脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

選んだ3頭1,3,4着も納得の結果~4/16土曜阪神重賞・アーリントンCの予想結果~

kakikenです。

 

早速ですが土曜の重賞の予想を振り返ります。

土曜阪神11R アーリントンカップ 芝1600М

(予想)

先週もでしたが今の阪神芝は圧倒的内枠有利な馬場が続いています。

木~金曜の雨がどう影響するかが微妙ですが、良馬場に回復するなら基本的に内枠有利だと思います。なので今回も内枠の馬を中心にチョイスします。

このレースの血統でマークすべき馬はロードカナロア産駒です。2頭います。

①キングエルメス

⑩ダノンスコーピオ

重賞実績のある2頭、血統構成的にもマシな部類の2頭。枠も悪くないので素直にチョイスします。

他では

⑫ジュンブロッサム

繰り返しになりますが今の時期の阪神芝、特にマイル戦はデピュティミニスター系の血が良いです。この馬は母父がデピュティミニスター系のクロフネ。そして母母父シーキングザゴールドは雨上がりで微妙な回復具合の馬場が得意の血統で土曜は仮に良馬場でも微妙な良馬場ですからこういう血がある馬はいいです。ワールドエース産駒というのが微妙ですがワールドエースは今の阪神のような野芝色が強い馬場は合うはず。重賞でも好走していますし、血統構成での適性もあるので高評価です。この馬はノーザンF生産馬ですが、この馬が筆頭格なのですから、いかに今年のノーザンF生産馬の小粒さがわかりますね。

まともに評価できるのはこの3頭。人気サイドなので今回はこの3頭BOX。

①⑩⑫

 

追加するなら内枠からは今勢いのある社台F系から

②トゥードジボンと④アスクコンナモンダを。

①②④⑩⑫

正直他の馬が紛れても何ら不思議はないくらい信頼度は高くないです。

こういうレースは見送るのは賢明かもしれません。

(結果)

1着⑩ダノンスコーピオ   1番人気

2着⑭タイセイディバイン         7番人気

3着①キングエルメス      4番人気

4着⑫ジュンブロッサム     2番人気

 

土曜の阪神は強風が吹いて、直線向かい風の影響を受けて先行決着が多かったですが、このレースに関しては差し追い込みも決まりました。

ただこれは能力差もあったと思います。結果的に実績、人気通りの結果。

私の大本線①ー⑩が1,3着でしたがワイド630円的中。

2着が抜けましたが納得の結果でした。

1、3着がロードカナロア産駒、2着ルーラーシップ産駒とキングカメハメハ系産駒の1,2、3でした。

勝ったダノンスコーピオンは展開も前が速くなって向きましたが、実力通りという感じです。

2着タイセイディバインは前走ファルコンS2着ですが外枠、差し馬タイプということで人気の盲点になりました。この馬の母系から重馬場、柔らかい馬場向きだったので、馬場が回復して硬めの馬場は合わないと思い切りましたが、タフな流れもあって好走しました。思ったより強い馬なのかもしれませんね。

3着キングエルメスは上位が全て差し追い込み馬の中、唯一先行して馬券になりましたから能力は高いと思いました。

4着ジュンブロッサムは最後追い込んできましたがさすがに位置取りが後ろ過ぎ。

重賞で好走、掲示板確保した馬が1~5着。

どうやら3歳世代の実力も段々とはっきりしてきたような感じです。

 

 

以上土曜の重賞予想を振り返りました。

中山ですが土曜は芝が重スタートで稍重まで回復しました。皐月賞と同じ芝2000Мの山藤賞ではローシャムパークが7馬身差圧勝で稍重で勝ち時計2分00秒3。これはかなり好時計です。日曜は良馬場まで回復したら最低でも1分59秒台、もしかしたら高速決着もありそうです。今のところ予想通りというか理想に近い馬場だと思います。

しっかり最終決断していい予想ができればと思っています。