脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

昨年は11頭立て10番人気ディアセオリー軸で的中!~プリンシパルSの楽しみ方~

kakikenです。

 

私は『気づき』を大切にしているので、時々独自の視点でレースのツボを見つけたりします。それが結果的に毎週競馬を楽しめることに繋がっています。

まあ、前回の天皇賞のように外してしまうこともありますけど。

今回紹介するのはプリンシパルステークス

このレースは近年振り返ると王道種牡馬ディープインパクト産駒が強いレースで、次点でオルフェーヴル産駒あたりが強いレースです。

しかし見逃してはいけない血統があります。それが今回のツボ。

プリンシパルSはマイナーサンデー系種牡馬を狙え!

2010年以前エイシンサンディ産駒ベンチャーナイン、タヤスツヨシ産駒のトップオブツヨシが好走していたことで『このレースで好走する馬の血統がマイナーだな』と気づき、以来マイナーサンデー系種牡馬の産駒がいれば狙うようになりました。

2012年サムライハート産駒ローレルブレッドが7番人気2着

2014年オレハマッテルゼ産駒メイクアップ6番人気3着

2019年トーセンラー産駒ザダル5番人気1着

2020年サムライハート産駒ディアセオリー10番人気3着

 

毎年必ずってわけではないですけど来る時はマイナー種牡馬なので絶対人気しないので美味しい配当にありつけます。 

昨年ディアセオリーは2012年ローレルブレッドの好走があるサムライハート産駒だったので、それだけの理由で軸にして買いました。11頭立て10番人気の大穴で複勝1320円、ワイド3260円、5020円的中することが出来ました。

今年も楽しみで日曜、JRAのホームページの特別レース登録馬でこのレースの登録馬の血統をチェックしました。

セルジュ トーセンラー産駒 千代田牧場

タイフォン フェノーメノ産駒 社台白老F

この2頭あたりがあり得るかなと。

ディープインパクトが王道ならトーセンラーはマイナーディープインパクト種牡馬オルフェーヴルが王道ステイゴールド系なら、フェノーメノはマイナーステイゴールド種牡馬ですから条件に当てはまります。

ただ昨年のディアセオリーは人気は無かったですけど、成績自体GⅠホープフルSはじめ出走全レース1ケタ着順で相手なりに走れる能力の片鱗は感じさせていました。それと比べるとこの2頭は少し物足りない感じです。それでも生産牧場からは大駆けはありそうです。この2頭よりさらに落ちるのが、

インペリアルツアー トゥザグローリー産駒 母父ウインデュエル

トゥザグローリー産駒もマイナーですけど、母父ウインデュエルは超マイナーなサンデーサイレンス産駒。さすがに厳しいと思いますけど、この馬未勝利ですが芝2000Мは4着1着と距離適性はありそうということで一応取り上げました。

 

残念ながら今年はこの3頭には昨年ディアセオリーほどの手応えはありません。

出走しても絶対人気薄でしょうからダメ元、来たらラッキーのような気持ちで買うような馬ですね。

私も宝くじ感覚で楽しもうと思っています。

予定では土曜の予想で取り上げようとしたのですけど、さすがに惨敗もありうるので断念しました。

しかしプリンシパルSはこういう楽しみ方が出来るレースというのを紹介したくて、週中のここで今回記事にしてみました。