脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

王道種牡馬がいい阪神芝3000Мは母系で決まる~2022年菊花賞出走馬血統診断~

kakikenです。

 

今回は週末日曜阪神競馬場で行われる菊花賞出走馬の血統&適性診断をします。

予想イメージとしては先行有利、差し馬ならロスない内枠の馬狙いという感じです。

血統的にみると近年の阪神芝3000,3200Мのレースをチェックしましたが、圧倒的にディープインパクト産駒、キングカメハメハ産駒がいいです。

母系を見ると先週の秋華賞大阪杯同様にデピュティミニスター系など王道のアメリカンノーザンダンサー系血統のある馬が好走傾向にあります。

京都と違って直線ヨーイドン競馬になりやすいのが要因だと思っています。

なので今回も母系にハマりの血統がある馬は好走すると思っています。

 

すでに枠順が確定しているのでその点も加味して評価していきます。

①ガイアフォース   血統A 適性A

キタサンブラックブラックタイドサンデーサイレンス系) 

母父クロフネ(デピュティミニスター系)

母母父ダンスインザダークサンデーサイレンス系)

母父がデピュティミニスター系クロフネ、母母父が阪神3000Мに強いダンスインザダークとドハマり。種牡馬キタサンブラックへの評価が半信半疑ですが前走セントライト記念も強い勝ち方で、好枠内枠ゲット。スムーズに回れれば勝ち負け濃厚。

 

②シェルビーズアイ  血統C 適性C

ハービンジャーダンチヒ系)

母父ゼンノロブロイサンデーサイレンス系)

母母父スウェプトオーヴァーボードフォーティナイナー系)

阪神コース相性のいいハービンジャー産駒。母系はダート色が強く、適性的には合っているがGⅠではパンチ不足の印象。

 

③ブラタリア   血統B 適性B

ディープインパクト

母父クロフネ(デピュティミニスター系)

母母父フォーティナイナーミスタープロスペクター系)

王道ディープインパクト産駒で母父デピュティミニスター系クロフネ。ハマっている印象だが母母父フォーティナイナーというところでGⅠでの底力不足、脆さを感じる。

 

④ボルドグフージュ  血統B 適性B

スクリーンヒーローシルヴァーホークーロベルト系)

母父Layman(サンデーサイレンス系)

母母父Woodmanミスタープロスペクター系)

ロベルト系産駒は合っている。タフさのある母系だがGⅠでは底力不足が否めない。重馬場がいい母系なので馬場が渋れば面白い。

 

⑤ヤマニンゼスト  血統B 適性C

シンボリクリスエス

母父ディープインパクト

母母父サドラーズウェルズノーザンダンサー系)

本来母父でよく見かけるシンボリクリスエスが父。こういう古い父の馬は野芝適性が高く前走野芝中京の神戸新聞杯で穴を開けたのには納得できた。今の阪神も野芝色が強めの馬場なので引き続き馬場は合いそうだがさすがにGⅠでは厳しい血統構成。仮に父エピファネイアシンボリクリスエス産駒)なら母父ディープインパクト、母母父サドラーズウェルズでドはまり血統だった。

 

⑥ビーアストニッシド 血統C 適性D

アメリカンペイトリオットダンチヒ系)

母父ネオユニヴァースサンデーサイレンス系)

母母父キングカメハメハ

長距離もこなせる母系だがアメリカンペイトリオット産駒で芝3000Мは適性外。

 

⑦アスクワイルドモア 血統B 適性C

キズナディープインパクト

母父ゼンノロブロイサンデーサイレンス系)

母母父Candy Stripes(ブラッシンググルーム系)

爆発力のあるキズナ産駒らしくタフな馬場、タフな流れが合う馬。基本的に前走のようなヨーイドン競馬は合わない。今回は長距離戦とは言えある程度の上りも要求されるレースになりそうなので良馬場だと厳しい。重馬場で上りも掛かるタフな馬場向き。

 

マイネルトルファン 血統B 適性C

オルフェーヴルステイゴールド系)

母父ロージズインメイデヴィルズバッグ系)

母母父ブライアンズタイム(ロベルト系)

長距離得意のステイゴールドオルフェーヴル産駒。ただ今の阪神の馬場はステイゴールド系は合っていない印象。母系はタフなので重や不良馬場になれば良さそう。

 

⑨シホノスぺランツァ  血統C 適性C

ブラックタイドサンデーサイレンス系)

母父シンボリクリスエス(ロベルト系)

母母父トニービンゼダーン系)

長距離戦は合いそうな血統構成だがこれという強調材料に乏しい。

 

⑩セイウンハーデス  血統B 適性B

父シルバーステート(ディープインパクト

母父マンハッタンカフェサンデーサイレンス系)

母母父エリシオ(フェアリーキングーノーザンダンサー系)

ヨーイドン競馬が合うシルバーステート産駒でスタミナ色のある母系。GⅠでのパンチ不足を感じるがレースペースなどは合いそう。そこそこ好走する雰囲気はある。

 

