脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

先行馬総崩れ、予想外の差し馬にやられて完敗~10/23東京・富士ステークスの予想結果~

kakikenです。

 

やはりこれだけ寒暖差が出てくると馬場質は変わってきたようですね。

ちょっと芝レースが難しくなりそうです。

しばらくダート戦だけやってようかなと思ってしまった一日でした。

 

では土曜の重賞予想を振り返ります。

土曜東京11R 富士ステークス 芝1600М

馬場変化が気になるところですが、先週の馬場、例年の馬場から判断してもこのレースでの馬場は良であろうと重であろうと重い芝、重馬場がいい血統の馬が好走傾向にあります。

メンバー見渡して血統的にドはまりなのが

④バスラットレオン

キズナ 母父New Approach 母母父Cape Cross

今の東京、阪神の重い芝で高い適性を発揮しているキズナ産駒。さらには母父がサドラーズウェルズ系、母母父が重馬場得意のダンチヒケープクロス

近走流れの悪いレースが続いていますが馬場適性としては今回ドンピシャ。

近走の大敗は馬場適性が合わなかっただけ。今回鞍上が坂井騎手なので間違いなく逃げると思われます。差し馬場になった時のリスクがありますが今回逃げれば相当粘ると思います。万が一高速馬場になったら大敗しそうですけど、時計が掛かる決着で今回大敗したら、能力的に頭打ちです。

 

先行したバスラットレオンが万が一ダメだとしてももう一頭のキズナ産駒がいます。

①ソングライン

キズナ 母父シンボリクリスエス 母母父アグネスタキオン

この馬も血統的にはかなり今の馬場への適性は高いです。アクシデントがあって大敗した?桜花賞(そもそも超高速馬場が合わなかった)以外は全て馬券圏内と安定していますし、土曜が超高速レコード決着にならない限り好勝負必至。

 

というわけでキズナ産駒2頭が私の本線です。前日売りでは2頭とも人気ですが、もともとこのレースは人気サイド1~5番人気の中から2つ以上来る可能性の高いレースですから、相手も人気サイドから選びたいです。

昨年2着、東京マイルが得意のリアルインパクト産駒⑧ラウダシオンの巻き返しには注意が必要です。あとは毎年絡むディープインパクト産駒⑩アルジャンナとワグネリアン

他では近年このレースはダンチヒ系の血がある馬が好走。④バスラットレオン以外ではさすがにハービンジャー産駒⑥ハッピーアワーは無理だと思いますので常識的には母父デインヒル系の⑯ダノンザキッドです。ただしジャスタウェイ産駒ということで成長力や脆さが懸念されるので、大負けもありそうなので正直押さえ程度。

①④⑧⑩⑭

基本は①と④流し。どちらかを軸にするなら土曜が先行馬場なら④バスラットレオン、差し決まる馬場なら①ソングラインですが、私は2頭とも買う予定。相手は人気サイドなのでトリガミに注意したいです。

④ー①⑧⑩⑭

①ー⑧⑩⑭

今回人気になりそうな⑤ロータスランドですが血統的には問題ないですけど、血統構成からローカル色が強く東京適性への疑問、サンデーサイレンスの血が無いことから軽視しました。

(結果)

1着①ソングライン   1番人気

2着⑰サトノウィザード 9番人気

3着⑦タイムトゥヘヴン 10番人気

4着⑯ダノンザキッド  2番人気

6着⑭ワグネリアン   4番人気

8着⑧ラウダシオン   6番人気

9着⑩アルジャンナ   5番人気

12着④バスラットレオン 7番人気

 

上位は全て差し、追い込みの馬ばかりという極端な結果となりました。

う~ん。勝ち時計1分33秒2なので平均的なタイム。ハロンラップを見ても前半が極端に速かったわけではありません。発表は良でしたが、実際はもっとタフな馬場だったのかもしれません。

①ソングラインが1番人気に応えて勝利。5Rの新馬戦でキズナ産駒が11番人気で勝ったのもあり「キズナ産駒は合っている」と確信できました。ただここまで極端な差し馬場は読めませんでした。それは騎手も同じだったのかもしれませんね。ある程度前が残れる馬場だったので逆に早めの仕掛けになってしまって最後先行勢が止まったのかもしれません。先行馬の評価が難しいですけど道中4番手という中途半端な競馬をしたキズナ産駒のバスラットレオンは12着大敗。血統的に似たタイプのダーリントンホールが追い込んで5着しいるあたり、展開が敗因かもしれませんが、スタートから折り合いつかず引っ掛かっていたので、気性難を含めて今後狙うのは厳しそうです。

2着サトノウィザード、3着タイムトゥヘヴンはいずれもロードカナロア産駒ですけど、母系がアクネスタキオン✕コジーン、アドマイヤベガノーザンテーストなんて『ザ野芝』血統。しかも硬化した馬場、荒れた野芝でいい血統なので、正直2,3着で来た時は『なぜ、この血統で来るんだ????』と困惑しましたが、展開面で差し追い込みがハマった感じです。

過去に指摘したことがあるかもしれませんが、10月の東京芝は東京実績の無い馬が好走するパターンが多いです。サトノウィザード、タイムトゥヘヴンともに東京実績の無い馬ですから、ある意味ハマっている馬だったのかもしれませんけど、正直血統的に手が届きませんでした。

ダノンザキッドは4着。結果はそこそこ走った感じですけど、突き抜ける感が無く、今回は展開が向いたにも関わらず4着だったという評価です。今後GⅠ戦線に出てきそうですけど軽視したくなる馬です。

ワグネリアンはマイル戦ではスピード不足、アルジャンナに関しては軽い馬場向きで馬場が合わなかった印象。ラウダシオンに関しては昨年2着なので馬場うんぬんではなく

今回はある程度先行したことで展開が向かなかったという感じですかね。

ちょっと理解不能で難しいレースでした。ただソングラインは強かったですね。次走はマイルチャンピオンシップですかね? 高速馬場にならなければチャンスあるかもしれませんが、12月の香港マイルあたり狙ったら面白いと感じました。

 

 

 

以上、土曜の重賞予想を振り返りました。

土曜の阪神芝は雨の影響がなく一日良馬場でした。こちらは露骨な前残り馬場でした。先週の秋華賞も基本的に先行した馬が上位占めましたし、菊花賞は正直差し追い込みは厳しい雰囲気になっています。ステラヴェローチェ大丈夫?

ただし富士ステークスのように騎手心理で差し追い込みになったりする可能性もあるので何とも言えませんけど、無難に攻めるなら先行馬なのかな~と思っています。