脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

桜花賞は究極の上り勝負になる!~4/11日曜阪神・桜花賞の予想~

kakikenです。

 

憤死しました。

勝負した土曜の中山……例によって4着地獄にもハマりましたし、軸馬が予想外の凡走でした。そういう時はほとんど馬場の読み違えが敗因です。

ニュージーランドT圧勝のバスラットレオンはキズナ産駒。中山不得意のキズナ産駒が中山で圧勝。今の中山芝はそれだけ例年の馬場とは全く非なるものということ。やはりエアレーション無し馬場の影響が大きく、超パワータイプ向き。もうまともな芝という概念は捨てた方がいいかなと感じてます。中山は来週の皐月賞も例年の傾向から一ひねり必要でしょう。

想定外だらけの中山はもう無視して、日曜は桜花賞だけ予想します。

 

日曜阪神11R 桜花賞 芝1600М

中山も阪神キングマンボ、キンカメ馬場っぽい感じなんですけど、明らかに違うのが上り3Fの時計。阪神は究極の上り勝負になっています。

阪神はある程度時計の出る馬場ですが、その要因は道中のハイラップではなく、上り3Fの速さ。土曜阪神10Rでは上り3F31秒9が出てましたから完全に東京の高速決着に近いものがあります。

ここは素直に切れる脚が使える馬をチョイスすればいいと思います。

キングカメハメハディープインパクト上り3Fで究極の時計が出せる血統といえばこの2頭の種牡馬

しかし残念ながら今年のメンバーはこれらの血統がある馬が多すぎ。

これではもう血統だけで判断できるレベルではないです。

なので先週大阪杯同様にデータなども加えて予想してみます。

例年の傾向として、

内枠より外枠の方がいい。

過去5年1番人気~3番人気馬が2頭が必ず馬券圏内でもう一頭は6~9番人気あたりの馬。

単勝オッズ3~5倍の馬はほぼ馬券になっている(該当するのは大体2番人気の馬)。

かなり絞れましたね。

3連複フォーメーションでいけば、

一列目 1~3番人気の3頭

二列目 1~3番人気の3頭

三列目 6、7,8、9番人気の4頭+1~3番人気の3頭

⇒この買い方でも三連複なら13点。1~3番人気で決まらなければプラス確実。

 

まず人気上位3頭についてみてみましょう。
1番人気④ソダシ。

現在3倍を切るか切らない単勝オッズですね。

ダノンファンタジーが19年単勝2・8倍4着、18年ラッキーライラック1・9倍2着。3倍を切ると勝つ確率はかなり薄くなります。ソダシはさらに不利な内枠引いてしまいました。19年のクロノジェネシスも2枠4番を引いて3着に負けています。実際2枠は死に枠で良くて3着の枠。ソダシも良くて3着、下手したら4着?なんて思ったりします。

一方2番人気⑱サトノレイナスは現在単勝4倍あたり。日曜異常な売れ方しなければ3倍~4倍の間で最終オッズになりそう。データでは馬券圏内確定です。

3番人気は⑧メイケイエール。この馬の評価がしづらいのは新種牡馬ミッキーアイルが未知数だということ。この桜花賞の結果でミッキーアイルの評価が決定します。果たしてGⅠで来るような底力のある種牡馬なのか? ただ3番人気決定的なのでデータでは買わなければいけない馬です。

6~9番人気に関しては難しいですね。土曜23時半時点では
6番人気⑯ソングライン 

7番人気②ファインルージュ  

8番人気⑩アールドヴィーヴル

9番人気⑦ククナ

ですが、先週も最後の最後で6番人気がアドマイヤビルゴからモズベッロに替わりましたから日曜もギリギリまでチェックしたいと思います。

この4頭⑯ソングラインと②ファインルージュはキズナ産駒、⑩アールドヴィーヴルと⑦ククナは父キングカメハメハ母父ディープインパクトという似た血統が並びました。

 この中でまず⑯ソングライン。キズナ産駒はGⅠで来ない印象の種牡馬ですが今の馬場は悪くないし、そもそも桜花賞はマイルより芝1400Мタイプが好走するレースでもありますので、前走芝1400М紅梅S勝ちなので侮れませんね。

②ファインルージュは母系は合ってそうですけど、内枠に入ったことが不安。ラッキーライラックのような最内枠でも突き抜ける強さがあるようにも見えませんのでね。

⑩アールドヴィーヴル⑦ククナは父キングカメハメハ母父ディープインパクト。この血統構成の馬ってGⅠでは足りない印象。

実を言うと私はククナを本命にするつもりでした。母クルミナルが桜花賞2着だったということもありますが、この馬のキャラが気に入っていたからです。

この馬は『いつも人気でそれなりに切れる脚を使ってそれなりの着順まで来るけど勝てない』馬です。そういう馬はGⅠでもきっちり走る傾向にあります。リスグラシューなんかもそんな一頭でした。今年のような混戦模様ほどそういう馬に期待したいのです。ただ心配なのは血統構成。先週大阪杯凡走したブラヴァスも父キングカメハメハ母父ディープインパクト。明らかにGⅠでは足りない印象がこの父キングカメハメハ母父ディープインパクトにはあるんですよね。これはアカイトリノムスメにも言えまして父ディープインパクト母父キングカメハメハもGⅠでは足りない印象です。

そこが強く推せない理由ですが、今年のメンバーはそんな足りない印象の馬ばかりなので気にしなくてもいいのかもしれませんね。


結論としては

⑦ククナ

⑧メイケイエール

⑩アールドヴィーヴル

⑯ソングライン

⑱サトノレイナス

⑦⑧⑩⑯⑱

先に挙げた1~3番人気と6~9番人気の7頭フォーメーション3連複13点も買おうかなと思ってます。

 

以上です。

個人的には日曜は土曜のマイナスを少しでも返せればと思ってます。

では、日曜の競馬を楽しみましょう!