脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

土曜は中京芝Bコースで例外的好走したあの馬の勝利に期待!~1/30土曜競馬の予想~

kakikenです。

 

 シルクロードSの枠順確定しましたね。私の希望通りモズスーパーフレアが外枠。しかしシヴァージも含めて有力馬が外枠に集まってしまいましたね。外枠に注目が集まるのはありがたいことです。果たして外枠は来るのか? ちなみに内枠で狙う馬はほぼ決まってます。あとは土曜の傾向を見て最終判断するつもりです。中京芝に関してはBコースでロベルト系が引き続きハマるのかも注目ですね。

 東京は根岸Sがあるのでダートの馬場状態が気になりますね。金曜の夕方現在でまだダートは重。稍重まではすぐ回復しますが、そこからなかなか良にならないのが冬のダート。日曜はもしかするとギリギリ稍重で行われる可能性が出てきました。東京は初週なので土曜は芝もダートも様子見、例年と傾向が同じか確認です。

 小倉に関しては先週ディープブリランテ産駒でうまく行きましたが、あれはどうやら小倉2週目だけのツボっぽいです。同じように今週小倉3週目が特に良さげな血統がありまして、ちょうど注目していた馬がその血統の馬。日曜小倉に出走するので土曜はその血統のハマり具合に注目します。その血統が何かは日曜の予想で話します。

 

では土曜、狙える二つのレースを予想します。

土曜小倉11R 周防灘特別 芝1200М

見出しで思わせぶりに書いた『あの馬』とは

ホーリーライン

先々週注目馬で紹介した馬なので覚えている方も多いと思います。この馬は昨年12月中京芝Bコース初週の芝1200Мで不利な外枠、しかも差して3着になった馬です。『この馬は格が違うから来たんだ』と考え『格が違うなら勝つだろう』と前走小倉で注目馬として取り上げました。結果僅差でしたが期待通り勝利。

今回昇級初戦ですが、冬の時期は昇級馬が好走する傾向、格より勢いが大切。

ここでも好勝負、連勝できると思ってます。

唯一不安材料は内枠を引くことだけでした。Aコース3週目、ただでさえ外枠有利になりそうな上に一日3つ芝1200Мのレースがある時、3つ目のレース(このレースです)はかなり高い確率で外枠で決まる傾向があるからです。

今回大外8枠⑱番は最高の枠かもしれません。スムーズに競馬が出来そうですし、決め手は中京Bコースで実証済み。大外からの豪快な差し切り勝ちを決めて『クラスが上の馬でないと来れないくらい中京Bコース初週の芝1200Мは外枠が不利』ということを証明してほしいです。

ここは単複勝負といきたいですけど一応8ホーリーラインの相手探し。

デトロイトテソーロ

ラミエル

⑫ブラッディムーン

⑨ヴォイスオブジョイ

⑬マッスルマサムネ

基本⑱-⑩⑪⑫でいいと思ってますが、⑩⑪⑫は先行馬、ハイペースで前が総崩れになった時、⑨⑬あたりが浮上しそうだと考えています。

⑩⑪⑫⑨⑬

 

土曜東京11R 白富士ステークス 芝2000М

初週の芝レースは例年と傾向が真逆になる可能性もあるので馬場傾向で予想するのは難しいです。ただこのレースは馬場傾向不問でレース傾向があるのでそれに当てはめて予想します。

まず、前走3勝クラスを勝った馬が馬券になりやすいです。

該当馬は

⑥ポタジェ

人気馬、川田騎手が遠征してきます。しかも条件にハマっているのであれば素直にこの馬を信じていいでしょう。勝てないかもしれませんが、2、3着は堅そうです。

あと初週の東京芝はロベルト系の血がハマります。

該当は4頭。

②リンディーホップ(母父が該当)

③ギベオン(母母父が該当)

⑦フランツ(母父が該当)

マイネルファンロン(母母父が該当)

⑥から②③⑦⑨に流す。これが私の狙いです。

8枠の2頭が紛れ込む可能性があるので無難ならしょぼいですがワイド勝負?

⑥-②③⑦⑨

 

以上です。

取り上げるまでもないことですけど、ここ2週取り上げた小倉芝1200Мのミッキーアイル産駒について。今週も出走馬が土曜5Rだけ。⑤アイルキングと⑩メイムの2頭です。どうみても買えそうにないですけど、こういう感じの馬でどれだけ走るかで産駒適性はわかりそうなので引き続きチェックはしております。

あと土曜小倉6R芝2000М戦に⑥トーセンアレックスが出走。この馬何度と注目馬として紹介してますが、前走も勝負所でモタモタ。今回少頭数9頭立てでスムーズな競馬が出来そう。モタモタせずスムーズに直線向くことができれば、勝てるはずなんですけどね。少頭数なので妙味もなさそうですけど、名前だけは挙げておきます。

 

では土曜の競馬を楽しみましょう!