。追い込み馬なので展開も向くかどうか。

 

ナムラクレア 評価A 時計勝負A

ミッキーアイルディープインパクト系)

母父ストームキャット 母母父クリスエス(ロベルト系)

野芝実績、洋芝実績両方ありでタフな流れの競馬も合う。ミッキーアイル産駒の中山適性というのがやや微妙だが、トータルでは抜けた存在。

 

ナランフレグ 評価B 時計勝負C

ゴールドアリュールサンデーサイレンス系)

母父ブライアンズタイム(ロベルト系)母母父タマモクロスフォルティノ系)

母系が古く野芝適性はある。近走芝1200М戦では安定しているが枠、展開次第。時計勝負も向いていないので重馬場でどこまでという感じ。

 

ファストフォース 評価C 時計勝負C

ロードカナロアキングカメハメハ系)

母父サクラバクシンオー 母母父デインヒルダンチヒ系)

血統構成では高い評価だが、昨年先行できず15着。坂のある中山も合わない感じで今年先行できても厳しい印象。

 

マリアズハート 評価C 時計勝負C

父シャンハイボビー(ストームキャット系)

母父マリアズモン(ネイティブダンサー系)

母母父レッドランサム(ロベルト系)

野芝適性もあり、中山巧者の馬。血統の雰囲気から昨年3着シヴァージの穴っぽさがある。有利な枠を引き、展開が向けば面白い存在。

 

メイケイエール 評価A 時計勝負B

ミッキーアイル 母父ハービンジャーダンチヒ系)

母母父クロフネ(デピュティミニスター系)

昨年3枠6番で7番人気4着。好枠さえ引けば今回も好勝負可能。前走のレコード勝ちは上り3Fの速さで時計が出たもの。前半からハイペースになる芝1200МGⅠでは4,5着と爪の甘さが残るので死角はあり。

 

メイショウミモザ 評価D 時計勝負D

ハーツクライサンデーサイレンス系)母父フレンチデピュティ

母母父サドラーズウェルズ

北海道実績のある馬なので最終週の中山は合いそう。ただ時計の掛かる馬場向きの差し馬なので重馬場でどこまでという感じ。

 

ラヴィングアンサー 評価C 時計勝負C

ダイワメジャーサンデーサイレンス系)

母父ロックオブジブラルタルダンチヒ系)

母母父ロイヤルアカデミー(ニジンスキー系)

昨年2枠3番で15番人気10着。ダイワメジャー産駒で母系も悪くない。パワータイプなので平坦小回りより坂のある中山の方が向く。馬券圏内は厳しいだろうがそこそこ上位に食い込む可能性はある馬。

 

 

以上スプリンターズステークス出走馬血統診断でした。

現状ナムラクレアが軸です。一番強いと思っています。

中山巧者が揃った感じなので枠次第では穴馬台頭が期待出来そうです。

さてどんな枠順になるのでしょうか。