脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

レースレベルの高かった、あのトライアル組を重視~4/17日曜中山・皐月賞の予想~

kakikenです。

 

早速ですがGⅠ皐月賞の予想です。

日曜中山11R 皐月賞 芝2000М

出走馬の血統や適性は木曜の記事で書いていますのでここでは省略してシンプルに予想を進めます。

 

昨年の皐月賞の予想記事でエフフォーリアに関してこう書きました。

「近4年4枠7番が連対している」と。

そのエフフォーリアは勝ちました。つまり、

近5年4枠7番の馬が連対している

今年の7番は

⑦ボーンディスウェイ

今年の弥生賞の予想振り返りの記事で「皐月賞の穴馬はボーンディスウェイです」と書きました。週中のコラムで書いた通り、皐月賞の好走パターンの馬だからです。馬券を外したのはホープフルS5着だけ。新馬、未勝利でも取りこぼすが重賞でも安定して走るような馬が皐月賞には合うからです。血統も今の中山にマッチしています。

 

トライアル含めてこの世代の芝2000Мのレースを調べましたがタフなレース、実は消耗戦だったのが弥生賞ディープインパクト記念。

前半1000Мが61秒1 後半1000Мが59秒4

上り3Fが34秒台なら単なるスローのヨーイドン競馬ですがこのレースの上り3Fが35秒台なので早仕掛けの消耗戦だったことがわかります。

先週あたりから中山芝2000Мは外枠、早仕掛けのまくりが決まりやすくなっていて「外枠の差し馬がいいのでは?」とも思ったのですけど、あくまでも早仕掛けペースに合う馬を選ぶことを重視して、このレースを好走した3頭を評価します。

②アスクビクターモア

⑦ボーンディスウェイ

⑫ドウデュース

 

もう1頭。昨年のエフフォーリアはじめ皐月賞共同通信杯勝ち馬と相性がいいレース。今年の勝ち馬は

①ダノンベルーガ

 

今回は絞ってこの4頭にしました。

①②⑦⑫BOX

複勝

 

以上皐月賞の予想でした。

今年は今回は抜けた馬が不在で、馬場次第、位置取り次第で来る馬が変わる難解レースです。選びだしたらキリがないのでシンプルチョイスにしました。

個人的には⑦ボーンディスウェイが来るか、否かだけです。

では日曜の競馬を楽しみましょう!