⑪ドゥラドーレス 血統A 適性A

ドゥラメンテキングカメハメハ

母父ハービンジャーダンチヒ系)

母母父ダンスインザダークサンデーサイレンス系)

昨年覇者タイトルホルダーと同じドゥラメンテ産駒。母母父ダンスインザダーク、母系にディープインパクトの母ウインドインハーヘアもあり血統的にはドハマり。ムラのあるハービンジャーが母父にあるというので不安定さは感じるが阪神コースの菊花賞はベストマッチの印象(京都なら合わなさそう)。

 

ヴェローナシチー 血統A 適性B

エピファネイアシンボリクリスエスーロベルト系)

母父ゼンノロブロイサンデーサイレンス系)

母母父クロフネ(デピュティミニスター系)

昨年の2,3着馬の父エピファネイア産駒。母母父クロフネで血統的にプラス材料が多い。2,3着が多いツメの甘い馬、本質的にタフな流れ向きでGⅠのペースの方が合う馬だが、ヨーイドン競馬になりやすいコースなのでペース次第な感もある。この馬はすみれステークス3着馬。近年すみれステークス好走馬は菊花賞も好走している点では注意が必要。

 

⑬ディナースタ  血統A 適性B

ドゥラメンテキングカメハメハ

母父アンブライドルズソングファピアノ系)

母母父Shadeed(ニジンスキー系)

ドゥラメンテ産駒で母系にも底力を感じる。強引なまくり競馬で良績を残していることからも切れる脚の無いスタミナ型の馬。今回は正直まくり競馬の向かないコースなのでその点は気になるが穴っぽさのある一頭。

 

⑭アスクビクターモア 血統B 適性B

ディープインパクト

母父レインボウクエスト(ブラッシンググルーム系)

母母父ナイトシフト(ノーザンダンサー系)

ディープインパクト産駒の大将格で実績最上位馬。ただ本質切れる脚が無い馬なのでヨーイドン競馬になりやすい今回のコースは合わない可能性があり絶対視は禁物。それでもダービー3着など底力がある馬、勝てないけど2~5着に来る馬という印象。

 

⑮ポットボレット 血統C 適性B

ジャスタウェイハーツクライ

母父メダグリアドーロサドラーズウェルズ系)

母母父Settlement Day(バックパサー系)

スタミナというより重馬場向きの血統構成。GⅠでは厳しい印象。ただ前述した菊花賞と相性の良いすみれステークス勝ち馬。気づいたら掲示板の下くらいには来ている?

 

⑯フェーングロッテン 血統C 適性C

ブラックタイドサンデーサイレンス系)

母父キングヘイローダンシングブレーヴ系)

母母父サクラバクシンオーテスコボーイ系)

スプリンターズS覇者・ピクシーナイトの半弟。母系の印象からもスタミナでの不安を感じる血統構成。母系は野芝適性が強いので今の阪神芝は合う感じだが今回は好位を取るのにロスが生じる外枠。その点もマイナス。

 

ジャスティスパレス 血統A 適性A

ディープインパクト

母父Royal Anthem(ヌレイエフーノーザンダンサー系)

母母父Red Ronsom(ロベルト系)

今年の阪神大賞典2着、春の天皇賞5着アイアンバローズの半弟。スタミナのある母系で、兄アイアンバローズはヨーイドン競馬向きの馬だがこの馬もヨーイドン競馬向き。オルフェーヴル産駒だった兄と違いディープインパクト産駒ということで、血統、コース適性、ペースと全てにこの馬に向いている。大外枠というのがマイナス点。

 

⑱セレシオン 血統B 適性B

ハーツクライ

母父Candy Stripes(ブラッシンググルーム系)

母母父Ahmad(ナスルーラ系)

切れる脚もあり長距離も合う感じだが、母系がGⅠではパンチ不足の印象。そこそこ走るがそれ以上はどうか? 大外枠もマイナス。

 

 

以上、菊花賞出走馬血統診断でした。

現時点では①ガイアフォースが筆頭。キタサンブラック産駒のGⅠ制覇なるかに注目しています。ここで勝てばその勢いでイクイノックスが秋の天皇賞を勝つ流れだと予想していますが、秋の天皇賞に関してはまた次週に。

次点で⑪ドゥラドーレス、⑰ジャスティンパレス。

穴で⑬ディナースタ、⑫ヴェローナシチー。

実績最上位⑭アスクビクターモアは上り勝負の不安ありで押さえ。

ガイアフォース以外が外目の枠の馬ばかりなので、内枠有利なら④ボルドグフージュあたりをケアする必要はありそうです。

例によって土曜の馬場傾向などを加味して最終決断するつもりです。

ただ『木曜の予想のままで良かった』という結果が多いので、日曜の予想よりこちらを参考にしてもらう方がいいかもしれませんが……。