脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

アーモンドアイはGⅠ8勝目、私もGⅠ8連勝?……フィエールマンが邪魔!~天皇賞(秋)の結果~

kakikenです。

 

珍しく当日の内に回顧です。

今いろいろ忙しいので今後ブログアップしている暇がとれるか微妙なので。

では早速結果振り返ります。あ~悔しい!

 

日曜東京11R 天皇賞・秋 芝2000М

 (予想)

昨日の東京のレースを復習して思ったのが『時計が出てない!』。

逃げ粘っていた馬もいましたが、予想よりはるかに差しが決まっている。

スローのヨーイドン! 上りだけって感じ。

これは例年とは違う!

何となく2014年スピルバーグが勝った時に近い馬場かな~と。

あの年、勝ち時計1分59秒7。道中緩い流れで直線ズドンと差すイメージ。

つまり時計出ない可能性あるなと。

週中のブログでこんなコメントを書きました。

『スカーレットカラーはドスローの上りのみ競馬なら可能性はあるけどGⅠのペース向きの馬ではないです』

『唯一名前出ていないジナンボー。血統は合っている感じはしますが印象としてはスカーレットカラーと同じ時計が掛かるレース向き』

昨日の結果を見て浮かんだのはこの2頭。

今年のメンバーは、昨年私が軸馬して馬券的中の立役者になった快速逃走娘アエロリットのように飛ばして逃げる馬がいません。

今年はスローのヨーイドンになるかもしれません。

私は今年⑫ジナンボーが逃げる気がします。

ジナンボーの前走新潟記念はこのブログでも予想しましたが、あの時新潟芝外回りコースは露骨な外枠差し馬有利の馬場。逃げちゃだめだ、逃げちゃ!

そういう馬場でジナンボーはスタートこそ後ろでしたが、一気に加速先行、結局逃げてそのまま、直線外に出してあわや逃げ切り勝ちの2着。

そのイメージを今回デムーロ、狙っている感じします。

ただGⅠなのと、アーモンドアイは前に残られるのを絶対嫌がるので早めに先行はつぶしにかかるので狙うなら差し馬の⑩スカーレットカラーだと思っています。

イメージではこの馬なんですよね、土曜の東京のような馬場が合うのは。

時計が掛かって上りが速い。

ちなみに14年は三冠牝馬ジェンティルドンナがいましたが、まさかスピルバーグに負けるなんて思いませんでした。

「こんな馬に差し切られるのか?」

と当時は驚きました。

今年『こんな馬に差されるのか?』な馬はスカーレットカラーしかいませんね。

昨日は芝もダートもこの馬の父ヴィクトワールピサ産駒が東京は結構走っていたので季節柄も合っている可能性あります。何より芝2000Мのレースですが適性的には芝1800Мがベストの馬の方が合っていますので、適性芝1800Мベストのこの馬は候補に絶対入れなきゃいけない一頭になってしまいました。

 

あと昨日の東京は、何か『いつもじゃん』って気がしますがキングマンボ馬場。

芝2000Мのレースではアーモンドアイと同じロードカナロア産駒が1着3着。

⑨アーモンドアイが来るのはほぼ間違いないですね。

勝つかどうかはわかりませんが凱旋門のエネイブルのようなことはないでしょう。

今年は牝馬3頭のワン、ツー、スリーもありえますね。

血統だけで見れば母系はアメリカン、ダート血統がいいです。

それにマッチしているのは週中でも軸候補だった④ダノンキングリー

適性は芝1800Мベストだし、母系ダート血統で申し分なし!

例年の高速先行馬場なら間違いなく来てます!

しかし今年は馬場が高速にならない上に差しが決まりそうなのが不安材料。

昨日書きましたが私によくある『ズレが生じて4、5着』のパターンが怖い!

結論としてはハイペースの高速馬場になるなら週中あげた⑨④⑦⑪。

高速馬場にならず平凡時計の決着なら⑩⑫があり得る。

⑨④⑦⑪⑩⑫

何としても的中させるための保険馬券⑨-④⑦⑩⑪⑫

 (結果)

⑨-⑥-⑦

骨折り損のくたびれもうけ。無駄でした追加した⑩⑫は。

結局週中の予想でほぼ当たっていました。

勝ち時計1分57秒8。

やはりそれなりのタイムでしたね。

ただ!邪魔だよフィエールマン!

この馬が居なければ⑨⑦⑪で的中だったのに!

まあ2着に⑦が粘ってくれていたら堂々的中でしたが。

しかしフィエールマンが上り32秒台使うとは……。

しかも2着まで来られたのではもう負けを認めるしかないですね。

今回は不的中にします!

さすがに⑦-⑨のワイド的中とか言うのは情けないので。

そして期待した④ダノンキングリーは中途半端な競馬で最下位!!!

荒れ馬場ダメな血統ではないはずですけど。

この点を重くみてダメだったと思います、今回の天皇賞は。

それでも私の見解どおり6歳は来なかったですし、1、3、4着は当ててますから見立ては間違ってなかったです。

今年は馬場が例年より悪いことでズレが生じて、私も色々翻弄されてしまいました。

反省です。

ま、大外れなわけではないし、やっぱりGⅠはある程度見えている自信がありますので、リセットしてまた再来週のGⅠを頑張ります!