脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

昨年異常馬場だった中山、今年はどうなる?~週末の重賞展望~

kakikenです。

 

昨年の9月、一年で一番のドル箱開催だと臨んだ秋の中山競馬。

しかし開幕週なのに時計も掛かって上り時計も掛かるという意味の分からない馬場。

それまで秋の中山は超高速馬場か、そうでなければ上り3Fが速いスローのヨーイドン馬場だったので、時計も上りも掛かる開幕週って?と混乱しました。

結局リズムくるって1,2週目はイマイチでした(3週目に万馬券的中など調子が出てきましたけど)。

昨年異常な馬場パターン(時計が掛かって上りも掛かる馬場が合う血統なども学びましたので、今年はどのパターンが来ても対応できるかな~と思っています。

 

今週末の重賞は中山が土曜紫苑ステークス、日曜京成杯オータムハンデ、中京は日曜セントウルステークスが行われます。

紫苑ステークスには2頭、野芝中山が絶対合うと思われる馬が出走します。脚質の異なる2頭なのでどちらかは馬券になると思っています(詳細は明日)。

日曜京成杯オータムハンデの現時点での注目馬はカテドラルです。

先月小倉(新馬戦)で野芝オンリー(洋芝オンリー)馬場が合うアビラの仔としてラスマドレスを注目馬に挙げて、見事1着になりました(ラスマドレスはかなり強い勝ち方だったので今後も注目)。

同じアビラの仔であるカテドラルも前走小倉好走でわかるように野芝適性が高い馬だと思います。今回はカテドラルにとって重賞初制覇のチャンスが大きいと思います。

ただ問題があります。それはこの馬の差し脚質。

今年の春の中山もそうでしたが、近年中山芝は基本先行有利。枠についても昨年は外枠の先行馬が馬券になりましたが差し馬で外枠はやはり厳しい(得意の4着かも)。

ただ初週差しが決まる馬場設定になっている場合も年によってありますので、今年の馬場がカテドラルに味方するかどうか、注目です。

チャンスがありそうなカテドラルなのに前走騎乗した福永騎手がセントウルSでピクシーナイトに騎乗。確かにピクシーナイトは野芝が合いそうな馬なのでセントウルステークスでも好勝負しそうなので納得。

福永騎手が乗れないなら、その前に主戦騎手だった田辺騎手はどうか?

田辺騎手はデビューから主戦を務めるマルターズディオサに騎乗。

昨年紫苑ステークス勝っていますし、2歳時にはサフラン賞も勝っていて9月中山が得意です。この馬は高速馬場は厳しいでしょうけど、田辺騎手といえば数年前まで京成杯オータムハンデが大得意だった騎手でもありますので、この馬もかなり有力でしょう。

マルターズディオサを含めてスマイルカナ、グレナディアガーズなど有力馬が先行馬なので差し展開になればカテドラルがまとめて負かすイメージもあります。

ただ昨年もスマイルカナ、トロワゼトワルと先行激化で差しが決まると予想して結果的にこの2頭の逃げ先行決着でしたから、やはり枠順、土曜の馬場読みが重要です。

 

セントウルステークスはレシステンシアに加え、カレンモエ、ピクシーナイトの野芝適性が高そう2頭が出走。この3頭がかなり有力ですけど、レシステンシアはハイペースの先行が得意。そうなるとレシステンシアが作るハイペースが合う穴っぽい馬がいるんですよね(詳しくは後日の予想で)。

仮にレシステンシアが逃げず、緩い流れになるとレシステンシアは基本切れる脚がある馬では無いのでカレンモエ、ピクシーナイトに後塵を拝す可能性が高いし、下手したら着外もあり得ますのでハイペース、スローペースどちらになっても穴馬が1頭は入る余地のあるレースだと思っています。