脱4着競馬研究室

独自の馬場読み、血統分析で競馬を投資に変える!

土曜小倉メインは予想と裏目で外れ、東京メインは傾向通りで的中~1/30土曜競馬の予想結果&日曜小倉の注目血統~

kakikenです。

 

色々書きたいことがあるのですが後回しにしてまずは土曜の予想の結果の回顧。

土曜小倉11R 周防灘特別 芝1200М

(予想)

見出しで思わせぶりに書いた『あの馬』とは

ホーリーライン

先々週注目馬で紹介した馬なので覚えている方も多いと思います。この馬は昨年12月中京芝Bコース初週の芝1200Мで不利な外枠、しかも差して3着になった馬です。『この馬は格が違うから来たんだ』と考え『格が違うなら勝つだろう』と前走小倉で注目馬として取り上げました。結果僅差でしたが期待通り勝利。

今回昇級初戦ですが、冬の時期は昇級馬が好走する傾向、格より勢いが大切。

ここでも好勝負、連勝できると思ってます。

唯一不安材料は内枠を引くことだけでした。Aコース3週目、ただでさえ外枠有利になりそうな上に一日3つ芝1200Мのレースがある時、3つ目のレース(このレースです)はかなり高い確率で外枠で決まる傾向があるからです。

今回大外8枠⑱番は最高の枠かもしれません。スムーズに競馬が出来そうですし、決め手は中京Bコースで実証済み。大外からの豪快な差し切り勝ちを決めて『クラスが上の馬でないと来れないくらい中京Bコース初週の芝1200Мは外枠が不利』ということを証明してほしいです。

ここは単複勝負といきたいですけど一応8ホーリーラインの相手探し。

デトロイトテソーロ

ラミエル

⑫ブラッディムーン

⑨ヴォイスオブジョイ

⑬マッスルマサムネ

基本⑱-⑩⑪⑫でいいと思ってますが、⑩⑪⑫は先行馬、ハイペースで前が総崩れになった時、⑨⑬あたりが浮上しそうだと考えています。

⑩⑪⑫⑨⑬

 (結果)

⑩-②-⑤

完全裏目な結果。内枠、先行馬での決着でした。今日は5R、7Rと芝1200М戦は内枠、先行、何となく外差しもありそうだったので3つ目の芝1200М戦のこのレースは外枠に期待したのですが、内枠、先行有利のままでした。

私の注目馬⑱ホーリーラインは7番人気5着でした。

鞍上は前が止まらないと考えてある程度先行しました。間違いではないのですけど、結果的にこの馬の良さである差し脚が鈍りました。いいと思った大外も結果的に仇となった感じです。ただ掲示板は確保、次走もっと荒れた小倉後半馬場なら勝ち負けです。

真逆の外枠重視、差し馬重視だったので私が選んだ馬は軒並み凡走でした。

予想よりも馬場が良かったのも読み違えた要因、ガッカリなレースでした。

 

土曜東京11R 白富士ステークス 芝2000М

(予想)

初週の芝レースは例年と傾向が真逆になる可能性もあるので馬場傾向で予想するのは難しいです。ただこのレースは馬場傾向不問でレース傾向があるのでそれに当てはめて予想します。

まず、前走3勝クラスを勝った馬が馬券になりやすいです。

該当馬は

⑥ポタジェ

人気馬、川田騎手が遠征してきます。しかも条件にハマっているのであれば素直にこの馬を信じていいでしょう。勝てないかもしれませんが、2、3着は堅そうです。

あと初週の東京芝はロベルト系の血がハマります。

該当は4頭。

②リンディーホップ(母父が該当)

③ギベオン(母母父が該当)

⑦フランツ(母父が該当)

マイネルファンロン(母母父が該当)

⑥から②③⑦⑨に流す。これが私の狙いです。

8枠の2頭が紛れ込む可能性があるので無難ならしょぼいですがワイド勝負?

⑥-②③⑦⑨

 (結果)

⑥-⑬-⑦

予想通りというか、8枠の1頭⑬サンレイポケットが紛れ込んでしまいましたがワイド勝負で的中。傾向通りでした。まあ⑥ポタジェは人気なので来て当然だったかもしれませんが、このレース出走のロベルト系の血がある4頭は人気薄だったので、それでも馬券に絡むあたり『初週のロベルト系』のツボはいいハマり具合だと感じました。

小倉メインがあれこれ読みを巡らせて惨敗だっただけに、このレースは傾向にあてはめ一瞬で予想終了。少し複雑になりましたが、的中してよかったです。

 

結果の回顧は以上です。

さて昨日少し取り上げた小倉芝1200Мのミッキーアイル産駒。小倉5R出走⑤アイルキング12着、⑩メイム17着と全くダメでした。明らかにダメとわかる馬はやはり走りませんね。ミッキーアイル産駒がいいというより小倉の芝1200Мはディープインパクト種牡馬がいいと大きく括るべきなのかもしれません。

 

土曜小倉6R芝2000М戦に出走した⑥トーセンアレックス。5番人気5着。レースを見ましたが、今回割とスムーズで早めに進出してましたが変わらない中途半端さ。

小倉コースは合わないと思いませんが今の小倉の芝の状態が合って無いと感じました。勝つ力はあります、開催後半の芝で巻き返しに期待したいと思います。

 

さて日曜に向けてですが、

根岸Sはどうやら稍重でレースを向かえそうです。週中、ブログで触れたあの馬が来るかどうかが楽しみですね。

中京の芝は相変わらずロベルト系が良さそうです。ただ何となく『もう芝ではない』と思いました。シルクロードSは内枠外枠より馬場適性の方が重要な気がしています。

小倉は今日のメインの結果で感じたのが『日曜にすべき予想だった』ということ。

日曜も小倉は芝1200М戦が3つあります。

3つ目の小倉メイン巌流島Sこそ、外枠重視でいいかもしれません。恐らく人気は逃げ先行⑦タマモティータイムなので外枠決着になれば高配当も期待できそうです。ただ予想にするほど手応えはないので話題の一つとしてだけここで触れておきます。

 

最後に昨日触れた小倉3週目が良さそうな血統について注目馬の出走するレースと一緒に取り上げておきます。

日曜小倉7R 4歳上1勝クラス 芝2000М

小倉3週目の芝でハマってそうな血統はヴィクトワールピサ産駒です。

今日は3頭出走で4着、1着、2着。1着は3番人気、2着は2番人気の馬なので実力で来たとも言えますけどハマる気配は感じました。

このレースで狙っている馬は

⑧ピンクレガシー

前走の時も注目馬としてあげました。開催初日で時計も早く前も止まらない馬場で後ろ過ぎる後方から追い上げて6着。今回もヴィクトワールピサ産駒がハマる感じなので引き続き狙えると思います。今年は例年より馬場が良さそうな小倉の芝ですが今日6つ芝のレース、明日もこのレースまでに3つ芝のレースがあります。さすがに馬場も荒れてくるはずなので展開もこの馬に向くのではと思ってます。

5、6番人気あたりでしょうから単複勝負でも良さそうです。

この馬軸で勝負なら相手は以下で。

⑧-②③⑨⑩⑪

 

 

このレース以外でヴィクトワールピサ産駒は

2R①グッドラックラブ⑱ロケットペンダント

10R③ディヴィナシオン

共に芝1200М戦で出走。ロケットペンダントとディヴィナシオンは期待出来ると思います。

 

 

とりあえず今回はここまで。

根岸SシルクロードSの予想はギリギリまで馬場状態をチェックしてから最終判断したいので明日の朝にアップする予定です。