脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

次こそ大荒れ?~荒れる新潟芝1400М2歳新馬戦の研究~

kakikenです。

 

以前「夏の新潟芝1400М新馬戦は荒れやすい」と書きました。

例年3レース行われるのですが先週末土曜に2回目の新馬戦が行われました。

ちなみに1回目は

2回2日目6R

1着⑦フルメタルボディー 2番人気   三浦

2着⑥マジカルガール   3番人気   杉原

3着⑯キガン       5番人気   菅原

4着⑩ディナトセレーネ  1番人気   Mデムーロ

5着⑫ジュンフシナ    8番人気   岩田望来

 

比較的人気サイドでしたが1番人気は4着。レース特徴である「リーディング下位の騎手の穴馬が絡む」ということで杉原騎手が狙えるとブログでは書きました。ただ3番人気で穴馬ではありませんでした。

いきなり人気サイド決着だったので今後が期待できると書きました。

 

さて、先週末の2回目の結果です。

3回新潟1日目6R

1着⑫ハーエクセレンシー  4番人気   石橋

2着⑧ヴゼットマセリ    5番人気   戸崎

3着⑮ユアフラッシュ    9番人気   岩田康誠

4着⑨クロスリーフ     1番人気   福永

5着④キタノチェロキー  16番人気   武士沢

 

1着4番人気、2着5番人気、3着9番人気。

1回目と比べればそこそこ荒れた結果になりました。

1回目同様1番人気が4着に敗れたあたりに、この条件の荒れやすさを垣間見ることができます。

なんといっても注目は5着のキタノチェロキー。

16番人気でリーディング下位の騎手である武士沢騎手と激走条件に当てはまっていましたが惜しくも馬券には絡みませんでした。

 

もっと派手に荒れるのを望んでいるだけにこの2回は消化不良の結果が続きました。

次回最後の3回目は9月4日3回新潟8日目。最終週の最終日ということで馬場も荒れているため、とんでもない穴馬が来やすい条件ではあります。

リーディング下位の騎手、さらに血統的にもメジャーな種牡馬や血統では無く、実績が残せていないマイナーなダート血統が狙えそうです。

3回目どんな結果になるか。

9月4日を楽しみにしようと思います。