脱4着競馬研究室

孤高の競馬アナリストの馬券奮闘記

食わず嫌いで『切り』馬が、好走パターンを重視すると『買い』馬になる~キーンランドカップの展望~

kakikenです。

 

今週末の重賞は新潟2歳Sとキーンランドカップ

不確定要素だらけの新潟2歳ステークスは今のところやる予定がないので、今週末はキーンランドカップがメイン予想になります。

キーンランドカップ登録馬には先週のソダシ同様に「何となく買いたくない」馬がいました。

メイケイエールです。

私は元来穴党なので、本能としてこうした人気馬を切りたくなってしまうのでしょうけど、その変な思い込みが『来ない』とこじつけるのでしょうね。

もちろん、切って正解の時もあるのですけど、感情的になるのはダメ。

そこで私は食わず嫌い馬に対して『そのレースに来る馬のパターンに当てはまるかどうか』をもっと知ることで食わず嫌い回避しようと考えました。

先週の札幌記念のソダシは実際来る馬のパターンに嵌りまくっていました。

札幌記念は人気のノーザンF生産馬のGⅠ馬が出走する時はほぼ馬券になる』パターンがありましたからね。

そこで「ソダシ=嫌い」ではなく「ソダシ⇒パターンに嵌っている=買い」と感情を抑える作業を少し意識してこれからやっていこうと思います。

(まあ、そんな作業は予想の段階で当たり前のことだと言う人もいるでしょうけど、その当たり前なことが、感情ってやつで我を見失って忘れさせるんですよね)

 

キーンランドカップのメイケイエールはどうか。

キーンランドカップで好走する人気馬のパターンの一つに

『少し長いマイル戦を使われていた本来短距離馬の3歳馬』があります。

最近ではダノンスマッシュですかね。

純粋なスプリンターより「マイル実績あるけど、本来短距離でしょ」という馬がイメージとして多く好走しています。レッツゴードンキ、タワーオブロンドン、ローブディサージュ、古めでシーイズトウショウなど。

メイケイエールはこれにドンピシャの該当馬ですね。

パターンから言えば絶対来る馬です。

こうしてキッチリ調べて、納得すると食わず嫌い馬も軸馬になってしまいます。

 

他で気になる馬といえば、今回長期休養明けですがダイアトニックもマイル実績のスプリンターですよね。昨年キーンランドカップは重馬場になって死に枠になった1枠1番だったことで大敗しました今年は休み明けなどで人気が落ちれば妙味ありです。

あとはこのキーンランドカップは前走UHB賞組が必ず馬券になってます。

 

現状メイケイエール、ダイアトニックからUHB賞組に流すのが正解かなと思ってます。あとは週末土曜の傾向を見て、結論だそうと思っています。