脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

軸は不動、後は馬場が内有利か外有利かだけ~3/27日曜高松宮記念の予想~

kakikenです。

 

日曜は中京9R大寒桜賞でメイショウゲキリンが出走します。

皐月賞の穴馬候補として狙った弥生賞ではまさかの控える競馬で大敗。逃げてこその馬なのに、横山武史騎手らしからぬ消極的レースで消化不良。レース後、未練たらたらに「大寒桜賞使って勝って抽選で皐月賞へ」とか無茶苦茶なことを書きましたが、なんとか実現させてほしいです。GⅠの前の楽しみなレースです。

 

では日曜の重賞予想です。

日曜中京11R 高松宮記念 芝1200М

このレースはBコース初週に行われます。

繰り返しになりますがBコース初週の芝1200Мのレースは内枠圧倒的有利。

このレースで抜けた存在の馬がいます。

⑦レシステンシア

昨年8枠⑯で2着。内目引けばまず勝ち負け、Ⅴ濃厚と思っていたら絶好の4枠⑦番。

この馬軸でいいです。

 

このレースはレシステンシアの相手探しです。

安直に予想すると、

例年このレース阪急杯組かシルクロードS組は必ず馬券になります。

なのでレシステンシアからこの組の馬に流せばいいです。

前走阪急杯組⇒⑥サンライズオネスト⑪クリノガウディー⑫エイティーンガール⑬トゥラヴェスーラ⑭ダイアトニック

前走シルクロードS組⇒③シャインガーネット⑰メイケイエール

 

ここで予想を止めてもいいのですけど、もう少し細かく考えます。

やはり傾向通り内枠の馬を重視したいです。

内枠有利? でも近2年外が来てるだろ!

と思う人もいると思いますが、その理由は明快です。

一昨年はBコース2週目&重馬場で外枠が来ました。

昨年は1月開催からずっと内が悪くその影響が3月開催にもおよび、さらに重馬場で完全に外差し馬場、外枠の人気馬がそのまま好走しました。

では今年はどうか。1月開催は馬場が荒れても内が悪くなかったので今年は例年の内枠有利でいいかと考えてます。

あれ~1月Bコース初週に行われたシルクロードS外枠来ているじゃないかって?

確かに。

今年の1月Bコース初週のシルクロードSでは勝ったのが2枠④メイケイエール。8枠⑯シャインガーネットが2着、5枠⑩ナランフレグが3着。4着6番、5着5番。基本内枠が上位に来ていました。シャインガーネットが例外とも言えます。逆に考えるとシャインガーネットの中京芝適性が飛びぬけているとも言えます。

そんなシャインガーネットはこのレース出走しています。しかも内枠!

③シャインガーネット

シャインガーネットはステイゴールドオルフェーヴル産駒です。馬場が渋ればステイゴールドの血が浮上します。昨年も重馬場でステイゴールド産駒のインディチャンプを軸にしました(3着でしたが)。日曜は気温も上昇して馬場回復するかもしれませんが中京適性の高さならどんな馬場でも好走するのではと思ってしまいます。

同じように考えればシルクロードSで追い込んだ

②ナランフレグ

も当然候補に入るでしょう。ただこの馬の極端な脚質がGⅠレベルの先行馬との脚比べで後ろから届くのかという不安があるのであくまでも押さえ。

内で言えば阪急杯組であるこの馬

サンライズオネスト

この馬はダイワメジャー産駒。ダイワメジャー産駒はこのレース好相性です。母父ジャングルポケットは19年17番人気3着したショウナンアンセムジャングルポケット産駒でその時が高速決着だったので良馬場イメージがありますが、この馬自身渋った馬場は悪くないので好枠、好位から直線粘りに粘って2,3着というのを期待します。

内枠ではあと①サリオス、⑨ロータスランドあたりです。

⑦ー③⑥①②⑨

 

内枠有利で予想しましたが、日曜の馬場次第で外枠有利になるかもしれません。そこで参考になるのが日曜8Rの芝1200М戦です。このレースで外枠の馬がどれくらい来るかで外枠もマークすべきだと思っています。

このレースで注目していた馬が⑯シゲルセンです。長期休養明けですが1勝クラスならあっさり勝てる馬なので高松宮記念のレシステンシアくらい鉄板だと思っていたのですけど8枠に入ってしまいました。この馬がどんな走りをするかが注目です。惨敗するようなら内枠でいいと思います。ちなみにこの8Rの内枠では⑥ラナキア⑦バラードインミラノ⑧マイネルチューダが有力だと思います。

 

話し戻しますが日曜が外枠有利だとなった時

⑦レシステンシアから人気サイド⑬トゥラヴェスーラ⑭ダイアトニック⑰メイケイエール⑱グレナディアガーズの4点でいいと思います。

⑬⑭⑰⑱

 

 

 

以上、日曜の重賞予想でした。

軸が硬いので確実に的中させたいです。

では日曜の競馬を楽しみましょう!